差し歯の下にご用心!差し歯が虫歯になる理由と予防法

差し歯の下にご用心!差し歯が虫歯になる理由と予防法

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

差し歯は10代から入れっぱなしという人もいます。外れていないから安心だと思っている人も多いでしょう。しかし一転、差し歯がグラついたり外れたりした場合には、どうすればいいか分からなくて不安になります。

また、長年入れている差し歯に何ら支障はなくても安心はできません。差し歯部分も虫歯になる可能性があるからです。

今回は、「差し歯と虫歯」について説明していきます。

INDEX
  1. 差し歯は虫歯にならない?
  2. 差し歯が虫歯になっているサイン
    1. 歯がぐらつく
    2. 差し歯のあたりが痛い
    3. 差し歯から臭いがする
  3. 差し歯が虫歯になるのを防ぐ4つの方法
    1. 丁寧な歯磨きをする
    2. 歯ぎしりや食いしばりをやめる
    3. 土台をグラスファイバーにする
    4. 定期的にプロケアを受ける
  4. 差し歯の寿命
  5. 差し歯の交換時期の目安
    1. 差し歯がぐらつく・取れやすい
    2. プラスチックが変色している
    3. 歯茎が黒ずんでいる
    4. 根っこにヒビが入っている
    5. 差し歯に痛みがある
  6. 差し歯と虫歯予防のまとめ

差し歯は虫歯にならない?

悩む女性

差し歯にした部分は虫歯にならないと思いがちですが、差し歯部分も虫歯になることがあります。

確かに差し歯自体は人工物なので虫歯菌には侵されませんが、差し歯の下は歯根という自分の歯の根です。差し歯は歯の根に金属のメタルコアやレジンコアと呼ばれる土台部分を入れ、プラスチックやセラミックなどで作られた人工歯をかぶせています。つまり、差し歯の下は自分の歯の根で支えているのです。

プラスチックも強固なセラミックも、人工物なので長い年月を経ればどうしても劣化が起こります。作った当初はほとんど隙間がない状態でも、経年変化で差し歯と歯の根との間に隙間が生じるため、そこに虫歯菌が入って歯根が虫歯になってしまうのです。

差し歯が虫歯になっているサイン

差し歯の下の歯根が虫歯になっているサインとしては、以下のようなものがあります。

歯がぐらつく

差し歯がグラつく場合は土台と差し歯との間に隙間ができて虫歯になりやすい状態になっているか、または歯根が虫歯になっていることが考えられます。どちらにしてもトラブルが起こっている状態です。

差し歯のあたりが痛い

通常、神経が通っていない人工の差し歯が痛いということはありません。また差し歯にする部分の歯根は、神経を抜いているため痛みを感じません。もし差し歯周辺が痛むのであれば、歯根の虫歯は相当進んでいる事が考えられます。

差し歯から臭いがする

口臭が気になって色々試してみても改善しない場合は、差し歯の下から臭いが発生している可能性があります。差し歯から臭いがする場合には、歯根が虫歯になっている確率が高いです。

差し歯が虫歯になるのを防ぐ4つの方法

差し歯の下が虫歯にならないようにするためには、日頃からのちょっとした心がけケアが必要です。

丁寧な歯磨きをする

虫歯予防の基本は歯磨きです。歯磨きは口内に残った食べカスや差し歯と歯茎の境目にできた歯垢などを取り除き、歯磨き粉に含まれるフッ素で虫歯菌の働きを抑えることができます。

また、隙間部分には歯ブラシが届かないため、歯間ブラシやフロスなども併用することをおすすめします。

歯ぎしりや食いしばりをやめる

歯ぎしりや食いしばりがある人は、差し歯がグラつきやすくなることがあります。歯ぎしりや食いしばりは歯に掛かる負担がとても大きく、一度に歯にかかる力は100kgとも言われています。また、差し歯だけでなく健康な歯へのダメージも大きいため、歯ぎしりや食いしばりがある人は改善するのがおすすめです。

土台をグラスファイバーにする

差し歯の差し込み部分は、心棒(ポスト)と呼ばれる金属かプラスチックレジンです。心棒の頭には一体型のコア(クラウンの土台)がついていて、その上にクラウンをかぶせています。ポスト及びコアは金属でもレジンでも保険内で作れますが、経年劣化でヒビが入ったりすることがあります。ヒビが入ると変形し、虫歯菌が侵入しやすくなります。

これを防ぐには、土台に金属よりもしなやかなグラスファイバーのポストを用いて補強することができます。グラスファイバーは柔軟性があるので、歯根の破損等を防ぐことができます。

定期的にプロケアを受ける

差し歯を虫歯にしないためには、日頃から定期的に歯医者さんによるプロケアを受けるのもおすすめです。

セルフケアだけではどうしても限界がありますが、歯医者さんなら専用の機器でクリーニングしてくれます。また、ちょっとした変化もプロの目で確認してもらえるので、万が一トラブルが発生しても比較的早い段階で治療できます。

差し歯の寿命

差し歯は人工物のため、寿命があります。保険適用で行う場合のほとんどは金属と硬質レジンの組み合わせで、寿命はおよそ7〜10年です(個人差があります)。

一方保険適用外で行ったセラミックなどを用いた差し歯の寿命は約10〜20年です。セラミックはプラスチックレジンよりは耐久性があるため長持ちしますが、強い力が継続してかかればセラミックでも10年未満で寿命が来る場合もあります。

差し歯の交換時期の目安

差し歯の交換は、次のようなことが目安となります。

差し歯がぐらつく・取れやすい

差し歯がグラついているのは、歯根との間に隙間ができているからです。また、何度も外れたりすると、接着剤が弱くなってきているか形が合わなくなってきている可能性が考えられます。

プラスチックが変色している

保険適用で差し歯を作った場合、被せものにはプラスチックレジンを使用しています。プラスチックは食事などで変色しやすい材質です。一度変色するとホワイトニングなどでは白くできないため、変色が気になるようなら交換するしかありません。

歯茎が黒ずんでいる

金属のポストを使用している差し歯の場合、歯茎が黒ずむことがあります。金属は長い間唾液や飲食物などにさらされていると、溶けだして歯茎を黒く染めてしまうからです。また、差し歯にしてから金属アレルギーが出たという人は、差し歯の金属が原因かもしれません。

金属で歯茎の黒ずみが気になる場合や金属アレルギーの人は、ファイバーコアに交換することで、原因の解消をすることができます。

根っこにヒビが入っている

金属は歯の根よりも硬いため、土台に金属を使用している場合は繰り返される噛み合わせの力によって歯の根にヒビが入ることがあります。歯の根にヒビが入ると差し歯が外れます。

歯の根にヒビが入った場合、歯の根を抜歯しなければならないこともあります。

差し歯に痛みがある

歯が痛む女性

差し歯に痛みがある場合は、虫歯になっているか歯の根にが溜まっていることが考えられます。虫歯の場合は、差し歯の土台と歯の根との間に隙間ができて虫歯菌が入り、虫歯が進行します。

また、差し歯を治療する際には神経を抜くのですが、神経は何本にも細く分かれているため汚れを取りきるのが難しく、再度感染した場合は炎症が起こり、膿がたまります。膿をそのままにしておくと歯周病になるため、早期の治療が必要です。

そもそも差し歯にしたところに痛みを感じる場合は症状がかなり進んでいることが考えられますので、できるだけ早めに歯医者さんに行くことをおすすめします。

差し歯と虫歯予防のまとめ

差し歯にした場所は、10年20年経つと劣化が起きて虫歯になることがあります。また、差し歯には寿命があるので交換が必要です。差し歯を虫歯から守るためには、日頃から丁寧な歯磨きを心がけ、歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は改善しましょう。また、歯の根の破損を防ぐには、土台をグラスファイバーにするのもおすすめです。

定期的に歯医者さんでプロケアを受けると、自分では難しいクリーニングを行え、ちょっとした変化もチェックしてくれるので虫歯などのトラブルを未然に防ぐことができます。