40代からの矯正がその後の健康を大きく左右する!大人の矯正Q&A

40代からの矯正がその後の健康を大きく左右する!大人の矯正Q&A
この記事の監修医情報を見てみる

40代といえば社会的には一番バリバリと仕事をしている年代であり、子育ても架橋に入る頃。そんな年代で矯正を受けるのは遅すぎるのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、一方では時間と費用に余裕ができる40代以降に矯正を希望する人が多くなってきています。ここでは、40代からの矯正治療についての疑問や不安などについて、Q&A形式でお答えしていきます。「40代で矯正治療をはじめるってどうなの?」と思っている人は、ぜひご一読ください。

この記事がおすすめな人
    • 40代でも矯正は始められるの?
    • 歳を取るにつれて歯並びが乱れてきた
    • マウスピースは目立たないと聞いたけど効果はあるの?
    • 矯正する場合、費用や期間はどれくらいかかる?
    • 40代におすすめの矯正方法はある?
    • 40代で矯正をする場合のメリットとデメリットを知りたい
    • 矯正治療の流れを詳しく知りたい
INDEX
  1. 咬み合わせと健康の密接な関係
  2. Q.40代からでも矯正治療は可能?
  3. Q.歳を取ると若い頃より歯並びが乱れてくるって本当?
  4. Q.40代におすすめの矯正方法ってある?
  5. Q.矯正の治療の流れは?
  6. Q.矯正治療の費用はどれくらいかかる?
  7. Q.矯正治療の期間って長いんでしょう?
  8. Q.40代で矯正を始めることのメリットは?
  9. Q.40代で矯正を始めることのデメリットは?
  10. 咬み合わせを改善していつまでも健康に

咬み合わせと健康の密接な関係

近年の研究で、歯の咬み合わせは健康と密接な関係にあることが分かってきています。咬み合わせは咀嚼機能を大きく左右するものですが、全国約5000人の高齢者を対象に行なった調査では、さきいかやたくあんが噛めると答えた人は健康寿命が高いことが明らかになりました。

咀嚼には顎や口腔内の筋肉を使いますが、口周辺の筋肉は首から全身の筋肉にもつながっています。そうしたことからよく噛めるということは健康を維持するうえでとても重要なのです。

ネコさん

へぇ〜、じゃあ咬み合わせを整えることって寿命をのばすってことなんですか?

鈴木先生

端的に言えばそういうことですね。歯並びは歳を取るに従って特徴が強調されてきやすいので、歯並びがよくないと高齢になってから苦労することになります。

ネコさん

へぇ〜、知りませんでした〜。

Q.40代からでも矯正治療は可能?

矯正治療は何歳からでも可能です。40代以降は骨が固くなっているのでその分歯は動きづらくなっていますが、50代60代以降はもっと固くなるので、気づいた時点で治療を始めるのが良いでしょう。

鈴木先生

歯が動きづらいと最初は痛みがあるかもしれませんが、慣れくるので心配ありません。

ネコさん

大人になってからでも歯って動くんですね〜。

鈴木先生

歯は一生常に動きます。歯が動くというより歯の土台となる組織を動かすと、結果的に歯も動くんです。

ネコさん

へぇ〜、矯正ってそういうしくみなんですね〜。

Q.歳を取ると若い頃より歯並びが乱れてくるって本当?

本当です。若い頃は歯並びが気にならなかった人も、歳を重ねると気になってくるという人は多いです。これは、歯の治療などで抜歯をしたり、歯周病によって骨が痩せたことで歯が徐々に傾いてきたりするからです。歯茎下がりによって見た目が変わり、「歯並びが乱れてきた」と感じるのもよくあるケースです。

鈴木先生

長年使っていると歯に力が加わり続けるので、歯並びの悪さが際立ってくるということもあります。

ネコさん

歯並びが悪いまま使い続けると…ってことですね?

鈴木先生

そうそう、そういうことです。

Q.40代におすすめの矯正方法ってある?

40代からの矯正でおすすめなのは、お手入れが簡単なものや目立たない矯正装置です。人によってライフスタイルが違うので、自分に合った矯正方法を医師と相談すると良いでしょう。矯正装置には以下の種類があります。

矯正装置の種類
    • ブラケット矯正
    • 裏側矯正
    • マウスピース矯正
    • インプラント矯正
    • 部分矯正

※インプラント矯正は矯正の途中で補足的に行うものです。ほとんどの矯正装置で利用できます。

鈴木先生

人によっては金属アレルギーがあるので、金属を使わない装置にしたいと伝えることも忘れないでくださいね。

ネコさん

それってマウスピース矯正ですか?

鈴木先生

最近ではブラケット矯正でも非金属のものがありますよ。

ネコさん

へぇ〜。それなら安心ですね。

鈴木先生

ただし、その歯科医院で取り扱っているかどうか、事前に確認してくださいね。

Q.矯正の治療の流れは?

矯正治療の主な流れは、以下のようになります。

    • 問診・診断
    • 事前の虫歯・歯周病治療、歯石取り(必要な場合)
    • 歯型採取や検査
    • 治療開始
    • 保定期間
    • 治療終了

保定期間は矯正が後戻りしないように設けるものです。矯正治療と同じだけの期間が必要ですよ。

鈴木先生

保定期間はリテーナーという簡易的な装置をつけます。

ネコさん

へぇ〜、矯正装置が取れれば終わりってわけじゃないんですね〜。

鈴木先生

そうですね。ただ、リテーナーは自分で取り外しができるし、徐々につける時間を減らしていくものなので、矯正装置よりは楽です。

Q.矯正治療の費用はどれくらいかかる?

矯正治療の費用は基本的に自費診療になります。費用はお口の状態によって異なり、だいたい40万円〜150万円程度となります。また、歯科医院によって治療にかかるすべての費用を総合しているトータル式と、治療の流れごとの支払う各払い方式のところがあるので注意が必要しましょう。

ネコさん

ほとんどの歯科医院では分割払いを導入しているので、一括で払えなくても問題ありません。

鈴木先生

そうですよね、お金貯めるまで治療が受けられなくなっちゃうし。

ネコさん

それと、高額医療費になるので医療控除の対象にもなっています。

Q.矯正治療の期間って長いんでしょう?

治療期間も人によってまちまちです。一般的には1年〜2年程度ですが、部分矯正の場合は数ヶ月で終わりますし、矯正度合いが深い人などは3年以上かかることもあります。

鈴木先生

数ヶ月から1〜2年かかると思っておくと良いでしょう。

Q.40代で矯正を始めることのメリットは?

メリットは見た目が美しくなるほかに、健康面でも以下のようなものがあります。

    • 食事が食べやすくなる
    • 咬み合わせがよくなり胃腸の働きがよくなる
    • 肥満を防げる
    • 脳の働きを促す
    • 発音がはっきりする
    • 虫歯や歯周病を予防できる
    • 口臭を軽減する
    • がんをはじめとする生活病を防ぐ
    • 全身の体力が向上する
    • ストレスが減る
ネコさん

すご〜い!10個もあるんですね〜。

鈴木先生

大人の矯正はメリットがたくさんあるんですよ。

ネコさん

発音がはっきりするってどういうことですか?

鈴木先生

たとえば歯並びはよくても上下の前歯に隙間が空いている開咬などは、サ行やタ行が発音しづらいんですが、矯正するとそれが治ります。

ネコさん

なるほど〜。

Q.40代で矯正を始めることのデメリットは?

一方、デメリットもあります。

    • 期間が長い
    • 費用がかかる
    • 痛みが生じることがある
    • 装置によっては舌にあたって違和感がある
    • 歯が磨きづらい

ただし、費用や期間は40代だからといって若い頃より多くなるということはありません。他のデメリットも矯正全般に共通する一般的なものです。

ネコさん

じゃぁ、40代特有のデメリットは特にないということですか?

鈴木先生

強いて言えば骨が固くなって歯が動きづらくなっているということですね。

ネコさん

あ〜、さっき言ってた…。

咬み合わせを改善していつまでも健康に

40代以降の矯正治療は、審美性ももちろんですがそれよりも健康面でのメリットがたくさんあります。厚生労働省では、8020運動といって、80歳の時点で自分の歯が20本残っていれば、何でも美味しく食べられて健康を維持できるとしています。40代からでも矯正はまったく遅くはありません。咬み合わせや歯並びを整えて、今後の長い人生を豊かなものにしましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 咬み合わせや咀嚼は健康に大きく関与する
    • 歳を重ねるほど歯並びの悪さは際立ってくる
    • 矯正方法はライフスタイルによって選ぶのがおすすめ
    • ブラケット矯正でも金属を使わない種類がある
    • 費用相場は40〜150万円程度
    • 期間は1年〜2年程度が一般的
    • 咬み合わせがよくなると全身の機能が向上する
    • 40代だからというデメリットは特にない