矯正治療なのに歯を削る?ストリッピングなら抜歯を回避できるって本当?

矯正治療なのに歯を削る?ストリッピングなら抜歯を回避できるって本当?
この記事の監修医情報を見てみる

歯を抜かなければできない矯正を、非抜歯でも可能にする…それがストリッピングです。

どうやらヤスリのような器具で歯の両サイドを削るようですが、いったいどんな処置なのでしょうか?抜歯したくないからといって、安易に健康な歯を削っても大丈夫なのでしょうか?

そこで、今回は、ストリッピングとはどんな治療なのか、メリットは何なのか、デメリットはないのか、解説します。

この記事で、ストリッピングの不安を払拭して、心置きなく矯正治療を受けてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 歯を抜かずに歯列矯正したい。抜歯せずに矯正できる?
    • 非抜歯矯正を可能にするストリッピングについて知りたい。
    • ストリッピングは、どんな処置?健康な歯を削っていいの?
    • スライス矯正、ディスキング、IPRは、ストリッピングと違うの?
    • 抜歯したくないけれど、代わりに歯の側面を削ると聞いて不安だ。
INDEX
  1. 矯正治療のストリッピングとは?
  2. 矯正治療のストリッピングのメリットは?
    1. 抜歯せずに歯をキレイに並べられる
    2. ブラックトライアングルを改善できる
    3. 虫歯予防の効果が期待できる
    4. 治療期間が短縮される
    5. 矯正後、元に戻りしにくい
  3. 矯正治療のストリッピングのデメリットは?
    1. 抜歯するほど広いスペースを作れない
    2. 横顔(E-ライン)の印象はあまり変わらない
    3. 表面のエナメル質を削り過ぎることがある
  4. ストリッピングを失敗しない医院選びを!
  5. ストリッピングなら非抜歯で矯正できる可能性大!

矯正治療のストリッピングとは?

ネコさん

矯正ストリッピングって何だろう?抜歯せずに矯正できるって聞いたけど、本当かなぁ~?

ストリッピングとは、歯の両サイドを薄く削って、歯と歯の間にスペースをつくる処置です。

矯正治療では、抜歯をしてスペースをつくる代わりにストリッピングが行われることがあります。

なぜスペースをつくるのかというと、矯正で歯をキレイに並べるためには、動かすための空間が必要だからです。

スライス矯正、ディスキング、IPR(Inter Proximal Reduction)とも言われますが、いずれもストリッピングと同様の処置です。

ネコさん

えぇ~?歯を削るんですか!?そんなことしてもいいの?

柿木先生

歯を削ると聞くと驚くかもしれませんが、表面のエナメル質をほんのわずかにスライスするだけですので特に問題はありません。

ネコさん

そうなんですね~?

柿木先生

エナメル質には神経がありませんので、痛みを感じる心配もないんですよ。

ネコさん

へぇー!そうなんですね~!安心しました~!

ストリッピングとは?
    • 歯の表面のエナメル質を0.25mm~0.5mmほど削るだけ。
    • エナメル質は1.5mmほどの厚みがあるので、問題ない。
    • エナメル質には神経がないので、痛みは感じない。

矯正治療のストリッピングのメリットは?

ネコさん

問題や害がないのはわかりましたけど、わざわざ歯の側面を削るメリットって何なんですか~?

柿木先生

メリットは、抜歯せずに非抜歯矯正できることですね。通常、重度の歯並びの矯正治療では、歯を動かすスペースを確保するために小臼歯を抜くことになります。

ネコさん

わぁ、歯を抜かなくていいのは嬉しいですね~!

柿木先生

そのほかにもメリットがありますので、下記をご覧くださいね。

抜歯せずに歯をキレイに並べられる

スリッピングの一番のメリットは、歯を抜かない非抜歯での矯正ができるという点でしょう。

通常、抜歯しても最もリスクが少ないといわれる小臼歯を抜いてスペースをつくることが多いのですが、そうすると5~7mmほどのスペースが確保できます。

歯を動かす距離は患者さんの症状によって異なりますが、4mmくらいの移動を必要とするケースが多いとされています。その場合は、小臼歯を抜くとスペースが広すぎます。

そんな時はスリッピング処置で空間を確保する方法を選びます。例えば8本の歯に対し、それぞれ0.5mmずつスライスすると4mmの空間が確保できるため、ちょうど良いというわけです。

逆に、小臼歯1本を抜くだけではスペースが足らない場合は、ストリッピングをプラスして空間を増やすことができます。

ブラックトライアングルを改善できる

歯と歯ぐきに三角形の黒いすき間が出来る「ブラックトライアングル」の状態を、ストリッピングで改善できます。

ブラックトライアングルは、歯肉炎が悪化して歯肉が後退するために起こる症状です。

まずはストリッピングで歯を歯の間にスペースをつくり、最終的に矯正治療でピタッと閉じれば、目立たなくなります。

虫歯予防の効果が期待できる

歯並びが悪いと、デコボコした部分に汚れや歯垢が溜まりやすくなるため、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

スリッピングは歯の側面を削るため、ある程度なら歯の形を整えることができます。

歯が重なり合っている部分、デコボコの部分をわずかに軽減できるので、虫歯予防にも役立ちます。

治療期間が短縮される

矯正治療のために抜歯をすると、抜歯処置だけでなく、歯肉の治癒にも時間が必要ですので、それだけトータルの治療期間が長くなります。

スリッピングの場合は、処置にかかる時間は1本につき30秒ほどとあってスピーディー

ダイヤモンドストリップというヤスリ状の器具やバー、ディスクなどで削りますが、片面8~12回ほど前後に動かすと0.1mmほどスライスできます。

矯正後、元に戻りしにくい

スリッピングをすると、歯の両サイドを削るため、それぞれの歯の形を少しですが整えることができます。

歯並びは重なり合った部分があると、そこに余計な力がかかり、さらに歯並びが悪化しやすい特徴があります。

ところが、スリッピングで歯の形を整えていると、隣の歯とではなく面で接触するため、しっかりと支え合うことができます。

そのため、矯正後にも後戻りしにくく、長くキレイな歯並びを保てます。

ネコさん

わぁ…!抜歯せずに済んで、後戻りしにくくて、治療期間が短縮できるなんで、矯正治療の3大メリットが揃ってる~!

矯正治療のストリッピングのデメリットは?

ネコさん

ストリッピングって、すごいですね~!わたしもやってみたい~!デメリットなんて無いんじゃないですか~?

柿木先生

そうですね。デメリットといえるかわかりませんが、あまり大きく歯を動かせないので、重度の矯正治療には向いていない点ですかね。

ネコさん

あぁ~、そういうことですね~。スリッピングでつくれるすき間の分だけ動かせるってことですもんね~!

柿木先生

そういうことです。そのため、適応しない症例もありますね。

抜歯せずにすむこと、歯の形を整えられることなどメリットの多いスリッピングですが、どんなデメリットがあるのでしょうか。一つひとつチェックしてみましょう。

抜歯するほど広いスペースを作れない

歯を1本抜歯するほど、広いスペースを確保できないため、重度の出っ歯や受け口のような矯正には向いていない治療法です。

ただし、歯を1本抜くだけではスペースが足りないけれど2本も抜きたくないという場合は、抜歯+スリッピングスペースを確保することができます。

横顔(E-ライン)の印象はあまり変わらない

スリッピングだけでは歯を大きく移動させるほどのスペースがつくれないので、口元がゴボッと出っ張っているような印象を変えるほどの矯正治療は難しいといえます。

多少、歯並びを整えることはできるかもしれませんが、いわゆる口ゴボといわれるような状態から、美しい横顔の基準「E-ライン」が整った状態にまで大きく改善することは期待できないでしょう。

表面のエナメル質を削り過ぎることがある

個人差はありますが、歯を削るため一時的にしみることがあります。特に、表面のエナメル質を削りすぎるとしみやすいので要注意です。

エナメル質の表面は0.5mmくらいまで削ることができるのですが、中には0.3mmくらいでしみる人がいます。歯科医が歯の状態を診て「どのくらい削れるか」診断します。

そのため、矯正治療について専門的な技術や知識があり、治療経験が豊富な歯科医に任せる必要があります。

ストリッピングを失敗しない医院選びを!

非抜歯矯正にこだわるばかりに、ストリッピングだけでスペースを確保しようとして、エナメル質を削りすぎてしまう場合があります。

欧米人に比べると日本人は人種的にエナメル質が薄い傾向にあるため、教科書通りの処置ではうまくいかないことがあるのです。患者さん一人ひとりの歯質に合った方法で、適切な治療を進める必要があります。

うっかり矯正治療の経験や知識が少ない歯科医院・歯科医で処置を受けると、柔軟に対応できずに失敗してしまう恐れがあるので要注意です。

ネコさん

矯正治療を成功させるためには、病院や歯医者さん選びが大事なんですね~!

柿木先生

そうですね。矯正治療の専門家であるかどうか、また3Dレントゲン撮影などの検査をきちんと行っているか、患者さんの質問に何でも快く答えてくれるかどうかなど、しっかり見極めて、誠実な歯科医を選んでくださいね。

ネコさん

気を付けます~!

ストリッピングなら非抜歯で矯正できる可能性大!

ネコさん

矯正治療で歯を抜きたくない時は、条件さえ揃えばストリッピングという方法があることが知れて、よかった~!

記事の重要ポイントをチェック!
    • ストリッピングをすると、抜歯せずに矯正治療が可能になる。
    • ストリッピングは、歯の両サイドを薄く削って空間をつくる。
    • エナメル質を0.25mm~0.5mmほど削るだけなので問題はない。
    • 抜歯せずに矯正、治療期間の短縮など、メリットは多い。
    • 削りすぎないよう、ストリッピングを失敗しない歯科を選ぼう。