なぜ?矯正したのに後戻り!元の歯並びに戻ってしまう5つの原因と対処法

なぜ?矯正したのに後戻り!元の歯並びに戻ってしまう5つの原因と対処法
この記事の監修医情報を見てみる

「せっかくキレイに矯正したのに後戻り!?なぜ?」

長い時間やお金をかけて矯正治療した歯が、元に戻って再びデコボコになってしまったら、とても残念でガッカリしますよね。

そこで今回は、どうして歯列矯正の後戻りが起きてしまうのか、後戻りを防止するためにはどうすればいいのかをお伝えします。

これから矯正治療を始めるという人も後戻りが起こってから後悔しないよう、あらかじめこの記事を読んで対策しておけるといいですね。

この記事がおすすめな人
    • 矯正治療をした部分が後戻り(矯正前の状態に戻ること)している。
    • 矯正治療は成功したはずなのに、再び歯並びがデコボコしてきた。
    • 矯正で歯並びをキレイにしたのに、なぜ後戻りするのか知りたい。
    • 歯並びがキレイになって満足したのでリテーナーをやめようと思う。
    • リテーナーを頻繁に着け忘れてしまうが、あまり気にしていない。
INDEX
  1. 矯正治療が後戻りしてしまった!なぜ?
    1. リテーナーの装着時間を守らなかった
    2. 舌癖や口呼吸などの日常的な癖がある
    3. 親知らずが不正な生え方をしている
    4. 歯周病が悪化してしまった
    5. 歯ぎしり・食いしばりの癖がある
    6. 後戻りを想定したオーバーコレクション
  2. 矯正の後戻りを防ぐ対処法とは?
    1. リテーナーの装着時間を守る
    2. リテーナーには固定式もある
    3. 日常的な癖や習慣を見直す
  3. 定期的な歯科検診を怠らないで後戻りを予防!

矯正治療が後戻りしてしまった!なぜ?

ネコさん

えぇ…?矯正治療したところが元に戻っているような気がする~!せっかくがんばったのに、どうして~!?

歯並びや噛み合わせを整えるために行った矯正治療ですが、何らかの理由で元に戻る「後戻り」を起こすことがあります。

矯正治療を終えて一見キレイに並んだように見える歯は、まだ支えになっている骨組織が柔らかく、非常に動きやすい状態であるため後戻りしやすいというリスクを抱えています。

後戻りは、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など、どのような治療法でも同じように起こる可能性があります。

牧田先生

後戻りの原因は色々ありますが、最も多いのは「リテーナーの装着時間の不足」ですね。

ネコさん

あぁ~!リテーナーですかぁ…やっぱり…。疲れてて、ここしばらく晩ご飯のあとリテーナーを着けずにそのまま寝ちゃったんですよね…。

ネコさん

リテーナーを忘れたら、すぐ後戻りしちゃうんだなぁ~!気を付けなくちゃ~!

リテーナーの装着時間を守らなかった

リテーナーとは、矯正治療が終わり、ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置が外れた後、キレイになった歯並びをその位置で安定させるために着ける「保定装置」です。

リテーナーをつける期間は、一般的には矯正装置をつけていたのと同じくらいの期間がかかります。

ただし、時間の経過とともに装着時間が短くなります。例えば1年目はほぼ1日中装着していなければなりませんが、2年目になると、夜寝ている間だけでもよくなります(個人差があります)。

こうした決められたリテーナーの装着時間を守らなければ、あっという間に元のガタガタの歯並びに戻る「後戻り」を起こしてしまいます。

●リテーナーの付け忘れによる後戻りのリスクについて、下記の記事も参考になります。

歯列矯正後のリテーナーを1日つけ忘れた!歯並びが元に戻るリスクは?

牧田先生

リテーナーの装着不足の他にも後戻りの原因がありますので、見ていきましょう。

舌癖や口呼吸などの日常的な癖がある

人間の顔は、年齢を重ねるとともにどんどん変わっていきます。歯や口内の状態も、同じように変化し、動いていきます。

特に歯並びに影響を与えやすい悪い舌癖口呼吸といった習慣があると、歯が動くスピードが早くなります。

中でも抜歯や矯正など大きな変化を施した部分は不安定になっているので、後戻りしやすいのです。

親知らずが不正な生え方をしている

親知らずが斜めに生えていたり、隣の歯にもたれかかるような不正な生え方をしていたりすると、後戻りの原因になります。

常に歯並びの最奥から前歯の方に向けて、加重がかかり続ける状態になってしまうからです。

じわじわと押されるうちに、矯正で整えた部分が再び飛び出してしまい、元の状態に戻ることがあるのです。

●親知らずと後戻りの関係について、詳しくは、下記の記事が参考になります。

矯正するとき親知らずは必ず抜くの?矯正を台無しにするリスクを解説

歯周病が悪化してしまった

矯正中は、取外しできないワイヤーやブラケットなどの装置を使っていると、歯磨きがおろそかになりがちです。

自分では磨いているつもりでも、普段よりも装置のデコボコしたところや装置と歯のすき間に食べカスが引っかかりやすく、歯垢が溜まり、細菌の温床になりやすいのです。

そのため、歯周病や虫歯のリスクが高まります。

歯周病が悪化すると、歯ぐきの骨を溶かし、歯がグラグラした状態になります。そうなると、矯正で整えた歯並びがどんどん崩れていきます。

歯ぎしり・食いしばりの癖がある

睡眠中にしてしまう歯ぎしりや食いしばりの癖は、自分ではなかなか気付けないものです。実は日本人の70%もの人が、歯ぎしりの癖があるのに自覚していないということが分かっています。

夜中に数分程度の歯ぎしりをする人はとても多いのですが、ひどい人になると1時間以上もギリギリと歯ぎしりをします。

歯ぎしりや食いしばりは、歯に体重~3倍もの圧力をかけてしまうため、頻繁に続けていれば、たとえ健康な歯であっても歯を失う原因になります。

そのため、矯正治療をして動きやすい状態の歯であれば、歯ぎしり・食いしばりの影響で簡単に後戻りしてしまうのです。

●食いしばり・歯ぎしりの予防・対策については、下記の記事に掲載されています。インプラント関連の記事ですが、後戻り防止のための参考になりますのでごらんください。

インプラントは「食いしばり」に弱い!インプラントをダメにしない方法

後戻りを想定したオーバーコレクション

矯正期間中、歯科医の指示通りに矯正を進めているのにも関わらず、歯並びが不正になってきたと感じる時は、後戻りを想定した治療「オーバーコレクション」の可能性があります。

ネコさん

後戻りを想定した治療~?そんなことするんですか!?

牧田先生

歯科医師の治療方針や患者さんの症状にもよりますが、あらかじめ後戻りを想定して過度歯や顎を移動させておくこともありますね。

ネコさん

そうなんですね~。

牧田先生

歯科医から説明を受けられますので、疑問に思った時は遠慮せず質問してくださいね。

矯正の後戻りを防ぐ対処法とは?

ネコさん

後戻りには色々な原因があるんですね~。リテーナーをしっかりつけることは基本ですけどね~!

牧田先生

そうですね。装着時間を守れそうにないという時は、取外しできない固定式のリテーナーもありますので歯科医に相談するといいですよ。

ネコさん

へぇ~!リテーナーにも固定式があるんですね~!

リテーナーの装着時間を守る

矯正の後戻りを防ぐためには、リテーナーの装着時間を守ってしっかり保定することが大切です。

矯正後の歯は、一見キレイに並んでいるように見えますが、まだまだ不安定な状態です。

自己判断で「もうつけなくてもいいんじゃない?」と外してしまわないように注意しましょう。

リテーナーには固定式もある

うっかり着け忘れて寝てしまったり、着け外しが面倒になったりしてしまう場合は、固定式の「フィックスリテーナー」に変えるという手段もあります。後戻り防止の効果が高いといわれるリテーナーです。

前歯の裏側につけるので、正面から装置が見えないというメリットもあります。

●リテーナーの種類については、下記の記事をごらんください。

公開中記事の投稿IDを指定してください。

日常的な癖や習慣を見直す

先ほど、悪い舌癖や歯ぎしりなどの習慣が、後戻りの原因になるというお話しをしました。

矯正治療をしたキレイな歯並びを長く維持するためには、日常的に行っているよくない生活習慣を見直す必要があります。

下記のような癖や習慣があると、後戻りしやすくなるため改善をおすすめします。

後戻りしやすい癖や習慣
    • うつぶせ寝
    • 片側で噛む
    • 口呼吸
    • 頬杖
    • 歯ぎしり・食いしばり
    • 舌で歯の裏を押す
ネコさん

癖や習慣って、どうやって治したらいいんでしょうね~?

牧田先生

日中にしている癖や習慣は、自分で意識して治さなければなりませんね。お子さんの場合は、小児歯科でトレーニングの方法を指導していますよ。

ネコさん

そうなんですね~!それは心強いかも!

牧田先生

夜中の歯ぎしり・食いしばり癖には、「ナイトガード」というマウスピースを使う療法があります。歯科で相談できますよ。

ネコさん

へぇ~!歯医者さんで相談できるんですね~!あまり知られてない気がします~!

●歯ぎしりのマウスピース療法「ナイトガード」については、下記の記事をごらんください。

公開中記事の投稿IDを指定してください。

定期的な歯科検診を怠らないで後戻りを予防!

ネコさん

矯正の後戻りって意外に簡単に起こるものなんですね~!どうすれば早めに気付けるんでしょうね~?

牧田先生

定期検診に通っていれば、後戻りなどのトラブルが起こっても早期に対応できますよ。

ネコさん

!!あぁっ!定期検診!つい面倒で、行かなくなってしまいがちなアレ…!

牧田先生

(笑)矯正治療が終わったら、定期的に検診やメンテナンスに通っていれば、取り返しがつかなくなるほど後戻りすることはないですよ。

ネコさん

確かにそうですね~!そのためにも定期検診には絶対に行かなくちゃ…!すごく心に刺さりました~!

記事の重要ポイントをチェック!
    • 矯正後、リテーナーをしっかりと着けなければ簡単に後戻りする。
    • 矯正が終わって装置が外れても、まだ歯を支える骨が不安定な状態。
    • 歯ぎしり、舌癖、頬杖などの癖や習慣が後戻りの原因になることも。
    • 不正な生え方の親知らずがあると、後戻りの原因になるので要注意。
    • 後戻り防止には、定期検診&メンテナンスの通院が大いに役立つ。