歯列矯正のレベリングとは?矯正に失敗しないために知っておきたい専門用語

歯列矯正のレベリングとは?矯正に失敗しないために知っておきたい専門用語
この記事の監修医情報を見てみる

歯列矯正を始めると、さまざまな専門用語に出会います。「矯正のレべリング」も、そのひとつですね。

ここでは、矯正のレベリングの基本や注意点について解説します。

あらかじめ矯正の専門用語を押えておくと、かかりつけの歯科医と話す時、希望や質問をスムーズに伝えやすくなりますよ。

この記事がおすすめな人
    • 矯正のレベリングとは?その言葉の意味を知りたい。
    • 矯正のレベリングは、どんな効果があるのか知りたい。
    • 矯正のレベリングをする目的とは?かかる期間は?
    • 矯正のレベリングが終わったので、矯正を止めたい方。
    • 矯正のレベリングが終わったのに歯間の隙間が気になる方。
INDEX
  1. 矯正のレベリングとは?
    1. デコボコしている歯を一列に並べる
    2. 半年~1年くらい期間がかかる
  2. 矯正のレベリングの注意点は?
    1. 治療の痛みが出やすい
    2. 一見、歯並びがキレイになったように見える
    3. 上下方向のズレが解消するが歯間の隙間は改善しない
    4. レベリングは矯正の最初の段階にすぎない
  3. レべリングは矯正の下準備!まだ矯正は終わりじゃない!

矯正のレベリングとは?

ネコさん

矯正のレベリングって何ですか~?

櫻井先生

ワイヤーとブラケットを使う矯正の方法の第一段階ですね。

ネコさん

第一段階?

櫻井先生

デコボコしている歯並びを、まずは横一列に並べることを「レベリング」といいます。

第一段階のレベリングから始まり、一般的な矯正治療の流れは下記の通りです。

    • 第一段階/レベリング。歯を横一列にキレイに並べる。
    • 第二段階/犬歯を後方に移動させる。
    • 第三段階/前歯を移動させ、キレイに整える。
    • 最終段階/歯列全体を微調整し、噛み合わせなどの修正を行う。

デコボコしている歯を一列に並べる

レベリングは、矯正治療の第一段階です。乱れた歯並びを横一列にキレイに並べます。いったんまっすぐ横に並べることで、その後の矯正治療がスムーズに進めやすくなります。

矯正治療の完成度のクオリティは、この段階が鍵になります。

半年~1年くらい期間がかかる

矯正の第一段階であるレベリングですが、歯が横一列にきれいに並ぶまでに半年~1年くらいかかります。

レベリングが終わると歯の高さのズレや傾き向きやねじれが改善されるので、ある程度まで整います。

矯正のレベリングの注意点は?

ネコさん

じゃあ、レベリングをしたら歯並びがキレイに改善されているんですか~?

櫻井先生

いえいえ、まだ歯間の隙間や噛み合わせなど、根本的な改善には至っていません。一見キレイになったように見えることもあるので、治ったと勘違いしやすいので気を付けてくださいね。

ネコさん

そうなんですね~!そういえば矯正を始めて1年くらいたつ友達が「もうキレイになってきたと思うんだけど止めちゃだめかな?」って言ってましたけど……?

櫻井先生

それは危ないですね。矯正を途中で止めたら、歯が移動したところで固まっていない状態ですから、すぐに元に戻ってしまいます。

ネコさん

えっ、怖い!そうなんですね~!気をつけなくちゃ!

矯正のレベリングが終わると、一見すると歯並びがキレイになったように見えますが、完全なる勘違いです。まだ矯正が終わっていないのに勝手な判断で中断すると、数日で元に戻ってしまいます。

そうなってしまったら後悔しても遅いので、気を付けてください。

その他にも、レベリングでの注意点がありますので、チェックしましょう。

治療の痛みが出やすい

矯正のレベリングは、初めて歯が動き始める第一段階なので、痛みを感じやすいという特徴があります。

痛みについては個人差があり、必ずしも痛みを感じるわけではありませんが、人によっては「痛くて食べられない」というケースもあります。

一見、歯並びがキレイになったように見える

矯正を始めたばかりの頃は、デコボコの歯並びに沿ってワイヤーがグネグネと曲げられて取り付けられていますが、レベリングが終わりに近づくと、まっすぐなワイヤーに沿って歯がキレイに並んでいる状態になります。

そのため、一見、歯並びがキレイに整ったように感じるのですが、まだ矯正治療は終わっていません

自己判断で中断すると取り返しのつかないことになりますので、気を付けましょう。

上下方向のズレが解消するが歯間の隙間は改善しない

レベリングが終わると、歯が基準となるレベルより高すぎたり低すぎたりする上下のズレが解消されますが、歯と歯の間の隙間などはそのままです。

一見キレイな歯並びになったように感じるケースもありますが、矯正治療が終わったわけではないので気を抜かないようにしましょう。

レベリングは矯正の最初の段階にすぎない

レベリングは、あくまで歯列矯正の第一段階にすぎません。なんとなく歯並びがキレイになったから「これくらいでいいや」と止めないようにしましょう。

まだ、噛み合わせや歯間の隙間などの矯正が終わっていませんし、なによりリテーナーで固定する期間を経ていないため歯が移動した場所に定着していません。この段階で中断すると、すぐに元の状態に戻ってしまいます

これまで長く矯正治療を続けてきた努力が、わずか数日で白紙になってしまいかねません。

レべリングは矯正の下準備!まだ矯正は終わりじゃない!

ネコさん

なるほど~!レベリングっていうのは、ワイヤー+ブラケット矯正の第一段階なんですね。矯正治療の基礎みたいなものですか?

櫻井先生

そうですね。ワイヤー+ブラケット矯正の下準備のようなものです。一見して歯並びがキレイになったように見えるケースが多いので勘違いされやすいのですが、まだ矯正が終わったわけではないので要注意です。

ネコさん

レベリングの段階で止めると、元に戻っちゃうんですか~?怖い~!

櫻井先生

そうですね。レベリングの段階ではまだ矯正は終わっていません。それに矯正が終わったらリテーナーをつけて新しい歯並びを定着させる期間も必要です。それをしなければ、後戻りしますからね。

ネコさん

今までの努力が水の泡にならないよう、気を付けます~!

●矯正治療の専門用語については、下記のページでも紹介しています。

ワイヤー矯正に使うチューブって何?装置の痛みを簡単に抑える方法を解説

歯列矯正のワイヤーやブラケットが痛い!簡単にできる対処法を解説

矯正治療なのに歯を削る?ストリッピングなら抜歯を回避できるって本当?

記事の重要ポイントをチェック!
    • 矯正のレベリングは、ワイヤー矯正の第一段階。
    • 矯正のレベリングは矯正の基本。矯正の成功の鍵となる。
    • 矯正のレベリング後、歯並びが一見してキレイになる。
    • 矯正のレベリングが終わっても矯正は終わりじゃない。
    • 矯正のレベリング後、自己判断で中断すると元に戻る。