歯周病を予防するにはマッサージが効果的!歯周病予防のマッサージ方法

歯周病を予防するにはマッサージが効果的!歯周病予防のマッサージ方法

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。

歯周病にかからないために、薬用の歯磨きやうがい薬などを使用している人も多いと思いますが、マッサージにも効果があるのをご存知でしょうか。歯医者さんでは、歯周病のためのマッサージを積極的に教えているところも多くあります。

今回は、歯周病を予防できるマッサージの効果の理由や、具体的な方法をご紹介します。今日からでもできるので、ぜひ取り入れてみてください。

歯周病予防にマッサージが効果的な理由

OKサインをつくる歯科医師

歯周病はその進行具合で、初期の歯茎が腫れている段階を「歯肉炎」、炎症が進んで骨が吸収されてしまう重度の状態を「歯周炎」と呼びます。中間は、歯肉炎から徐々に歯周炎に移行している状態です。

歯周病は自然治癒できない病気と言われていますが、実は初期の段階で的確なマッサージを行うと、歯肉炎は自然に収まり、元の健康な状態の歯茎に戻る可能性が高いのです。

したがって、歯磨きをするとごくたまに出血する程度なら、怖がらずにしっかりと、的確なマッサージをすることを歯医者さんでも勧めています。

以下で、その理由を詳しく説明していきます。

血行やリンパの流れを促進できる

歯肉は触れることができて健康だと硬いですが、内蔵にあるのと同じ粘膜に分類され、内部には血管やリンパが流れています。

歯周病は、歯周病菌が持つ毒素が歯と歯茎の境目(歯間乳頭)にある歯周ポケットに入り込むことにより、歯のまわりの組織を炎症させて破壊し、歯をグラつかせます。歯がグラつくまでの状態になると重症で、噛むと痛みも感じ、もはや自然治癒では回復できません

また、歯周病菌は歯肉から簡単に血管に侵入することができ、体内の血管を詰まらせたりします。しかも、細菌は体内で死滅しても毒素は残るので、非常に厄介です。

マッサージは血行を良くしてリンパの流れをスムーズにする効果があります。血行やリンパの流れを良くすると、歯肉が引き締まって歯肉炎の症状が進むのを防げます。ただ、誤ったマッサージをすると、かえって歯肉を傷つけてしまい、歯茎下がりを増長させてしまうため、注意が必要です。

実験による科学的根拠がある

神奈川歯科大学大学院歯学研究科社会歯科学講座の山本龍生教授(当時)のグループが行った「歯周病予防・治療における歯ぐきマッサージの有用性」に関する研究によると、歯ブラシを用いたマッサージは、歯石除去よりも歯肉の細胞を2倍も増殖させることが分かったとあります。

研究は、5週にわたってスケーラーという先の尖った器具で歯石除去だけした場合と、同じ形・長さ・ブラシ本数の歯ブラシを使ってマッサージをしたグループを比較したものです。すると、マッサージをした方は1週目からコラーゲンを作る細胞が2倍になり、5週目では2.5倍にもなりました。

研究グループは、マッサージをすると上皮のターンオーバー(細胞の入れ替わり)を促進して、炎症で破壊された上皮の修復を促すからと推測しています。

MEMO
上皮:細胞同士を結合する組織の外側を覆う部分のこと

歯周病予防のマッサージ法は2種類!

上記の研究で用いられたマッサージ法は、約200グラムの力で1本につき20秒間振動を加えるというもので、すべての歯を磨くのには10〜15分かかると言っています。

しかし、毎日15分もかけて磨くのは大変なので、より短い時間でできるマッサージ法2種類をご紹介します。

1.手指を使う方法

マッサージジェルを使い、手指で行うマッサージ方法です。下顎、頬の内側の粘膜、上顎の順でマッサージしていきます。

下顎の歯肉マッサージ

    • 手をよく洗い、手の甲にマッサージジェルを2cmほど出す
    • 反対の手の人差し指で、ジェルを手の甲に馴染ませる
    • 柔らかくなったジェルを集め、人差し指ですくう
    • 下顎の歯肉(外側)すべてにジェルを塗布する
    • 正面から左の犬歯まで、右人差し指をクルクル回す(3〜5回繰り返す)
    • 反対も同様にマッサージする
    • 次に、左の犬歯から奥歯まで右人差し指をクルクル回す(3〜5回繰り返す)
    • 右側も同様にマッサージする
MEMO
①右側は左の人差し指で、左側は右の人差し指に変えるとなめらかに塗布することができます。②指の腹を使ってマッサージし、優しく圧をかけるのがポイントです。

下顎の舌側の歯肉マッサージ

    • 右人差し指で左下顎の犬歯の歯間乳頭を軽く掴む
    • 1ヵ所につき3秒ほどゆっくりと圧をかける
    • 1ヵ所ずつ掴み、正面に移動していく
    • 奥までやらず、犬歯の隣当たりまでマッサージする
    • 反対も同様にマッサージする
MEMO
歯間乳頭:歯と歯茎の境目

下顎の歯肉マッサージの仕上げ

    • もう一度外側の下顎に人差し指を当てる
    • 犬歯より2本くらい奥側の歯肉にゆっくりと圧を加える
    • そのまま正面に向かって1ヵ所ずつ移動して圧を加える
    • 反対も同様にする
    • 次に、右人差し指を下顎から差し入れ、頬の内側に沿って上までぐるりと回すようにマッサージする
    • 上顎側の奥にも指を差し入れて上顎歯肉にも圧を加える
    • 反対も同様にする
MEMO
①犬歯より2本くらい奥側の歯肉は、オトガイ孔という場所で、神経や静動脈が通っています。②頬のマッサージは、指を大きく回して頬全体をマッサージするのがポイントです。

上顎の歯肉マッサージ

    • 正面から左の犬歯まで、右人差し指をクルクル回す(3〜5回繰り返す)
    • 反対も同様にマッサージする
    • 次に、左の犬歯から奥歯まで右人差し指をクルクル回す(3〜5回繰り返す)
    • 右側も同様にマッサージする
MEMO
①正面上顎と歯の間にあるヒダに触ると痛い人は、無理しないようにしましょう。

上顎の舌側の歯肉マッサージ

    • 右人差し指で左上顎の犬歯の歯間乳頭を軽く掴む
    • 1ヵ所につき3秒ほどゆっくりと圧をかける
    • 1ヵ所ずつ掴み、正面に移動していく
    • 奥までやらず、犬歯の隣当たりまでマッサージする
    • 反対も同様にマッサージする

上顎の歯肉マッサージの仕上げ

    • 再び外側の下顎を人差し指でクルクルとマッサージする
    • 犬歯より2本くらい奥側の歯肉にゆっくりと圧を加える
    • 反対も同様にする

参考:GUM 歯肉マッサージの手順

2.歯ブラシを使う方法(歯もみ)

歯ブラシを使って行う「歯もみ」とは、ブラシの毛先を歯と歯の間に入れて優しく震わせ、歯肉をもむようにマッサージする方法です。

    • 毛先を歯と歯の間に45度に突き立てる
    • 1〜2mm程度に、小刻みに歯ブラシを動かす
    • すべての歯をマッサージする
MEMO
マッサージのコツは、毛先を歯の間に入れたまま歯ブラシを動かすことです。

おすすめのマッサージジェル

DENT. システマ SP-T ジェル 85g 1本

「システマSP-Tジェル」は、歯周病の予防に有効な4種類の薬用成分と、歯周組織を修復するフッ素が1450mmpも配合された、歯医者さんも勧める薬用歯磨き粉です。

コンクール リペリオ(薬用歯磨材)

「コンクール リペリオ」は、コラーゲンの再生を促進し、傷ついた歯茎を修復する歯磨き粉で、子どもの歯肉炎にもおすすめです。

ディープクリーン 薬用ハミガキ 100g

「ディープクリーン 薬用ハミガキ」は、緑茶から抽出されるカテキンをメインとした有効成分が配合されている歯周病ケアの歯磨き粉です。シリーズで知覚過敏用や口臭予防用などもあるので、自分の歯茎の状態に合った歯磨き粉が選べます。

注意!やらないほうがいいマッサージ

昔から塩でマッサージをするのが歯周病予防には良いと言われていますが、塩の結晶歯茎を傷つけるので、おすすめできません。

また、指で強めにマッサージするのも、歯茎をかえって刺激して歯茎が下がってしまう可能性があります。

「塩で歯周病予防できる」のウソホント|本当に効果があるのは?

歯茎マッサージで歯周病を予防しよう

歯茎マッサージは、正しい方法で行えば歯石除去よりも効果があり、かつ自分で毎日行うことができるものです。

歯周病は症状が進むと元の状態に戻すことは難しい病気ですが、歯肉が腫れている初期段階にマッサージをすれば、健康で引き締まったピンク色の歯茎に戻すことができます。

今回ご紹介した2つのマッサージ方法を習慣化し、歯周病を予防しましょう。