歯並びの矯正は自力でもできる?具体的な改善トレーニングもご紹介!

歯並びの矯正は自力でもできる?具体的な改善トレーニングもご紹介!

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

インターネットを見ていると、「自力で矯正をした」という記事をちらほら見かけます。ですが、「歯医者さんで矯正をするときは技術が必要なのに、素人でもできるの?」と思いますよね。

実は、ある程度は自分で歯並びを改善することも可能です。

この記事では、プロの歯医者さん監修の元、自力で矯正できる例や、歯並びを改善する具体的なトレーニング法などをご紹介します。

一般的な矯正治療の方法

人工歯

歯列矯正は、国家資格を取得した歯科医師が行います。さらに、矯正を行うプロフェッショナルの証として、日本矯正歯科学会では認定医や専門医の資格も設けています。つまり、それほど歯の矯正は専門技術を要する高度な治療だということです。

 

一般的な矯正治療の方法は、大きく下記の3つがあります。

    • ワイヤー矯正
    • 裏側矯正
    • マウスピース矯正

これらの治療法はどれも、歯や骨など口内の状態を把握し、その人の状態に合うように緻密な設計をなされて治療方法が決定されます。そう考えると、「自力でやるのはちょっと怖い」と思うのではないでしょうか。

それに、頑丈な歯を動かすには特殊な矯正器具が必要なのでは? と思う人もいるかもしれません。

大人になっても歯並びは常に動いているという真実!

驚き

実は、歯は大人になってからも動いているという事実をご存知ですか?

 

例えば、「若い頃は周囲から歯並びが良いと言われていたのに、歳を重ねるにつれて歯並びが悪くなってきた」という心当たりがある人もいるのではないでしょうか。それは、歯が動いて歯並びが変化しているからです。歯並びが悪くなる原因は、以下の5つです。

    • 日常生活でのクセ
    • 咀嚼
    • 抜歯や治療の中断
    • 生理的な原因
    • 口の周りの筋肉の衰え

これらは大人だけでなく、子どもにも当てはまります。良くない姿勢や頬杖、爪を噛む、歯ぎしりなど、日常生活でのクセは思いのほか歯並びに影響を与えます。例えば猫背の子どもは、出っ歯になりやすい傾向があるなどです。咀嚼についても同様で、どちらか片方だけで噛むクセがある場合には、片方の顎だけが発達して、顎の骨全体のバランスが偏ってしまう可能性があります。

また、抜歯するとスペースが空き、歯列が変化することがあります。例えば噛み合っていた相手の歯が伸びてきたり、隣の歯が倒れてきたりします。

虫歯や矯正の治療中は、噛み合わせが一時的に悪くなっている事があるため、中断すると噛み合わせが良くない状態のまま放置することになり、歯並びが悪化してしまうこともあります。

生理的な原因とは、自然に歯が前や横に移動したり、倒れたりする習性があるということです。人によって個人差はありますが、どんなに健康な人でも、歯は常に移動しています

口の周りの筋肉は歯並びにも影響する

歯の綺麗な女性

歯並びが悪くなる原因の5つ目は、口の周りの筋肉の衰えについてです。女性ならほうれい線が気になるなど、口周りの筋肉の衰えに関してはピンと来るのではないでしょうか。

人間は加齢に伴って体の筋肉が下の方へと落ちてきますが、顔の筋肉も例外ではありません。筋肉は重力によって下に落ちるので、口角なども下がり、口内の歯並びにも少なからず影響します。しかも、加齢に加えて日常生活や咀嚼のクセなどで、口の周りの筋肉がアンバランスになっていくと、さらに悪い歯並びになりやすいのです。

しかし、口周りの筋肉は鍛えることができます。筋トレは何歳になってからでもできるのと一緒です。つまり、歯並びを良い状態に保つには、口の周りの筋肉を鍛えることが重要なのです。

トレーニングである程度は改善できる!

成長途中の子どもの場合、姿勢や頬杖、爪噛み、咀嚼の偏りなどの日常生活のクセを治し、さらに口の周りの筋肉をつければ、ある程度自力で歯並びを改善することが可能です。

大人になってからはトレーニングで歯並びを改善するに至るケースは少ないですが、歯並びを現状より悪くならないようにすることはできます。また、歯並びが悪くならないよう、予防することも可能です。もちろん、姿勢などのクセも治すのがベターです。姿勢の悪さは、歯のみならず頭痛や肩こり、腰痛などの原因にもなるからです。

さらに、歯列矯正の治療をすると、「治った」と安心しがちですが、筋肉の衰えによってせっかく矯正した歯並びも、後戻りする可能性があります。口の周りの筋肉を鍛えることは、矯正後の後戻りを予防するという意味でも、とても効果的なのです。

自分で歯並びを改善するトレーニング方法

口周りの筋肉の具体的な部位は、唇・頬・舌です。口周りの筋肉を鍛えることは、歯並びの改善だけでなく、表情筋が鍛えられ、口角も上がって顔全体も若々しくするという嬉しい効果もあります。

では、具体的なトレーニング方法をいくつかご紹介しましょう。

口に力を入れるトレーニング

口元に力を入れる
    • まずは、頬全体を手のひらで覆い、マッサージするように軽くもみほぐします。
    • 軽く口を開きます。その状態から「イー」と力を込めて言い、口角をあげます。そのまま5秒間キープ。
    • 軽く「エ」の口にし、その状態から首に筋が出るくらい「エー」と強く言います。そのまま5秒間キープ。
    • 口を軽く閉じます。その状態から口角を上げるように「ンー」と強く言います。そのまま5秒間キープ。
    • 口をすぼめて「ウ」の口にします。その状態から思いっきり口を前に突き出して「ウー」と強く言います。そのまま5秒間キープ。

1〜5を1日2セット行います。道具も使わずどこでもできるので、続けやすいと思います。

風船を使ったトレーニング

風船を膨らます

風船を膨らますことが、口周りの筋肉を鍛えるトレーニングになります。

風船を膨らますとき、結構力がいるなぁと思ったことはありませんか? 風船を膨らますには、口論筋や頬の筋肉を使います。口論筋は唇の周りの筋肉で、これを鍛えると周囲の表情筋も動きやすくなります。

また、口を開けっ放しにするクセがある人は、口論筋が弱い人です。口を開けっ放しにすると、口周りの筋肉が重力で下がりやすくなる他、口の中が乾燥して唾液が減り、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

風船を膨らますトレーニングは、膨らましては空気を抜くを繰り返し、1日3分程度行うと効果的です。

舌の筋肉を鍛えるトレーニング

舌を出す
    • 舌を前に力いっぱい突き出します。
    • 次に、ゆっくりともとに戻します。
    • 左にいっぱい突き出します。
    • そのまま今度は右にいっぱい突き出します。
    • 最後に口の周りを一回転させます。

舌の筋肉を鍛えると、歯並びだけでなく、唾液の分泌を促すほか、いびき改善や滑舌がなどにも効果があります。

巷に流れる「自力でできる歯列矯正」の危険性

注意!

インターネットなどには、「自力でできる」と称して様々な方法が流出しています。ですが、良い情報もあれば悪い情報もあるので、注意が必要です。

特に、自分で矯正器具を作る方法や、指で歯を強く押す方法はおすすめできません。かえって歯にダメージを与えたり、歯列を悪くしたりする可能性があります。

また、市販のマウスピースも作りが大雑把なものが多く、誤った方向に歯を動かしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

トレーニングで悪くなる歯並びの予防をしよう

歯並びを自分で完全に矯正することはできませんが、発達段階の子どもの場合は、日常でのクセを治しつつ口周りの筋肉を鍛えることで、ある程度は改善することが可能です。

 

また、大人でも歯並びが悪化するのを防いだり、矯正治療の後戻り防止には有効です。

 

今回ご紹介したトレーニング方法は、どれも簡単なものばかりです。口周りの筋肉強化のトレーニングは、歯並び改善や予防に役立つので、ぜひ習慣にすることをおすすめします。