子どもの虫歯予防で歯医者さんが勧める「シーラント」をご存知ですか?

子どもの虫歯予防で歯医者さんが勧める「シーラント」をご存知ですか?

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

子どもの歯は大人よりも弱いので、虫歯にならないよう日頃から予防をすることはとても大切です。

お母さんは毎日仕上げ磨きをしたり、虫歯にならないよう気をつけていると思いますが、歯磨きの他にも虫歯を予防できる方法として、「シーラント」があります。シーラントは、歯医者さんもおすすめする、子どもに適した虫歯の予防法です。

ここでは、シーラントついて詳しくご説明します。

子どもの虫歯予防「シーラント」とは

シーラント

シーラントとは、歯医者さんで行う虫歯予防の方法です。奥歯の溝や前歯の裏の凸凹をプラスチックやフッ素の入った樹脂で埋めて、菌が入らないようにガードします。

具体的には、ペースト状のシーラント剤を、凸凹した部分に流し込んで施術します。その後、専用機材で光を当てて固めます。すぐに固まるので、小さな子どもでも長時間我慢させずに済ませることが可能です。ただし、数本施術する場合は時間がかかるので、よく説明して子どもが納得するように言い聞かせせたり、嫌がらない工夫をしたりすることも大切です。

生えたばかりの若い歯は、溝が深い上に比較的柔らかく、虫歯になりやすい状態です。特に、奥歯や前歯の裏は一番虫歯ができやすい場所なので、シーラントで溝を人工的に埋めることで、虫歯菌から歯を守ることができます。

なお、歯医者さんによって、前歯を対象にしているところとそうでないところがあります。前歯にシーラントをしたい場合は、前もって調べておくと良いでしょう。

シーラントができる条件

シーラントは予防歯科のため、虫歯になる前の健康な歯に施術できます。しかし、歯のどこにでも施術できるわけではなく、凸凹した部分にしかできません。ペースト状のものを流し固める方法だからです。

そのため、歯の表面や、歯と歯の間などには施術できないので注意が必要です。

また、シーラントを施術し始めてから固まり終わるまでは、15分程度を要します。口を開けていられない子どもには難しく、また押さえつけてでもするようなものでもありません。シーラントの施術が難しいお子さんは、フッ素塗布など別の方法で虫歯予防をするのも一つの方法です。

いずれ生え変わる乳歯に虫歯予防は不要?

「乳歯はどうせ生え変わってしまうから、虫歯予防なんてしなくてもいいのでは?」と考える人も中にはいるのではないでしょうか。

しかし、乳歯で虫歯になると、こんなリスクがあります。

    • 永久歯の歯並びに影響する
    • 虫歯は神経に達することがある
    • 虫歯菌が永久歯に感染する
    • しっかり噛めず顎や骨の発達が十分でなくなる
    • 偏頭痛や気力がないなど体に不調が出てくる
    • 消化不十分で栄養が偏る
    • 肥満や若年性成人病になりやすくなる

歯は食べ物を咀嚼して消化しやすくし、栄養を摂るために必要な大事な器官です。もし乳幼児の頃から虫歯があると、成長期に必要な栄養素を十分摂れなくなったり、顎の骨や関節が未発達になったりする可能性があります。

また、口内に増殖した虫歯菌が永久歯を生え始めから蝕む可能性も高く、若いうちから歯を失う危険性もあるのです。

大きくなってからは、歯の管理は自分の責任ですが、小さいうちはお母さんがきちんと管理することが大切です。

シーラントは保険内でできる

シーラントは虫歯ができやすい部分を塞いでガードしてくれるため、とてもありがたい予防法ですが、価格が高いのではないかと心配される人もいると思います。

シーラントは必要と診断されれば保険適用でありその対象は初期虫歯と判断された乳歯生えてたての永久歯です。

最初から読んでいた人は、「シーラントは虫歯になった歯には出来ないのでは?」と思うかもしれません。しかし、厳密に言うと、目視できるほどの虫歯には施術できないということです。

虫歯はほんの初期の頃は歯の内側で症状が進んでいるため、保育園や幼稚園、学校などの歯科検診では発見できない場合が多く、レントゲンで確認してはじめて分かるケースがほとんどなのです。

シーラントは永久歯にもおすすめ

シーラントは、生えたばかりの永久歯の虫歯予防にもおすすめです。特に、生えたばかりの奥歯は背が低く、歯ブラシが届きにくくなっています。

そのため奥歯の溝にシーラントを施しておけば、磨き残しがあったとしても虫歯になるリスクはかなり低くなります。

シーラントの適齢期

シーラントの適齢期は、じっと座っていられる4歳くらいからがおすすめです。

シーラントの主な対象箇所
    • 4歳〜:乳歯
    • 6歳前後:6歳臼歯
    • (7〜8歳:永久歯の前歯)
    • 9〜12歳:永久歯の奥歯

上記はあくまでも目安で、歯の生えるタイミングには個人差があります。また、じっとしていられるかどうかも子どもによって個人差があります。子どもに精神的な負担がかからないことを考えながら、それぞれの歯が生え変わったタイミングで行うのがおすすめです。

フッ素とシーラントの違い

歯医者さんで行う虫歯予防で、シーラントのほかに「フッ素の塗布」があります。フッ素とシーラントの違いは、歯に塗る素材が違うということです。シーラントは流し入れるのに対して、フッ素は上の画のように塗るイメージです。

また、素材が違えば当然歯に対する働きも異なります。シーラントは溝や凸凹にフタをするイメージです。シーラント自体に歯に働きかける作用は少ない場合が多いです。

それに対してフッ素は、食事などで減少してしまった唾液中の再石灰化の働き(Caイオン)を代行してくれる役割があります。フッ素には、歯の表面から溶け出してしまったミネラルを補って、虫歯になるのを防ぐ働きがあるのです。

フッ素とシーラントでダブル効果!

シーラントは一度したからといっても半永久的ではなく、剥がれやすいという特徴があります。また、微量の場合は剥がれても気が付かないこともあります。

そのため、3ヶ月に1回ほどフッ素塗布を併せてすると、虫歯予防をより強力なものにすることができておすすめです。

シーラントをした際の注意点

シーラントには、いくつかの注意点があります。

定期検診が必要

シーラントは一度すれば永久に取れないというものではありません。シーラントは歯の凸凹部分に人工物を埋め込む方法ですが、人工物なのである日突然剥がれてしまう可能性があります。

しかし、子どもの歯は小さく、シーラント剤も少ないため、剥がれても気が付かない可能性があります。剥がれた場合には、再度施術する必要があるので定期的に歯医者さんでチェックしてもらい、必要なら再度施して予防を続けましょう。

シーラントは治療ではない

虫歯のごく初期に行うシーラントですが、シーラントはあくまでも予防なので、虫歯治療ではありません。

症状がある程度進んでいる虫歯には、適切な治療が必要です。そもそも歯医者さんの方でも虫歯にはシーラントは施しませんが、シーラントを検討していて虫歯と診断された場合には、速やかに虫歯治療をしましょう。

シーラントで子どもの歯を虫歯から守ろう!

シーラントは虫歯になる前に、虫歯になりやすい場所を埋めてしまう方法です。できれば乳歯のうちから行い、第1大臼歯(6歳臼歯)が生えてきたら、すぐに施すのがおすすめです。

保育園や幼稚園、小学校などでも歯磨き運動は行われますが、子どもの歯磨きはまだまだ不十分です。虫歯になると歯だけでなく体全体の成長にも影響が出ることから、シーラントでの虫歯予防はおすすめです。