矯正で受け口・しゃくれを治したい!治療法と費用や期間をご紹介

矯正で受け口・しゃくれを治したい!治療法と費用や期間をご紹介

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
鈴木志帆美先生
鈴木 志帆美 先生
専門:小児歯科・歯内療法
2015年 神奈川歯科大学卒業

受け口の人は見た目が気になる以外にも、前歯でものを噛み切りにくい、発音がしにくい、口を閉じた状態が不機嫌そうに見えてしまうなど、コンプレックスや弊害がありますよね。「受け口を矯正したら人生が変わった」という話は決して大げさではありません。そこで、ここでは受け口に特化した矯正の方法や費用、かかる期間など気になるあれこれについてお伝えしていきます。

この記事がおすすめな人
    • 受け口を矯正する場合、どんな治療法があるのだろうかと思っている。
    • 受け口の矯正に保険が使えるのかどうか知りたい!
    • 受け口を矯正する時に、どれくらい費用がかかるのだろうかと不安に思っている。
    • 受け口を矯正する時に、どれくらいの期間がかかるのか知りたい。

受け口の治療法

受け口の矯正治療は、受け口のタイプ顎骨の成長が止まっているかどうかによって異なります。

ネコさん

へぇ〜、人によって治療法が違うんですね。

杉田先生

受け口の治療法は色々あって、その人に最も適した方法が取られるんです。

受け口の治療はタイプによって異なる

受け口のタイプは大きく2つに分けられます。歯槽性の反対咬合(受け口)と骨格性の反対咬合です。歯槽性とは歯の生え方などが原因のもので、骨格性とは顎の大きさや形などが原因のものです。

ネコさん

反対咬合って歯医者さんの専門用語ですか?

杉田先生

はい。通常は前歯が外側ですが、受け口は反対になっているのでそう呼ばれます。

ネコさん

なるほど〜。

子どもの受け口

子どもの受け口の場合には、取り外し式固定式の矯正器具を装着して、上の前歯を外側に出すように歯を動かしていきます。骨の成長過程を利用するため、抜歯はほとんど行わずに済みます。

ネコさん

矯正装置って選べるんですか?

杉田先生

子どもの歯列矯正は成長段階に応じて対応します。

ネコさん

あはは、そうですよね

第1期治療:6歳〜12歳前後。乳歯から永久歯に生え変わるまでの期間。第2期治療:13歳以上の永久歯が生え揃った期間。
費用の目安
    • 第1期治療:10〜50万円程度
    • 第2期治療:20〜120万円程度

治療期間は症状や治療法によって異なります。矯正治療の他に調整や定期検診などで、1回数千円の費用がかかることがあります。

矯正治療は基本的に自由診療で保険が適用されません。しかし、総額が高額になることから、年末に行う確定申告で申告すれば、医療費控除され治療費の一部が戻ってきます。また、厚生労働省が定めた疾患が原因で反対咬合になっていると診断されれば、保険が適用されます。

子どもの受け口の治療法

子どもの受け口は、その状態によって治療法が異なります。

ムーシールド矯正

ムーシールド矯正は、低年齢から使用できるマウスピース矯正器具です。乳歯のうちに矯正を行えば、永久歯も正常な歯並びになる可能性が高く、大人になってから矯正しないで済むことがほとんどです。乳歯の時期に受口をそのままにしておくと、下顎の骨が大きく成長しすぎて、取り返しのつかないということにもなりかねません。

ムーシールドの特徴
    • 3歳から使用可能
    • 就寝時につける
    • 取り外しが自由
    • 痛みはほとんどない
    • 比較的安価で済む
    • 幼少期から矯正を行えば下顎の過成長を防げる
    • 幼少期から矯正を行えば舌や唇の癖も改善しやすい
ネコさん

こんな小さいうちからできるんですね!

杉田先生

小さいうちからやると、期間も短くて済むことがほとんどなんですよ。

リンガルアーチ矯正

歯の裏側にワイヤーでできたスプリングを沿わせて装着し、バネの力で上前歯を押して、上顎の成長を促します。

リンガルアーチ矯正の特徴
    • 6〜8歳くらいまで使用可能
    • 歯の裏に取り付ける
    • 取り外しできない
    • バネの力で上顎を広げる
ネコさん

ずっとつけっぱなしなんですか?

杉田先生

奥歯に接着剤で固定しているから、取れないんですよ。

プレート矯正

プレート矯正の特徴
    • 6〜12歳くらいまで使用可能
    • 食事と歯磨き時以外は常に装着
    • バネの力で上顎を広げる
    • 取り外しできる
    • ワイヤーを併用することがある
ネコさん

随分長時間つけなきゃいけないんですね〜。

杉田先生

長い時間つけるほど、効果的なんです。

急速拡大装置

急速拡大装置の特徴
    • 9〜15歳くらいまで使用可能
    • 就寝時につける(1日10時間程度)
    • エクスパンションスクリューという特殊な器具を装着する
    • 少しずつ上顎を広げていく矯正方法
    • 1日に1、2回ネジを回して横に広げる
    • 取り外しできるタイプとできないタイプがある
杉田先生

鼻腔も広げるので、鼻詰まりが治ったという例もあります。

大人の受け口

大人の受口は顎の成長が止まっているため、歯全体を動かすか、外科手術を併用して行います。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正の特徴
    • 歯の表側または裏側にブラケットという器具とワイヤーを装着する
    • 自分で取り外しできない
    • 上顎歯列を前に出し、下顎歯列を後ろに下げる
    • 場合によっては抜歯が必要なこともある
    • 昔ながらの銀色以外に透明や白色のものもある
治療期間と費用
    • 治療期間:2〜3年程度(個人の状態によって異なります)
    • 費用相場:30〜100万円以上
ネコさん

矯正といえば、このイメージですよね。

杉田先生

やはりいちばん歯がうごきやすい方法です。

ネコさん

時々透明なのしてる人見かけますね。

マウスピース矯正

マウスピース矯正の特徴
    • ワイヤーを使わずマウスピースを交換していくことで歯を動かす
    • 自分で取り外しできる
    • 食事以外の時間は着けている必要がある
    • ごく軽い受け口のみ適用できる
治療期間と費用
    • 治療期間:2〜3年程度(個人の状態によって異なります)
    • 費用相場:80〜120万円(メーカーによって異なります)
ネコさん

人には分からないし、やるんだったらこれがいいな〜。

杉田先生

ネコさん、矯正部位が違うのに積極的ですね(笑)

インプラント矯正

インプラント矯正の特徴
    • アンカースクリューという小さなネジを支点に歯を動かす
    • 外科手術は必要ない
    • 非抜歯でできる可能性が高い
    • 他の歯に負荷をかけない
    • 奥歯より後ろに引っ張れる
    • 歯の裏側に埋めるため外からは見えない
    • 比較的短期間で治療できる
    • 顎間ゴムやループを使わず治療できる
治療期間と費用
    • 治療期間:2〜3年程度程度(個人の状態によって異なります)
    • 費用相場:100万~150万円程度
ネコさん

インプラントって骨に埋めるんですよね。なんか怖いな〜。

杉田先生

通常のインプラントと違ってごく細くて短いネジですよ。

インプラント矯正は、通常のインプラント治療で使うものとは異なります。大掛かりな外科手術も必要なく、術中は局所麻酔をするので痛くありません。

【インプラント矯正】メリット・デメリットや治療方法を詳しく説明

外科手術とブラケット矯正の併用

顎の変形などが原因で受け口になっている場合は、骨の形状を改善する骨切除手術とブラケット矯正を併用して行います。
外科手術+ブラケット矯正の特徴
    • 全身麻酔で行う
    • 数日間の入院が必要になる
    • 保険が適用される
    • 場合によっては抜歯が必要なこともある
    • 昔ながらの銀色以外に透明や白色のものもある
治療期間と費用
    • 治療期間:2〜3年程度個人の状態によって異なります)
    • 費用相場:保険適用で30〜50万円程度
ネコさん

なんか美容整形みたいですね。

杉田先生

先天性や病気が原因の人は、保険が使えるんです。

治療中に注意すること

治療中に虫歯や歯周病になると、治療ができません。一旦矯正治療を中断して虫歯や歯周病を治してから、矯正治療を再開する必要があります。しかし、矯正治療を中断すると、当初の計画通りにいかなくなり、治療期間が長引きます。

矯正治療中は歯磨きやデンタルフロスなどでしっかりとケアし、虫歯や歯周病にならないように注意しましょう。

受け口の矯正治療のまとめ

記事の重要ポイントをチェック!
    • 受け口には歯槽性と骨格性がある
    • 子どもの受け口矯正方法は成長度合いによって異なる
    • 3歳からできるムーシールド矯正がある
    • 大人の受け口矯正はワイヤー、マウスピース、インプラント矯正、外科手術
    • 骨格性の受け口は保険適用される
ネコさん

受け口矯正って一口に言っても、色々な種類があることがわかりました!

杉田先生

症状によって取られる治療法は異なるので、医師によく話を聞きましょう。