【歯科医監修】インプラントと金属アレルギーの関係を詳しく説明!

【歯科医監修】インプラントと金属アレルギーの関係を詳しく説明!

この記事の監修医師一覧

櫻井祐弥先生
櫻井 祐弥 先生
所属:エムズ歯科クリニック下落合
専門:デジタル
東京都出身。東京医科歯科大学を卒業し、インプラント専門医の下で臨床研修を行った後に医療法人社団翔舞会エムズ歯科クリニックに入社。現在、エムズ歯科クリニック下落合院長として診療をする傍ら、子育てと趣味の読書と最近習い始めたゴルフに奮闘している。

インプラントを希望する人で金属アレルギーがあると、果たして大丈夫なのかと心配になることでしょう。また、インプラントの治療後に金属アレルギーになるのではないかと疑いをもつ人もいます。金属アレルギーの人は、身につけている貴金属で赤く腫れたり、ただれてしまったりする症状を引き起こします。もし口の中でそのようなことが起こったらと思うと不安になるのも当然でしょう。

そこで、ここでは歯科医監修の元、インプラントと金属アレルギーの関係を詳しく説明していきます。

金属アレルギーの人でもインプラントはできます

金属アレルギーをもつ人でも、インプラント治療は可能です。その理由を、ひとつずつ説明しましょう。

金属アレルギーのしくみ

金属アレルギーは、汗や唾液などの体液と金属が反応し、金属が微量に溶け出すことによって起きます。夏に金属製の腕時計やピアス、ネックレスなどをしていると、皮膚が痒くなったりかぶれたりすることがあるのはそのせいです。

金属は溶けると、イオン化して皮膚や粘膜を透過して体内に入り込みます。人間の体はこれを異物とみなし、免疫システムが作動して除去しようとアレルギー反応が起きるのです。

金属アレルギーはある日突然起こります。年齢は関係ありません。花粉症と同じように、個人の許容量がオーバーすれば発症します。また、皮膚をはじめ体の様々な条件によって、金属との親和性が悪くなった時に引き起こると考えられます。そのため、今までずっと平気だったのに、急にアレルギーになるというケースがあるのです。

金属アレルギーになる可能性がある金属

金属アレルギーを引き起こしやすいと考えられる金属は、以下のものです。

    • クロム
    • ニッケル
    • パラジウム
    • シルバー(銀)
    • コバルト
    • 錫(すず)
    • 亜鉛

口の中は内蔵などと違い、粘膜に直に触れられる数少ない器官です。そのためインプラントを埋めると金属アレルギーが起きるのではないかと心配するのももっともです。

歯科治療で金属アレルギーになる原因

通常の歯科治療で使われる被せものや詰め物などで金属アレルギーになる原因は、使われる素材が金属アレルギーを引き起こしやすい場合です。昔の一般的な歯科治療では、が主に使用されていました。現在でも、パラジウム合金など、複数の金属が加工された合金がよく使われていますが、金属アレルギーは個人によって反応がある金属が異なるため、検査が必要です。

また、金属アレルギーの症状としては、口内炎がよくできる、舌炎(舌がピリッとする)、唇が腫れる、口角炎、口唇炎ができるなど、口の内外や顔面に症状が起きます。場合によっては口の周り以外の皮膚にも皮膚炎が起こることがあります。

インプラントで金属アレルギーになる可能性

インプラントは基本的に、金属アレルギーになりにくいチタンジルコニアを使用しているため、金属アレルギーになる可能性はとても低いと言えます。チタンは、1952年に骨との結合性が非常に高いという生体親和性(オッセオインテグレーション)が発見されました。チタンは非常に硬く、拒絶反応金属アレルギーがほとんどないため、歯科のほか人工関節や人工骨などにも使用されています。

また、ジルコニアはセラミックの一種で、もはや金属ではないため、可能性はゼロと言えるでしょう。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強固で天然歯と比べても遜色がないため、最近のインプラント治療では多く使われています。

インプラントの構造で使われる金属

インプラントのいわゆる「歯」の部分では金属を使わないとしても、骨に埋める部分は金属なのでは?と心配する人も多いと思います。ここでは、構造別で一般的に使われる材料をご紹介します。

インプラント本体

インプラント本体によく使われるのは、チタンです。チタンは先述したとおり生体親和性が高いため、金属アレルギーの心配はほとんどありません。近年では、チタンの表面にハイドロキシアパタイト(HA)を加工しているものもあります。HAは結合をより早めるために施されますが、その理由は天然歯と同じ成分でできているためで、もちろん金属アレルギーの心配もありません。

アバットメント

アバットメントは、骨に埋入するインプラント体(人工歯根)と物を噛む人工歯との間のパーツです。アバットメントは上部の人工歯を支える重要なパーツで、長さや角度など様々なものがあります。素材もチタン、ジルコニア、金合金などいろいろな種類があり、金属アレルギーの恐れがある人に対しては、チタンやジルコニアが選ばれます。

人工歯

人工歯は見た目が他の既存歯と変わらないよう、セラミックを用いるのが一般的です。ただし、セラミックを用いる人工歯にもいくつかの種類があります。

    • ジルコニアセラミック
    • オールセラミック
    • ハイブリッドセラミック
    • メタルボンド

ジルコニアは先程も出てきたとおり、人工ダイヤモンドと呼ばれる素材です。人工ダイヤモンドの軸に、セラミックをコーティングしています。その耐久性はとても優秀で、強い力がかかっても割れたり欠けたりする心配がありません。金属アレルギーの人でも安心して装着できます。ただし、価格はやや高めです。

オールセラミックは、軸も表面もすべてセラミックでできている人工歯です。セラミックとは陶器のことで、色も豊富なため個人の天然歯により近い色を選ぶことができます。経年による変色がなく、見た目にも美しいのが特徴です。金属アレルギーの人も安心して使えますが、強い力が加わると破損しやすいというデメリットがあります。

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとプラスチックなど2つの異なる素材が合体して造られた人工歯です。プラスチックが混ざっているため価格を抑えることができますが、強度にはやや欠けます。金属アレルギーの人は安心して使える人工歯です。

メタルボンドとは、金属の上にセラミックをコーティングした人工歯です。金属のため強度はありますが、経年劣化により金属が溶け出す恐れがあり、金属アレルギーの人にはおすすめできません

インプラントなら通常の入れ歯より安全

通常の入れ歯は金属のバネや留め金を、他の歯にかけて支えるしくみです。口内に金属がむき出しになっているため、金属アレルギーの人には不向きです。しかし、インプラントなら体液でイオン化しないチタンやジルコニアを基本的に使用するため、金属アレルギーの心配がほとんどありません

また、インプラントは通常の入れ歯に比べて、外れやすい・しゃべりにくい・噛む力が弱くなるといったデメリットが少ないのが特徴です。

チタンアレルギーがある人もいる

これまでチタンはイオン化しない、金属アレルギーの可能性が低いとお伝えしてきましたが、中にはチタンアレルギーの人がいるのも事実です。チタンは他の金属に比べて安全性が高いですが、100%というわけではありません。

心配な人は、皮膚科などで予めチタンを含めた金属アレルギーの検査をすることをおすすめします。

金属アレルギーがある人は事前に医師に相談しよう

インプラントでは、金属アレルギーになりにくいチタンやジルコニア、セラミックなどが使われるため、基本的には心配ありません。インプラントの構造はインプラント体、アバットメント、人工歯からなりますが、インプラント体は骨に結合させる必要があるため、チタンが採用されます。ただ、チタンアレルギーの人にはジルコニアのインプラント体もあるので、そういったメーカーのものを病院が取り扱っているかどうか、調べておくのがおすすめです。

アバットメントも基本的には金属アレルギーになりにくい素材が使われていますが、人工歯は金属の軸を使うものもあるため、金属アレルギーの心配がある人は、事前に医師に相談することが重要です。

インプラントを入れたら、すぐに金属アレルギーに直結するとは考えにくいですが、金属アレルギーは突然なる場合もあるため、可能性はゼロではないということも頭に入れておきましょう。