叢生とは?種類や矯正方法、良いクリニックの探し方まで詳しく解説

叢生とは?種類や矯正方法、良いクリニックの探し方まで詳しく解説
この記事の監修医情報を見てみる

「歯並びが凸凹なんだけど、これって治せるの?」
「叢生の矯正って凸凹が大きいとやっぱり費用や期間はかかるのかな」
叢生という言葉をどこかで知り、叢生を治したいとお悩みですか?出っ歯のようにこれといって特徴はないけれど、全体的に歯が凸凹しているような歯並びなら叢生です。

叢生は矯正で治すことができますが、その方法はいくつかあります。ここでは、叢生の歯並びのそれぞれの治療法のメリットとデメリット、良いクリニックの探し方などをご紹介しています。叢生を今まさに治そうと思っている方は、ぜひ最後までお読みくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 出っ歯の叢生は矯正で治るのかどうか知りたい
    • 出っ歯の叢生で削らない治療法はある?
    • 叢生の矯正中だけどだんだん前歯が出てきてしまって不安
    • 叢生の矯正をインビザラインでやるのは正解?
    • 裏側矯正は舌がボロボロになるって本当?
INDEX
  1. 叢生とは
  2. 叢生の矯正方法
    1. 2- ワイヤー矯正
    2. 2- 裏側矯正
    3. 2- マウスピース矯正
  3. 叢生の種類と治療法の相性
  4. 良いクリニックの選び方
    1. 4- 矯正歯科選びの6つのポイント
    2. 4- 複数のクリニックを回って説明を聞く
  5. 叢生を放置すると起こるデメリット
  6. 叢生は矯正の専門医師にかかるのがおすすめ!

1. 叢生とは

叢生は、厚生労働省に以下のように定義されています。

歯の大きさと顎の大きさの間に起こるアンバランスにより、歯が部分的に重なってしまう状態。
」より引用

歯の大きさよりも顎が小さいために歯がまっすぐに生えることができず、重なって生えているような状態です。原因としては、以下のような要因があります。

    • 生まれつき歯が大きい
    • 生まれつき顎が小さい
    • 顎の骨の発育不全

骨格的に、日本人は外国人に比べると顎が小さいのですが、近年に関しては、硬い食べ物を避ける食生活が原因しているともいわれています。

患者さん

お肉でもスイーツでも、柔らかい=美味しいっていうイメージがありますよね。

鈴木先生

そうですね。顎を使わない食生活で、顎が退化してきているという説がありますよ。

2. 叢生の矯正方法

叢生の矯正方法で代表的なものは、ワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正などです。どの方法でも、歯がきれいに並ぶスペースを確保するために抜歯を行うのが一般的です。それぞれの違いについて、詳しく説明していきますね。

2-1. ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、1本1本の歯の表面ブラケットというボタンをつけ、そこにワイヤーを通してワイヤーの力で歯を動かしていく治療法です。

    • メリット:計画通りに確実に歯が動きやすい
    • デメリット:歯の表面につけるので目立つ
    • 治療費用:60〜100万円程度
    • 治療期間:1〜3年程度
患者さん

白や透明のタイプもあるんですよね?

鈴木先生

はい。ちょっと割高にはなりますが、目立ちにくいワイヤー矯正もありますよ。

2-2. 裏側矯正

歯の裏側につけるタイプのワイヤー矯正です。通常のワイヤー矯正は最初にブラケットを全部並べてから一気に歯につけることができますが、歯の裏側の場合はそれができないため1つ1つ手でつけていきます。そのため、装着時や調整時にやや時間がかかります。

    • メリット:表から見えない
    • デメリット:やや時間がかかる、舌が傷つくことがある
    • 治療費用:70〜150万円程度
    • 治療期間:1〜3年程度
患者さん

どうして費用にこんなに開きがあるんですか?

鈴木先生

矯正治療は自由診療なので一律ではなく、歯医者さんによって料金設定が違うんです。

ネコさん

じゃあ、安いところを探したほうがお得ですね。

鈴木先生

そうとも限りません。あまりに安いところは、ちゃんと検査をしなかったり、すぐに後戻りしたりなどのトラブルが多いんです。

患者さん

へぇ〜。値段だけで選んじゃいけないんですね。

鈴木先生

良いクリニックの選び方は、後で詳しくやりますね。

2-3. マウスピース矯正

歯の動きに応じた透明なマウスピースを20個程度作り、計画に合わせて付け替えることで歯を動かしていきます。

    • メリット:表からは分からない
    • デメリット:自分で装着時間を管理する必要がある
    • 治療費用:10〜100万円程度
    • 治療期間:1〜2年程度

ただし、凸凹が強い叢生の場合は、マウスピース矯正ができないこともあります。希望する場合は、担当医とよく相談して可能かどうかを確かめましょう。

患者さん

マウスピースも費用に随分開きがありますね〜。

鈴木先生

格安マウスピースからインビザラインのようなメーカーまでを含めるとこうなるんですよね。

患者さん

なるほど!でも、10万円のマウスピース矯正って、ちょっとあやしいかも。

鈴木先生

格安マウスピースは材料が粗悪だったりしっかり治療計画がされていなかったりするので、安いからといって飛びつくのは要注意です。

3. 叢生の種類と治療法の相性

マウスピースのところでもお伝えしたように、重度の叢生はマウスピース矯正ができない場合があります。また、裏側矯正も人によっては舌に違和感が出たり、発音がしにくかったりすることがあります。

その点、昔ながらのワイヤー矯正は、ほとんどの歯並びに対応できるので、強い叢生であってもきれいな仕上がりになります。

患者さん

へぇ〜、歯並びと矯正方法の相性っていうのもあるんですね〜。

鈴木先生

そうですね。軽度か重度か、叢生の場所や範囲などによっても異なりますよ。

4. 良いクリニックの選び方

せっかく高いお金を出して長期間の矯正をするのですから、良いクリニックに通いたいですよね。ここでは、良いクリニックを選ぶポイントや方法について、説明していきます。

4-1. 矯正歯科選びの6つのポイント

日本矯正歯科学会では、良い矯正歯科を選ぶ時のポイントとして以下の6つを挙げています。

    • セファロをしている
    • 専門知識のある認定医や専門医がいる
    • 治療費用や転医した時の返金などを詳しく説明する
    • 治療契約書や同意書について詳しく説明する
    • 常勤の矯正歯科医がいる
    • 地域から良い評判を得ている

セファロとは、頭部のレントゲンのこと。一般的な歯科では歯のパノラマレントゲンやしか撮りませんが、矯正専門の歯科では頭部のレントゲンを撮って分析・診断します。

患者さん

近所の普通の歯医者さんにはセファロの機械がないこともあるんですか?

鈴木先生

セファロの機械は矯正専門のものなので、矯正専門の歯科医院にしかないんです。事前に、セファロをやっているかどうか聞いておくといいですね。

4-2. 複数のクリニックを回って説明を聞く

ほとんどの人は、事前に情報を集めて行きたいクリニックを決めてから受診しますね。しかし、できれば複数のクリニックを回って説明を聞いたり相談に乗ってもらったりするのがおすすめです。

「そんなことしていいの?」「一度受診したらそこに通わないといけないのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことありません。

複数のクリニックを回れば、一番説明がしっくりといく丁寧な診察をしてくれるところを選ぶことができます。

鈴木先生

いくつか回ると、クリニックに来ている患者さんの雰囲気や受付の対応なども分かりますよ。

患者さん

歯医者さんも大事だけど、受付ってそこのスタッフ全体の雰囲気が滲み出ますよね〜。

鈴木先生

あー、やっぱり。気をつけてる歯医者さんは多いですよ。

5. 叢生を放置すると起こるデメリット

叢生を放置すると、以下のようなデメリットが起こるリスクがあります。

    • 重なり合った歯の影に歯ブラシが届かず、虫歯や歯周病になりやすい
    • 頬や唇を噛みやすく、口内炎になりやすい
    • 汚れが溜まりやすいため口臭がきつくなりやすい
    • 咬み合わせが合っていないため咀嚼力が低下する
    • 人に与える印象が気になりコンプレックスになることがある
    • 虫歯治療をした時、詰め物や被せものの寿命が短くなる
    • 歯を失った時、ブリッジができないことがある
患者さん

えー、こんなにあるの〜!

鈴木先生

そうなんです。意外と侮れないですよ。

6. 叢生は矯正の専門医師にかかるのがおすすめ!

歯が凸凹の叢生は、できれば早く治したいですね。納得のいく治療をしてもらうには、矯正を専門的に勉強した矯正の専門医がいるところで治療するのが一番です。

一般的な歯科でもやってくれますが、検査や計画が不十分だった場合は後戻りしてしまう可能性もあります。再治療になって2倍の金額と労力がかからないようにするためにも、矯正は専門の歯科医師にかかりましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 叢生とは、歯と顎の大きさのアンバランスにより、歯が部分的に重なってしまうこと
    • ワイヤー矯正はほとんどの叢生でも対応できる
    • マウスピース矯正は軽度の叢生なら対応できる
    • 裏側矯正が合わない人もいる
    • 良いクリニックの選び方のポイントは6点
    • 矯正専門の歯科医院にかかるのが良い