矯正中は虫歯になりやすい! どうする?矯正中の虫歯予防

矯正中は虫歯になりやすい! どうする?矯正中の虫歯予防

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
矯正中は、歯磨きの時に矯正装置がじゃまになって、上手く磨けないことがあります。
食後にきちんと歯磨きをしていても磨き残しができてしまいやすいため、虫歯ができてしまうことがあります。虫歯になると、ひどい時は治療をいったん中止せざるを得ないケースもありますので、矯正期間が長引いてしまいます。
そんなことにならないよう、矯正中の虫歯予防はいつも以上に徹底する必要があります。
歯科医院によって、虫歯にさせないためにさまざまな工夫をしていますので、取り組みの一例を紹介します。
虫歯予防のために行えるセルフケアの方法についても解説しますので、参考にしてみてください。

矯正中は虫歯になりやすい?

矯正治療をしている時は、虫歯になりやすい状態です。特に、ワイヤーとブラケットの矯正装置を常時つけたままの治療法の場合は、矯正装置のまわりのデコボコした部分の歯磨きがしにくいため、虫歯リスクが高まります。

お口の中で虫歯になりやすい場所があるのをご存知でしょうか?
虫歯になりやすい場所
    • 歯と歯のすき間
    • 歯と歯ぐきの境目
    • 奥歯の噛み合わせの面
    • 歯と治療した詰め物・被せ物のすき間
上記の4カ所です。食べカスが詰まりやすく、歯垢がたまっても歯磨きで取り除きにくい場所です。特に補助的な清掃器具を使って、念入りに歯磨きをする必要があります。
矯正中は、さらに矯正装置の周辺が追加されるので、虫歯になりやすい場所が5カ所に増えます。
【矯正中】に増える虫歯になりやすい場所
    • 矯正装置の周辺のデコボコした部分

矯正中の虫歯予防、どんな取り組みをしている?

矯正装置を取り外しできない治療法の場合、歯磨きが難しいので虫歯になるリスクが高まることは、歯科医院でも把握しています。
そのため、それぞれの歯科医院で、虫歯にさせないための取り組みを行っています。
矯正治療を受ける歯科医院を選ぶ時は、「どのような虫歯予防の対策を行っているのか?」という観点でチョイスすることも大切です。
そうでなければ、せっかく歯をきれいにするために矯正治療をしたのに、矯正器具を外してみたら虫歯だらけでボロボロになっていた、という本末転倒なことにもなりかねないからです。
もし、どうしても矯正治療を受けたい歯科医院があるけれど、そこがあまりメンテナンスに力を入れていないようなら、矯正治療を受ける歯科医院とは別に、予防歯科にも通うべきです。

予防歯科は、あまり日本では浸透していない歯科の診療科目なので、地域によっては近くに、矯正と予防の両方に力をいれているという歯科医院がないかもしれません。
中には、矯正治療にメンテナンスの費用を組み込んだプランを提案してくれる歯科医院もあります。矯正治療に歯のクリーニングは必須と考えて無料でしてくれるところもあれば、別途料金が必要なケースもあります。
矯正中の歯の清掃は重要な問題ですので、矯正を始める時に、検討すべき項目の中に入れておきましょう。

①プロによるクリーニング「PMTC」を受けられる

矯正治療では経過を診るために定期検診・メンテナンスを行います。おすすめは、その際に、PMTCというプロによるクリーニングを行うようにしている歯科医院です。
PMTCは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略。歯科医師や歯科衛生士など、国家資格を持った歯科治療の専門家が、歯科医院にある専用機器や器材を使って歯のクリーニングを行います。

②月1回、歯を徹底的に磨き上げている

矯正中の定期検診のタイミングは、お口の状態によってさまざまですが、月1回くらいのペースで歯科医院でのクリーニングを受けることを義務化している歯科医院もあります。
もともと、自宅で行う歯磨きでは、矯正をしていなくても磨き残しが生じるのです。特に歯ブラシ1本だけの歯磨きなら、お口全体の4割は磨き残しがあるといいます。
歯と歯のすき間を清掃できるデンタルフロスや歯間ブラシを摂り入れた歯磨きなら、全体の2割まで磨き残しを減らすことができます。
矯正装置を常時着けたままの状態では、それ以上の磨き残しが出ることに違いありません。
虫歯予防に抜かりの無い歯科医院なら、矯正治療のプランに必ずプロによるクリーニングPMTCを組み込んだ提案をしてくれるでしょう。

③毎回ワイヤーを外してクリーニングしている

矯正装置をつけていると、装置がひっかかるためデンタルフロスを使いにくい状態になります。
そういった理由から、歯と歯のすき間のケアが非常にしにくく、歯垢が溜まりやすくなります。
虫歯予防に力を入れている歯科医院では、毎回ワイヤーを外して、歯科衛生士がフロスを使った歯磨きを行います。

けれども現実には、そこまで虫歯予防に配慮する歯科医院は、残念ながら多いとはいえないでしょう。
ワイヤーを外してまで清掃する歯科医院は少ないため、ケアを重視して矯正治療を受ける歯科医院を選びたい場合は、そこまでやってくれるのか事前に確認しましょう。

④フッ素を塗布して虫歯の予防を行っている

矯正治療中は、虫歯予防と歯の強化に役立つフッ素を使ったケアを、必ず行う歯科医院もあります。矯正プランに含まれていたり、別途料金が必要だったり、歯科医院によって料金設定はさまざまです。
別途料金が発生したとしても、歯の表面にフッ素を作用させるフッ素ケアは虫歯予防に有効ですので、ぜひ受けておきましょう。
フッ素で歯の表面をコートすると、虫歯菌が酸を出して歯の表面を溶かすのを防ぎます。
食事のたびに歯の表面のミネラル成分が微量に溶け出す脱灰を抑制し、唾液のミネラルを取り込んで歯を強化する再石灰化を促進する効果を発揮します。
虫歯予防と歯の強化のために、厚生労働省をはじめWHO(世界保健機関)などのワールドワイドな医療関連機関でも推奨されている虫歯の予防法「フッ素塗布」を受けると良いでしょう。

ブラッシング指導をしっかりと受けられる?

予防歯科にあまり力をいれていない歯科医院はありますが、それでも矯正中の正しい歯磨きの方法の指導は、歯の健康のために欠かせません。
矯正装置をつけているのですから、いつもとは違う磨き方が必要です。また、時間をかけてしっかりと磨いていかなければ、隙間に溜まった歯垢からすぐに虫歯ができてしまいます。
矯正器具には小さな装置にワイヤーを通した作りになっていますから、磨き方を知らなければ、汚れが蓄積してしまいます。
蓄積した汚れは、細菌の塊である歯垢となり、さらに時間がたつと硬い歯石にかわります。そうなってしまうと、もう歯ブラシで磨いても自力で落とすことが難しくなります。
矯正装置を着けたら、歯科医師や歯科衛生士から、歯磨きのコツについて指導を受けることになります。

歯ブラシは「ワンタフトブラシ」を選ぼう

ワンタフトブラシといって、先が丸く小さい毛束になっている歯ブラシがあります。
ワイヤーを着けたままでも、装置と歯の間に毛束を入れて磨くことができます。
ワンタフトブラシで、虫歯リスクの高い場所から磨いていきます。
矯正中に虫歯になりすい場所
    • ワイヤーと歯の間
    • ブラケットの周辺
    • ワイヤーと歯の間は、歯に対してワンタフトブラシを斜めに当てて、磨いていきます。
      歯とワイヤーのすき間、そして矯正装置の有無に関係なく虫歯になりやすい歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目などを重点的に磨いていきます。歯とワイヤーのすき間は、上から、下から、両方からワンタフトブラシを入れて磨いていきます。

    • ブラケットの周辺は、矯正治療用の山形歯ブラシでもいいですし、ワンタフトブラシで磨いても構いません。
      ブラケットの上下を磨きます。その時も、歯の表面に対し斜めにブラシを当てて磨くようにします。

    • 歯と歯ぐきの境目も、ワンタフトブラシを斜め45度に当てて磨いていきます。毛先が少し歯周ポケットに入り込むくらいの感覚で磨きます。

    • デンタルフロスを使って、歯と歯のすき間を磨きます。矯正装置を着けていない時より時間はかかりますが、1本ずつ丁寧にフロスを入れていけば、歯間ケアをしっかりと行えます。

規則正しい生活と食事についてのアドバイス

矯正装置をつけていて虫歯の感染リスクが高い時ですから、免疫力を落とさないために規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事ができるように配慮することが大切です。
歯科医院では、歯に良い食事についてのアドバイスも行っています。中には、管理栄養士からの専門的な指導を受けられる歯科医院もあります。
免疫力がおちて虫歯に感染すると、治療期間や治療費がふくれあがることもあります。そうならないためにも、自己管理をして治療を行っていきましょう。

唾液を出す食事を摂ろう

お口の中を清潔に保ち、虫歯菌や歯周病菌を減らすために、良質な唾液をたっぷりと出しましょう。
唾液には、歯のすき間にたまった歯垢を洗い流す自浄作用や、虫歯菌の増殖を抑える抗菌作用、歯を強化する再石灰化作用などがありますので、虫歯予防の強い味方です。
唾液の分泌を促進する食べ物を積極的に摂りましょう。耳の下・顎の下・舌の下にある唾液腺のマッサージもおすすめです。
唾液を増やす食べ物
レモン、梅干などの酸っぱいもの、雑穀入りご飯などよく噛んで食べる必要があるもの、昆布に含まれる食物繊維ルギン酸、納豆に含まれていて保湿効果があるとされるグルタミン酸、ニンジン、緑黄色野菜、キシリトールガムなど。

ストレスを溜めない生活を心がけよう

虫歯も感染症のため、菌に負けない健やかな身体を維持することが大切です。そのためにも、ストレスをためないこと。ストレスは万病の元です。ストレス過多になると自律神経が乱れて健康を害し、感染症にかかりやすくなります。
ストレッチやマッサージなど、適度な運動を行い、湯ぶねに浸かって身体を温めるなど、リラックスする工夫をして虫歯菌に負けない身体をつくりましょう。

writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。