歯列矯正で老ける?ほうれい線が目立つ?老け顔を回避するための注意点

歯列矯正で老ける?ほうれい線が目立つ?老け顔を回避するための注意点
この記事の監修医情報を見てみる

「矯正治療をしたら、老け顔になってしまった」「ほうれい線が目立つようになった」

そんな矯正にまつわるトラブルは、なぜ起きてしまうのでしょうか?

キレイになるために矯正治療を受けるのに、仕上がりが老け顔では悔やんでも悔やみきれませんよね。

矯正治療に失敗しないために気を付けてほしいのは、歯科医院の選び方です。実は、歯科医院を選ぶ時に、矯正のトラブルが起きるリスクを最小限に抑えるコツがあるのです。

記事の後半で、そのコツについても紹介しています。ぜひ最後まで読んで、歯列矯正で老け顔になってしまうという悲劇を回避しましょう。

この記事がおすすめな人
    • 矯正治療で、老け顔になったという話を聞いて不安になっている。
    • 矯正中、ほうれい線が目立つようになったという人もいるらしい。
    • キレイになるために矯正するのに、なぜ老け顔になる人が居るの?
    • 矯正で老け顔になるトラブルを回避する方法があれば知りたい。
    • 矯正治療に専門医の資格があると聞いた。ぜひ詳しく知りたい。
INDEX
  1. なぜ老け顔に?歯列矯正で老けるかもしれないって本当?
    1. 顔が老けた!歯列矯正のトラブル例
      1. ほうれい線が目立つ
      2. 口周りの張りがなくなった
      3. 横顔のラインが崩れた
  2. 歯列矯正で老け顔になる原因とは?
    1. 不要な抜歯をしたため
    2. 口元が引っ込みすぎた
    3. 顔の筋肉が運動不足になった
  3. 歯列矯正で老け顔になるのを回避する方法は?
    1. しっかりと説明してくれる歯科を選ぶ
      1. 適切な治療計画に基づいた治療を行っているか?
      2. 3DCTなど精密検査をしっかり行っているか?
    2. 矯正専門医の有資格がいる歯科を選ぶ
      1. 厚生労働省が認可した矯正専門医の資格について
  4. 老け顔にならない矯正治療のためにも医院選びは慎重に!

なぜ老け顔に?歯列矯正で老けるかもしれないって本当?

ネコさん

矯正治療で老けたって悩んでいる知り合いがいるのよね…。SNSのフォロワーさんだから、まだ会ったことはないんだけど…。そんなことって本当にあるのかなぁ~?

顔が老けた!歯列矯正のトラブル例

歯列矯正の治療を受けたら「なんだか老けたね」って言われるようになった、という人がいます。

矯正治療に関する専門的な知識や技術がある歯科医に治療を受ければ、そんなことは起こらないよう顔全体のバランスにまで配慮した治療を受けられます。

まずは、「歯列矯正で老けた」という事例について、どんな内容なのかチェックしてみましょう。

ほうれい線が目立つ

歯列矯正で突然、ほうれい線が現れるケースがあります。

矯正中、矯正装置を歯の表面につけたため、皮膚が数ミリ前へ押し出されたことによって口元の境い目がくっきりと現れてしまったというケースです。この場合は、矯正装置が外れると同時に、ほうれい線が目立たなくなりました。

一方で、矯正後、歯並びがキレイになったのに、ほうれい線がくっきりと目立つようになってしまったケースがあります。

出っ歯のために盛り上がっていた口元が、抜歯矯正をして後ろへ引っ込んだため、それまで引っ張られてハリがあった皮膚が緩み、げっそりとした印象になってしまったのが原因です。

これまでは目立っていなかったほうれい線やシワが目立つようになり、老けた印象になったというケースです。

公開中記事の投稿IDを指定してください。

口周りの張りがなくなった

ふくよかだった人がダイエットをして痩せると、皮膚が余ってシワになりますよね?あの状態を想像してみてください。

口元がゴボッと出っ張っていた時は、皮膚にハリがあったのですが、口元がキレイに引っ込んで整ったために、ピンと張っていた皮膚がハリを失って老けて見えるようになった、という症例もあります。

このケースも、矯正治療の専門医ならトラブルにならないよう、顔全体のバランスまで考慮した治療を行います。矯正歯科選びは慎重に行ってください。

横顔のラインが崩れた

美しい横顔にはEラインという基準があります。矯正歯科の専門医なら、横顔のラインが整うように細心の注意を払って治療を進めます。

というのも、本人は鏡で正面の顔を見る方が多いですが、周りの人から見られるのは圧倒的に横顔の方が多いからです。

歯列矯正で老け顔になる原因とは?

ネコさん

矯正治療に詳しい先生なら、矯正で老け顔になっちゃう原因は何なのか、だいたい分かっているんですね~。

牧田先生

そうですね。だいたい想像がつきます。

ネコさん

わぁ、つまり、矯正の専門医にお任せしなかった可能性が高いっていうことですね~。

牧田先生

それは大いに考えられますね。

不要な抜歯をしたため

矯正治療では、歯を動かせるスペースをつくるために抜歯をすることがあります。

特に、口元が突出していたり、出っ歯になっていたりすると、後ろへ歯を移動させなければならないので、抜歯するケースが多くなります。

けれども、症状によっては必ずしも抜歯が必要になるわけではないので、しっかりと診断して抜歯・非抜歯を検討しなければなりません。

それなのに事前の検査が不十分であると、不要な抜歯をしてしまい、口元がげっそりした印象になることがあるのです。

口元が引っ込みすぎた

歯列矯正で歯を動かすためにスペースが必要でも、歯を1本抜くとスペースが広すぎる場合があります。

抜歯矯正では小臼歯を抜くことが多いのですが、1本抜くと約7mm程のスペースができます。

しかしながら7mmもあるとスペースが広すぎることがあるのです。歯を後退させると、口元が引っ込み過ぎてしまうというトラブルにつながります。

こうしたケースの場合は、抜歯せず、ディスティングといって歯の両サイドを薄くスライスする方法で、本当に必要なスペースを確保する方法を選ぶこともできます。

矯正治療の専門家であれば、さまざまなケースに対応できる知識や技術がありますが、安易な診断で治療を進めてしまった場合、口元が引っ込みすぎて老け顔に見えることがあるのです。

ディスキングで歯の形を整えれば、非抜歯で出っ歯を矯正できるって本当?

顔の筋肉が運動不足になった

矯正期間中は、噛むと痛みが生じる時があるため、咀嚼がおろそかになりがち。そうなると、表情筋をあまり動かさなくなるので、口周りの筋肉が弱くなってしまうことがあるのです。

そうすると、口の周りの筋肉や組織が老化し、どんどん老けが加速していきます。

矯正装置をつけていると、口元を動かすのがおっくうになってしまいますが、せっかくキレイになるための治療をしているのですから、表情筋がおとろえないようこまめに口の体操やセルフマッサージを行いましょう。

歯列矯正で老け顔になるのを回避する方法は?

ネコさん

矯正で老け顔になるトラブルにあわないために、気を付けた方がいいことがあれば、教えてください~!

牧田先生

治療内容の説明や、質問にしっかりと答えてくれる歯科医院を選ぶようにしてください。

ネコさん

どんどん質問しちゃっていいんですか~?

牧田先生

もちろんです。そして、矯正治療の専門家に治療を受けられる歯科を選ぶことが大切です。

ネコさん

矯正治療の専門家ですか~!見極め方を知りたいです~!

しっかりと説明してくれる歯科を選ぶ

矯正治療は、虫歯治療などの一般歯科とは診療内容が異なります。矯正の専門知識が必要ですし、細心の注意を払って行わなければならない治療です。

症状や治療方針など、わかりやすく説明してくれる歯科を選ぶことが大切です。

適切な治療計画に基づいた治療を行っているか?

矯正治療は専門性の高い治療ですので、適切な治療計画に基づいた治療を行っているかどうかは非常に重要です。

一般歯科で矯正治療を受けると、矯正治療の専門知識が少なく、経験が浅い歯科医が担当することがあります。

その場合は、目先の治療はできても、数年後に矯正した部分がどうなっているかまでは分析できていない可能性があります。

3DCTなど精密検査をしっかり行っているか?

矯正治療は、3DCTという立体映像で確認できるレントゲンを撮影するなどの精密検査をきちんと行い、歯型を分析した上で綿密な治療計画を立てて進めていく治療です。

3DCTを撮らずに治療を進める場合は、かなり安易な検査体制といえますので、安心して治療をお任せできないと考えたほうがいいでしょう。

小規模なクリニックでは、院内に3DCTを設置していないこともあります。それでもきちんとした検査を行っている歯科では、近くの医療機関と提携し、患者さんが撮影しに行けるようにしています。

3DCTを撮らずに治療を進めてしまうような歯科では、長期的な治療のシミュレーションが描けていない可能性が極めて高いといえます。

いったん矯正治療が成功したように見えてもキレイな状態が長持ちせず、時間とともに元に戻っていく「後戻り」が早い傾向にあるので要注意です。

矯正の検査で何をするの?治療の流れ・期間・費用の目安を知りたい!

矯正専門医の有資格がいる歯科を選ぶ

矯正治療の専門家に治療を受けられる歯科かどうか、患者さんが簡単に見極められる方法があります。

それは、歯科医師が矯正専門医の有資格者であるかどうかを確認する、という方法です。

歯列矯正は、非常に専門性の高い治療なのですが、現在の日本では法律による規制がないため、歯科医であれば誰でも矯正治療が可能です。

乱暴な言い方をすれば、矯正の専門的な勉強をしていなくても、歯科医であれば治療できてしまうのです。

本当に十分な知識や経験があるのか、患者の立場から「専門家であるかどうか」を見極めるのは至難の技ですが、「矯正医の資格の有無」であれば簡単にわかりますので、遠慮せず確認しましょう。

専門性に自信がある歯科であれば、「矯正専門医の資格」を有することを公式ホームページなどに明記しています。

厚生労働省が認可した矯正専門医の資格について

さまざまな機関から認定された資格が存在していますが、信頼できるのは厚生労働省が認可した下記の機関が発行した「矯正専門医」の資格です。

※日本舌側矯正歯科学会は厚生労働省の認可外ですが、「舌側矯正(裏側矯正)」という矯正治療の中でも特に専門性の高い分野についての知見をもつ機関として推奨されています。

    • 日本矯正歯科学会(JOS)
    • 日本成人矯正歯科学会(JAAO)
    • 日本舌側矯正歯科学会(JLOA)※

老け顔にならない矯正治療のためにも医院選びは慎重に!

現在、日本には歯科医が10万人ほどいますが、その中で厚生労働省が認可する「矯正専門医」の資格をもつ医師は450名ほどに限られています。

専門医の有資格者のほかに、矯正治療の専門教育を受けた歯科医は3000人ほどいます。その中には、矯正認定医の資格を持っている歯科医がいます。

このような資格を持っていない場合でも、矯正治療の看板を掲げている歯科はたくさんあります。だからといって必ずしも信頼できないわけではありませんが、中には注意すべき事例も潜んでいます。治療を受ける矯正歯科を選ぶ時は、慎重に検討するようにしましょう。

ネコさん

矯正の専門医って、そんなに少なかったんですね~!知らなかったです~!

牧田先生

矯正の専門教育を受けた歯科医に治療を受けられる医療機関を選ぶことが、一番のポイントですね。

ネコさん

老け顔になりたくないから、病院は慎重に選びたいですね~!

記事の重要ポイントをチェック!
    • 老け顔にならないために、適切な検査・治療を行う歯科を選ぶ。
    • 3DCTレントゲン撮影などの精密検査を軽視しない歯科を選ぶ。
    • 不要な抜歯を行って矯正すると、老け顔になる可能性がある。
    • 矯正の専門教育を受けた歯科医に治療にあたるのか確認しよう。
    • 厚生労働省が認可した矯正専門医の有資格者なら安心できる。