矯正中につける青ゴムの役割や痛みについて詳しく解説します!

矯正中につける青ゴムの役割や痛みについて詳しく解説します!
この記事の監修医情報を見てみる

青ゴムについて、「これって一体なに?」「なんのためにするの?」と疑問を持つ人も多いでしょう。青ゴムは使う人と使わない人がいますが、使う場合は矯正治療が始まって早々に出てくるものです。今回は、青ゴムの役割つける期間、よく起こるトラブルの解決法などについて詳しくご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • 矯正中につける青ゴムってどんな役割があるの?
    • 青ゴムは痛いって聞いたけど、ずっと痛いの?
    • 青ゴムをつける期間が知りたい
    • 青ゴムを飲み込んじゃうんじゃないかと心配…
    • 青ゴムが外れたらどうすればいい?
INDEX
  1. 矯正中につける青ゴムとは?
    1. 青ゴムの役割
    2. 青ゴムの種類
  2. 青ゴムの痛み
  3. 青ゴムをつけている期間
  4. もしも青ゴムが外れてしまったら
  5. もしも青ゴムを飲み込んでしまったら
  6. 痛みを我慢できない時の対処法
  7. 青ゴムをつけている時の注意点
    1. 硬い食べものは控える
    2. ガムやお餅はNG
    3. 歯みがきは丁寧かつ優しく
  8. 青ゴムは矯正をスムーズに行うための小道具

矯正中につける青ゴムとは?

青ゴムとは歯と歯の間に装着する直径5ミリくらいの小さなゴムで、「セパレート」「セパレーター」などと呼ばれます。素材はエラスティックゴムといって、医療用です。

青ゴムの役割

青ゴムは奥歯にバンドをつける前準備として使います。バンドとはブラケット矯正の一種で、奥歯にはめる金属の輪っかがついているも装置です。通常のブラケット矯正は、歯の表面に接着剤でつけるのですが、歯に輪っかをつけることで矯正装置が外れにくくなります。

バンドを使うケース
    • 奥歯に被せものなどがある
    • 歯の形状により通常の装置だけだと外れやすい
    • 通常の矯正装置がつきにくい

青ゴムは、バンドを付ける際に歯と歯の間に隙間を作って、バンドを装着しやすくするためのものです。

牧田先生

青いので青ゴムと言われますが、オレンジや赤などいろいろな色があります。

ネコさん

へぇ〜、じゃあ青ゴムってニックネームみたいなもんですね。

青ゴムの種類

セパレーターには様々な種類があり、ゴム製ではないものを装着されることもあります。

セパレーターの種類と特徴
    • エラスティックゴム:装着時の痛みが少ない
    • 真鍮製:脱落しにくい
    • ステンレス製:上記2つの装着が困難な場合に使用される
ネコさん

へぇ〜、種類によって使い分けがあるんですね〜。

牧田先生

そうなんです。真鍮製は次までの通院と通院の間が長いときなどに使われることが多いですね。

青ゴムの痛み

青ゴムは装置をつける前に使用するものなので、はじめて歯を動かすタイミングとなります。そのため、どうしても痛みが出ることが多いです。

牧田先生

ただ、痛みは慣れるので心配することはありませんよ。

ネコさん

どのくらいで慣れるんですか?

牧田先生

だいたい2〜3日という人が多いみたいです。早い人では装着した翌日から痛みが弱くなってきます。

青ゴムをつけている期間

青ゴムをつけている期間は人によって異なりますが、大体の目安は1週間〜10日程度です。

牧田先生

あくまでも矯正装置をつける前準備なので、そんなに期間は長くありません。

ネコさん

そっか、青ゴムで歯を動かすわけじゃないんだっけ。

もしも青ゴムが外れてしまったら

青ゴムは外れてしまうこともありますが、慌てずに取り除きましょう。外れたからといってすぐに隙間が閉じてしまうことはありません。次の通院まで4〜5日程度ならそのままでも問題ありませんが、10日など期間が空いている場合には、連絡して受診しましょう。

ネコさん

どちらにしろ、外れちゃったら歯医者さんに連絡すれば安心ですね。

牧田先生

そのとおり。どうすればいいか歯医者さんの指示を仰いで下さいね。

もしも青ゴムを飲み込んでしまったら

青ゴムを飲み込んでしまっても慌てないでください。飲み込んでも安全な素材で作られています。

牧田先生

体の中を通って自然に排出されるので大丈夫です。

ネコさん

あー…。でも、取れたときと同じで連絡はしたほうがいいですよね?

牧田先生

そうですね。新しいのをつける必要があるので、いつ来院すればいいか相談してくださいね。

痛みを我慢できない時の対処法

青ゴムで感じる痛みには個人差があります。痛みは徐々に収まってきますが、痛みがある時はあまり噛まなくてもいいような柔らかい食事をするなど工夫してください。どうしても痛みが我慢できない時は、痛み止めを飲むと良いでしょう。

ネコさん

痛み止めって自分の家にあるものでいいんですか?

牧田先生

はい。普段使っている市販薬で大丈夫ですよ。でも、飲んでも効かない時は歯医者さんに相談してくださいね。

ネコさん

分かりました〜。

青ゴムをつけている時の注意点

青ゴムをつけている時は、外れてしまわないように以下のことに注意するのがおすすめです。

    • 硬い食べものは控える
    • ガムやお餅はNG
    • 歯みがきは丁寧かつ優しく

硬い食べものは控える

青ゴムをつけている時には、物を噛んだときに違和感や痛みを感じることが多いです。硬いものを食べると噛む力が大きくなり、一層痛みを感じてしまうので、なるべく柔らかいものを食べるようにしましょう。

青ゴム装着中におすすめの食べ物
    • 豆腐、プレーンオムレツ、卵焼きなど
    • おかゆ、スープ、茶碗蒸し
    • 柔らかく煮込んだ野菜や肉
    • プリン、ヨーグルト、ゼリー
牧田先生

それと、繊維が多い食べ物もよく噛まなければならないので、控えたほうがいいですよ。

ネコさん

あ〜、なるほど。繊維が多いっていうとゴボウとかセロリとかかなぁ?

牧田先生

お肉も多いですよ。煮込んでいても繊維が多い部位は注意したほうがいいかもしれません。

ガムやお餅はNG

ガムやお餅は、セパレーターをつけている期間は食べるのを控えましょう。青ゴムや金属のセパレーターにくっつきやすく、汚れてしまいます。

牧田先生

汚れがついてしまうと虫歯になりやすくなるし、汚れが気になって舌で頻繁に触ったりすると青ゴムが取れやすくなります

ネコさん

あ〜、あたし忘れて食べちゃいそうだ〜。

青ゴムにくっつきやすい食べ物
    • ガム
    • お餅
    • ソフトキャンディ
    • キャラメル
    • ヌガー

歯みがきは丁寧かつ優しく

青ゴムは歯医者さんでつけるので、自分で取り外すことができません。虫歯にならないように、丁寧に歯みがきをしましょう。ただし、歯や歯茎を刺激すると痛みが増す可能性があるので、磨きにくいところはタフトブラシやゴム製の歯間ブラシなどを使うのがおすすめです。

ネコさん

タフトブラシってなんですか?あんまり聞いたことがないですけど。

牧田先生

毛先がまるくなっている、小さな歯ブラシです。細かい部分や1本ずつ磨く時に便利なんですよ。

ネコさん

へぇ〜、ドラッグストアとかで買えるんですか?

牧田先生

ドラッグストアでも売ってますし、インターネット通販でも買えますよ。

【Amazon.co.jp限定】歯科用 LA-001【Lapis ワンタフトブラシ パール】やわらかめアソート (6本セット)◆グッドデザイン賞受賞商品◆キャップ1個付【日本製】

青ゴムは矯正をスムーズに行うための小道具

青ゴムは、歯と歯の間に隙間を開けて矯正装置をつけやすくするために必要なものです。痛みに関しても、覚悟したのにまったく感じなかったという人もいれば、歯にものが挟まったような違和感をずっと感じていたという人も。ずっとつけているものではないので、食べ物などを工夫して上手に乗り越えましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 青ゴムはバンドを装着するための前準備
    • ゴム製、真鍮製、ステンレス製などがある
    • 痛みには個人差があるが、2〜3日で慣れることが多い
    • つける期間は1週間〜10日間程度
    • 外れた時は取り除き、担当医に連絡する