矯正するとき親知らずは必ず抜くの?矯正を台無しにするリスクを解説

矯正するとき親知らずは必ず抜くの?矯正を台無しにするリスクを解説

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。
杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
歯列矯正について歯医者さんに相談すると、「親知らず」の抜歯を提案されることがあります。
歯列矯正を行う時、「親知らず」そのものには特にトラブルは感じていないのに、本当に抜歯していいもの…?
ここでは、そんな不安を解消するために、矯正治療と親知らずの抜歯に関する疑問についてお答えしています。
歯列矯正の治療で「親知らず」を抜くことになるケース、抜かなくても良いケースについて解説していますので、参考にしてみてください。
この記事がおすすめな人
    • 歯列矯正では「親知らず」を抜いたほうがいいのか知りたい。
    • 「親知らず」を抜歯すれば、健康な歯を抜かずに矯正できるのか知りたい。
    • 「親知らず」を残していたら、矯正が後戻りしやすいと聞いたが、本当なのか知りたい。
    • 歯列矯正で「親知らず」を抜歯するか迷った時は、どうすればいいのか知りたい。
INDEX
  1. 矯正で「親知らず」を必ず抜く必要はない!
  2. 矯正で「親知らず」を抜歯したほうが良いケースとは?
    1. 噛み合わせに悪影響がある
    2. 真っすぐに生えていない、埋っている
    3. 虫歯や歯周病になっている
  3. 親知らずを抜歯すれば、健康な歯を抜かなくても矯正できるのでは?
  4. 矯正で「親知らず」を抜歯するときの注意点
    1. 「親知らず」が矯正した歯並びを再びガタガタにする?
    2. 審美目的の「親知らず」の抜歯は、費用が保険適用外?

矯正で「親知らず」を必ず抜く必要はない!

ネコさん

先生、矯正するなら「親知らず」を抜いたほうがいいんでしょうか?

柿木先生

いいえ、「親知らず」は必ずしも抜かなくてもいいんですよ。

ネコさん

えっ!?そうなんですね~!真っ先に抜かないといけないのかと思ってました~!

矯正を行うとき、「親知らず」を必ず抜歯するわけではありません。正しく生えていて、上下の噛み合わせがしっかり合っていれば、抜かないでそのままにしておいても大丈夫です。

歯科医師の治療方針にもよりますので、もし「親知らず」を抜歯するという提案を受けて納得できない時は、「どうして抜歯が必要なのか」「どうしても抜かなければいけないのか」など、詳しく説明を受けるようにしましょう。

矯正で「親知らず」を抜歯したほうが良いケースとは?

ネコさん

「親知らず」を抜歯した方が良いときもあるんですよね…?

柿木先生

そうですね、以下のようなケースでは、「親知らず」を抜歯した方が良いといえるでしょう。

噛み合わせに悪影響がある

上下の歯が噛み合っていれば問題ないのですが、噛み合っていない場合は、「親知らず」が徐々に延びて、歯ぐきや頬の粘膜を噛んで傷つけやすくなります。口内炎ができる原因にもなることがあります。
そんな時は、「親知らず」を抜歯するほうが良いといえるでしょう。

真っすぐに生えていない、埋っている

「親知らず」がまっすぐに生えず、横倒しになっていたり、ほとんど埋まったままになっていたりすることがあります。そのまま放置していると、デコボコしたところに汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になることも…。
矯正中に虫歯菌や歯周病菌がうようよと増えて、お口の環境が悪くなると、矯正が計画通りに進まなくなる恐れが出てきます。そんなリスクを回避するために、あらかじめ「親知らず」を抜歯しておくこともあります。

虫歯や歯周病になっている

お手入れしにくい最奥に生えてくるため、気付いた時にはすでに「親知らず」が虫歯になっていた、というケースも少なくありません。
「親知らず」は歯磨きがしにくいので、残していてもお口の環境によくないと診断されることがあります。

親知らずを抜歯すれば、健康な歯を抜かなくても矯正できるのでは?

ネコさん

先生、矯正治療で抜歯が必要になることがありますよね?「親知らず」を代わりに抜いちゃダメなんですか…?

柿木先生

基本的には難しいですが、矯正の目的に影響がなければ「親知らず」を代わりに抜くこともあります。

ネコさん

そうなんですね~!「親知らず」は残していてもリスクがあるようだから、それなら抜いても役に立つし、ちょうどいいかもしれないですね~!

歯列矯正では、歯を動かすスペースを確保するために必要に応じて抜歯することがあります。
抜歯の対象に選ばれるのは、前歯から4番目・5番目の「小臼歯」が多いです。というのも、小臼歯は、最も噛み合わせに影響が少ないとされている歯だからです。上下合わせて4本ありますので、このうちの1本~4本のうちいずれか、または全部を抜歯することもあります。4本で足りないときは、他の歯を抜くこともあります。

そして、これらの歯の代わりに「親知らず」を抜いてスペースをつくることもできます。
ただし、矯正の目的によっては、最奥にある「親知らず」を抜いても「小臼歯」を抜く代わりにならないときがあります。まずはドクターの診断を受けましょう。

矯正で「親知らず」を抜歯するときの注意点

ネコさん

「親知らず」の抜歯を検討する時、何か注意点はありますか?

柿木先生

いくつかありますので、以下をご覧ください。

「親知らず」が矯正した歯並びを再びガタガタにする?

「親知らず」が正しくまっすぐに生えていれば抜く必要はないのですが、まっすぐのように見えていても、実は隣の歯にもたれかかるようにして生えている場合があります。
矯正が終わった後、歯は元に戻ろうとする「後戻り」という現象が起こります。もし「親知らず」が隣の歯にじわじわと負荷を掛けている状態だったとしたら、後戻りの後押しをすることにもなりかねません。
そんなリスクを見越して、あらかじめ「親知らず」を抜いてから矯正を始めるケースもあります。

審美目的の「親知らず」の抜歯は、費用が保険適用外?

「親知らず」の抜歯は、通常は健康面に悪い影響を及ぼすために行うことがほとんどです。その場合は、健康保険の適用範囲内で抜歯できます。しかしながら、特に問題のない「親知らず」を、審美目的の矯正のために抜くとなると、保険適用外になる可能性があります。
矯正治療のために「親知らず」の抜歯が必要という診断となった場合は、保険適用内です。歯科医院で確認しましょう。

矯正で「親知らず」を抜歯すべきか迷ったら… セカンドオピニオンを

ネコさん

「親知らず」の抜歯って、判断が難しそうですね。もしかすると、歯医者さんによって診断が違うっていうこともあるんでしょうか…?

柿木先生

そうですね。歯科医師の治療方針によって、「親知らず」の抜歯を行う場合と、「親知らず」を残しても良いという診断をする場合に分かれるでしょう。担当医師の診断に不安や疑問を感じる時は、セカンドオピニオンを受けてみるといいですよ。

ネコさん

えっ、そんなことして大丈夫なんですか…?

柿木先生

問題ありません。納得いかない治療を渋々受ける方が、ドクターを困らせると思いますよ。患者さんが納得できるまで、どんどん相談や質問をしてみてくださいね。

ネコさん

なんでも質問していいんですね…!なんだかホッとしました。安心して矯正治療を受けられそうです~!

記事のポイントをチェック
    • 歯列矯正では「親知らず」を必ず抜歯するわけではない。
    • 歯列矯正で「親知らず」を抜歯せずに残すと、後戻りの原因になることがある。
    • 歯列矯正で必要な抜歯の代わりに「親知らず」を抜くことが役立つケースもある。
    • 「親知らず」を抜歯するかしないか迷ったら、セカンドオピニオンを。