銀歯とインプラント、どちらがおすすめ?銀歯は取った方がいい?

銀歯とインプラント、どちらがおすすめ?銀歯は取った方がいい?

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
近頃、「銀歯を止めた方がいいのでは?」と考える人が増えています。
銀歯は、その下で虫歯が再発しやすいというリスクを抱えています。銀歯による金属アレルギーを発症する人も、少なくありません。
そんなことから、銀歯での治療をやめたい、お口の中にある銀歯を取りたいと考える人が多くなっているのです。
同時に、インプラントを入れると快適に噛めるようになるという情報が広まっているため、「銀歯をインプラントに変えたい」と希望する人も増えています
ここでは、銀歯をインプラントに変えることはできるのか、デメリットはないのかについて説明します。

銀歯とインプラント、どちらがいい?

「銀歯とインプラント、どちらがいい?」という疑問の答えですが、これらは目的が異なる治療なので、そもそも比較するものではないといえます。
単独の治療として比べるものではないのですが、トータルな治療プランの一環として、これらの治療が含まれることがあります。

それぞれの治療のメリット・デメリットを紹介しますと、銀歯のメリットは、保険診療内でできるので安価であること、デメリットは銀歯の下で虫歯が再発しやすいことや、金属アレルギーを発症する恐れがあることが挙げられます。
インプラントのメリットは、自分の歯が蘇ったかのようによく噛めること、自然できれいな見た目になることが挙げられます。デメリットは手術を伴うことと、保険が適用しない自費診療なので高価であることでしょう。
こうした基本情報を覚えておくと、歯科医師から治療プランの提案を受けた時に、どちらが良いのか判断しやすくなるでしょう。

それでは、インプラントにするか銀歯にするか、どちらかを検討することになる事例を紹介します。

①抜歯して銀歯のブリッジにする方法

虫歯が悪化してしまい、手の施しようがなくなって抜歯を免れなくなるケースがあります。
抜歯した後に治療法として、両隣の歯を少し削り、銀歯が連なった被せ物を作って橋を渡すように被せる治療法がブリッジです。
メリット
    • 保険診療内でできるので治療費の負担が少なくてすみます。
    • 治療期間や通院回数が少なくて済みます。
デメリット
    • 両隣の健康な歯を削らねばならず、歯の寿命を縮めることも
    • 銀歯が原因の金属アレルギーを発症することがあります。

②抜歯してインプラントにする方法

抜歯した歯をインプラントで補う方法があります。インプラントは外科手術を伴います。成功率は極めて高いのですが、絶対に安全とはいいきれないことも知った上で検討する必要があります。
メリット
    • 失った歯が蘇ったかのように、もしくはそれ以上によく噛めます。
    • 自然な白い歯を再現できるので、歯がきれいに見えます。
タイトル
    • 治療には手術を伴います。
    • 治療期間が3カ月~1年ほどかかります。
    • 保険診療が適用しないので、治療費の負担が高額です。
同じ治療結果を目的としているわけではない銀歯とインプラントですが、こうして治療の選択肢に上がる場合があります。そんな時、自分がどうしたいのか、自分のライフスタイルも考慮しながら検討してみてください。

銀歯は日本だけ?銀歯をやめたほうが良い理由

諸外国では、銀歯を使った治療はほとんど行われていません。それには理由があります。
現在、日本で使われている銀歯は「金銀パラジウム合金」という銀歯です。詰め物や被せ物の歯科材料として、保険診療の範囲内で使われています。日本では保険で使える材料なので比較的お安く使用できます。ただし、パラジウムを使っているため、最近になって価格が高騰しています。
それでは、銀歯をやめたほうがいい理由について、1つひとつ見ていきましょう。

①銀歯の下で虫歯が再発しやすい

虫歯の治療跡を詰めて金銀パラジウム合金を被せる治療が、一般的に知られている銀歯でしょう。
銀歯は長い間、お口の中の過酷な環境にさらされていると、健康な歯と銀歯との継ぎ目に隙間が生じます。そこから虫歯菌が入り込み、銀歯の下で虫歯が広がってしまうことがあるのです。もともと虫歯になって治療した歯は弱くもろいので、銀歯の下での再発はよくあることです。
銀歯の下の虫歯は発見が遅れやすいため、気付いた時には抜歯を免れないほどトコトン悪化してしまっているケースも少なくありません。

②金属アレルギーを発症しやすい

銀歯は経年劣化するとイオン化して金属アレルギーを発症しやすいという問題を抱えています。
銀歯が原因の金属アレルギーは、お口から離れた手足の先などで肌荒れとなって現れるため、原因になかなか気づきにくいのも特徴です。

④歯ぐきが黒ずみやすい

銀歯が経年劣化するとイオン化しやすいことをお伝えしましたが、それが歯ぐきの方に溶け出して黒ずむことがあります。
被せ物が銀歯ではなく、白い歯科用プラスチックのレジンを使っている場合でも、差し歯の土台が銀でできている場合も同様のリスクがあります。

④見た目が気になる

諸外国で銀歯が好まれない大きな理由に、美観を損ねる点が挙げられます。
銀歯で治療した歯が例え奥歯だったとしても、口を開けて笑ったときや喋っている時にチラッと見えてしまうことが、よくあります。
歯をきれいに整えることを社会人の身だしなみやマナーのひとつと捉える海外では、銀歯が見た目を損ねることを良しとしないため、銀歯を使った治療は行われないのです。

インプラント治療は怖くない?

天然の歯のようによく噛めるインプラントは、失った歯に変わる機能を補う優れた歯科治療です。
ですが、手術を伴う治療であることから「怖い」と足がすくんでしまう人もいるようです。
ここでは、インプラント治療にどんなメリットやデメリットがあるのかを確認しながら、怖いという気持ちを乗り越えてでもインプラント治療を受ける価値があるのかを検証していきましょう。

インプラント治療のメリット

    • よく噛める
    • 食事を楽しめる。
    • 歯がきれいになる。
    • 思いきり笑える
    • 発音しやすくなる。
    • 自信がもてる。

インプラント治療のデメリット

    • 健康保険が使えない。
    • 治療期間が長い
    • 外科手術を伴う。
    • 術後に痛み・腫れがあることも。
    • 治療後は定期検診が必須。

インプラント治療の成功率

インプラント治療の成功率は極めて高く、100%に近いのですが、外科手術にはかわりありませんので絶対に成功するともいえません。毎年、国民生活センターには数十件の相談があるのも事実です。
ただし、毎年トラブルが減少しているという報告もありますので、医療技術の進化とともに年々改善されていることもわかります。

インプラント治療の残存率

インプラントの寿命は、10年~40年です。幅があるのは、お手入れのやり方やお口の状態によって大きく差がでるからです。90%以上の人が10年間使えたという有名メーカーによる調査報告がありますので、10年保証がついてくる歯科医院もあります。
世界で最初のインプラントは、治療してから亡くなるまでの40年間使えたといいます。メンテナンスさえきちんと行えば、長持ちすることがわかっています。
しっかりお手入れをすれば永久に使える人もいるのが、インプラントの特徴です。
インプラントを長く使い続けるために、治療が終わったらメンテナンスのスタートと考えて、定期検診やクリーニングのために歯科医院へ通院するようにしてください。

インプラント+白い歯がおすすめ

「銀歯とインプラント、どちらがおすすめ?」という疑問の答えが出たのではないでしょうか?
銀歯について補足しますと、ほとんどの歯科医師は自分の歯の治療をする際に銀歯を選ばないという事実があります。
つまり、おすすめの治療法は、圧倒的にインプラントといえそうですね。セラミックやレジンの被せ物で、白い人工の歯をつくることができます。
健康を第一に考えるなら、銀歯はどうしても保険診療内で治療しなければならない予算的な事情がある時のみにしておいたほうがよいでしょう。