歯科麻酔なんでもQ&A|歯医者ではどんな時にどんな麻酔をするの?

画像がありません
この記事の監修医情報を見てみる

「歯医者の麻酔はチクッとするのが苦手」
「歯医者の麻酔ってどんな時に使うの?」
「歯医者の治療は痛いから、最初から麻酔を使って欲しい」

麻酔というと、よほど大きな治療をする時にしか使わないイメージですが、近年では痛くない歯科治療をするところが主流です。

麻酔にも色々な種類があって、治療内容によって使う麻酔は異なります。

ここでは、歯科麻酔についてのよくある疑問を取り上げて解説していきます。

この記事がおすすめな人
    • 歯医者ではどんな時にどんな麻酔をするのか知りたい
    • 希望すれば誰でも麻酔をしてもらえるの?
    • 麻酔の効き目は何時間くらい?
    • 麻酔が切れた時の痛みは?
    • 注射が怖い人向けの麻酔はある?
INDEX
  1. 歯医者の治療で麻酔を使うのはどんな時?
  2. 歯医者で使う麻酔の種類は?
    1. 2- 局所麻酔|浸潤麻酔法
    2. 2- 局所麻酔|表面麻酔法
    3. 2- 局所麻酔|伝達麻酔法
    4. 2- 精神沈静法|吸入鎮静法
    5. 2- 精神沈静法|静脈内鎮静法
    6. 2- 全身麻酔法
  3. 麻酔が効いている時間はどのくらい?
  4. 希望すれば誰でも麻酔を使った治療をしてもらえる?
    1. 麻酔の注射は痛くない?
    2. 麻酔が効いている間に注意することは?
  5. 歯科麻酔のまとめ

1. 歯医者の治療で麻酔を使うのはどんな時?

歯医者で麻酔を使うのは、一般的には以下のような時です。

    • 虫歯の患部を削る時
    • 神経を抜く時
    • 抜歯をする時
    • 症状が進んだ歯周病の歯の歯石を取る時
    • インプラント治療をする時
    • 骨や歯茎の移植をする時

上記の治療は一般的に痛みが生じる治療です。痛みが生じると医師が判断した場合は麻酔を使います。

柿木先生

近年ではできるだけ痛みを感じない治療を行います。

さるくん

歯の痛みは少しでも感じないほうがいいですよね!

2. 歯医者で使う麻酔の種類は?

歯医者で使う麻酔には、3つの種類があります。局所麻酔、鎮静法、全身麻酔です。局所麻酔と鎮静法は、その中でも種類が分かれているので、詳しく説明していきますね。

2-1. 局所麻酔|浸潤麻酔法

局所麻酔とは、薬を使った部分だけ感覚がなくなる麻酔です。歯医者の麻酔というと、歯茎に注射をするこの浸潤麻酔法(しんじゅんますいほう)が一般的です。

さるくん

これ、一瞬チクッとして苦手なんですよ〜。

柿木先生

そういう方には、表面麻酔法を使いますよ。

2-2. 局所麻酔|表面麻酔法

表面麻酔とは、歯茎の表面に塗って感覚をなくす麻酔です。浸潤麻酔が苦手な方には、まず表面麻酔を使って歯茎の表面の感覚を無くし、その後湿潤麻酔を注射します。

さるくん

注射するための麻酔ってことですね!

柿木先生

はい。歯石クリーニングが苦手な方などにも使われますよ。

2-3. 局所麻酔|伝達麻酔法

伝達麻酔は、麻酔が効きにくい場所に対して、湿潤麻酔にプラスして使われる麻酔です。使われる場所は主に下顎の奥歯親知らずです。

伝達麻酔は歯茎だけでなく、唇や舌、頬の内側など広い範囲に効きます。効き目が続く時間も長いので、例えば下顎の奥歯や親知らずを抜歯した後の痛みもしばらく感じずに済みます。

柿木先生

下顎は大きな神経が通っているので、ここに麻酔を作用させることができます。

さるくん

麻酔が効きにくい場所ってあるんですね!知らなかったなあ!

2-4. 精神沈静法|吸入鎮静法

歯の治療に恐怖や不安がある方には、精神を落ち着かせ不安を和らげる吸入鎮静法を用います。特に、歯の治療のことを考えただけで血圧や心拍が上がってしまう方は、精神鎮静法が有効です。

吸入鎮静法は、鼻につけたマスクから笑気ガスを吸うことにより、恐怖心や不安が薄れリラックスした状態になります。

さるくん

痛みもなくなるんですか?

柿木先生

鎮静作用と鎮痛作用があるので、痛みも少なくなりますよ。

さるくん

完全になくなるというわけではないんですか?

柿木先生

そうですね。局所麻酔と併用することもあります。

2-5. 精神沈静法|静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、点滴から血管内に薬を流して恐怖心や不安をなくす方法です。吸入法よりさらに効き目が強く、ウトウトした状態で治療を受けることができます。

鎮静、鎮痛の作用のほかに健忘作用もあるので、治療中の記憶が残ることがなく、治療後も痛みを思い出すことがありません。

柿木先生

眠っている間に治療が終わっていたという方も多いですよ。

さるくん

完全に眠った状態になるんですか?

柿木先生

半分眠っているような、まどろんでいるような状態で意識はありますよ。

さるくん

へぇー。

2-6. 全身麻酔法

全身麻酔は、以下のような治療で用いられます。

    • 骨の移植など外科手術を伴う歯科治療
    • 全身疾患のある方で大量出血や病変の危険がある場合の治療
    • 障害を持つ方の治療
    • 治療に協力するのが難しい子どもの治療

全身麻酔は効き目が長いので、入院設備のある病院で行われます。

さるくん

日帰りだとしても効き目がなくなるまでベッドで寝てる必要があるからですか?

柿木先生

そのとおり。病院は、大学病院や歯科が入った総合病院などですよ。

3. 麻酔が効いている時間はどのくらい?

麻酔の効き目は、それぞれの麻酔薬の用途によって異なります

    • 浸潤麻酔法:2〜3時間程度
    • 表面麻酔法:10〜20分程度
    • 伝達麻酔法:4〜6時間程度
    • 吸入鎮静法:中止後数分
    • 静脈内鎮静法:中止後40分〜1時間程度
    • 全身麻酔法:麻酔注入から数時間

吸入鎮静法は治療が終わって中止すれば、30分以内で元の状態に戻ります。その他の麻酔は基本的に数時間効き目が残るので、当日の車の運転などは避けましょう。

さるくん

麻酔薬の種類によって効き目がなくなる時間も微妙に違うんですね!

柿木先生

そうですね。特に静脈内鎮静法と全身麻酔は効き目が完全になくなるまで休む必要があります。

4. 希望すれば誰でも麻酔を使った治療をしてもらえる?

歯の治療を行う前には、カウンセリングを行います。その際に痛みに対しての質問があるので、痛みに敏感な方は申し出ましょう注射が苦手ということや痛みを感じない治療の希望を伝えれば、表面麻酔や湿潤麻酔、静脈内鎮静法などを使ってもらえます。

また、麻酔で気分が悪くなったことがある方は事前に伝えましょう。

柿木先生

具体的には、こういう麻酔があるけど使いますか?と相談する感じです。

さるくん

同意を得て納得してから使ってくれるんですね!

5. 麻酔の注射は痛くない?

麻酔の注射が苦手という方は少なくありません。麻酔の注射で痛みを感じるのは、注射針が歯茎に差し込まれる瞬間と、麻酔薬が注入されている時です。

ただ、現在ではごく細い注射針が開発されており、注射されても以前よりも痛みが少ないか感じない程度です。

もしも注射の恐怖が強い場合は、さきほど紹介した表面麻酔を使うこともできるので、注射が苦手な方は申し出ましょう。

柿木先生

液体を塗布して感覚がなくなったことを確認してから注射を打つので、全く痛みを感じませんよ。

さるくん

それなら安心ですね!

6. 麻酔が効いている間に注意することは?

治療が終わっても麻酔はすぐには切れません。通常とは身体の感覚が異なるため、以下のことに注意しましょう。

    • 当日は車・バイクなどの運転を控える
    • 食事は指定された時間を過ぎてから
    • 激しい運動をしない

局所麻酔でも、感覚が麻痺しているとどうしてもその部分に神経が集中します。また静脈内鎮静法などは完全に効き目がなくなるまでフワフワすることもあるので、自分で運転する乗り物は避けましょう

麻酔が効いている状態で食事をすると、口内を噛んだり火傷したりする可能性があります。病院から言われた時間内は食事しないようにしましょう。

処方された鎮痛剤や化膿止め指示通りに飲みましょう。その他、治療後の注意として言われたことを守ってください。

柿木先生

特に小さなお子さんは面白がって口の中を強く噛んでしまうことがあるので注意してくださいね。

さるくん

麻酔がなくなった後、治療と別の痛みが来ちゃいますね…。

7. 歯科麻酔のまとめ

歯科で扱う麻酔には、その方の状況や治療内容によって使い分けていることが分かったのではないでしょうか。

麻酔についてもし分からないことがあれば、事前に聞いておきましょう。また、麻酔が効きにくい体質の方は、申し出ておくのがおすすめです。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯医者で麻酔を使うのは、虫歯を削る時や外科的な治療をする時
    • 麻酔には局所麻酔と鎮静法、全身麻酔がある
    • 注射が怖い人は注射の前に塗るタイプの表面麻酔をすることが可能
    • 恐怖心や不安が強い場合は吸入鎮静法や静脈内鎮静法という方法がある
    • 効き目の持続時間は麻酔の種類によって異なる
    • 麻酔が効いている間の注意点を守ることが大切