歯周病の予防におすすめ!ホームケアアイテム&ケア方法15選

歯周病の予防におすすめ!ホームケアアイテム&ケア方法15選

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。
歯周病は、日本で最も多い「歯の喪失の原因」です。若い頃はむし歯で失われることが多いのですが、年齢を重ねるにつれて歯周病で歯を失う人が増えます。このことについては、厚生労働省の健康情報サイト「e-ヘルスネット」でも報告されています。

歯周病を予防するためには、プラーク(歯垢)をコントロールして、できるだけ歯周病菌を減らすことが大切です。

ここでは、歯周病予防のためのホームケアアイテムや、おすすめのケア方法について紹介します。

歯周病予防におすすめの市販グッズ&ケア法

歯周病の予防には、さまざまな有効成分が配合されたハミガキ剤やマウスウォッシュを使用する方法をはじめ、歯ブラシなどの清掃器具、タブレット体操を採り入れるなど、多彩なやり方があります。歯周病の予防におすすめのアイテムや、自宅でできるケア法とは?15種類のおすすめケアを紹介します。

歯周病の予防におすすめ市販グッズ

歯周病の予防におすすめのアイテムを紹介しますので、ぜひ自分に合った方法を見つけてください。

フッ素配合の歯磨き剤

クリニカアドバンテージ ハミガキ クールミント
歯周病の予防に有効な成分
    • 歯垢を分解・除去する「酵素(デキストラナーゼ)」配合
    • 歯垢を落としやすくする「TDS(テトラデセンスルホン酸Na)」配合
    • 歯石の沈着を防ぐ「TPP(ポリリン酸Na)」配合
    • エナメル質の修復を促進する「高密着フッ素」配合
歯周病の予防に大切な、フッ素ケア・細菌の殺菌・歯石の除去をトータルに行える薬用ハミガキ剤です。歯の表面のエナメル質の修復を促進し、歯垢を落としやすい状態にする成分「デキストラナーゼ酵素」が配合されています。

歯ぐきトラブル専用の歯磨き剤

GUM(ガム) 歯周プロケア 歯みがき
歯周病の予防に有効な成分
    • 再石灰化を促進する「高濃度フッ素」配合
    • 代謝を助けてハグキを活性化する「ビタミンB6」配合
    • 血行を促進しハグキの防御力を強化する「ビタミンEn」配合
    • 歯周病菌を殺菌する「殺菌剤CPC」配合
    • ハレ・出血を抑制する「抗炎症剤β-GR」配合
ダブルビタミンの効果で歯ぐきを内側から強化し、歯周病を予防します。歯周病菌の殺菌、炎症・出血を抑える成分が配合されています。高濃度フッ素が歯の表面の修復をサポートします。

生薬・天然植物成分配合の歯磨き

薬用ハイテクト生薬の恵み ひきしめハーブ香味
歯周病の予防に有効な成分
    • 歯ぐきの炎症をおさえ歯槽膿漏を防ぐ「6つの天然植物由来成分」配合
    • 歯ぐきの炎症を防ぐ「オウバクエキス・カンゾウエキス」配合
    • 天然植物由来の2つの収れん成分「ローズマリーエキス・セージエキス」配合
    • 2つの保湿成分「ニンジンエキス・オウゴンエキス」配合
    • 歯ぐきの出血を防ぐ「トラネキサム酸」配合
6つの天然由来成分が配合されたハミガキ剤です。生薬の作用で血流を促進し、歯ぐきの炎症を防ぎます。歯を磨いたあとは、天然ハーブのさわやかな印象が残ります。

毛先が極細タイプの歯ブラシ

歯ブラシ職人 田辺重吉 磨きやすい歯ブラシ 奥歯まで 先細毛タイプ
歯ブラシ職人、田辺重吉氏が監修した磨きやすさにこだわった歯ブラシです。植毛の配列、毛穴の大きさにこだわっているので、奥歯まで届きやすく、歯と歯のすき間を磨きやすい毛先極細タイプ。歯周病の予防に大切な細かい部分まで歯磨きがしやすい歯ブラシです。

デンタルフロス・歯間ブラシ

小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス
歯ブラシ1本だけの歯磨きでは、歯垢などの汚れは約60%しか磨けないという調査報告があります。デンタルフロスや歯間ブラシを最低でも1日1回以上、ケアに採り入れましょう。

小林製薬の糸ようじは、デンタルフロス初心者にも使いやすい形状です。歯と歯のすき間にも入りやすいなめらかな糸で、歯のカーブにフィットしやすい造り。ネバネバした歯垢をからめとって掻き出せるようになっています。
初心者マークがついた「入りやすいタイプ」も用意されていますので、始めはそちらを購入するのがおすすめです。

染め出し剤

ジーシー GC プロスペック 歯垢染色液
染め出し剤を使えば、歯磨きでプラーク(歯垢)を落としきれていない部分がはっきりと目に見えてわかります。何度か染め出しを行ってみて、いつも同じ場所が赤くなるようなら、その部分に汚れが溜まりやすい、もしくは磨き残しが起きやすい磨くのが苦手な場所いうことになります。
きちんと磨けているかセルフチェックすることで、歯磨きの成果を高めるモチベーションのアップにもつながります。

歯周病予防におすすめのケア法

歯周病の予防におすすめの自宅でできるケア法を紹介します。ぜひホームケアに採り入れてみてください。

殺菌効果の高い薬用成分の洗口剤

ウエルテック ジェルコート F
歯周病の予防に有効な成分
    • 再石灰化作用がある「フッ素950ppm」配合
    • 殺菌作用がある「塩酸クロルヘキシジン」配合
    • 抗炎症作用がある「β-グリチルレチン酸」配合
    • 歯石の付着を抑制する効果がある「ポリリン酸ナトリウム」配合
    • 2つの保湿成分「ニンジンエキス・オウゴンエ
歯周病予防のために、1日に2~3回程度、食後の歯磨き剤として使用します。歯磨きの後で使用すれば、フッ素コート剤として歯を守る効果を発揮します。

歯ぐきマッサージ

システマハグキプラス ハブラシ コンパクト やわらかめ
歯ぐきのマッサージによる歯周病予防には、2つのやり方があります。ひとつは歯科医院で歯科衛生士による歯ぐきのマッサージ。もうひとつは、ホームケアによる歯ブラシでのマッサージです
マッサージの際に歯ぐきを傷つけないように、やわらかい毛先の歯ブラシで歯ぐきをマッサージする感覚で歯みがきをします。

乳酸菌タブレット

チュチュベビー おくちの乳酸菌習慣タブレット ヨーグルト風味
乳酸菌は、お口の菌環境を改善し、歯周病菌を減少させる作用があります。プラークコントロールのためには歯磨きが必要ですが、補助アイテムとして乳酸菌タブレットの使用は、歯周病予防におすすめです。

高速うがい

口に含んだ水を、歯列のあちこちにぶつける感覚で、激しくぐちゅぐちゅする「高速うがい」は、歯周病の予防に効果的です。
歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目などの食べかすや歯垢を取り除きます。高速の水流を作るために、舌やお口周りの筋肉を激しく動かすため、フェイスラインがすっきりして小顔効果もあります。

口の体操

お口や顔の筋肉を動かす「口の体操」は、唾液の量を増やしたり、舌の動きや飲み込む力を鍛えることにつながります。
唾液は、歯周病の予防に非常に重要な役割を担っています。

キシリトールガム

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ
歯科専売品で、甘味料に「キシリトール100%」配合されたガムです。歯周病予防のために、食後に1回1粒ずつ噛めば、プラークが落としやすいお口の状態になります。

歯槽膿漏薬

【第3類医薬品】アセス 佐藤製薬
歯ブラシにつけて、1日2回、歯ぐきをマッサージするように磨きます。天然の植物性生薬由来の働きで、歯周病菌「ジンジバリス菌」に対する抗菌作用、抗炎症作用、腫れを鎮める作用で、歯周病のさまざまな症状に効果を発揮します。

writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。