予防のために歯医者へ行くの?痛くなる前に行く方がお得な8つのポイント

画像がありません
この記事の監修医情報を見てみる

「歯医者が苦手」「できるだけ歯科への通院は避けたい」。そんな気持ちの人にこそ知ってほしい……予防のために歯医者へ通う大きなメリットを……。

  歯を失ったり、歯周病をきっかけに肺炎を引き起こしたりしてから、「もっと早く歯医者へいっておけばよかった」と後悔しないためにも、歯が痛くなったらでなく、予防のために歯医者に行くようにしましょう。

 今回は、予防のために通う歯医者にどんなメリットがあるのか、8つのお得ポイントをお伝えします。

この記事がおすすめな人
    • なるべく歯医者に行きたくない方。
    • 歯の痛み、治療の痛みが苦手な方。
    • むし歯や歯周病の再発を繰り返している方。
    • 子どもをむし歯から守りたい方。
    • 予防のために歯医者へ行くメリットを知りたい方。
INDEX
  1. 痛くなったらでなく予防のために歯医者に行こう!
  2. 痛くなる前に歯医者に行く8つのメリット
    1. 1.治療の痛みを感じなくてすむ
    2. 2.歯を長持ちさせられる
    3. 3.むし歯や歯周病の治療費を節約できる
    4. 4.口臭の予防ができる
    5. 5.歯を白くキレイに保てる
    6. 6.誤嚥性肺炎を予防できる
    7. 7.将来、認知症や寝たきりになるリスクを減らせる
    8. 8.いつまでも食事をおいしく楽しめる
  3. 痛くなったらでなく「予防」のために歯医者に行くようにしよう!

痛くなったらでなく予防のために歯医者に行こう!

患者さん

歯医者ってなるべく行きたくないんですよね~…

柿木先生

気持ちはわかります。歯医者嫌いなんですよね。

患者さん

えっ、歯医者さんなのにわかるんですか~?

柿木先生

わかりますよ。でも、それは歯が痛くなってから歯医者に行くから、歯痛のイメージが強くて嫌な思い出になってしまったんじゃないですか?

患者さん

いわれてみれば、そうかも~!

柿木先生

予防ケアとして歯医者を利用するようになれば、気持ちが180度変わりますよ。

患者さん

なるほど~!それだと、歯が痛い思いをせずにすみますね~!

柿木先生

メリットはそれだけじゃないですよ。口臭予防もできますし、生涯医療費の節約にもなるんですよ。

患者さん

へぇ~!予防のために歯医者へ通うメリット、ほかにどんなことがありますか?気になってきました~!

「予防のために歯医者に行く方がいい」と聞いても、なかなか重い腰はあがりませんよね。

実際に、予防のために歯医者へ通うことにはどんなメリットがあるのでしょうか。ご一緒に、一つひとつ見ていきましょう。

痛くなる前に歯医者に行く8つのメリット

1.治療の痛みを感じなくてすむ

予防のために日頃から歯医者に通っていれば、どうでしょうか。正しい歯磨きの方法など、歯科衛生士からホームケア指導も受けられますので、むし歯や歯周病にならなくてすみます。

むし歯の痛みも、治療の痛みも、感じなくて済むのです。

ポイント
歯医者が嫌いな人は、子どものころ、むし歯になってから連れていかれて治療をしたときの嫌な記憶が残っているからではないでしょうか?お子さんを歯医者嫌いにさせないためには、「歯医者デビュー」のタイミングが大事です。むし歯ができる前に、小さな頃から歯科検診に通う習慣をつけるのがポイントです。

2.歯を長持ちさせられる

予防のために歯医者へ通う大きなメリットは、歯を長持ちさせられることです。

歯は、治療のためとはいえ削れば削るほどもろくなり、再発のリスクが高まります。

何も治療の必要がない健康な状態で保てれば、生涯歯を1本も失うことなく、すべての歯を長持ちさせることも可能なのです。

初期のむし歯であれば、痛みを感じないエナメル質が侵されている段階で発見できるので、治療したとしても麻酔がいらないほどです。状態によっては削るなどの治療をせず、経過観察だけで改善するケースもあります。

ポイント
予防ケアのために歯科に通う場合、一般的には3カ月~半年に一度、検診と歯のクリーニングを受けます。定期的にむし歯や歯周病のリスクがないか調べることで、トラブルを早期発見できるので、軽症のうちに対処できます。そうすることで、すべての歯を長持ちさせることが可能です。

3.むし歯や歯周病の治療費を節約できる

予防のために歯医者へ通っていれば、むし歯や歯周病にならずにすむでしょう。それが、大幅に治療にかかる費用を節約することになります。

定期検診で患者さんが支払う費用は、1回2000~3000円程度です。この費用を出し惜しみして定期検診にいかなかったら、どうなるでしょうか。

むし歯や歯周病を早期の段階で発見できず、進行してから治療を行なうことになります。そうなると、歯が痛い思いもしなければなりませんし、歯を保存するための根管治療を行うとなると、何度も通院することになりますから、治療期間も長くなります。

さらに、治療のためとはいえ一度削った歯はもろくなり、10年以内にほぼ再発を繰り返しますから、いずれ歯を失うことになります。

そうなると、ブリッジ、入れ歯、インプラントなど高額な治療が必要になってきます。インプラントを入れることになれば、保険診療外ですから1本30万円~50万円となり、一気に治療費の負担が跳ね上がります。

治療も大掛かりになり、インプラントの場合は手術を必要としますので通院に時間を割かれるのはいうまでもありません。

患者さん

うーん、あんまり考えたことがなかったけど、歯の治療費や通院時間の負担って大きいなぁ~!これはたしかに、予防のために歯医者に通っておいた方が、お得だね~!

4.口臭の予防ができる

予防のために歯医者へ通うと、むし歯や歯周病を防げるだけでなく、口臭を抑えることができます。

毎日歯磨きをがんばっていても、歯のデコボコしたところや歯と歯ぐきの境目の奥に、細菌のかたまりである歯垢がたまり、やがて歯石化してブラッシングでは取り除けなくなります。

このような蓄積汚れを歯医者でキレイにクリーニングすることで、口臭を予防できるのです。

患者さん

歯医者で口臭ケアもできるんですね~!口臭はすごく気になっているから、嬉しいな!

5.歯を白くキレイに保てる

予防ケアで行うクリーニングでは、タバコのヤニや、コーヒー・紅茶などによる着色汚れを除去できます。

歯本来の白さを取り戻し、口元を清潔でキレイに保てます。

6.誤嚥性肺炎を予防できる

加齢や病気の後遺症で、食べ物を飲み込む機能が低下することがあります。そんなリスクが高まった状態にも、歯医者の予防ケアが役立ちます。

正常に飲み込む機能が働かなくなると、歯周病菌をはじめとする口内細菌が、食べ物のかけらや唾液と一緒に気管に入り込んで肺へ辿り着き、炎症を起こすことがあります。それが、誤嚥性肺炎です。

誤嚥性肺炎は、高齢者の死因の上位にあがる危険な病気です。

定期的に予防のために歯医者に通うことで、口内細菌をコントロールし、感染のリスクを減らしておきましょう。

柿木先生

歯周病が重症化すると、毒性物質が血管に入り込んで動脈硬化が進み、心筋梗塞、脳梗塞といった命にかかわる病気を引き起こす恐れがあります。

患者さん

えぇ~!肺炎だけじゃないんだ!

柿木先生

妊婦さんの歯周病が重症化すると、早産や低体重児出産を引き起こすリスクが高まります。重大な病気の予防のためにも、歯医者に通ってくださいね。

患者さん

予防のために歯医者へ行くのって、重大な病気から身体を守ることにもなるんですね~!

7.将来、認知症や寝たきりになるリスクを減らせる

歯周病菌が産生する物質「アミロイドβ」が、アルツハイマー型認知症を悪化させることが、国立大学の研究で発見されています。

また、噛む・咀嚼する行為が脳へ刺激を使えて活性化し、集中力を高めることもわかっています。

予防ケアでお口の機能や口内細菌の状態を整えておくことで、将来、認知症や寝たきりの状態になるリスクを減らせるのです。

柿木先生

お口の健康管理は、全身の健康に密接に関係しています。予防のために歯医者へ通うことで、歯の寿命だけでなく健康で過ごせる身体全体の寿命も延ばせるのです。

患者さん

わたしたちの身体をつくる食べ物が入ってくるのは、お口ですもんね~!やっぱり「お口は健康の要」なんですね~!

8.いつまでも食事をおいしく楽しめる

歯が何本あれば、おししく食事を楽しめると思いますか?

20本です。

永久歯は、親知らずを除いて全部で28本あります。そのうちの20本が80歳の時点で残っていれば、「食」に満足できるとされています。

しっかり噛めなくなると、食事の満足感が失われるだけでなく、食べ物の旨味を引き出せません。また、丸呑みすることが増え、消化機能にもダメージを与えてしまうので、身体の不調にもつながります。

歯の健康を守り、80歳で20本の歯をキープするのは、健康にも、人生の幸福度を高めるためにも、とても大切なことなのです。

柿木先生

おいしいものを食べて楽しく幸福に生きるためには、歯はとても重要なんです。

患者さん

ほんと、そうですね。歯が健康じゃなかったら、日常生活が色褪せてしまいそう。

痛くなったらでなく「予防」のために歯医者に行くようにしよう!

患者さん

歯の健康って、生きていくための支えになってるんですね~!歯を大事にするために、歯医者に行こうと思いました。

柿木先生

普段から予防のために歯医者へ通っていれば、むし歯になって痛い思いもせずに済みますしね。

患者さん

ほんと、そうですよ~!歯が痛くなってからじゃなくて、予防のために歯医者へ行くことの意味がわかりました!

やめたい!歯医者の定期検診。虫歯予防に歯のクリーニングって必要?

記事の重要ポイントをチェック!
    • 予防のために歯医者へ行くと、歯が長持ちする。
    • 予防のために歯医者へ行くと、歯の痛みを感じなくてすむ。
    • 予防のために歯医者へ行くと、重大な全身の病気を防げる。
    • 予防のために歯医者へ行くと、生涯医療費を節約できる。
    • 予防のために歯医者へ行くと、生涯の幸福度が高くなる。