虫歯・歯周病が予防できるおすすめのヨーグルトと乳酸菌商品6選

虫歯・歯周病が予防できるおすすめのヨーグルトと乳酸菌商品6選

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

乳酸菌が体に良いことは昔から知られています。近年では乳酸菌の種類が異なる様々な機能性ヨーグルトが販売されていますね。しかし、ヨーグルトのある種の乳酸菌は、腸内環境だけでなく虫歯予防にも大変良いことが分かってきました。

ここでは、ヨーグルトの中の乳酸菌と口内細菌との関係や、虫歯予防に選ぶべき乳酸菌についてご紹介します。

ヨーグルトが虫歯や歯周病に良い理由

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、口内の悪い働きをする細菌の力を弱め、菌を減らす作用があります。

バクテリアセラピーという考え

バクテリアセラピーとは、口内細菌を細菌で退治するという発想の「予防医療技術」です。ノーベル生理学・医学賞の審査本部がある、スウェーデンのカロリンスカ医科大学が中心となって開発しました。

口の中には1gに約1000億個、500種類もの細菌がいて、善玉菌と悪玉菌がバランスを保っています。これを口内フローラといいます。しかし、ストレスや食生活の乱れなどから口内フローラのバランスが崩れると、悪玉菌が増殖して虫歯や歯周病などの病気になります。

バクテリアセラピーは、この口内フローラのバランスを管理することで、口内だけでなく全身の疾患を予防したり治療の補完を行ったりする最新技術です。

具体的には善玉菌を体外から摂って意図的に増やすことで、健康を維持します。善玉菌は元々人の口内に存在するので副作用がなく、赤ちゃんからお年寄り、妊娠中の人まで安心して摂取できます。善玉菌の総称をプロバイオティクスといいますが、プロバイオティクスの特徴は、以下のようなものがあります。

    • 生きたまま消化管に留まる
    • 抗菌物質を生み出す
    • 病原菌に対抗する
    • ヒト由来なので安全

バクテリアセラピーは、善玉菌を増やして口内のバランスを整えます。薬のように耐性を持つことが少ないことから、取り続けると効きにくくなるという心配がありません。虫歯や歯周病菌に強い乳酸菌が入ったヨーグルトなどを毎日食べるだけで免疫力を高め、口内だけでなく体全体の健康維持をすることができるというのが、バクテリアセラピーの考え方です。

虫歯・歯周病に効果的な代表的な菌

ヨーグルトは乳酸菌を種にして作るため、どのヨーグルトにも乳酸菌が入っています。しかし、虫歯や歯周病に特化して考えたとき、「ロイテリ菌」「L8020菌」という2つの乳酸菌が有効です。

ロイテリ菌

ロイテリ菌は昔からその存在を知られていましたが、虫歯予防に効果的だということを発見されたのは、1980年代です。ロイテリ菌は健康な母親の母乳に存在する天然の菌で、初乳にはたくさん含まれています。ロイテリ菌は摂取すると唾液によって活性化され、ロイテリンという抗菌物質を作ります。

ロイテリンは細菌やカビ、ウイルスなどの活動を抑制する働きがあり、虫歯の原因となるミュータンス菌歯周病の原因菌を減らす効果があります。また、ロイテリンは他の常在菌には作用せず、虫歯や歯周病の原因となる悪玉菌だけを抑制することが分かっています。

ロイテリ菌を含む食品を2週間食べ続けたところ、口内のミュータンス菌が20%減ったというデータがあります。また、別の研究では歯周病を持つ人およそ20人に30日間摂取させたところ、歯肉炎からの出血の47%が改善したという結果を得られました。

L8020菌

L8020菌は、2010年に広島大学大学院医薬学総合研究科の二川浩樹教授のグループと四国乳業の共同開発によって誕生した、比較的新しい乳酸菌です。

虫歯になったことがない健康な子どもの口内から発見された菌で、「80歳まで20本の歯を保つ」という意味で名付けられました。研究では、学生50人がL8020菌入りのヨーグルトを昼食に1個、2週間食べ続けた結果、虫歯菌が80%以上、歯周病菌が40〜90%減少しました。

二川浩樹教授によると、「虫歯の進行は抑えられないが新たに発生するリスクは抑えられる」とのこと。また、歯周病の改善も期待できるので、毎日の歯磨き習慣に加えて食べれば、虫歯・歯周病予防にとても効果的です。

おすすめのヨーグルト

ロイテリ菌とL8020菌が含まれるヨーグルトは、インターネットで簡単に入手することができます。

8020ヨーグルト

【四国乳業】8020ヨーグルト( 110g×12個)

1個(110g)につき、L8020菌が110億個入っています。甘さ控えめなので食べやすく、1日1個美味しく食べるだけで虫歯や歯周病予防になります。

ロイテリヨーグルト

オハヨー乳業 ロイテリヨーグルト 110g×16個

1個(110g)に生きたロイテリ菌2億個入っています。理想的な口内細菌のバランス「善玉菌10:悪玉菌1」に近づけ、良好な細菌バランスを保ちます。

8020飲むヨーグルト

【四国乳業】8020 のむヨーグルト ( 110ml×12本)

こちらは「飲む」ヨーグルトです。上記のL8020食べるヨーグルト同様、砂糖の代わりにキシリトールを使っているため、就寝前に飲むのもおすすめです。飲みやすいですが、たくさん飲みすぎるとお腹が緩くなる可能性があるので、1日1本を守りましょう。

おすすめの乳酸菌商品

ここからは、ヨーグルト製品以外の乳酸菌商品をご紹介します。

ロイテリ タブレット

ロイテリ お口のサプリ 10粒入

タブレットなので、より手軽にロイテリ菌を摂取することができます。目安は1日1粒。舐めるだけで、虫歯や歯周病の予防ができるなんて嬉しいですね。口内細菌がもっとも増えるのは就寝時なので、夜歯を磨いた後に一粒舐めればより効果的です。

L8020乳酸菌マウスウォッシュ

チュチュベビー ジェクス ラクレッシュ L8020 乳酸菌 マウスウォッシュ (マイルド) リキッド・液体 単品 300mL

マウスウォッシュの中では珍しい、乳酸菌を使ったマウスウォッシュです。アルコールを含まない低刺激なので、ピリッとした刺激が苦手な人にもおすすめです。歯磨き後に使うとL8020菌が口内細菌をコントロールしてくれるので効果的です。

子どもには「チャイルドヘルス ジュニア」

チャイルドヘルス ジュニア ストロベリー味 30錠 4571234350729

2歳以上の子ども向けタブレットで、元々赤ちゃんの「夜泣き改善用」に開発された「チャイルドヘルスベビー」の姉妹品です。赤ちゃんの夜泣きには母乳由来のL.ロイテリ菌に効果があり、新生児集中治療室などでも使用されています。

子どもは歯が生える2歳半くらいまでに、その後の人生の口内フローラが決定するといいます。口内フローラは決定すると容易には変わらないため、2歳過ぎてからこのタブレットを与えるのはとても意味があります。ヨーグルトが嫌いなお子さんでもストロベリー味のタブレットなら食べやすく、仕上げ磨きの後のご褒美になどにも最適です。

乳酸菌で虫歯予防をしよう

ヨーグルトに含まれる乳酸菌で虫歯予防ができるのは、「ロイテリ菌」と「L8020菌」の2つです。どちらの菌も虫歯の原因菌を抑制・減少させるうえ、口内だけでなく全身の健康維持にも役立ちます。

1日1個食べるだけで虫歯や歯周病の予防ができますが、やはり食生活や睡眠も大切です。いくら歯に良い菌を摂取していても、基本的な生活が乱れていれば、良い菌の働きも半減してしまいます。

また、口内に食べカスが残っているとプラークができやすくなります。2つの菌は虫歯菌を抑制してくれますが、まずは歯磨きをして口の中を清潔にしてから有効な乳酸菌を摂るのが虫歯予防の最善の方法です。