矯正中のリテーナーが割れたときの対処方法とやってはいけないこと

矯正中のリテーナーが割れたときの対処方法とやってはいけないこと
この記事の監修医情報を見てみる

矯正中のリテーナーが割れてしまった!壊れてしまった!という人は意外と多くいます。ただ、装着するのをサボっていて言いづらい場合や、「割れていてもなんとかはまるからこのままつけていても大丈夫なのでは?」と自己判断をしているケースもあるようです。

この記事ではリテーナーが割れた・壊れたときの対処法や、その際にやってはいけないことについてご説明します。リテーナーが割れてしまった人は、まずは読んでみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • リテーナーが割れてしまった!どうしたらいい?
    • リテーナーが割れてしまったけど連絡しにくい…
    • リテーナーが割れた場合、少しは放置しておいても大丈夫?
    • 割れたリテーナーはそのままつけていてもいいの?
    • リテーナーが割れる原因を知りたい
    • リテーナーが割れない方法を知りたい
INDEX
  1. リテーナーが割れた場合はできるだけ早く歯科医院に連絡を!
    1. 理由リテーナーは1日でもサボると後戻りしてしまうから
    2. 理由壊れたままつけると歯列が崩れてしまうから
    3. 理由壊れたままつけると口内を傷つける可能性があるから
  2. リテーナーが壊れるのはよくあることです
    1. サボってから間があいてしまった
    2. 引っ越して通えない
  3. リテーナーを作り直すときの費用と期間
  4. リテーナーが割れたときにやってはいけないこと
    1. 割れたリテーナーをそのまま使う
    2. 連絡しない
    3. 装着をやめてしまう
  5. リテーナーが割れたら早急に連絡しよう!

リテーナーが割れた場合はできるだけ早く歯科医院に連絡を!

リテーナーが割れてしまったワイヤー部分が外れた・壊れてしまったという場合は、ただちに歯科医院に連絡してください。理由としては、以下の3つが挙げられます。

理由1.リテーナーは1日でもサボると後戻りしてしまうから

リテーナーは、1日でもサボると矯正前の歯列に後戻りを始めてしまいます

矯正治療は、装置で一定の圧力をかけ続けることで骨が溶けて隙間ができ、歯を動かしていきます。しかし、歯の周りの繊維は変化しにくく、変化したばかりの骨はまだギュッと詰まっていないので矯正前に戻ろうとする力が働きます。そのため矯正が終わった時点では、リテーナーで新しいお口のカタチを記憶させ、固める必要があるのです。これを怠ってしまうと、せっかく長い時間かけて矯正したものが台無しになってしまいます。

柿木先生

矯正した歯列が安定するには、矯正期間と同じだけの時間がかかります。

ネコさん

ということは、リテーナーは矯正期間と同じだけつけてなくちゃいけないんですね?

柿木先生

そのとおり。ただ、矯正装置のようにずっとつけているわけではありません。つける時間は徐々に減らしていけます。

ネコさん

なら少し気分的に楽ですね。

柿木先生

ただ、つける時間が減っていくと、つけ忘れも多くなります。

ネコさん

なるほど〜。それで思い出してつけると合わなくて割れちゃったりするんですね。

柿木先生

そういう方も多いです。

理由2.壊れたままつけると歯列が崩れてしまうから

例えば、プレートタイプの前歯部分に亀裂が入ってしまった場合、装着するには問題ないからとそのままつけたとします。すると、壊れたリテーナーの形に合わせて歯が動いてしまい、歯列が崩れてしまいます。最悪の場合、再び矯正治療をしなければなりません。

見た目や装着に問題がない場合でも、壊れてしまったリテーナーをつけるのは危険です。せっかく整った歯列を崩さないためにも、自己判断せずにすぐに歯科医院に持っていきましょう。

柿木先生

少しの破損なら調整だけで直ることもあります。

ネコさん

作り直さなくていい場合もあるんですね。

理由3.壊れたままつけると口内を傷つける可能性があるから

壊れたリテーナーを使い続けると、ワイヤーやプラスチックで口内の粘膜などを傷つけてしまう恐れがあります。壊れたリテーナーは口に入れず、歯科医院で修理してもらいましょう。

ネコさん

どんなときに壊れやすいんですか?

柿木先生

むき出しのままかばんに入れたり、上からものを置いて壊れてしまったりというケースですね。

ネコさん

あ〜。取り扱いに注意ですね。

柿木先生

使っていないときはケースに入れて保管するのを忘れないようにしましょう。

リテーナーが壊れるのはよくあることです

リテーナーが壊れたというのはよくあることです。2〜3例みつけましたので、ご紹介します。

サボってから間があいてしまった

“リテーナーをつけ始めて1年くらいはきちんとつけていたのですが、バタバタしていて2年ほどサボってしまっていました。最近またつけようと思ったところ、ワイヤー部分が外れてしまっていることに気づきましたが、いまさら行くのはどうかと躊躇しています。”

柿木先生

回答されている先生は、すぐに行くように言っています。私も同じ意見です。

ネコさん

間があくと行きづらいですよね〜。

柿木先生

でも、リテーナーをしないと、また最初から矯正をしなければならなくなるかもしれませんよ。

ネコさん

それはもっとイヤですね。勇気を出して行きましょう!

引っ越して通えない

“矯正治療を終えてマウスピースタイプのリテーナーをつけていたのですが、先日割れてしまいました。仕方なく割れたまま装着していましたが、今度は奥歯部分が取れてしまいました。しかし、引っ越してしまったので通えません。近所の歯科医院ではプレートタイプしか取り扱っていないと言います。”

柿木先生

まず、壊れた状態でつけるのはまずいですね。

ネコさん

でも、引っ越し先で同じタイプを取り扱っていない場合はどうすればいいんですか?

柿木先生

インターネットで近くの矯正歯科専門の歯科医院を見つけてください。そこでなら対応可能だと思います。

ネコさん

おお〜!

リテーナーを作り直すときの費用と期間

リテーナーを修理したり作り直したりするときに気になるのが費用です。矯正治療は自費診療(保険適用外)なので、歯科医院によって金額設定が異なります。

保定期間中も治療費に含まれている場合には、無償で修理や作り直しができるでしょう。もし保定期間が別途の場合は、5000円〜3万円程度かかることもあります。

期間はリテーナーのタイプによって多少異なりますが、だいたい1〜3週間程度です。

詳しくは、かかりつけの歯科医院に問合せてみてください。

柿木先生

治療費はトータルで設定しているところと調整ごとにしているところがあるので、最初に確認しておくのがいいですね。

ネコさん

ただ装置の金額が違うだけじゃなくて、設定段階から違うってことですね。

リテーナーが割れたときにやってはいけないこと

リテーナーが割れたときには、以下のことに注意しましょう。

1.割れたリテーナーをそのまま使う

少し亀裂が入ったくらいなら問題ないだろうと、割れたままのリテーナーを使うのは危険です。プレート部分は歯列をしっかりと支える役割があるので、亀裂が入っただけでも役目を果たせなくなるからです。リテーナーが割れてしまったら、できるだけ早く歯科医院に連絡しましょう。

柿木先生

プレートが割れると口の中も怪我しちゃいますしね。

ネコさん

それ、危ないですね。

2.連絡しない

時間が経つと気持ち的に連絡しにくくなりますが、歯科医師にとってみれば連絡をしていただくのは嬉しいことです。間が空いてしまっても、その時点から取り戻すことができるからです。リテーナーが壊れることはよくあることなので、間があいてしまっても、ぜひ連絡をしてください。

柿木先生

何もしないで放置するのが一番良くないことです。

ネコさん

そうなんですね〜。ちょっとホッとしました。

3.装着をやめてしまう

リテーナーが壊れたのを機に、装着をやめてしまうのはよくありません。もちろん壊れたり割れたりした状態のまま装着するのは危険ですので、少しでも壊れてしまったらすぐに歯科医院に相談しましょう。

ネコさん

2年以上たっていればほとんどもう終わりだから、やめても大丈夫じゃないかなぁって思っちゃいそう。

柿木先生

矯正前の状態によりますので、どうすればいいか歯科医師に聞いてみてくださいね。

リテーナーが割れたら早急に連絡しよう!

リテーナーは、矯正治療をした状態を安定させるために、とても大事なものです。もし割れたり亀裂が入ったりしてしまった場合は、すぐに歯科医院に連絡して修理してもらいましょう。

リテーナーは自分で着脱できるので、矯正を成功させるかどうかは自己管理によるところが大きくなります。最後までしっかりとリテーナーを利用してきれいな歯並びを実現させましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • リテーナーをさぼると後戻りしてしまう
    • 壊れたままつけると歯列が乱れる
    • 壊れたままつけると口内を怪我する可能性がある
    • リテーナーは繊細なので壊れやすい
    • リテーナーを作り直す費用は歯科医院によって異なる