水うがいだけ?キスはOK?自宅で簡単にできる!虫歯の予防法を公開

水うがいだけ?キスはOK?自宅で簡単にできる!虫歯の予防法を公開

この記事の監修医師一覧

鈴木志帆美先生
鈴木 志帆美 先生
専門:小児歯科・歯内療法
2015年 神奈川歯科大学卒業
虫歯の予防は「うがい」でもできると思いますか?
やり方によっては、できます。うがいで虫歯予防ができたら、簡単で手軽にやりやすそうですよね。

歯磨きが何よりも虫歯予防に大切なことは知っていても、それ以外にできる虫歯予防ってある?…そんな疑問を持つ人に、うがいでできる虫歯の予防法をはじめ、歯磨き以外の予防法についてもお伝えします。
また、「キスで虫歯はうつるの?」ということについてもお話ししたいと思います。ぜひ、最後まで読んでくださいね。

簡単にできる!?うがいで虫歯予防?

うがいのやり方によっては、虫歯予防ができるという研究も進んでいます。しかし、ただ軽くお口をゆすぐ程度では、あまり意味がありません。
要は、激しく口をゆすぐのです。グチュグチュと激しくゆすいで強い水流を起こし、お口の中の汚れを根こそぎ流し去るという方法です。

虫歯は、お口の中に虫歯菌が繁殖して発症します。特に、歯と歯のすき間や歯の重なり部分など、歯磨きでも汚れが落ちにくい場所に磨き残しがたまります。それが原因で、ネバネバとした細菌の塊ともいえる歯垢がつくられます。
この歯垢を激しい水流で流し去るくらいの強さで、グチュグチュうがいをすることがポイントです。

「高速水うがい」が虫歯予防に効果あり!

激しくグチュグチュする高速水うがいを上手にできると、虫歯予防の効果はあるといえます。
コツは、上の歯、下の歯、歯の表、歯の裏、歯と歯のすき間など、歯列のすべての場所にグチュグチュと激しい水流を打ち付けて汚れを落とすことです。
歯磨きで落とし損ねていた汚れがきれいに落ちたり、挟まっていた頑固な食べカスが水流の勢いで流し去られたり、水でうがいするだけでもかなり汚れを落とす効果があります。
もちろん、うがいだけで虫歯予防ができるわけではないので、歯磨きと併用して、虫歯予防を強化に役立ててください。

マウスウォッシュは歯磨き代わりにならない!

マウスウォッシュで軽くくちゅくちゅお口をゆすいで、歯磨きの代わりにしようとする人がいますが、それはNGです。マウスウォッシュでは歯磨きの代わりにはなりません
もちろん、マウスウォッシュをオーラルケアに役立てるのは有効ですが、歯を磨くというよりも口臭予防の役割を担ってもらうと良いでしょう。

歯磨きの後のうがいは1回だけでOK!

うがいにまつわる虫歯予防のコツを、もうひとつお伝えします。

歯磨き剤に配合されたフッ素の予防効果を高めるため、歯磨きの後、お口をゆすぐのは1回だけでOKです。
「歯磨き剤のスースーする味が残ってしまうのでは?」と気になるかもしれませんが、残るくらいがちょうどいいのです。
フッ素の効果を歯全体に浸透させるために、歯磨き後30分くらいは飲食を控えましょう。

歯磨き以外にできる虫歯予防とは?

歯磨きが虫歯予防には欠かせないのはもちろんですが、歯磨き以外にできる虫歯予防には、どんなことがあるのでしょうか?

ライフスタイルを変えてみる

虫歯も感染症なので、虫歯予防のためには風邪やインフルエンザの予防と同じように、細菌に負けない健康な身体づくりが大切です。
もし、夜更かしや睡眠不足といった生活習慣の乱れがあるのなら、ライフスタイルを変えてみませんか?この機会に規則正しい生活を心がけて、丈夫な身体をつくりましょう。

野菜をたくさん食べるようにする

虫歯予防のためには、良質な唾液をたっぷり分泌することが効果的です。
野菜はしっかり噛んで唾液を出せる食材なので、野菜中心の食事メニューを採りいれて唾液の分泌を促進しましょう。
唾液には、殺菌作用自浄作用があり、お口の中の細菌を洗い流します。
また、歯の再石灰化という働きを促進して歯を強化します。歯の再石灰化には、ごく初期の虫歯なら治してしまうほどのパワーがあります。
唾液は、虫歯予防において、非常に重要な役割を果たすのです。

甘い飲物のダラダラ飲みをやめる

甘いお菓子はダイエットのために控えめにしても、甘い飲物ダラダラと口にしてしまうことはありませんか?
特にデスクワークのおともに、長い時間をかけて甘いペットボトル飲料などを飲んでいると、非常に虫歯リスクが高まります。
虫歯菌は、お口の中に残された糖を取り込んで繁殖します。ダラダラと甘い飲物を口にしていると、常にお口の中に糖がある状態になってしまい、虫歯菌にとって繁殖しやすい快適な環境が作られてしまうのです。
甘い飲物は、時間を決めてサッと飲んで、飲み終わったら歯を磨いたり、高速水うがいをしたり、残滓をお口の中に残さないようにしましょう。
飲物を、緑茶やウーロン茶に変えるのもおすすめです。ポリフェノールの殺菌作用でお口の環境改善に役立ちます。

キスで虫歯がうつるって本当?

キスで虫歯菌がうつるというのは、赤ちゃんや小さいお子さんの場合は本当です。
赤ちゃんは無菌の状態で生れてきますから、もちろん虫歯菌も持っていません。一緒に生活する大人から感染するのが、ほとんどのケースです。

赤ちゃんにはむやみにキスしない

かわいいからといって、赤ちゃんにキスしたり、頬ずりしたりするのはやめておきましょう。
キスだけでなく、同じ食器やタオルを使うだけでも虫歯菌が移ることがあります。赤ちゃんを育てるうえで、虫歯菌をうつさないのは不可能に近いといえます。

ただし、3歳くらいまでに虫歯菌に感染しなければ免疫力がついて、虫歯になりにくい体質になれるといわれています。
赤ちゃんへの感染を防ぐためには、あらかじめ周りの大人が、赤ちゃんが生まれる前にお口のケアをして虫歯菌を減らすように心がけておくことが大切です。
そして、歯磨き、高速水うがいなどの虫歯予防を徹底してください。その上でキスはもちろん、虫歯菌が感染するようなリスクのある行為は避けるように注意しましょう。

大人のキスでも虫歯菌はうつる?

大人同士のキスでは、虫歯菌がうつることがあっても、それで虫歯になるとは限りません。
というのも、赤ちゃんと違い、既に大人の口の中には虫歯菌がいるからです。別の虫歯菌が侵入してきても、常駐する虫歯菌が繁殖を防ぐ働きをすることもあります。歯磨きなどのケアをきちんとしていれば、虫歯になるのを予防できます。

お口の菌をうつさないためのケアとは?

大人同士のキスの場合、虫歯菌よりも、歯周病菌のほうが感染リスクが高いといえます。ただし、それについても、基本的な免疫力が身についていて、毎日の歯磨きをしっかりと行っていれば、発症を防ぐことができます。
感染を恐れてキスやスキンシップを避けるのは、少しやりすぎの対策といえるでしょう。
それよりも、毎日の歯磨き、高速水うがいなどのオーラルケアを徹底するほうが有効です。

自宅での虫歯予防+歯科医院の定期検診で安心!

「高速水うがい」「生活習慣の改善」「赤ちゃんにキスしない」など、虫歯予防について、歯磨き以外にも自宅で簡単にできる対策をお伝えしました。

とはいえ、虫歯予防の基本は、歯磨きです。お口の中の虫歯菌がつくられる歯垢をとりのぞくように、歯と歯のすき間や歯と歯ぐきの間、歯と歯の重なった部分など、歯垢がたまりそうなところを中心に、しっかりと磨くようにしましょう。
毎日こまめに続けていけば、磨き残しもだんだん少なくなって、お口の中の虫歯菌が減少していきます。
そして、3カ月に1回程度、歯科医院で定期検診とメンテナンスを受ければ、何か異変があった場合も早期に発見・対策できるので安心です。
writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。