出っ歯を矯正したいけどお金がない!矯正費用を安くする7つの裏ワザ

出っ歯を矯正したいけどお金がない!矯正費用を安くする7つの裏ワザ
この記事の監修医情報を見てみる

矯正治療は一般的に高額なので、「出っ歯を治したいだけなんだけど、どのくらいかかるか分からない」とためらう人もいることでしょう。そもそも出っ歯だけを矯正できるのか、それとも全部の歯を矯正しなければならないのかも分からないという人もいますね。ここでは、出っ歯の矯正にかかる費用や、矯正費用を抑える裏ワザ的方法をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 長年出っ歯に悩んでいる
    • 出っ歯が気になって思いっきり笑ったことがない
    • 自分で矯正したいけれど社会人になるまで待てない!
    • どれくらいかかるのか怖くて歯科医院に行けない
    • まとまったお金なんて作れない
INDEX
  1. 出っ歯の矯正にかかる費用
  2. 矯正費用を安くする裏ワザ
    1. 費用の安い矯正装置を選ぶ
    2. 都心より地方の歯科医院を探す
    3. 矯正歯科激戦地で探す
    4. 保険適用が可能かどうか確かめる
    5. 治験モニターになる
    6. 分割払いで初期費用を抑える
    7. 歯科医院で働く
  3. 【おまけ】矯正費用を貯める方法
    1. 色々な節約術
    2. 先取り貯金をする
  4. 出っ歯を矯正して自信を取り戻そう!

出っ歯の矯正にかかる費用

あくまでも相場ですが、出っ歯だけを部分矯正した場合にかかる費用を矯正方法別にすると以下のようになります。

    • ブラケット・ワイヤー矯正:15〜20万円程度
    • マウスピース矯正:10〜30万円程度
    • 裏側矯正:20〜50万円

おすすめの矯正器具、メリット・デメリットは?歯科医に聞く矯正Q&A

ネコさん

私にはこれでもきついです〜…。

柿木先生

大丈夫。大抵のところは分割で支払えますよ。

ネコさん

良かった〜。じゃあ月々の額は低くなるんですね。

柿木先生

分割方法は歯科医院によって異なるので、聞いてみてくださいね。

矯正治療にかかる費用は、出っ歯の症状によって異なります。というのも、歯は隣同士で連動しているので、一部分を動かすと他の歯にも影響が出るからです。ただ、歯が動くスペースの余裕を作ることができれば、部分矯正をすることは可能です。

一般的には歯の隣接する部分を少しずつ削ってスペースを作るという方法がとられ、前歯8本に装置を取り付けます。この方法なら、全体の矯正の半額〜1/3程度で済むでしょう。

柿木先生

ただし、削った部分に少しでも隙間があると虫歯になりやすいので、経験豊富な歯医者さんにかかるのがおすすめです。

ネコさん

う〜ん。歯を削ったらエナメル質がむき出しになっちゃうんじゃないんですか?

柿木先生

鋭いですね〜。隣接する部分を削っても、歯が動いくと密着するので計算がしっかりしていれば汚れや菌は入る隙間がないんです。

ネコさん

へぇ〜、そういうことなんですね。安心しました〜。

矯正費用を安くする裏ワザ

部分矯正の方法と費用相場がわかったところで、ここからは矯正費用を安くする方法をご紹介します。

1.費用の安い矯正装置を選ぶ

ネコさん

先生、矯正装置によって費用が違うんですか?

柿木先生

矯正装置自体の価格もありますし、治療方法が違うと費用も変わってくるんです。

一般的に、矯正治療の費用は以下の順になっています。

裏側矯正>マウスピース矯正>ブラケット・ワイヤー矯正

ただ、マウスピースはインビザラインやクリアライナーなどの比較的新しいシステムの場合はやや高めになります。

2.都心より地方の歯科医院を探す

銀座のお寿司屋さんやレストランが高いのは、有名店ということもありますが、実は家賃が高いから。歯科医院も都心部だと経営コストが高くなります。歯科医院は都心部に集中していますが、できれば郊外の評判の良い矯正歯科医院を探すのがおすすめです。

柿木先生

矯正治療は保険が適用されないので、自由に設定できるんです。

ネコさん

たしかに!これは思わぬ盲点でした〜。

3.矯正歯科激戦地で探す

周囲に歯科医院が林立しているような地域では、価格競争起きて他院より値段を下げているところもあります。そのようなところを探してみるのもおすすめです。

柿木先生

ただし、薄利多売で治療の質に問題があるところもなかにはあるので気をつけてくださいね。

ネコさん

気をつけまーす。

4.保険適用が可能かどうか確かめる

出っ歯の原因が、生まれつきの骨格の問題にある場合、保険が適応されることがあります。歯科医師に聞いてみましょう。ただし、骨格が原因の場合は手術を伴うことも多く、入院期間や入院費用なども念頭におく事が必要になります。

ネコさん

手術するとなると会社も休まなきゃならないし、何かと大変ですね〜。

柿木先生

そうですね。これはご自分の事情に合わせて考えてみてくださいね。

5.治験モニターになる

治験モニターという言葉を聞いたことがありますか?最新の治療症例の説明用に治験例になるというものです。治験モニターになると、費用が安くなることがあります。美容室のカットモデルのようなものと考えれば良いでしょう。

ただし、モニターになると撮影されたものを学会などで発表される場合があります(もちろん顔にはモザイクなどがかかります)。

また、最先端の治療は効果が約束されないケースもあります。

ネコさん

あっ、これ見たことあります!よくチラシなんかに入ってくるやつですよね。

柿木先生

そうですね。雑誌なんかでもよく見かけますね。ただ、運良くタイミングがあえばという条件付きです。

6.分割払いで初期費用を抑える

先ほどもちょっとご紹介しましたが、大抵の歯科医院ではデンタルローンクレジットカードなどによる分割払いを取り入れていますので、初期費用を抑えることができます。

デンタルローンは大手クレジットカード会社や銀行などの商品で、取り扱っている商品が歯科医院によって異なるので、事前に聞いておくのがおすすめです。

ネコさん

へぇ〜、歯医者さん専用のローンがあるなんて知りませんでした〜。

柿木先生

住宅とか教育費と一緒で、矯正も高額なものなので、ローンがあるんですよ。

ネコさん

へぇ〜、なるほど〜。

7.歯科医院で働く

どうしても出っ歯を矯正したいという人は、思い切って歯科医院で働いてみるのもおすすめです。多くの歯科医院では、スタッフは社員割引で治療を受けられます。

ネコさん

え!それって歯科衛生士とかになるってことですか?

柿木先生

いえいえ。わざわざ資格を取らなくても、アルバイトの受付とかもありますよね。

ネコさん

あー、その手があった〜!

【おまけ】矯正費用を貯める方法

ここからは、実際に矯正費用をためた人の体験を元に、節約術などをご紹介します。

1.色々な節約術

ネコさん

食費を抑えたり衝動買いをしないようにとかしてるけど、なかなか貯まらないんですよね〜。

柿木先生

そうそう、分かります。節約した人はこんな方法を試しているみたいですよ。

見直しポイント!
    • 家賃が安いところに引っ越す
    • 保険料を見直す
    • 格安スマホにする・プランを変更する
    • 頻度の低い会員をやめる
    • 流行りの服は買わず長く使えるちょっといい服を買う
    • ネットサーフィンやコンビニ通いをやめる

意識してお金を使う機会を減らすと、無駄なお金を使わずに済むようになるようです。

2.先取り貯金をする

先取り貯金とは、お給料が入ったら貯金したい分を先に貯金し、残りのお金で生活することです。例えば1年間に60万円貯金するという目標を立てたら、月に5万円ずつ貯めれば1年後には目標を達成できますね。

ネコさん

これなら無理なくやっていけそう!

柿木先生

堅実で現実的なプランですね〜。部分矯正でなくても60万円貯まっていると後の支払いがかなり楽になりますね。

出っ歯を矯正して自信を取り戻そう!

矯正治療はできるだけ費用を抑えたいものです。今回ご紹介したような方法で試せるものがあったら、ぜひ試してみてください。ただ、安さだけに注目するとあとで後悔するようなことになるかもしれないので、歯科医院選びは十分に気をつけてくださいね

記事の重要ポイントをチェック!
    • 部分矯正は全体の歯列矯正の1/3〜半額以下になる
    • 矯正装置は費用の安い方法を選ぶ
    • 都心ではなく郊外の矯正歯科医院を探してみる
    • 価格競争がありそうな矯正歯科激戦地で探す
    • 保険が適用されるかどうか聞いてみる
    • 治験モニターになる
    • 歯科医院で働いて社員割引を受けるのもアリ
    • 部分矯正でも分割払いが可能