親知らずを抜歯したら、痛みはいつまで続く?痛みが治まらない時の対処法

親知らずを抜歯したら、痛みはいつまで続く?痛みが治まらない時の対処法
この記事の監修医情報を見てみる

親知らずを抜歯しなければならなくなった時、「痛いのかな?」と心配になる人もいるでしょう。

そこで今回は、親知らずの抜歯後の痛みについて、いつまで痛いのか、それとも、それほど痛くないのか、現役歯科医に聞いてみました。

痛みが必要以上にひどくならないための予防法についても質問しましたので、最後まで読んで親知らずを抜歯する時の参考にしてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 親知らずを抜歯するのが怖い、痛みが心配な方。
    • 親知らずを抜歯した痛みが何日くらい続くのか知りたい方。
    • 親知らず抜歯後の傷がどれくらいで治るのか知りたい方。
    • 親知らず抜歯後、痛みが酷くならないための注意点を知りたい方。
    • 親知らずの抜歯治療を受ける歯科医の選び方を知りたい方。
INDEX
  1. 親知らず抜歯の後、痛みはいつまで続く?
    1. 痛みは抜歯後3~4日くらいまで
    2. 長くても1週間くらいで痛みは治まる
  2. 2週間ほど痛みが続く?ドライソケットの疑い
    1. ドライソケットとは?
    2. ドライソケットの対処法
  3. ドライソケットの予防法は?
    1. 強いうがいを避け。歯磨きの際も傷口に触らない
    2. 舌や指で傷口を触らない
    3. 抜歯の前後は禁煙する
    4. 口腔外科専門の歯科医に抜歯してもらう
  4. 親知らずの抜歯後の痛みは、それほど強くはない!

親知らず抜歯の後、痛みはいつまで続く?

さるくん

ぼく、親知らずを抜歯することになったんですけど、痛みが心配なんですよね~!痛みって、どれくらい続くものですか?

櫻井先生

個人差はありますが、だいたい3~4日くらいですね。

痛みは抜歯後3~4日くらいまで

抜歯の間に効いていた局所麻酔が切れると、痛みがでてきます。ピークは翌日までで、ほとんどのケースで抜歯後3~4日くらいで痛みが引いてきます。

長くても1週間くらいで痛みは治まる

抜歯後の痛みの感じ方には個人差がありますが、長くても1週間くらいで治まります。

それ以上になっても痛みが引かない場合、ドライソケットなどのトラブルが起きている可能性があります。

2週間ほど痛みが続く?ドライソケットの疑い

櫻井先生

まれに、2週間くらいたっても痛みが治まらないケースがあります。その場合は、ドライソケットかもしれません。

さるくん

ドライソケットって何ですかー?

ドライソケットとは?

ソケットというのは、抜歯をした後、歯茎に穴のようにあいた傷口のことです。

歯は土台になるあごの骨「歯槽骨」に埋まっていますので、抜歯した直後は、その歯槽骨が血液に覆われただけのむき出しの状態になっています。

通常は、血液が固まって血餅になり、次第に穴がふさがって治癒していきます。

血餅(けっぺい)とは
止血や治癒に重要な役割を果たしている血餅。成分は、赤血球と少量の白血球とフィブリンという繊維素です。空気に触れると、ゲル状に凝固し、傷口をふさぎます。傷口の治癒には血餅が欠かせないため、出血しているからといってうがいをして血液を洗い流してしまってはいけまん。血液のゲル化はすぐに起こるので、しばらくうがいを控えていれば、通常は自然治癒していきます。

ところが、なんらかの事情で、その血液が流れてしまったり、血餅がはがれてしまったりすることがあります。そうなると、細菌が入り込んで歯槽骨が感染を起こすことがあるのです。それがドライソケットです。

ドライソケットの対処法

ドライソケットの状態に陥ると、1カ月くらいは痛みが続きます。状態にもよりますが、半年くらい痛みが続くケースもあります。

対処法としては、市販の鎮痛薬で痛みを抑えられることもありますが、自己判断は危険ですし、抜歯治療を受けた歯科に相談する方が早く解決するでしょう。

歯科でソケットを洗浄し、抗菌薬を施すなどの対処を行います。早く痛みが治まりますので、ガマンしないで歯科に相談しましょう。

ドライソケットの予防法は?

さるくん

ドライソケットになってしまったら大変ですねー!予防する方法って、あるんですか?

櫻井先生

はい。予防法はありますよ。抜歯した後、傷跡の血が流れてしまわないようにする必要がありますので、強いうがいを避けてください

さるくん

えっ、うがいしちゃいけないんですねー?清潔にしたほうがいいかと思っていたから、うがいするところでしたー!あぶないあぶない!

強いうがいを避け。歯磨きの際も傷口に触らない

抜歯後1~2日間は、強いうがいは避けましょう。

歯磨きの際にも、傷口の周辺は強く磨かないようにしてください。

歯ブラシがうっかり傷口に触れて血餅が剥がれてしまうと、治癒が遅れるばかりか細菌感染してドライソケットになる恐れがあります。

舌や指で傷口を触らない

少し舌が当たる程度ならいいですが、傷口を気にして舌で触れてみたり、指でさわったりしないように気を付けましょう。細菌感染の原因になります。

抜歯の前後は禁煙する

タバコを吸うと血流が悪くなります。血餅がつくられにくくなって傷口の治癒を遅らせる傾向があります。

抜歯の前後は、歯科医の許可が出るまでしばらく禁煙しましょう。

口腔外科専門の歯科医に抜歯してもらう

抜歯は、虫歯の治療のような一般的な歯科治療とは一線を画す、専門性を必要とする処置です。

特に親知らずの抜歯は、不正な生え方をしているケースが多く、難易度が高い治療です。外科手術の一種に当たりますので、親知らずの抜歯に関する専門知識や技術を備えた「口腔外科」を専門とする歯科医に任せることをおすすめします。

親知らずの抜歯後の痛みは、それほど強くはない!

さるくん

なんだか親知らずの抜歯、心配になってきたなぁ…!痛そう……!

櫻井先生

親知らずの抜歯の知識や経験に富んだ歯科医にまかせれば、そこまで心配しなくてもいいと思いますよ。個人差はありますが。

さるくん

えっ、そうなんですねー!

櫻井先生

抜歯は局所麻酔を使用して行いますので、処置中にはほとんど何も感じませんし、麻酔が切れてからも注意事項を守れば、そこまで心配はありません

さるくん

そう聞くと安心しましたー!先生から言われた注意事項を守ればいいんですよね!ちゃんと話を聞いておかなきゃー!

櫻井先生

抜歯当日は安静に過ごし、喫煙・飲酒を控えて血行を大幅に変化させないように気を付けましょう。痛みや腫れが鎮痛剤でも抑えられない場合は、すぐに歯科医に相談してくださいね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 親知らずの抜歯中は、局所麻酔をしているので痛みはほぼ感じない。
    • 局所麻酔がきれてから、翌日をピークに3~4日痛むことがある。
    • 個人差はあるが、長くても1週間くらいで抜歯の痛みは引くのが一般的。
    • 2週間たっても強い痛みがある場合、細菌感染を起こしている恐れがある。
    • 親知らず抜歯は難易度が高い。経験・知識豊富な歯科医に治療を受けよう。