セルフケアで歯周病を予防!最も大切なのは毎日の「歯磨き」

セルフケアで歯周病を予防!最も大切なのは毎日の「歯磨き」

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
歯周病の予防で一番大切なのは、毎日の歯磨きです。あなたは歯のセルフケア、どうしていますか?
もちろん、歯科医院での定期的な検診とメンテナンスも受けることも大事ですが、毎日ご自宅で歯をしっかり磨くことが予防の基本です。

いったいどんな風に歯磨きをすれば効果的に歯周病を予防できるのでしょうか?ここでは、おすすめのセルフケア法や、効果的な歯磨きの仕方を紹介します。

歯周病の予防で最も重要なのは日常的な「歯磨き」

歯周病の予防で、毎日の歯磨きが大切なのは、歯垢(プラーク)を取り除くことが必要だからです。歯垢の中で歯周病菌が繁殖するため、毎日の歯磨きでしっかりと除去しなければなりません。
効果的に歯垢を除去できるセルフケアのやり方を紹介します

適切な歯ブラシを選んで正しい歯磨きを

歯ブラシは、硬いものより毛先がやわらかいものがおすすめです。
「硬めの歯ブラシでゴシゴシしないと磨いた気がしない」という方もいるかもしれませんが、もしかすると磨く場所を間違っていませんか?

歯磨きで特に狙いたい場所は、歯の表面よりも歯と歯ぐきのすき間。歯周ポケットと呼ばれる溝です。ここに、歯垢が溜まっていきます。その歯垢を取り除くことが、歯磨きの一番の目的です。
歯周ポケットを狙って歯を磨くと、歯ぐきにも歯ブラシが当たります。歯ぐきに硬い毛先が当たると歯ぐきに傷がついてしまいます。
しっかりと磨くために、 毛先がやわらかい歯ブラシを選ぶようにしてください。

歯ブラシを直角に当てて磨く「スクラッビング法」

歯と歯のすき間を磨くためにおすすめの磨き方が「スクラッビング法」です。
    • まず、歯ブラシの毛先を歯の表面に対し、直角に当てます。
    • 左右に小刻みに揺らすようにして、歯を1本1本、順番に磨き上げます。
    • 表面を磨き終えたら、次は噛み合わせの面に当てて小刻みに揺らします。
    • これを1本1本丁寧に続けていきます。

歯ブラシを45度に当てて磨く「バス法」

歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットの汚れを取り去る磨き方が「バス法」です。
    • 毛先を歯周ポケットに少し入るようにして当てるのがコツです。
    • 45度に傾けて当てると、毛先が歯周ポケットに入りやすくなります。
    • 毛先が少し歯周ポケットに入った状態のまま、左右に小刻みに揺らし、1本ずつ磨きます。
    • 歯ブラシは指先で軽く持つくらいにすると、上手に磨けます。

磨き残しをしないコツは「磨く順番を決めておく」こと

歯は1本1本、歯と歯のすき間、歯と歯ぐきのすき間の歯周ポケット、歯の表面、噛み合わせの面、裏側までしっかりと磨き上げることが大切です。
磨き残しや磨き忘れをしないために、歯を磨く順番を決めておくと良いでしょう。

毛先磨きで歯周ポケットの汚れを落とそう

バス法でも紹介しましたが、歯ブラシの毛先を2mmほど歯周ポケットへ入れて磨くことが、しっかりと歯垢を除去するコツです。そのためにも、やわらかくて歯ぐきを傷つけない歯ブラシを選びましょう。

実は、歯を磨く際は、優しく弱く歯ブラシを歯に当てたほうが汚れが落ちやすいのです。多くの人が歯ブラシを強く当てすぎている傾向にありますので、できるだけ力をいれずに磨くように心がけましょう。

1日1回はデンタルフロスでしっかり磨きを

歯ブラシ1本だけの歯磨きでは、どんなに時間をかけて丁寧に磨き上げたとしても、全体の汚れの60%程度しか落とせないと言われています。
というのも、歯ブラシの大きいヘッドでは届かない歯と歯のすき間のような細かい部分に、歯周病菌の温床となる歯垢が溜まっていくからです。
歯と歯のすき間の汚れは、デンタルフロスなどの補助清掃器具を使用して磨きましょう。

1日3回の食後に歯磨きを行うことも大切ですが、どちらかというと、1日1回だけでもデンタルフロスまで使って念入りに時間をかけて、しっかりと歯磨きを行う方が歯周病の予防には効果的といえます。

就寝前の歯磨きを丁寧に行おう

朝起きた時、お口の中がネバネバしていると感じたことはないでしょうか?
それは夜寝ている間に、歯垢の中で、歯周病菌が増殖しているからです。
だからこそ就寝前に、しっかりと歯磨きをしてお口の中を清潔な状態にしてから眠るようにしましょう。

歯間に隙間ができたら歯間ブラシを採り入れて

年齢を重ねるとともに、歯と歯のすき間が広がってくることがあります。
最初のうちは糸状のデンタルフロスで十分だと思いますが、すき間が広がったら歯間ブラシを採り入れましょう。一度に広い面積を磨けますので、効率よく汚れを除去できます。

歯周病は生活習慣病。生活習慣の見直しを

歯周病は、歯周病菌の感染による疾患ですが、生活習慣病でもあります。
食習慣の乱れや肥満、喫煙、睡眠不足、ストレス過多などによって発症し、悪化していきます。
歯周病の予防のためには、生活習慣の見直し、栄養バランスのよい食事、睡眠時間の確保、体重制限、禁煙、ストレスをためないことが大切です。

おやつをダラダラ食べないで!

デスクワークや家事をしながら、ついつい間食をしていませんか?
また、甘い飲物をダラダラといつまでも口にしているのは、とても歯に悪い環境をつくっていることになります。歯周病菌に繁殖しやすい環境を提供しないように気をつけましょう。

喫煙は歯周病の大敵!

喫煙は、歯周病の発症リスクを高めます。
ある調査によると、1日10本以上、10年以上タバコを吸っている人は4倍以上、歯周病に発症しやすくなるともいわれています。
喫煙者は歯ぐきの腫れや出血といった歯周病の初期症状が表れにくくなるため、気付いた時には相当悪くなっていた、ということも少なくありません。

適度な運動や十分な睡眠で免疫力アップ

歯周病は、細菌による感染症です。他の病気と同じように、身体を強くして免疫力を高めることで、歯周病の予防ができます。
免疫力を上げるためには、適度な運動や、十分な睡眠をとることが必要です。仕事や家事が忙しい方も無理をしすぎず、適度に休息をとって免疫力を下げないように気を付けてください。

歯科医院で定期検診&メンテナンスをプラス

歯周病予防には、毎日の自宅でのセルフケアが基本ですが、定期的に歯科医院で検診やメンテナンスを行うことも大切です。

セルフケアをどんなにしっかりと行っても、お口の汚れの80%までしか落とせないといわれています。というのも、いくらデンタルフロスや歯間ブラシのような清掃補助器具をプラスした歯磨きを行ったとしても、器具が届かない場所に溜まった歯垢を取り去ることができないからです。

そんな時は、歯科医院でプロによるメンテナンスを利用しましょう。専用の器具が器械を使用して、歯周ポケットの奥深くに溜まった汚れや歯の表面にこびりついた頑固な汚れをきれいに除去します。

お口に合った適切な歯磨き法をアドバイス

歯科医院での定期検診&メンテナンスでは、歯磨きの方法をアドバイスしてもらえます。

顔が一人ひとり違うように、お口の中の状態は一人ひとり異なります。しっかりとケアするための適切な歯磨きの方法も、皆さんが同じ方法ではありません。
自分ではしっかりと磨けているつもりでも、磨き残しや磨くのが苦手な場所などがあります。

染め出し薬を使って汚れが取れていない部分がわかる方法などもありますので、どこをどんな風に磨けばセルフケアの精度が上げられるのかもわかります。

毎日のセルフケアを基本に、歯科医院でのプロフェッショナルケアを定期的に活用すれば、よりレベルの高いセルフケアができるようになるので、おすすめです。
writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。