妊婦さんが歯周病を防ぐために今すぐできる6つの予防法

妊婦さんが歯周病を防ぐために今すぐできる6つの予防法

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

昔から、妊娠すると歯が悪くなると言われています。妊娠して周囲の人からいろいろな話を聞くと、知らないことばかりで不安になる人も多いのではないでしょうか。しかし、歯周病に関しては、迷信などではなくちゃんとした理由があるのです。

そこで、妊婦さんが歯周病になりやすい理由や、この記事を読んだ後からでもすぐに出来る歯周病の予防法をご紹介します。

妊娠時に歯周病になりやすいのはなぜ?

考える妊婦

妊娠時に歯周病になりやすい理由には、様々な要因が絡んでいます。

女性ホルモンの急激な変化

妊娠すると体に様々な変化が見られますが、その理由は女性ホルモンに急激な変化が生じるからです。妊娠中には気分の浮き沈みも激しくなりますが、それは様々なホルモンが目まぐるしく働き、赤ちゃんに栄養を与えつつも、体が出産やお母さんになるための準備をしている証拠です。

女性ホルモンは妊娠初期から中期くらいまで分泌が盛んになりますが、お口の中では女性ホルモンを好む細菌が増えて、歯肉炎になることがあります。妊娠性歯肉炎と呼ばれるものです。

唾液には口内の細菌に対する殺菌作用がありますが、急変する女性ホルモンの影響で、唾液の分泌も減少します。妊娠すると歯周病の原因菌、プラボテラ・インターメディアという細菌が増殖しやすくなりますが、女性ホルモンの変化による唾液の減少や血中に入りやすくなる傾向もあることから、歯周病や歯肉炎になりやすくなるのです。

つわりによる食べ物の変化やオーラルケア不足

つわりの重さは人によって様々ですが、つわりがひどい人は歯ブラシを口に入れただけでも吐き気をもよおす人もいるでしょう。そのため、歯を磨きたくても思うように歯磨きできなくなる可能性があります。

また、つわりが重くない人でも、食べ物の好みの変化は高い割合で経験する人が多いようです。今までの歯磨きでは問題がなかった人も、食べ物の好みや食べる回数の変化で口の中の環境が悪化すると、ブラッシングが十分でなくなる場合があります。

胎児や子どもへの歯周病のリスク

乳児

そもそも歯周病とは、歯周病菌によって炎症が起こり、歯茎や歯の根っこ、歯の土台となる骨などが破壊されてしまう病気です。歯周病になると、歯茎が腫れたり出血したりします。

歯周病は早産の原因の1つとして考えられています。歯周病菌に感染すると炎症を促進する物質が過剰に分泌され、その物質が血管に入り込むと体が「出産の合図」と勘違いして陣痛や子宮収縮を引き起こすのです。

1996年のアメリカの研究で、妊娠中のお母さんが歯周病にかかっていると、歯周病にかかっていないお母さんに比べて早期低体重児を出産するリスクが7倍に高まるという報告が発表されました。

歯周病菌は唾液を通して人から人へとうつる病気でもあります。現在では保健所などでも大人が噛み砕いて柔らかくした食べ物をあげないようにと指導していますが、キスや食器の共有などでも感染する場合があります。

今すぐできる6つの歯周病予防

歯周病は、毎日のちょっとした心がけでなりにくくすることができます。

1.普段以上にケアを心がける

妊婦

妊娠時は食生活やホルモンバランス、体温がいつもより上がることなどで口内も変化しているため、細菌が増えやすい状態です。妊娠時は体が重く、だるさなどもあって動くのが億劫になりがちですが、オーラルケアは普段よりも気をつけて、丁寧にケアすることが大切です。

歯磨きは洗面所で立って行う人も多いと思いますが、辛ければ椅子に座って行うなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

2.つわり時は体調の良いときにしっかり歯磨き

歯ブラシ

つわりで辛いときなどは、なかなか歯磨きをする気にはなれないため、歯磨きは体調の良い時を見計らって、こまめに行うのがおすすめです。また、歯磨きができない場合も、含みうがいをこまめにするだけでも効果があります。

歯にくっつきやすい食べ物は、冷たい水よりもぬるま湯のほうが落ちやすいので、ぬるま湯でのうがいもおすすめです。

3水やお茶をしっかり摂る

水を飲む女性

妊娠中はお口の中の唾液が減り、細菌が増殖しやすくなっています。水やお茶をしっかり摂ることで、お口の中を潤すことで細菌を洗い流し、歯周病を防ぐことができます。

糖分のある飲み物は虫歯を増やしてしまう原因になるので、糖分の入っていないお茶やお水をこまめに摂ったり、食後に飲んだりするのがおすすめです。

4.甘いものや酸性のものをダラダラ食べない

お菓子

妊娠中は食欲が増進してお菓子などの甘いものがほしくなることが多いですよね。しかし、甘いものに含まれる糖分は虫歯菌や歯周病菌の大好物です。また、つわり時には酸っぱいものを食べたくなったりしますが、酸性の食べ物は、歯を溶かす原因になり、溶けた部分から細菌が入りやすくなります。

甘いものや酸っぱいものを食べることは問題ありませんが、食べた後はすぐに含みうがいや歯磨きをする習慣をつけることをおすすめします。特にダラダラ食べは、虫歯菌や歯周病菌が増えやすくなるため、注意しましょう。

5.歯ぐきをマッサージする

歯茎マッサージ

歯ぐきマッサージは歯茎の血行を良くして歯周病の予防に効果的です。マッサージは柔らかめの歯ブラシや、ガーゼなどの布を指に巻いて行いましょう。清潔にした指で直接マッサージするのもおすすめです。入浴時やリラックスタイムに行ってみてはいかがでしょうか。

6.歯医者さんで歯周病を治す

妊娠すると体の変化に伴ってお口の中も変化します。口の中に違和感を感じたり、痛みがあるときは、体調の良い時を見計らって早めに歯医者さんに行くことをおすすめします。また、妊娠の計画がある人は、定期的に検診を行うと良いでしょう。

妊娠時の歯の治療については、下記の記事でも詳しく述べているので参考にしてみてください。

妊娠中に歯の矯正はできる? 矯正中に妊娠した場合は?

妊娠中に歯の矯正はできる? 矯正中に妊娠した場合は?

妊婦さんは歯周病を予防して母子ともに健康に!

妊婦さんは体のなかで様々なことが起こっています。気分の浮き沈みや動きにくいなどもあるかと思いますが、歯周病はお母さんだけでなくお腹の中の赤ちゃんにも影響するものです。今からすぐにできる歯周病予防は以下の通りです。

    • 普段以上にケアを心がける
    • つわり時は体調の良いときにしっかり歯磨き
    • 水やお茶をしっかり摂る
    • 甘いものや酸性のものをダラダラ食べない
    • 歯ぐきをマッサージする
    • 歯医者さんで歯周病を治す

歯周病を予防して、丈夫で元気な赤ちゃんを産んでくださいね。