失敗したじゃ済まされない”NG矯正”!後悔しないための5つの基礎知識

失敗したじゃ済まされない”NG矯正”!後悔しないための5つの基礎知識
この記事の監修医情報を見てみる

長い時間と高いお金を払って行う歯の矯正では、誰だって失敗したくありません。しかし、残念ながら、矯正した人の中にはNG矯正を体験してしまう人もいます。矯正では絶対に失敗したくありませんね。そこで、ここでは矯正をする前に知っておくと失敗を回避できる5つの基礎知識をご紹介します!

この記事がおすすめな人
    • 矯正で失敗しないためにはどうしたらいいの?
    • 矯正で失敗するのはどんな場合?
    • よく聞く”NG矯正”って何?
    • 結局、非抜歯ってよくないの?
INDEX
  1. こんな場合はNG矯正です
  2. NG矯正が起こってしまう理由
    1. Case非抜歯治療では対応できない歯列だった
    2. Case矯正歯科ではない歯医者だった
    3. Caseコミュニケーション不足
  3. 矯正治療で失敗しないための5つの基礎知識
    1. 抜歯が必要なケースもあると知る
    2. ”矯正歯科”を選ぶ
    3. 治療計画や治療方針を確認する
    4. 不安や不明点はとことん聞く
    5. 保定期間もしっかりと行う
  4. 賢く治療を受けてNG矯正を避けよう!

こんな場合はNG矯正です

    • 希望をちゃんと伝えたのに希望通りの口元にならなかった
    • 自分が思っていた結果と違う
    • 矯正が終了したけど噛めない
    • 矯正が終了したけど顎が痛い
    • 矯正が終了したけど口が閉じない
    • 治療後に後戻りしてしまった
    • 歯はきれいに並んだけど咬み合わせがおかしい
    • 治療方針がコロコロ変わる
    • 予定より治療期間が長い
    • 治療に不安があり説明を求めたが納得できない
    • 担当医が信頼できない

矯正前に思い描いていた通りの歯並びにならなかった、身体に不調が起こった、途中で不信感が出てしまったなどはすべてNG矯正です。

ネコさん

先生、要するにNG矯正って、歯医者さんが原因で起こっちゃう失敗ってことですか?

鈴木先生

とても残念ですけど、そういうことですね。

NG矯正が起こってしまう理由

NG矯正が起こってしまう理由には、多くのことが考えられますが、だいたい以下の3つが原因となっています。

Case1.非抜歯治療では対応できない歯列だった

歯を並べるスペースを作らずに矯正してしまうと、口元がこんもりしてしまいます。元々スペースがないのに無理に歯を並べると、全体的に歯が前面に出てしまうためです。非抜歯にするには別の方法でスペースを作る必要があるのですが、それをしないでただ歯を並べても、残念な結果になってしまいます。

最近では別の方法もなしにするところは少なくなりましたが、「どんな歯並びでも非抜歯で矯正できます」といっている場合には、どんなふうに歯を動かすのかよく説明を聞きしましょう。

鈴木先生

近年ではインプラント矯正というものが登場して、非抜歯でも矯正できるようになりました。でも、やっているところはまだ少ないのが現状です。

ネコさん

へぇ〜、「インプラント矯正」ですか…。

鈴木先生

あとの方で詳しく説明しますね。

Case2.矯正歯科ではない歯医者だった

矯正ができる歯医者さんはまだ少数です。矯正治療には専門的で高度な知識や技術が必要なのですが、治療経験の少ない歯医者さんが矯正をすると、診断や治療計画を誤ってしまうというリスクが高いです。また、質問をしてもきちんと答えられないということも出てきてしまいます。矯正は、矯正の専門医を選びましょう。

鈴木先生

矯正はきちんと矯正の教育を受けている歯医者さんに受けるのがベストです。

ネコさん

逆にいうと専門的な教育を受けていなくてもやっていいってことなんですか?

鈴木先生

今は「矯正専門歯科」と看板を掲げているところが多いんですが、歯医者さん自体が少ないような地域では、経験が不十分な歯医者さんがやっているところもあるかもしれません。

ネコさん

うわぁ…。

Case3.コミュニケーション不足

もっとも多いのが、コミュニケーション不足という問題です。矯正計画の説明が十分になされなかった、計画を変更する際にきちんと説明していないというケースが多いです。

また、保定期間の意味をきちんと説明していなかったために、患者さんが矯正装置が外れたらそれで終わりだと思ってしまったというのもよくあるケースです。

鈴木先生

コミュニケーションは双方の問題なので、例えば10説明して相手が頷いたから分かったと思っても、実際は4くらいしか伝わっていなかったという場合もありますよね。

ネコさん

あ〜、そういうのは普通の会話とかでもありますよね〜。

矯正治療で失敗しないための5つの基礎知識

矯正治療で後悔しないためには、予備知識を持って臨むのがおすすめです。といっても医師のような専門的な知識のことではありません。治療を受けるための基礎知識です。

1.抜歯が必要なケースもあると知る

歯ならびが悪くなる原因は、基本的に歯が並ぶだけのスペースが足りないからです。生まれつきに顎が小さいなど様々な理由がありますが、歯を動かしてきれいに並べるには、スペースを確保しなければなりません。スペースを確保するには、2種類の方法があります。

    • 抜歯してスペースを作る
    • インプラント矯正で歯を後ろに倒す

抜歯する場合はあまり使っていない歯を抜きます。抜歯した後は全体の歯が動いて隙間を埋めていくので心配ありません。インプラント矯正は、長さ5mmほどの細くて小さいネジを骨に直接埋め、支点にして歯を動かしていく技法です。例えばインプラント矯正で奥歯を後ろに引っ張ることで、無理なくスペースを作ることができます。

鈴木先生

インプラント矯正は時間がかかりますが、自分の歯を残すことが可能です。

ネコさん

へぇ〜、成長期の子どもは顎の成長を利用するけど、大人でも歯を抜かないで矯正できるなんて、いい時代になりましたね〜。

鈴木先生

いい時代って、ネコさん何歳?(笑)

ネコさん

え〜、まだうら若き乙女ですよ〜。

”2.矯正歯科”を選ぶ

矯正をするなら矯正専門の矯正歯科を選ぶのがおすすめです。歯並びを改善しても、咬み合わせが合っていないと体全体の骨の歪みや顎関節などになる恐れがあります。咬み合わせまで治せるのは矯正歯科だけです。矯正の勉強をした専門医がいる歯医者さんを受診しましょう。

ネコさん

逆に、矯正歯科じゃなくても矯正できるなんて知りませんでしたよ〜。

鈴木先生

例えば審美歯科でもマウスピース矯正をしてますよね。

ネコさん

あ〜、審美歯科とか美容歯科とかありますね。

3.治療計画や治療方針を確認する

コミュニケーションはお互いの能力によるところが大きいです。中には口下手な歯医者さんもいるでしょう。治療計画や治療方針など大切なことは受け身でただ聞くだけでなく、こちらからもしっかりと確認するという意識を持つことが重要です。

ネコさん

難しいことは聞いても分からないと頭から決めてたけど、それじゃダメなんですね。

鈴木先生

説明しても患者さんから質問がなければそれで通じたと思ってしまうので、じゃんじゃん質問してください。

4.不安や不明点はとことん聞く

治療中で不安に感じたことや分からないことが出てきたら、必ず聞くようにします。不安や不明点をクリアにしておかないと心の中のモヤモヤがたまり、何かあった時に不信感に変わってしまいがちです。

不安や不信感をかかえたままでは、通院にも支障が出てしまいかねません。長い期間が必要な矯正治療は、ご自身のモチベーションが非常に大切ですので、不安や不明点はそのままにしないようにしましょう。

ネコさん

確かに、こんなこと聞いたら恥ずかしいと思って聞けないことがありました。

鈴木先生

どんなことでも聞いてください。分かる言葉でやさしく説明してくれるはずですよ。

5.保定期間もしっかりと行う

矯正装置が外れたら、保定装置をつける期間に入ります。保定は、矯正した歯ならびを歯周辺の組織に記憶させて安定させるための重要な期間です。もし、保定期間を疎かにすると、歯が後戻りしてしまいます。

ネコさん

知り合いで、保定期間の終わりが分からなくて自分でやめちゃったって人がいますけど、そういう時はどうすればいいんですか?

鈴木先生

保定期間は基本的には矯正期間と同じくらいなんです。でも、不安なら保定期間の終了時期を聞いてみるといいですよ。

賢く治療を受けてNG矯正を避けよう!

矯正治療を成功に導くには、自分でも矯正治療を受けるための基礎知識を持って受診することが重要です。安心して矯正治療を続けるためにも、今回ご紹介した5つのポイントをしっかりと押さえて賢く治療を受けましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯を動かすにはスペースを確保する必要がある
    • スペースを作るには抜歯と非抜歯の2種類がある
    • 1.スペースを作らない非抜歯はNG!
    • 2.矯正治療は「矯正専門」の歯科医院で受ける
    • 3.矯正計画や治療方法など、大切なことはしっかりと確認する
    • 4.どんな些細なことでも分からないことをそのままにしない
    • 5.保定期間もしっかりと行う