歯列矯正で滑舌が悪くなる?裏側矯正は喋りにくい?歯科医に聞いてみた

歯列矯正で滑舌が悪くなる?裏側矯正は喋りにくい?歯科医に聞いてみた
この記事の監修医情報を見てみる

歯列矯正をすると、治療中に「滑舌が悪くなって困っている」という人が居ます。しかしながら、「最初は滑舌に違和感があったけれど、すぐに慣れた」という人や「特に何も不自由は感じていない」という人も居ますから、矯正中の喋りやすさに関する感想は人それぞれです。

そこで、今回は矯正法によって滑舌や喋りやすさに違いがあるのか、慣れるまでどれくらいかかるのかという点に焦点を当てて、確認していきたいと思います。滑舌をよくする舌のトレーニング法についても紹介していますので、チャレンジしてみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 矯正中、喋りにくくなると聞いたけれど本当?仕事に支障がでないか心配。
    • 矯正治療を始めたばかり。思っていたより滑舌が悪くなって困っている。
    • 矯正を始めて1週間たったが、いつ慣れて滑舌が元に戻るのか知りたい。
    • 矯正治療中でも、滑舌トレーニングができると聞いた。詳しく知りたい。
    • 矯正法・矯正装置によって、喋りやすさや滑舌に違いがでるのか知りたい。
INDEX
  1. 矯正中、滑舌が悪くなる?
  2. 矯正法による喋りにくさの違いはある?
    1. 裏側矯正
    2. 表側矯正
    3. マウスピース矯正
  3. 特に発音しにくい・話しづらい言葉は?
    1. サ行・タ行・ラ行が話しづらい
    2. 英語のL・Th・Tが発音しにくい
  4. 慣れるまでどれくらいかかる?
    1. 3日目ぐらいから徐々に慣れてくる
    2. 一般的に2週間~1カ月で慣れる
  5. 矯正中の喋り方のコツ、滑舌トレーニング
  6. 徐々に舌の動きに慣れて普通に話せるようになる!

矯正中、滑舌が悪くなる?

ネコさん

矯正中、滑舌が悪くなって喋りにくくなるっていう話をよく聞くんですけど、そんなに影響ありますか~?わたしは特に気にならないんですけど。

柿木先生

ネコさんは表側矯正ですよね。個人差がありますが、矯正方法によっては発音に影響することもありますね。

ネコさん

あぁ、そういうことなんですね~!

矯正法による喋りにくさの違いはある?

ネコさん

ということは、喋りにくくなると困る人には表側矯正がおすすめっていうことですか~?

柿木先生

そうですね、でも、喋るお仕事をされている場合、目立たない裏側矯正やマウスピース矯正の方が都合がいいという人が大勢いらっしゃいますね。

ネコさん

喋るお仕事の人って人前に出るから、装置が目立たない方がいいですもんね~。

矯正を始めたばかりの頃は、口の中にこれまで入っていなかった装置があるため「しゃべりにくい」と感じやすいものですが、しばらくすると慣れてきます。

そのため、人前に出る機会が多い人は見た目を重視し、目立たない矯正の方にメリットを感じる人も多いです。

ハリウッドスターや芸能人、アナウンサーなど、周りに見られる仕事をしている人の多くが裏側矯正やマウスピース矯正などの目立たない矯正をしていて、中には公表していている人もいます。さらには、SNSで進捗状況を詳細にレポートしているケースもあります。

ネコさん

たしかに~!目立たない矯正をしているっていわれている芸能人を見ていても、喋り方に違和感はないですよね~!

柿木先生

そうですね。個人差がありますし、早く慣れるように工夫をしている人もいますよ。まずは、矯正装置による喋りにくさの違いについて、チェックしてみましょうか。

裏側矯正

矯正装置の中で、もっとも喋りにくさを感じる人が多いのが「裏側矯正」です。

裏側矯正は、歯の裏側に装置をつけるため、発音をする時に舌が動けるスペースが少なくなってしまうからです。音を発する際に舌が歯の裏側につくような「サ」「ラ」行の言葉には、特に影響が出やすいといえます。

ただし、裏側矯正の装置は、本来は舌の邪魔をしないよう配慮して設計されています。しかも矯正装置の進化はすさまじく、薄くて存在感が少ない装置が次々に登場しています。

正しい発音の仕方をしていれば滑舌に問題は出ないはずなのですが、喋る時の発音の癖はほとんどの人にあるものです。そのため、多くの人が「裏側矯正は喋りにくい」という印象をもちやすいのです。

表側矯正

表側矯正は、ほとんど発音や滑舌には影響がでないといわれる矯正方法です。

表側矯正では矯正装置を歯の表側につけるため、舌の動きを制限しないからです。

ただし、口内に装置が入ることには変わりないので、個人差があります。慣れるまで、少し喋りにくいと感じる人もいますが、他の矯正装置よりも慣れるのも早いでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、喋りやすさについて意見が分かれる矯正法です。

矯正装置が歯を全体的に覆うため、人によっては舌が動きづらくなることがあります。また、これも個人差があるのですが、喋る時にが口の端に溜まって泡だってしまうことも。滑舌とは少し理由が違いますが、それが原因で喋りにくくなるという人もいます。

一方で、マウスピースが歯にフィットしていて、舌の動きに制限がでる形状ではないため、理論上では発音しにくくならない設計になっています。そのため、「マウスピース矯正が、もっとも滑舌に影響しない矯正法」と評価する歯科医師もいます。

特に発音しにくい・話しづらい言葉は?

ネコさん

うーん、滑舌って個人差が大きいみたいですね~。喋りにくさにもそのうち慣れてくるなら、やっぱり目立たない矯正装置を選びたい気持ち、わかりますね~!

柿木先生

そうですね。裏側矯正は、英語の発音に影響がでやすい傾向があるため、英語圏の人にはマウスピース矯正が人気ですね。

ネコさん

へぇ~!そうなんですね~!そんな違いがあるんですね~!

日本語、英語など、言語によっては矯正装置が邪魔になって舌が十分に動かせず、発音しにくい音があります。例えば、下記の音です。

サ行・タ行・ラ行が話しづらい

裏側矯正をつけていて装置が邪魔で舌の動きを制限してしまう時、舌を歯につけて出す「サ行・タ行・ラ行」が発音しにくくなります

サ行・タ行・ラ行をハッキリ発音せずに喋ると、口の中に飴玉などを入れたまま喋っているかのように聞こえることがあります。

英語のL・Th・Tが発音しにくい

英語の場合は「L・Th・T」の発音で舌を歯につけたり挟んだりしますので、歯の裏側に矯正装置がついていると、かなり喋りづらくなってしまいます。

その点、マウスピース矯正なら、自分では違和感があったとしても舌ったらずな聞こえ方になりにくいといいます。

欧米でマウスピース型の装置での矯正治療が進化し、人気が高いのは、そういった言語の特徴による影響もあるようです。

慣れるまでどれくらいかかる?

ネコさん

喋りにくさには、どれくらいで慣れますか~?

柿木先生

人によって差はありますが、一般的には2週間~1カ月で慣れますね。

ネコさん

うーん、すぐ慣れるともいいがたいけど、それくらいで慣れるなら、いいかなぁ…。

矯正装置をつけた直後に「喋りにくい」と感じてから慣れるまでの時間については個人差が大きいのですが、中には1日で慣れたという人もいます。アナウンサーという喋るプロのお仕事をしている人です。

裏側矯正の装置をつけたあと滑舌トレーニングをして、翌日からいつも通りに仕事に戻れたといいます。

3日目ぐらいから徐々に慣れてくる

裏側矯正は舌のそばに装置があるため、最初のうちは違和感が大きいのですが、3日目くらいからだんだん慣れてきます。

アナウンサーの人のように特別な滑舌トレーニングなどはせず、ただひたすら家族相手に、いつもの何倍も喋るようにしたおかげで「3日で慣れた」という人もいます。

一般的に2週間~1カ月で慣れる

。つけ始めの頃は矯正装置の違和感が永遠に続くのではと不安になりますが、個人差はあるものの2週間~1カ月で慣れます。

喋りづらかったサ行・タ行・ラ行の音も、どうすれば発音しやすいのか、新たな環境での舌の動きに慣れ、違和感なく喋れるようになっていきます。

矯正中の喋り方のコツ、滑舌トレーニング

ネコさん

アナウンサーの人がやっていた滑舌トレーニングって、実際にはどんなことをやるんですか~?

柿木先生

口をしっかり動かすように意識して、唇や舌の周りの筋肉を上手く動かせるように練習します。

ネコさん

…先生、よく考えたら、もともとそんなに滑舌いいほうじゃなかったです~!

柿木先生

(笑)装置があることで、徐々に本来あるべき正しい位置舌の動きが改善されることも考えられますよ。

ネコさん

えぇ~!?そんなメリットもあるんですね~!

もともと滑舌が悪かった人が、裏側矯正で本来あるべき舌の位置での発音に慣れて、矯正後には滑舌がよくなったというケースもあります。子どもの場合は特に、MFT( Oral MyoFunctional Therapy)という 口腔筋機能を鍛える療法を行って、舌・唇・顔、特に口周りの筋肉を強化し、バランスを改善すれば、滑舌よく正しい発音で喋れるようになります。

柿木先生

滑舌のトレーニング「あいうべ体操」や、口周りの筋力トレーニングMFT(口腔周囲筋機能療法)のやり方については、下記の記事に掲載されています。

※下記の記事は出っ歯の改善がテーマですが、矯正中の滑舌トレーニングにも役立ちます。よろしければ、ご参考になさってください。

出っ歯は自分で治せる?お口周りの筋力トレーニングで歯並びをセルフ矯正

徐々に舌の動きに慣れて普通に話せるようになる!

ネコさん

とにかく、たくさん喋って慣れることがポイントですね~!

柿木先生

その通りです。矯正装置がある時の舌の動かし方が分かってくると、喋りにくさからも解放されますよ。滑舌を初めて意識したことで、本来の滑舌も悪さを改善できたという人もいます。

ネコさん

そう考えると、矯正を始めた直後に滑舌が悪くなるのにも意味があるって思えますね~!

記事の重要ポイントをチェック!
    • 矯正中、発音や滑舌に違和感を覚えるかどうかには個人差がある。
    • 日本語の場合はサ行・タ行・ラ行の滑舌が難しくなる傾向がある。
    • 矯正中の滑舌の悪さや喋りにくさには、徐々に慣れるのが一般的。
    • 2週間~4週間程で慣れる人が多い。舌の動かし方に慣れるのがコツ。
    • 滑舌トレーニングをすれば、装置をつけてから1日で慣れる人もいる。