口臭の予防法を知りたい!高校生の口のニオイが酷い10の理由と改善法

口臭の予防法を知りたい!高校生の口のニオイが酷い10の理由と改善法

この記事の監修医師一覧

鈴木志帆美先生
鈴木 志帆美 先生
専門:小児歯科・歯内療法
2015年 神奈川歯科大学卒業
口臭が気になる」「みんなに臭いと思われているかもしれない」
密かにそんな悩みを抱えていませんか?

高校生の時期は、口臭が強くなるのが普通です。心身が成長するこの時期、実はみんな、同じように口臭に悩んでいるという場合が多いのです。

ここでは、十代に多い口臭についてのお悩みを解消できるヒントをお伝えします。気になる口臭の原因と対策について紹介しますので、参考にしてみてください。
INDEX
  1. 口臭が強くなる時期。友達も実は悩んでいる
  2. 高校生の口臭が強くなる原因をチェック!
    1. ①生活習慣は乱れていない?
    2. ②ストレスがたまっていない?
    3. ③口呼吸のせいで口が乾燥していない?
    4. ④副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎の疑いは…?
    5. ④下痢しやすい・便秘しやすいなら腸が原因かも?
    6. ⑥頭痛や発熱は?免疫機能が低下している可能性も
    7. ⑦しっかり水分補給できている?
    8. ⑧カップラーメンやスナック菓子を食べ過ぎていない?
    9. ⑨むし歯は歯垢を放置していない?
    10. ⑩朝・夕・毎食後にしっかり歯磨きしている?
  3. 睡眠・運動・食事を改善して健康な生活を
  4. 夢中になれる趣味やリラックスする時間を大切に
  5. 歯科医院で検診&お口のクリーニングを

口臭が強くなる時期。友達も実は悩んでいる

高校生は、口臭をはじめ身体のにおいが強くなる時期です。心身が大人になるために成長している証拠ですから、誰もが通る道です。
悩みを聞いてみると、みんな同じように「口臭」や「体臭」についての悩んでいることが多いのです。

というのも、この時期は心も体も成長し、大きな変化をとげる時期です。
お口の中にある善玉菌や悪玉菌を構成するフローラも変わります。そのためお口や身体から発するにおいにも変化が生じるのです。
ときには「クサイ!」と感じるような口臭になることもあります。
高校生(十代)特有の口臭の原因
    • 急激な成長に伴う血液中の成長ホルモンや性ホルモンの影響
    • 自律神経のバランスの乱れによる免疫力の低下
    • 口内フローラの善玉菌や悪玉菌の変化による臭いの発生

高校生の口臭が強くなる原因をチェック!

高校生の口臭が十代のこの時期に特有のものとはいえ、原因をつきとめて適切にケアをおこなえば改善できます。
心身が成長する時期に発するものだからといって諦める必要はありません。ホルモンや自律神経のバランスを整える対処法もあります。

生活習慣の乱れ、ストレス、お口の乾燥、腸内環境、アレルギー性鼻炎、免疫力の低下、水分不足、食生活の乱れ、むし歯や歯周病、歯磨きなどのケア不足、睡眠不足、運動不足、ストレスなど、原因は多岐に渡ります。

それでは、高校生の口臭の10の原因に対するおすすめの改善法をを紹介します。

①生活習慣は乱れていない?

規則正しい生活が健康に良いと、子どものころから耳にタコができるくらい聞かされてきたかもしれませんが、口臭の改善についても、規則正しい生活は何より特効薬です。
口臭がキツイというのは身体から出ている「不調」や「アンバランス」のサインです。生活習慣の乱れが、身体を蝕み、口臭を悪化させます。口臭の予防のためには、まずは、規則正しい生活を心がけることが大切です。

②ストレスがたまっていない?

ストレスは口臭の大敵です。特に、緊張感が高まっているとき、緊張時口臭といって口臭の中でも特に強い臭いを発生します。
ストレスがたまると、唾液の分泌量が3割ほど減るため、唾液のパワーで細菌を洗い流すことができなくなって増殖し、口臭の原因となる揮発性硫黄化合物をたくさん作りだすからです。
また、ストレスは身体の免疫機能も弱めるため、内臓が弱って体調を崩しやすくなります。身体にさまざまな不調を起こすため、口臭が強くなります。

③口呼吸のせいで口が乾燥していない?

気付いたら、口呼吸になっているという人が増えています。身に覚えはありませんか?
息を吸えるのだから口からでもいいじゃない、と思うかもしれませんが、口呼吸は健康リスクが非常に高い呼吸法です。
口で呼吸すると、お口の中が乾燥します。乾燥すると唾液の量が減るため、抗菌作用、浄化作用が失われ、お口の中で細菌が増殖しやすくなるのです。
むし歯菌や歯周病菌も活発になりますので、歯ぐきの炎症や歯質の蝕みが進み、口臭が悪化します。その上、インフルエンザなどの感染症に関わる細菌にも感染しやすくなるため、口呼吸はハイリスクなのです。
口呼吸がクセになってしまっているという人は、鼻で呼吸する練習をしましょう。アレルギー鼻炎や花粉症を患っていて、鼻で呼吸しにくい状態のときは、耳鼻科で治療を行うようにしましょう。

④副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎の疑いは…?

口臭は、鼻やのどの病気と関係する場合もあります。
副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎といった鼻の病気や、扁桃腺への細菌感染などが原因で病的口臭が発生している場合は、専門の医院で治療を受ける必要があります。

④下痢しやすい・便秘しやすいなら腸が原因かも?

口臭が気になる人で、お腹の調子が悪くて下痢や便秘がひんぱんに起こるという場合は、にその原因があるかもしれません。
腸内フローラのバランスが崩れ、善玉菌より悪玉菌が優先になると、身体によくない影響がでます。臭いおならがでるようになり、排泄物の臭いのガス成分が腸粘膜から血液に吸収され体内を巡ります。そして、口臭や体臭にも影響を及ぼすようになるのです。
おなかの調子を整えて口臭を改善する方法
    • 水分をしっかりと補給する
    • 乳酸菌(ヨーグルト・チーズなど)を摂る
    • 発酵食品を食べる(納豆、みそなど)

⑥頭痛や発熱は?免疫機能が低下している可能性も

高校生は体調が乱れやすい時期でもあります。体調が悪くなると、口が乾き、口臭が強くなります。
この時期は、自律神経のバランスが乱れて循環器系の調整がうまくいかないことがあります。過度なストレスや緊張を伴う環境にいることも自律神経の不調に加担します。頭痛やめまいといった体調不良が起こりやすい時期でもあるのです。
免疫機能を強化するために、生活習慣や食習慣を見直し、健やかな身体をつくることを心がけましょう。

⑦しっかり水分補給できている?

授業中にトイレに行きたくならないようにと、あまり水を飲まないようにしていると、水分不足になってしまいます。
水は、生命活動に欠かせないもの。人間の身体は55~60%が水でできています。水が不足すると、血液がドロドロになって免疫力が低下し、内臓機能の働きが悪くなります。老廃物が身体にたまりやすくなり、口や体のにおいが臭くなるのです。
1日に必要な水分
    • 2.5リットル。食事からも水分を摂れるので、1.2リットルの水を飲みましょう

⑧カップラーメンやスナック菓子を食べ過ぎていない?

カップラーメンやスナック菓子で満腹になっていませんか?偏った食生活は、口臭の大きな原因になります。
消化がうまくいかず、胃腸に臭いガスが溜まり、口臭にも影響します。
口臭を改善するためには、お腹の中の環境から改善する必要があるのです。

そのためには、野菜を中心とした栄養バランスのよい食事を摂るとよいでしょう。野菜には食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので、身体の老廃物を輩出し、臭いにおいのもとになる不活性ガスの発生を抑制する働きをするのです。
「野菜をたくさん食べなさい」と言われても「何の役にたつの?」「健康になると言われてもピンとこない」と疑問に思っていたかもしれませんが、野菜は、口臭改善といったお悩み解消にもリアルに役立つ優れものなのです。

⑨むし歯は歯垢を放置していない?

口臭の原因は、お口の中にあることが多いです。むし歯や、むし歯の原因となる歯垢をそのまま放置していませんか?
そこから悪臭が発生していることが多いため、歯垢を除去してむし歯を治療すると、かなり口臭が改善されます。

⑩朝・夕・毎食後にしっかり歯磨きしている?

食事の後の歯磨きをさぼっていたり、寝る前に物を食べたまま歯を磨かないで寝てしまったりすると、お口の中の食べかすをエサにして虫歯菌がどんどん増えます。それが口臭の原因になってしまいます

睡眠・運動・食事を改善して健康な生活を

睡眠不足・運動不足・偏った食生活は、口臭悪化のもとです。しっかりと寝て適度な運動をし、栄養バランスがとれた食事を心掛けるなど、健やかな生活を送りましょう。

夢中になれる趣味やリラックスする時間を大切に

高校生の時期は、心身の急激な成長やホルモンバランスが乱れることから、気持ちが不安定になりがちです。ストレスにも弱いため、何か没頭できる趣味やスポーツなどを持つことも大切です。
口臭が気になると思っていても、そのことで悩みすぎると逆効果です。
口臭のことは忘れて、リラックスできる時間を作りましょう。
リラックスに効果的な方法
    • 思いきり笑う。作り笑顔でもOK!
    • 深呼吸する
    • 森林浴をする
    • ゆっくりと温かいお茶を飲む
    • シャワーで済まさず湯ぶねに浸かる
    • 映画などを見て泣く。感動の涙を流そう!

歯科医院で検診&お口のクリーニングを

口臭の原因となるむし歯や歯垢がたまらないように、歯科医院で定期検診をうける習慣をつけましょう。毎日の歯磨きでは落とせない汚れがありますので、プロによるクリーニングを受けるようにすれば、口臭改善に役立ちます。

生活習慣の改善を行っても症状がよくならない場合、なんらかの病気が起因で発生している口臭であるリスクが考えられます。
歯科医院には「口臭外来」がありますので、その診療科目を掲げている歯科医院で相談することをおすすめします。