【年齢別】乳児から幼児期の子どもの虫歯を予防する方法

【年齢別】乳児から幼児期の子どもの虫歯を予防する方法

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

子どもの虫歯については「保育園や幼稚園で歯の定期検診をしているから大丈夫」と思っている人がほとんどだと思います。しかし、実は子どもの虫歯はかなり進行しないと外からは分かりません。

子どもの成長はとても早く、口の中の変化も目まぐるしいものです。そんな中で、お子さんのお口の中の清潔を保ち、虫歯を予防するための方法や、日々の生活の中で気をつけることをご紹介します。

INDEX
  1. 子どもの歯で虫歯ができやすい場所
  2. 子どもへの虫歯の予防法
    1. 「歯磨き」は虫歯予防法でもピカイチ
    2. フッ素を塗布する
    3. シーラントを施す
    4. 食事で気をつけること
    5. おやつで心がけること
  3. 年齢別|自宅でできる歯のケア方法
    1. 生後半年までの乳児
    2. 生後7ヶ月〜の乳児
    3. 生後1年〜の乳児
    4. 2歳〜の幼児
    5. 3歳〜の幼児
    6. 4歳〜の幼児
    7. 5歳〜の幼児
    8. 6歳〜の幼児
  4. 仕上げみがきはいつまで必要?
    1. 仕上げみがきの仕方
      1. 寝かせみがき
      2. 立たせみがき
      3. 座りみがき
  5. 幼児の虫歯予防方法のまとめ

子どもの歯で虫歯ができやすい場所

乳歯

最初に、虫歯ができやすい場所から知っておきましょう。

乳歯は大人の歯よりもろく、虫歯になりやすいという性質があります。乳歯で虫歯ができやすい場所は、以下の場所です。

    • 前歯の歯と歯の間
    • 奥歯の噛む面の溝
    • 奥歯の間
MEMO
第二乳臼歯とは一番奥の歯、第一乳臼歯とはそのひとつ手前の歯のことです。第一乳臼歯はだいたい1歳半頃、第二乳臼歯は2歳~2歳半頃生えてきます(個人差があります)。

子どもへの虫歯の予防法

生えたばかりの柔らかい歯虫歯から守るためには、以下の予防法がおすすめです。

「歯磨き」は虫歯予防法でもピカイチ

虫歯から歯を守るためには、なんといっても歯磨きが一番です。歯磨きはブラシによって歯の表面や歯と歯・歯と歯ぐきの境目などに溜まった汚れを取り除いて、細菌が増殖するのを防ぎます。

歯ブラシには年齢別のものが売っているため、お子さんの歯の発達に合った歯ブラシを使用しましょう。また、歯磨きを嫌がらないでできるだけスムーズに出来るように、ヘッドの大きさブラシの柔らかさ、子どもが磨きやすい角度など、子どもの使いやすさや好みなどを考慮することも必要です。

フッ素を塗布する

歯医者さんでは、フッ素塗布を行っています。子どものうちはどうしても磨き残しなどがある場合があります。フッ素は天然の物質なので、体に害になるということは少ないです。

フッ素は以下の方法で、家庭で取り入れることができます。

    • 歯磨き粉
    • フッ素ジェル
    • フッ素入り洗口剤

一般的な歯磨き粉には、フッ素が配合されています。歯磨きで虫歯予防をするポイントは、歯磨きの最後に水で口をすすぐ時1回だけにすることです。フッ素が口の中に留まって、効果を発揮します。

フッ素ジェルは市販で売っています。歯磨きの後や寝る前に塗ると効果的です。フッ素ジェルは泡立ちも少ないので、ブクブクうがいがまだできない年齢の幼児には、お母さんがフッ素ジェルで歯磨きをしてあげても良いでしょう。

洗口剤とは、マウスウォッシュやデンタルリンスと呼ばれるものです。フッ素入りの製品を使えば、ブクブクうがいでフッ素を口内にまんべんなく広げることができます。洗口剤は低刺激の子ども向け製品もあるので探してみてください。

さらに、歯医者さんでもフッ素塗布を行っています。歯医者さんで使うフッ素は市販のものより高濃度のため、年に3回程度で十分効果があります。セルフケアと併せて歯医者さんでフッ素を塗布してもらえば、より効果的です。

シーラントを施す

シーラントとは、歯の凸凹した部分にプラスチックやシリコン樹脂を塗って平らにすることで、虫歯菌が入り込めないようにする方法です。

自分でのケアが不十分な子どもには特におすすめの予防法で、保険適用内で施術してもらうことができます。

詳しくは以下の記事に書いてあるので、併せてお読みください。

子どもの虫歯予防で歯医者さんが勧める「シーラント」をご存知ですか?

食事で気をつけること

食べるものはそのまま子どもの栄養になるためとても重要ですが、同時に虫歯の原因になる可能性も高いので、歯の健康の面からも考慮する必要があります。

虫歯菌は、口の中の唾液などの免疫力によって活動が抑えられるため、栄養バランスの整った食事で、日頃から免疫力をつけておくのが理想的です。とはいえ好き嫌いのあるお子さんも多いと思います。そんなときは、無理して食べさせるのではなく、形を変えて料理をしたり、同じ栄養素を含んだ違う食品で代用するなどがおすすめです。たとえばピーマンはビタミンCの代用としてイチゴ、カロテンの代用として同じ緑黄色野菜のかぼちゃにすることができます。

また、歯を強くするためには、カルシウムを含んだ食事を多くすることがおすすめです。チーズやヨーグルトなど、子どもが食べやすい乳製品がおすすめです。魚類もおすすめですが、大人にとっては噛み砕ける小骨でも、子どもは喉につっかえてしまう場合もあるので注意しましょう。水煮缶などは骨ごと吸収できるのでおすすめです。

おやつで心がけること

おやつを与える際には、時間を決めることと、お茶を添えることをおすすめします。

虫歯菌は糖分をエサにして酸化させて歯を溶かしますが、これを阻止してくれるのが唾液です。唾液には、口の中の酸性を中和する働きや、歯から溶けた成分をもとに戻す働き(再石灰化)があるからです。しかし、口の中が中和されるまでには1時間かかります。おやつをダラダラ食べると口内で酸性の状態が続き、唾液の作用が働きにくくなって虫歯ができやすくなります。時間を守っておやつを食べさせ、唾液による効果を十分に働かせましょう。

また、お茶は口内に残った食べカスを流してくれるため、食べ終わった後にはお茶を飲む習慣をつけさせたいものです。ただし、甘いジュースなどは糖分が含まれるので逆効果です。麦茶は飲みやすく、カフェインも入っていないのでおすすめです。

年齢別|自宅でできる歯のケア方法

歯は段々と生え揃ってきます。ここでは、年齢別の歯に応じた自宅で出来るケアについてお伝えします。ただし、歯の発達には個人差があり、年齢はあくまでも目安です。

生後半年までの乳児

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ歯が生えていません。哺乳瓶で飲ませる際には、糖分を含んだものや酸性が強い飲み物などを入れないように注意しましょう。

また、歯が生えていなくても、舌に白いカスが溜まることがあります。そんな時はぬるま湯で濡らしたガーゼなどで優しく拭いてあげてください。

生後7ヶ月〜の乳児

乳児の生えたばかりの歯は、まだ歯ブラシを使う必要はありません。食後には濡らしたガーゼ歯や歯ぐきを拭いてあげましょう。この頃から口の周りやほっぺの裏など口の中を触っていると、幼児になった時に歯磨きや仕上げ磨きを嫌がりません。

生後1年〜の乳児

1歳を過ぎると徐々に歯の本数が多くなってきます。1歳児用の歯ブラシを使って寝かせ磨きを開始します。

2歳〜の幼児

早い子どもでは、2歳ころから歯が生え揃います。歯が生え揃ったら歯ブラシを持たせて自分で磨かせます。ただし、まだ子どもだけの歯磨きでは不十分なので、大人が仕上げ磨きをします。

3歳〜の幼児

自分での歯磨きと仕上げ磨きをし、最後には良く磨けているかチェックしましょう。また、飲み物やおやつは甘いものを与えすぎないように注意します。

4歳〜の幼児

毎食後の歯磨きを習慣づけます。また、この頃になるとよく食べるようになるので定時のおやつを習慣づけます。歯磨きに加えて、フッ素入りやキシリトール入りのガムなどを噛ませて歯や顎を鍛えるのもおすすめです。

歯周病を予防できる飴!?おすすめの飴5選

5歳〜の幼児

かかりつけの歯医者さんを見つけておくのも賢い方法です。定期的に検診をしていれば、万が一虫歯になったとしても歯医者さんに行くハードルが低くなります。また、知っているお医者さんに治療してもらうのはそれだけで安心感も違うでしょう。

6歳〜の幼児

永久歯が生え始める頃です。この頃になると、奥歯(大一臼歯)が生えてきますが、第一臼歯は虫歯になりやすいので、仕上げ磨きのときなどにチェックしましょう。

また、小学校に入るのを機に、正しい歯磨き法を教え直すのも良いでしょう。

仕上げみがきはいつまで必要?

多くのお母さん・お父さんが悩むのが、仕上げ磨きはいつまで行えばよいかということです。結論から言うと、仕上げ磨きは小学校を卒業するまでするのが理想的ですが、大きくなると恥ずかしがって嫌がると思います。そんな時は無理強いせず、8歳頃までを目安に行いましょう。

仕上げみがきの仕方

子どもがごく小さい頃は寝かせみがきでも嫌がりませんが、そのうちじっとしていられない、上から覗き込まれるのは嫌というお子さんも出てきます。

そんな時は、以下のような方法がおすすめです。

    • お父さんとお母さんで仕上げ磨きをしあうのを見せて、興味をもたせる
    • 子どもに親の仕上げ磨きをしてもらう

子どもに仕上げ磨きをしてもらうのは、口内炎が出来るほど痛いこともありますが、ここはグッと我慢しましょう。

また、子どもの性格や状況に応じて、寝かせみがきと立たせみがきを上手に使い分けるのもポイントです。

寝かせみがき

お母さん・お父さんの膝の上に子どもの頭を置いて、仕上げ磨きをする方法です。歯ブラシは、ペンを持つように持ちます。歯ブラシが上唇のヒダに当たったり、歯ブラシのヘッドで奥歯をつついたりしないように注意しましょう。

立たせみがき

子どもを立たせて仕上げ磨きする方法です。大人は子どもの横に膝立ちになり、子どもの頭がふらつかないよう、腕やお腹で子どもの頭を支えて磨きます。

座りみがき

寝かせみがきも立たせみがきも嫌がったり動いたりしてしまう場合は、子どもを椅子に座らせて仕上げ磨きをします。集中力がなくなって立っていられないお子さんにもおすすめで、子どもにとっても大人にとっても楽な方法です。

幼児の虫歯予防方法のまとめ

お子さんのお口の健康は、子ども自身だけで管理するのは難しく、大人がしっかりと気をつけることが大切です。年齢に合わせて歯のケアをし、小学校中学年くらいまでは仕上げ磨きをしてあげましょう。

また、食事やおやつは内容やタイミングなどを考慮し、唾液の働きが十分にはたらくようにするのも、虫歯予防のポイントです。