後悔しない矯正歯科の選び方!基準や診療科目、認定医の探し方まで

後悔しない矯正歯科の選び方!基準や診療科目、認定医の探し方まで
この記事の監修医情報を見てみる

歯列矯正には高い費用と長い期間がかかります。一度始めるとよほどのことがない限り途中で辞めることができないため、絶対に後悔したくないですね。

後悔しないためには、矯正歯科の選び方がとても重要です。ただ、どんな基準で選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで、ここでは矯正歯科の選び方の基準について、詳しくご紹介します。これから矯正を始めようと思っている人は、クリニック探しの前にぜひ読んでみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 後悔しないように矯正歯科を選ぶ基準が知りたい
    • 矯正歯科や口腔外科など色んな診療科目があるけどどこを受診するのがいいの?
    • やっぱり一般歯科より矯正歯科のがいいの?
    • 経験豊富かどうか、どうやったら分かるの?
    • 認定医がいいと聞いたけれど、探し方が分からない
INDEX
  1. 矯正歯科の選ぶ時の6つの基準
    1. 1- 専門知識のある認定医や専門医がいる
    2. 1- セファロ(頭部のレントゲン)検査をしている
    3. 1- 治療費用や転医した時の返金などを詳しく説明している
    4. 1- 治療契約書や同意書について詳しく説明している
    5. 1- 常勤の矯正歯科医がいる
    6. 1- 地域から良い評判を得ているかどうか
  2. 自分に合った矯正歯科クリニックを選ぶことも重要
    1. 2- 自分のライフスタイルにあった矯正歯科医院
    2. 2- 自分と相性の良い矯正歯科医
  3. 後悔しない矯正歯科選びQ&A
    1. 3- 歯科の診療科目がたくさんある病院のほうがいいの?
    2. 3- 認定医や専門医はどうやって探せばいいの?
    3. 3- 早く矯正したほうがいいと急かされたけど、任せても大丈夫?
  4. 後悔しないために矯正歯科はじっくり選ぼう!

1. 矯正歯科の選ぶ時の6つの基準

日本臨床歯科医会では、2021年4月に市民向けのwebセミナーを開催しました。その中で、矯正歯科の選び方について6つのチェックポイントを挙げています。

    • 専門知識のある認定医や専門医がいる
    • セファロ(頭部のレントゲン)検査をしている
    • 治療費用や転医した時の返金などを詳しく説明している
    • 治療契約書や同意書について詳しく説明している
    • 常勤の矯正歯科医がいる
    • 地域から良い評判を得ているかどうか

ひとつずつ詳しく説明していきますね。

1-1. 専門知識のある認定医や専門医がいる

歯の矯正は、個人の顎の骨格や噛み癖による将来的な咬み合わせを見ながら綿密な計画を立てて慎重に行うものです。歯医者と一口に言っても、得意分野は医師によって様々。矯正をしっかり行うなら、矯正治療の専門知識がある学会の認定医や専門医がいるクリニックを選ぶのがおすすめです。

ネコさん

どうせやってもらうなら、矯正のプロにやってもらいたいです〜。

鈴木先生

そうですよね。見つけるポイントは、矯正歯科という看板よりも「認定医」「専門医」という証明書などを示している歯医者さんです。

ネコさん

分かりました〜!

1-2. セファロ(頭部のレントゲン)検査をしている

ネコさん

セファロって、あんまり聞いたことがないです〜。

鈴木先生

頭部のレントゲン写真のことですよ。歯のレントゲンだけじゃなくて、頭全体の撮影です。

ネコさん

へぇー、歯医者さんって頭蓋骨のレントゲンも撮るんですね。

矯正治療をするには、事前の精密検査が必要です。セファロは一般歯科にはない、矯正専用のレントゲン。きちんとセファロをしている歯医者さんを選びましょう。

1-3. 治療費用や転医した時の返金などを詳しく説明している

治療費は患者さんにとってとても重要な項目ですね。全体の費用はどのくらいになるのか、追加費用があるのはどんな時か、引っ越しなどで転移した時の精算方法や返金などを、詳しく説明してくれる矯正歯科は信用できます。

ネコさん

逆に、治療費について詳しく教えてくれないところはあんまり信用できないってことでいいですか?

鈴木先生

そう思って間違いないでしょう。できれば何件か回って相談をしてみて、良いクリニックを見つけるのがおすすめです。

1-4. 治療契約書や同意書について詳しく説明している

矯正治療をする際には、ほとんどのクリニックで治療契約書や同意書を作ります。その時も、ただサインをするだけでなく契約書や同意書を見ながら詳しく説明してくれる矯正歯科がベストです。反対に、治療契約書や同意書がない矯正歯科は、受診をおすすめできません。

鈴木先生

契約書がないと、あとでトラブルになった時に困りますからね。

ネコさん

お互いのためにも必要ですね。

1-5. 常勤の矯正歯科医がいる

矯正している最中には、矯正装置が外れたり痛みが出たりするなどのトラブルが起きることも多いです。そんな時に、すぐに対応できる常勤の矯正歯科医がいる矯正歯科を選びましょう。

ネコさん

ちょっとびっくりなんですけど、常勤の矯正歯科医がいないところもあるんですか?

鈴木先生

ありますよ。委託して大学病院などから何曜日だけ矯正歯科医に来てもらっているというクリニックもあります。

ネコさん

へえ〜、知りませんでした〜。

1-6. 地域から良い評判を得ているかどうか

矯正歯科を選ぶ時は、地域からの評判や口コミも確認しましょう。実際に矯正治療を受けた人の評価はとても重要です。

ネコさん

やっぱり口コミって大事ですよね!

鈴木先生

実際の生の声を聞くと、親切で丁寧とか、起きたトラブルなんかが分かりますよね。

2. 自分に合った矯正歯科クリニックを選ぶことも重要

これまでは、日本矯正歯科医会が推奨する矯正歯科の選び方を元にお伝えしてきましたが、他にも大事なポイントがあります。

2-1. 自分のライフスタイルにあった矯正歯科医院

矯正治療をしている間には、学生なら部活動の合宿や受験などがあるかもしれませんね。大人になってからだと、長期の出張や結婚式などのイベントがある可能性もあります。

矯正歯科には土日や夜遅くまでやっているようなところもあります。無理なく続けられるよう自分のライフスタイルに合った矯正歯科を選ぶことも大切です。

鈴木先生

矯正は長期間なので、続けられることが第一条件です。

ネコさん

そうですよね。会社帰りなんかに通院できると助かりますね〜。

2-2. 自分と相性の良い矯正歯科医

矯正治療は1年以上、長ければ2〜3年にも及びます。矯正は担当医を途中で交代することはまずありません。医師といっても人間ですので、人間同士の相性というものもあります。自分と相性の良い矯正歯科医を選ぶという視点も持つと良いでしょう。

鈴木先生

例え腕のいい担当医でも、良いイメージを持てないと信頼関係が作れないこともあります。

ネコさん

お医者さんと患者の信頼関係って大事ですよね〜。

3. 後悔しない矯正歯科選びQ&A

上記で説明した以外にも、まだまだ知りたいこともあるでしょう。そこで、よくある質問を挙げてみました。

3-1. 歯科の診療科目がたくさんある病院のほうがいいの?

ただの「矯正歯科」や「矯正専門歯科」と、「歯科・口腔外科・矯正歯科」など診療科目がたくさん出ているクリニックはどちらがいいかという質問です。

これについては、一概にはいえません。「自由標榜制」というものがあり、歯科医師免許を取得すれば、たとえ経験がなく専門分野でなくても小児歯科・矯正歯科・口腔外科などを掲げて良いことになっているからです。

ネコさん

つまり、ちゃんと中身を調べないとダメってことですよね?

鈴木先生

そうですね。矯正の専門医や認定医が常駐していることのほうが重要です。

3-2. 認定医や専門医はどうやって探せばいいの?

矯正の認定医や専門医は、日本矯正歯科学会の公式サイトから探すことができます。なお、今まで専門医と呼んでいた名称は、臨床指導医と改められています。

認定医・指導医・臨床指導医を探す

認定医・指導医・臨床指導医を探す

ネコさん

専門医じゃなくて臨床指導医なんですね〜。

鈴木先生

慣れないと思いますが、今後はそういう表示になるので、覚えておきましょうね。

ネコさん

はーい!

3-3. 早く矯正したほうがいいと急かされたけど、任せても大丈夫?

矯正治療は早くやればいいというものではありません。事前の相談やカウンセリングをして、患者さんが納得すればスタートします。さらに、患者さんはいくつかの矯正歯科を回って一番いいと思うところを選ぶ権利があります。

それを無視して矯正治療を急かすようなクリニックは、避けたほうが無難でしょう。

ネコさん

うーん、ただの利益目的としか思えない…。

鈴木先生

残念ですが、中にはそういうところや誇大広告をしているところもあるので、注意してくださいね。

後悔しないために矯正歯科はじっくり選ぼう!

後悔しない矯正治療を行うには、矯正歯科選びからということが分かりましたね。矯正歯科の選び方をまとめてみると、以下のようになります。ぜひ参考にして、良い矯正歯科を見つけてくださいね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 専門知識のある認定医や専門医がいる
    • セファロ(頭部のレントゲン)検査をしている
    • 治療費用や転医した時の返金などを詳しく説明している
    • 治療契約書や同意書について詳しく説明している
    • 常勤の矯正歯科医がいる
    • 地域から良い評判を得ているかどうか
    • 自分のライフスタイルにあった矯正歯科医院を選ぶ
    • 自分と相性の良い矯正歯科医を選ぶ

参考:日本臨床歯科医会 YouTube公式チャンネル【講演①】矯正歯科クリニックの選び方