矯正治療中に歯茎に口内炎ができたときの原因と5つの対処法

矯正治療中に歯茎に口内炎ができたときの原因と5つの対処法
この記事の監修医情報を見てみる

矯正器具をつけていたら歯茎に口内炎ができてしまうというのは、よくあるトラブルです。ただ、口内炎は痛いですし「口内炎ができるということは矯正器具が合っていないのだろうか」と不安になりますよね。他の問題が原因になっている可能性もあります。ここでは、矯正中の歯茎に口内炎ができる原因や、対処法・予防法についてご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • 矯正中の歯茎に口内炎ができた…これってよくあること?
    • 矯正中にできた口内炎が痛い!
    • 歯茎に口内炎ができるのは矯正装置のせい?
    • 口内炎ができるのは矯正装置が合ってないの?
    • とりあえず痛い口内炎をなんとかする方法を知りたい!
INDEX
  1. 矯正中に口内炎ができる原因
    1. 矯正器具が刺激になっている
    2. 栄養不足や体調不良
    3. その他の口内炎
  2. 矯正中に口内炎になった時の5つの対処法
    1. 矯正歯科用のワックスを使う
    2. 矯正装置を調整する
    3. 歯科用レーザーを当てる
    4. 市販の薬を利用する
    5. 刺激の少ない食事を心がける
  3. 矯正中の口内炎を予防する方法
  4. 矯正中の口内炎を乗り切って理想の歯並びを手に入れよう!

矯正中に口内炎ができる原因

矯正中に歯茎に口内炎ができる原因として、主に2つのことが考えられます。

    • 矯正装置が刺激になっている
    • 栄養不足や体調不良

自分の口内炎がどちらに当てはまるのか、照らし合わせてみてくださいね。

1.矯正器具が刺激になっている

矯正器具が粘膜に当たって刺激となってできる口内炎です。特に矯正のし始めに多く見られ、繰り返しできる人もいます。このように物理的な原因でできる口内炎を「カタル性口内炎」といいます。矯正器具や入れ歯などを使っている人に多く見られるものです。

カタル性口内炎の症状
    • 赤く腫れている
    • 熱を持っている
    • 水ぶくれができることがある
    • 境界線がはっきりしていない
    • 食べ物の味が分かりにくい
    • 口臭がきつくなる
鈴木先生

頬の内側を噛んでしまった時にできるのと同じ口内炎です。

ネコさん

へぇ〜、あれと同じなんですね。

2.栄養不足や体調不良

ビタミン不足ストレス・疲労・睡眠不足などによってできる口内炎です。「アフタ性口内炎」といい、ビタミンB2の不足免疫力の低下によってできると考えられています。

アフタ性口内炎の症状
    • 白くて丸い
    • 歯茎との境目が赤い縁取りがある
    • 小さなものが2〜3個できることがある
    • 10〜2週間ほどで自然に治る
鈴木先生

ほかにもアレルギー性やカンジダ性の口内炎があります。

ネコさん

へぇ〜、色々あるんですね。知りませんでした〜。

3.その他の口内炎

上記以外にも、矯正とはまったく別の原因で口内炎ができることもあります。

【ウイルス性口内炎】
食物・薬物・金属・喫煙などが原因です。特にカンジダ性口内炎は免疫力が落ちると元々口の中にあるカンジダ菌が繁殖して起こります。小さい水疱がたくさんでき、破けてびらんになります。発熱や激しい痛みを伴うため、治療が必要です。
【その他の口内炎】
アレルギー性口内炎は、食物・薬物・金属などが原因となります。また、ニコチン性口内炎は喫煙によって長期間熱にさらされることが原因です。白斑ができがんに変化することがあります。

矯正中に口内炎になった時の5つの対処法

痛みによる苦痛集中力が落ちてしまう、食事や会話がしづらくなるなどを解消できる対処法として、5つの対象法をご紹介します。

1.矯正歯科用のワックスを使う

【歯科医院取扱品】歯科矯正用 ワックス ホゴール 5本入×4個 お口の専門店オリジナル 【一般医療機器】

歯科専用の「矯正用ワックス」粘土のようなもので、ちぎって丸め、矯正装置と口内炎の間に挟んで痛みを緩和します。マウスピース矯正でもワイヤー矯正でも使用することができます。

鈴木先生

歯医者さんに言えば出してくれるので、申し出てください。

ネコさん

そんなものがあるなんて、知りませんでした〜。

鈴木先生

歯医者さんの方でも言われなければ出さないものなので、知らない人が多いと思いますよ。

2.矯正装置を調整する

ワックスを使っても痛みが改善しない場合は、矯正装置を調整します。同じところに繰り返し口内炎ができてしまう・日常生活に支障が出るといった場合には、医師に相談しましょう。

鈴木先生

大きく動かすと治療計画から外れてしまいますので、ちょっとした微調整を行います。

ネコさん

へぇ〜、匠の技みたいですね。

3.歯科用レーザーを当てる

傷口の治癒を促す歯科医用レーザーを用いて口内炎を緩和することもあります。歯科医院によって扱っているところとそうでないところがあります。

ネコさん

扱っていそうなところはどんな歯科医院ですか?

鈴木先生

矯正専門の歯科医院などですね。骨再生などを行っているところなら、扱っている可能性が高いです。

ネコさん

じゃあ矯正をするときは最初からそういうところにしておくといいですね〜。

4.市販の薬を利用する

とにかく痛みをなんとかしたい、という時には市販の口内炎用の薬を使うのも一つの方法です。歯茎にはチューブ入りの塗るタイプが良いでしょう。

鈴木先生

炎症を鎮めてくれます。

ネコさん

すぐに歯医者さんに行けない時にはいいですね〜。

5.刺激の少ない食事を心がける

痛みを緩和するために、刺激の少ない食事を心がけましょう。唐辛子やコショウなどの香辛料、カレー、キムチといった辛い食べ物、レモンなどの酸味が強い食べ物熱々の料理や飲み物などは控えてください。口に入れてひんやりするゼリーやアイス、ヨーグルトなどはおすすめです。シチューや茶碗蒸しなど食べやすいものも良いでしょう。

鈴木先生

甘いものやアルコールもあまりよくありません。

ネコさん

え〜、ショック。どうしてダメなんですか?

鈴木先生

どちらも体内で分解する時に大量にビタミンを消費するからです。でも、まったく食べちゃいけないということではないですよ。

ネコさん

よかった〜。いつもより量を控えめにするってことですね。

矯正中の口内炎を予防する方法

痛い口内炎を作らないためには、以下のようなことを心がけましょう。

    • 口内の清潔を保つ
    • ストレスや疲労をためない
    • 栄養バランスに気をつける

口内が汚れていると、細菌が繁殖しやすくなって矯正器具が少し擦れただけでも口内炎になりやすくなります。普段よりも丁寧な歯磨きをして、プラークを作らないことが重要です。

また、口内炎はストレスや疲労がたまってもできやすくなります。矯正中は特に休息などもしっかりと取り、ストレスをためないようにしましょう。ビタミンB群が不足すると口内炎ができやすくなります。

口内炎におすすめの食べ物
    • レバー、チーズ、納豆、うなぎ、イワシ、サバ、舞茸など(ビタミンB2)
    • マグロ、カツオ、にんにく、サバ、ごま、抹茶など(ビタミンB6)

矯正中の口内炎を乗り切って理想の歯並びを手に入れよう!

歯茎にできた口内炎は、唇の内側や舌につきやすいのでとても痛いですよね。
矯正中は口内炎がつきものといっても過言ではありません。ただ、ほとんどの場合、口内炎に悩まされるのは矯正のはじめの頃だけです。今回紹介した色々な方法を試して、上手に口内炎を乗り切りましょう

記事の重要ポイントをチェック!
    • 矯正装置が刺激となるカタル性口内炎
    • 栄養不足やストレスなどが原因の口内炎
    • 金属アレルギーやウイルス性の口内炎がある
    • まずはワックスで対処してみる
    • ワックスで効果がない場合は矯正装置を調整する必要も
    • 市販の口内炎薬を使うのもおすすめ
    • 矯正中は特に口内の清潔に気をつける