30代こそ歯の矯正をおすすめする理由と目的!色々な矯正方法もご紹介

30代こそ歯の矯正をおすすめする理由と目的!色々な矯正方法もご紹介
この記事の監修医情報を見てみる

最近では大人になってから歯列矯正をする人が増えており、特に30代から始める人が増加しています。矯正治療を始める年齢に遅すぎるということはなく、30代からの矯正はある意味とても良い選択と言えるでしょう。

ここでは、30代にこそ矯正治療をおすすめしたい理由やメリットを詳しく説明します。ライフスタイルに合わせた矯正方法もご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

この記事がおすすめな人
    • 30代後半で歯列矯正するのは恥ずかしい気がしている
    • 30代でも矯正って間に合う?
    • 大人が歯列矯正をすることのメリットは?
    • 目立たない矯正方法を知りたい
    • 矯正中でも仕事に支障は出ない?
INDEX
  1. 30代で歯列矯正をする人の3つの目的
    1. 1-見た目の改善
    2. 1-歯周病の予防
    3. 1-将来の健康のため
  2. 30代におすすめの矯正方法
    1. 2-マウスピース矯正
    2. 2-舌裏矯正
    3. 2-目立たないワイヤー矯正
  3. 矯正治療を受ける際の注意点4つ
    1. 3-時間とお金がかかると心得る
    2. 3-ライフスタイルに合わせた方法を選ぶ
    3. 3-希望する矯正方法ができない場合がある
    4. 3-保定期間のアライナーは最後までやりきる
  4. 30代で矯正治療を済ませてその後の人生を豊かに過ごす

1.30代で歯列矯正をする人の3つの目的

30代は社会に出てからある程度キャリアを積み、職場でも人の上に立ったり顧客と直接やり取りしたりする立場にある人も多いでしょう。経済的にも少し余裕が出てきて、矯正治療を始める人も多いです。そんな30代の人に歯列矯正をおすすめする理由は、大きく3つに分けられます。

1-1.見た目の改善

30代は責任あるポジションにつく人が多く、それ相応の身だしなみが必要になります。スーツや靴などはもちろんですが、歯並びも然り。第一印象でビジネスが左右されてしまうことがあるからです。

歯並びの良さは清潔感を印象づけます。将来のキャリアアップ転職などのために、歯列矯正を行うという人は一定数います。

ネコさん

確かに、歯並びガタガタの人より整ってる人の方がスマートだし、なんとなく信頼感が増しますねー!

鈴木先生

歯並びが悪い人は健康管理ができていないという印象も与えてしまいますね。

1-2.歯周病の予防

厚生労働省によると、40歳以降に歯を失う大きな原因は歯周病で、35〜44歳までで歯周病にかかっている人はなんと81.2%にものぼります。そう、歯周病は30代が要なのです。(参考:厚生労働省「歯の健康」)

歯周病の原因の一つは歯垢や歯石。歯並びが悪いと歯垢や歯石が溜まりやすくなります。30代に歯並びを改善しておけば、歯周病にもなりにくくなります

ネコさん

30代後半のほとんどの人が歯周病になってるなんて、ちょっとショックです〜!

鈴木先生

そうですね。矯正治療をすることで、歯周病になりにくくなるのは事実ですよ。

1-3.将来の健康のため

歯並びは、放置しておくと症状が年々ひどくなり、咬み合わせが悪くなってものが噛めなくなる・全身の骨格がゆがむなどの弊害が起こります。それらは、消化器官への負担や慢性的な頭痛・肩こり・腰痛などにつながります。
また、歯周病の病原菌が血液から体内に入ると、脳梗塞や心筋梗塞、慢性的な腎臓病、糖尿病に大きな影響を与えてしまうのです。

生涯医療費を考えてみましょう。厚生労働省によると、生涯医療費は平均で約2400万円。その中で、歯の治療は大きなウエイトを占めます。

歯周病により歯を失うと、多くの人はブリッジや部分入れ歯にします。しかし、ブリッジや部分入れ歯は健康な歯を支えにするため、残存歯が弱くなるのです。

健康な歯がダメになるとブリッジや入れ歯が成立しなくなり、別の治療法やより大きく治療をすることになります。そういったことを繰り返すうちに徐々に健康な歯が減っていき、やがては総入れ歯というケースが多いのです。

将来の健康や経済面を計画的に考え、元気で経済的余裕もある30代のうちに矯正治療をしておくというのは賢い選択です。

鈴木先生

40代50代になると、内蔵や足腰の疾患にかかる人が多いので、30代は矯正をするのに良いタイミングと言えます。

ネコさん

矯正しておけば成人病にもかかりにくくなりますね。

鈴木先生

そのとおり。

2.30代におすすめの矯正方法

矯正はしたいけれど、仕事で矯正装置が目立つと困るという人もいるでしょう。ここでは、目立たない矯正を中心に、おすすめの矯正方法をご紹介します。

2-1.マウスピース矯正

費用相場と期間の目安(全歯の場合)
    • 費用相場:80〜100万円程度
    • 期間:1〜3年程度

自分用のオリジナルのマウスピースを作り、何回かに分けて付け替えながら矯正していく方法です。マウスピースは着脱可能なため、医師の指示通りに装着できるかどうかが理想の歯並びへの鍵となります。

鈴木先生

マウスピースははめてしまえば見た目には分からないので、選択する人も多いですよ。

ネコさん

へー、それはいいですね!

鈴木先生

流水でこまめに洗浄すれば清潔も保てます。

2-2.舌裏矯正

費用相場と期間の目安(全歯の場合)
    • 費用相場:100〜150万円程度
    • 期間:1〜3年程度

舌裏矯正とは、歯の裏側にするワイヤー矯正のことです。歯の1本1本にブラケットというボタンをつけ、ワイヤーを通します。着脱不可なのでつけっぱなしになりますが、ワイヤー矯正は歯を動かす力が強inoni外側からは見えないため接客業や矯正装置が見えると困る人に向いています。

鈴木先生

ただし、慣れるまで時間がかかり、1回の治療時間もやや長めになります。

ネコさん

どうしてですか?

鈴木先生

歯の表につけるより裏側につける方が難しいからなんです。

ネコさん

へえー。そういうのも聞かないと分からないですねー。

2-3.目立たないワイヤー矯正

費用相場と期間の目安(全歯の場合)
    • 費用相場:60〜100万円程度
    • 期間:1〜3年程度

透明や白色のワイヤーやブラケットを使うワイヤー矯正です。

鈴木先生

ホワイトワイヤーや透明のブラケットなどを使うと、通常のワイヤー矯正よりやや高額になることが多いです。

ネコさん

ギラギラの銀色よりは多少お金がかかっても目立たないほうがいいかな。

3.矯正治療を受ける際の注意点4つ

矯正治療を受ける際は、以下のことに気をつけましょう。

3-1.時間とお金がかかると心得る

矯正治療は歯をゆっくりと移動させて歯列や咬み合わせを整えます。歯はお互いが支え合ってバランスを取っているので、1本動かすにも全体のバランスの調整が必要になります。医師には高度な技術が必要ですし、矯正は自由診療なので保険が適用されないので高額になることも。

矯正治療を始める場合は、予算やスケジュールなどを計画的に考えて治療に臨みましょう。

鈴木先生

最初に、全体でいくらくらいかかるか確認するといいですよ。

ネコさん

それなら安心ですね〜。

3-2.ライフスタイルに合わせた方法を選ぶ

矯正は装置によって、矯正中の扱い方などが異なります。例えばワイヤー矯正は装着したままですので、歯ブラシや歯間ブラシでのケアが重要になってきます。矯正装置があると、どうしても汚れが付着しやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなるからです。反対にマウスピースはケアが楽ですが、装着時間の管理をしっかりと行わなければなりません。

このように、自分のライフスタイルに合わせてよく考え、担当医と矯正方法を相談してください。

ネコさん

矯正中のケアとかも考える必要があるんだー。

鈴木先生

無理なく続けられる治療法を選ぶのがおすすめです。

3-3.希望する矯正方法ができない場合がある

マウスピース矯正は、歯並びの症状によっては難しい場合があります。歯並びの症状は検査しなければ分からないので、まずは希望を伝えて担当医とよく相談しましょう。

鈴木先生

マウスピースができなくても、舌裏矯正で動かせることも多いですよ。

ネコさん

希望の装置ができなくても、目的が叶えられればOKですよね!

3-4.保定期間のアライナーは最後までやりきる

保定期間とは、矯正治療で動かした歯をしっかりと固定するための期間です。矯正治療と同じくらいの時間を要しますが、アライナー(保定装置)を指示通りに装着しないと、歯が元に戻ってしまいます

矯正治療が終わると、開放感のあまりついアライナーを疎かにしがちですが、最後までしっかりと行いましょう。

鈴木先生

保定期間の終了ははっきり言われないこともあるんですが、だいたい矯正治療と同じくらいと考えておけば良いでしょう。

ネコさん

へー、そうなんですね。

30代で矯正治療を済ませてその後の人生を豊かに過ごす

30代で矯正治療を済ませておくと、将来の全身の健康を維持できますし、なにより生涯医療費を抑えることができます。見た印象も良くなり、キャリアアップにも役立ちますね。これからの人生を豊かにするために、30代で矯正治療をはじめるのはとても賢い選択です。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 30代で歯列矯正をする目的は見た目や信頼度のアップになる
    • 歯周病の予防になる
    • 将来の全身の健康のためになる
    • マウスピース矯正、舌裏矯正は人から見てわからない
    • 歯の表側につけるワイヤー矯正でも白色や透明なものがある
    • 経済面やスケジュール、ライフスタイルなど自分に合った矯正方法を選ぶ