【歯科医監修】前歯をインプラントにするメリットとデメリット

【歯科医監修】前歯をインプラントにするメリットとデメリット

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。

事故や病気などで前歯を失ってしまった場合、顔の印象を大きく左右するためできるだけ元通りにしたいと思いますよね。そこで候補に上がるのがインプラントです。インプラントは天然の歯に近い仕上がりで美しく、長持ちするという理由で選択する人が多い治療法です。

ただ、インプラントは通常の歯科医院では治療できないので、ちょっと怖い、不安があるという人もいます。そこで、ここでは前歯をインプラントにするメリットとデメリットについてお伝えします。

前歯をインプラントにするメリット

インプラントは顎骨に直接人工歯根を埋め込む治療法です。そのため、以下のようなメリットがあります。

    • しっかりと固定される
    • 他の治療法に比べ噛む力が強い
    • 見た目が天然歯とほぼ同じにできる
    • メンテナンスが楽
    • メンテナンスをしっかりすれば長持ちする
    • よほどのことがない限り外れない
    • しゃべりづらさがない
    • 他の歯を傷つけない

上記リストの一番下に書きましたが、実はインプラントは他の歯の寿命を縮めません。それはとても重要なことです。他の歯との関係についてはブリッジにした場合の比較で詳しくお話します。

前歯をインプラントにするデメリット

対してインプラントにするデメリットは、以下のようなものです。

    • 外科手術が必要
    • 費用がかかる
    • 期間がかかる

インプラントは通常の歯科治療と異なり、手術が必要です。理由は歯ぐきを切開して骨を出し、専用ドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込むからです。ドリルと聞くとちょっと怖い気がするかもしれませんが、歯用のものなのでごく細いものです。

最近ではCT検査サージカルガイドを用いて、より正確に穴を開けることができます。以前はレントゲンや歯型だけでしたが、現在はCT撮影で立体的に歯や骨、粘膜の状態まで詳しく調べることができます。

以前は手術をフリーハンドで行っていましたが、現在ではCT検査を元にオーダーメイドで造る、サージカルガイドを使用します。サージカルガイドは、ドリルを正しい位置・角度・深さで入れるための手術用のガイドで、目的の深さ以上にはドリルが進まないようになっています。余計な部分を切開せずにピンポイントで正確に穴を開けることができるので、時間の短縮にもなり、患者さんの負担を最小限に抑えることができるのです。

前歯をインプラントとブリッジにした場合の比較

ブリッジとは、失った歯の両脇の歯を支えにしてすっぽりと被せものをするという治療法です。ブリッジ治療の特徴は、被せものを被せる両脇の歯を、わずかに削らなければならないということです。もしそのまま被せたら、他の歯より一回り大きくなってしまい、治療部分だけ浮いてしまいます。

健康な歯を削らなければならないということは、削った歯の寿命を縮めることにほかなりません。将来両脇の歯がもろくなれば、部分入れ歯など違う治療法を探すことになります。

その点、インプラントは失った歯の部分のみに人工歯を入れるため、他の歯の支えがいりません。歯の根にあたるインプラント体は骨と結合し、しっかりと固定されるからです。健康な歯をできるだけ長く残したい人は、インプラントにすれば口内全体の歯を長持ちさせることができます。

ただし、糖尿病重い内臓疾患等がある人は、インプラントができないことがあります。その場合はブリッジや部分入れ歯などを選択することになります。

前歯をインプラントと入れ歯にした場合の比較

入れ歯はバネや留め金などで他の歯に引っ掛けて使用するものです。前歯を入れ歯にする場合、会話や食事をするとどうしてもバネや留め金が見えてしまいます。また、入れ歯は天然歯に比べると、噛む力は1/3になります。前歯は食べ物を最初に噛み切る重要な歯です。前歯の噛む力が弱いと、食べるものも選ばなければなりません。

インプラントは人工歯根を骨に埋入するため、口を開けても金属は見えません。噛む力も天然歯とほぼ変わらず、なんでも美味しく食べることができます。ただし、私達が「歯」と呼ぶ人工歯の素材によっては、硬すぎるものを噛むと欠けたりする可能性があります。

また、入れ歯は取り外して自分で手入れをしなければなりませんが、インプラントは一度入れたらそのままのため、毎日の歯磨きを丁寧に行えばきちんとケアできます(インプラントは定期メンテナンスに通うことが必要です)。

インプラント治療中の仮歯について

インプラントを埋入して骨と結合するのを待つ間、歯がないような状態になるのではと心配する人もいると思います。しかし、結合を待つ間も仮歯を入れるので、見た目が格好悪くなるということはありません。

仮歯を入れる期間

仮歯を入れる期間は、インプラント体と骨が結合するまでの期間です。骨や口内の状況によって異なりますが、ほとんどの場合3〜6ヶ月です。長い人では1年ほどかかる場合もあります。しっかりと結合したことを確認したら、仮歯を取って人工歯を装着します。

仮歯の役割

仮歯を入れる理由は、見た目の理由だけでなく、人工歯を装着するスペースを確保するという大事な役割があります。また、仮歯のすり減り具合によって、最終的な人工歯を微調整できるという利点もあります。歯は一部の噛み合わせが合わないと全体の噛み合せが崩れてしまうため、仮歯で調整することはとても重要なのです。

仮歯を入れている間の注意点

仮歯は基本的に歯科医が取り外ししやすいようにできていますが、よほどの大きな力を加えない限り、取れたりすることはありません。しかし、あまりにも硬いものを無理に噛もうとする>と、欠けたり外れたりすることがあります。

また、歯ぎしりや食いしばりがある人も要注意です。歯ぎしりや食いしばりがある人は、事前に医師に相談しましょう。

前歯のインプラントは他の歯より難しい?

前歯は他の場所の歯と比べると骨がとても薄いため、治療が難しい歯です。また、ちょっと角度を間違えるとインプラントがうまく埋入できないだけでなく、出っ歯などになる可能性があります。

インプラントを埋めた部分の骨が吸収されてしまうと、インプラントがむき出しになることもあるため、前歯のインプラントには高度な技術が要求されます。もし、骨の厚みや幅が足りない場合には、造骨手術をしてインプラントを埋入します。

インプラントの造骨手術の種類や流れ、痛みや腫れについて詳しく解説

前歯のインプラントと矯正は並行できる?

前歯をインプラントにし、なおかつ他の歯を矯正したいという人もいるでしょう。その場合は、設計(計画)は同時に行いますが、治療は別々に行うことになります。

まずは、矯正治療をして噛み合わせを整えます。そうしないと、せっかく前歯にインプラントを入れたとしても、不具合が生じてきてしまうからです。インプラントは噛み合わせがよくないと、余計な力がインプラント上部の人工歯にかかって欠損の恐れがあります。

また、口内の歯並びが整っていない状態でインプラントを入れると、インプラントに邪魔されて矯正したい歯が動けなくなります。歯列矯正には年数がかかりますが、まずは口内の歯列を整えてからインプラントを入れるのが、総合的に美しい歯並びを手に入れる正しい順番です。

時々「インプラント矯正」と混同する人がいますが、インプラントと矯正治療を行うことと、インプラント矯正はまた別のものです。インプラント矯正については下の記事に詳しく書いていますので、よろしければお読みください。

【歯科医監修】インプラントで歯並びは治せる?矯正との違いとは?

前歯をインプラントにすると天然歯と見た目が変わる?

前歯だけインプラントにすると、色や質感が変わって「いかにも義歯を入れています」という印象になってしまうのではと心配される人もいます。前歯の歯ぐきは薄いので、通常の金属(チタン)では透けて見えてしまう可能性があるため、前歯には白いセラミックやジルコニアが選択されます。セラミックやジルコニアの色は天然歯に近く、色も豊富なため自分の歯の色に近い人工歯を造ることが可能です。また、セラミックやジルコニアは経年変色しないため、いつまでも美しさを保てます。

ただし、インプラントはメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎という病気にかかりやすいです。インプラント周囲炎は歯周病のようなもので、症状が進むと骨が吸収されて、ひどい場合にはインプラントと人工歯の継ぎ目が見えてしまう可能性があります。

インプラントを入れたあとは、定期的なメンテナンスが必須です。加えて毎日しっかりと歯を磨き、日頃から口内を清潔に保つことが重要です。

前歯のインプラントの費用相場

インプラントは自由診療です。保険適用外のため、費用の設定はそれぞれの病院やクリニックに任されますが、相場としては1本30〜40万円くらいです。ただし、前歯は審美性が重視されるため、ジルコニアなどの高価な素材を選択する場合にはそれ以上かかることもあります。費用の中には、診察料、検査料、手術台、人工歯の材料の値段などが含まれます。

インプラント治療は高額のため、ほとんどの病院やクリニックで歯科ローンが用意されています。また、クレジットカードも使用できるのが一般的です。その他、インプラント治療は医療費控除の対象となるため、確定申告で一部費用がバックされます。医療費控除は10万円以上かかった医療費が申告すれば戻ってくるしくみです。

前歯のインプラントのまとめ

前歯をインプラントにするメリットは、しっかりと固定され他の歯に影響を及ぼさない、審美的に優れているなど多数あります。ただし、外科手術が必要なため、費用が高くなるというデメリットもあります。前歯の歯茎は他の部分の歯ぐきに比べて薄いため、高度な技術が必要です。医師選びは慎重にし、納得のいく治療を行いましょう。