矯正を始めたら口臭が気になる方へ!矯正中の口臭を改善する方法

矯正を始めたら口臭が気になる方へ!矯正中の口臭を改善する方法
この記事の監修医情報を見てみる

「矯正を始めてから、なんだか口臭が気になっている」

「丁寧に歯を磨いているつもりなのに口臭が取れない」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

矯正中に口臭が気になるという人が多いです。しかも、一生懸命歯磨きしているつもりなのに、口臭が一向に改善しないという人もいます。

ここでは、矯正中の口臭の原因を突き止め、改善する方法をご紹介します。色々やってみても改善しなかった人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事がおすすめな人
    • 矯正中の口臭が気になる
    • 色々やってみたけど口臭がなくならない
    • 丁寧に歯磨きしてるのに口臭がなくならないのはなぜ?
    • 口臭が気になってマスクが取れない
INDEX
  1. 矯正中に口臭が起こる5つの原因
    1. 歯ブラシが届きづらい
    2. 口内炎や膿がある
    3. 虫歯や歯周病になっている可能性がある
    4. 口の中が乾いている
    5. 舌苔が発生している
  2. 矯正中の口臭を改善・予防する方法
  3. 自宅でできるセルフケア
    1. 歯磨きは食後すぐと就寝前がベスト
    2. 歯間ブラシやタフトブラシを併用する
    3. 唾液量を増やす
    4. 薬用マウスウォッシュを使う
    5. ワックスで口内炎を保護する
  4. 歯医者さんでできるプロケア
    1. PMTC
    2. プロ―ピング
    3. ブラッシング指導
  5. 正しいセルフケアとプロケアで口臭を改善しよう!

矯正中に口臭が起こる5つの原因

矯正中に口臭が起きる原因は、大きく5つ考えられます。

1.歯ブラシが届きづらい

一番に考えられるのは、磨き残しです。丁寧に磨いているつもりでも、以下のような場所に磨き残しが発生している可能性があります。

    • 歯と歯の間
    • 歯と歯茎の境目
    • ブラケットと歯の境目
    • ブラケットとワイヤーの接着面

矯正中は、装置をつけることで凹凸が多くなるため、どうしても細かい部分に磨き残しが出てしまいがちなのです。

鈴木先生

通常と同じ磨き方だと、歯ブラシが届かないところが出てきます。

ネコさん

う〜ん、丁寧に磨いてるつもりなんですけどね〜。

2.口内炎や膿がある

矯正装置が頬の内側や歯茎、唇などに当たって口内炎ができやすくなります。口内炎がひどくなると膿んで臭いの原因になることがあります。

ネコさん

口内炎に悩む人は多いみたいですけど、できなくする方法ってないんですか?

鈴木先生

こればかりは難しいところです。ワックスなどの対処法で頑張るしかありません。

3.虫歯や歯周病になっている可能性がある

磨き残しが原因となり、虫歯や歯周病になってしまうと口臭の原因となります。口内細菌が食べカスを分解する際に出す臭いのほか、虫歯や歯周病自体も臭いを発しているからです。

ネコさん

先生、虫歯になりにくいおすすめの食べ物とかってありますか?

鈴木先生

おすすめというのではないんですが、虫歯は糖分が大好物なので、砂糖をなるべく控えることです。

ネコさん

やっぱり甘いものなんですね〜。

4.口の中が乾いている

矯正しているしていないに関わらず、唾液の量が少ないと口臭の原因になります。唾液には口内細菌を殺菌する働きがあり、唾液が少なくなることで細菌が活発化してしまうのです。

ネコさん

唾液が少なくなるのってどんなときですか?

鈴木先生

朝起きた時、緊張した時、興奮した時、ストレスを感じた時などですね。

ネコさん

わ〜、けっこういっぱいありますね〜。

5.舌苔が発生している

風邪を引いたり高熱が出たりした後は、舌苔ができることがあります。通常でも薄っすらとはついているものですが、舌苔の層が厚くなると中に細菌が繁殖してしまいます。

鈴木先生

舌苔の細菌は歯周病と同じと考えて良いでしょう。

ネコさん

え!じゃあ歯周病と同じような臭いがするってことですか?

鈴木先生

そうなんです。ただ、体調が良くなれば自然となくなりますよ。

矯正中の口臭を改善・予防する方法

矯正中の気になる口臭を改善するには、家でできること歯医者さんでやってもらえることがあります。

自宅でできるセルフケア

まずは、自宅でできることをご紹介します。

歯磨きは食後すぐと就寝前がベスト

歯磨きのタイミングは、食後すぐと寝る前がおすすめです。飲食をすると口内細菌がプラークを作ろうと動き出します。プラークが作られる前に食べカスをしっかりと除去できれば、口臭の原因を作らずに済みます。

また、口内細菌がもっとも繁殖するのは寝ている間です。夜寝る前に丁寧に歯磨きをすることで、最近の繁殖を最小限に留めることができます。

ネコさん

歯磨きってタイミングも大切だったんですね〜。

鈴木先生

歯磨きのタイミングって、実はけっこう人によって様々なんですが、上記のタイミングで1日4回やるとかなり違いますよ。

歯間ブラシやタフトブラシを併用する

歯磨き時は、歯間ブラシやタフトブラシ、デンタルフロスも使いましょう。歯ブラシだけでは落としにくい細かなところも、ケアアイテムを使い分けることで隅々まで磨けます。

鈴木先生

特に歯間ブラシやデンタルフロスは、ワイヤーの下に通して磨くことができます。

ネコさん

装置の間って、そうやって磨けばいいんですね〜。

唾液量を増やす

唾液量を増やすには、以下のような方法がおすすめです。

    • こまめに水分をとる
    • 含みうがいを頻繁にする
    • 顎の下を親指で押して唾液腺を刺激する
    • 口呼吸の人は鼻呼吸をする
ネコさん

あ!顎の下を押したらすぐに唾液が出てきました〜。

鈴木先生

そうでしょう^^。唾液量を増やすと舌苔の予防・改善にもなりますよ。

薬用マウスウォッシュを使う

矯正中は、装置を調整した直後は痛みが出やすいので、丁寧に歯磨きをする気力も萎えてしまうことがあります。そんな時は、薬用マウスウォッシュを使うのがおすすめ。刺激の少ないタイプを歯磨き時に併用しましょう。

ネコさん

薬用っていうのがミソなんですね?

鈴木先生

虫歯や歯周病をケアしてくれる有効成分が入っているんです。口臭を抑えるために香りで選びがちですが、殺菌する方が先です。

ネコさん

たしかに!

ワックスで口内炎を保護する

口内炎を作らせないようにするのは難しいですが、口内炎をそれ以上ひどくさせないことは可能です。矯正用ワックスを口内炎と矯正装置の間に挟んでおけば、装置に直接当たるのを防げます。ワックスを使えば口内炎の痛みも和らげることができるので、上手に利用しましょう。

鈴木先生

ワックスをワイヤーごとブラケットに押し付けるようにして包むとうまくいきますよ。

ネコさん

ブラケットをワックスで包み込んじゃうんですね。

歯医者さんでできるプロケア

次は、歯医者さんでできる口臭の予防・改善方法です。

PMTC

PMTCとは歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。専用機器や薬剤を使い、セルフケアでは落とせない細菌やプラークを取り除くことができます。

鈴木先生

口内がスッキリして爽快感があるという人が多いです。

ネコさん

たしかに、プロにケアしてもらえるとスッキリしそうです!

プロ―ピング

プロ―ピングは、歯周ポケットの検査です。歯周病は歯周ポケットから始まることがほとんどで、自覚症状もありません。そこで、歯周病予防のために検査をして、早期発見・早期治療につなげます。

鈴木先生

歯茎が腫れたり膿が出たりしている状態は、もう症状が進行している状態なんです。

ネコさん

へぇ〜、そうなんですか。知りませんでした〜。

ブラッシング指導

矯正中は通常の歯磨きの仕方では不十分になります。その時の矯正の状態に合わせて、適切な歯磨き方法を教えてくれます。

鈴木先生

デンタルフロスとか歯間ブラシの使い方も教えてくれますよ。

ネコさん

実は使い方がよくわからなかったんですよね〜。

鈴木先生

そういう人、けっこういますよ。

ネコさん

私だけじゃなかったんですね!なんか安心しました〜。

正しいセルフケアとプロケアで口臭を改善しよう!

矯正中の口臭は、様々なことが原因になっています。口臭を改善するには原因をしっかりと突き止め、元から断つことが重要です。長期戦になる矯正治療は、ただでさえ大変なもの。口臭を改善して少しでも快適に過ごしてくださいね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 口臭の原因は歯磨きの不足、口内炎の悪化、虫歯や歯周病、唾液量の現象、舌苔の5つ
    • 自分でできる口臭改善は歯磨きの徹底や唾液量を増やすこと
    • 歯磨き時は歯間ブラシやタフトブラシ、デンタルフロスも併用すると良い
    • 歯医者さんのプロケアを受けることで口臭の予防改善ができる