なぜワイヤーにループがあるの?外科手術や抜歯が必要ない矯正方法

なぜワイヤーにループがあるの?外科手術や抜歯が必要ない矯正方法
この記事の監修医情報を見てみる

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)のワイヤーに、くるんとループが作られていることがあります。「これは一体何のため?」と不思議に思うかもしれませんね。従来のブラケット矯正のワイヤーはストレートなものでしたが、近年ではワイヤーにループを作る技法が導入されました。ここでは、ワイヤーのループについて詳しくご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • 外科手術なしで矯正する方法を探している
    • 非抜歯の矯正はゴリラみたいな顔になると言われた
    • 矯正治療をできるだけ早く終わらせたい
    • 矯正が終わったのに咬み合わせがおかしい
    • 矯正後に顎が痛くなってしまった
INDEX
  1. ワイヤーにループがあるのはなぜ?
    1. Vループとは
    2. マルチループとは
  2. MEAWのメリット
    1. 歯を抜かずに治療できる
    2. 様々な症状に対応できる
    3. 咬み合わせのバランスを整えやすい
    4. 矯正期間を短くできる
  3. ループを使った矯正のデメリット
    1. 違和感が大きい
    2. 見た目の問題がある
    3. 料金が割高になる
    4. 取り扱っている歯科が少ない
  4. 難しい症例でもマルチループで解決できる!

ワイヤーにループがあるのはなぜ?

ワイヤーに作られるループには、大きく2通りの種類があります。

    • Vループ
    • マルチループ

それぞれ理論や技法が異なるので、呼び方も違うというわけです。

Vループとは

スタンダードエッジワイズ法と呼ばれるもので、患者さん一人ひとりに合わせて、歯科医師がワイヤーを曲げて作ります。ループメカニクスとも呼ばれます。

ワイヤーの左右対称2ヶ所程度に作るもので、変形させたワイヤーが戻ろうとする力を利用して歯を動かしていきます。その人に合わせるのでループの形も様々です。

ループメカニクスのメリット
    • 前歯を後方に移動することができる(出っ歯の改善)
    • 歯と歯の間の隙間や抜歯したスペースを埋められる
    • 医師が思い描いたようにコントロールできる
ネコさん

へぇ〜、でもなんだか大変そうですね…。

柿木先生

曲げ方にはテクニックが必要で、習得するのにも講習を受けなければなりません。

ネコさん

へぇ〜、先生になってからも勉強するんですね〜。

マルチループとは

正式にはマルチループアーチワイヤーといい、ワイヤーに複数のループを作って歯を動かす技法のことです。Multiloop Edgewise Arch Wire の頭文字を取ってMEAWと呼び、オーストラリア咬合学の概念と組み合わせて使います。

ループにゴムをかけ、その力で歯だけでなく顎の骨まで矯正できます。

MEMO
オーストラリア咬合学とは、骨格や歯、軟組織、顎関節の運動機能などを本人に合わせて最適に調整するという理論です。
柿木先生

MEAW はミューと読みます。

ネコさん

なんだかカワイイ響きですね〜。それにしても「顎の骨まで矯正できる」ってすごく気になるんですけど。

柿木先生

それはあとでゆっくり説明しますね。

ネコさん

楽しみです〜。

MEAWのメリット

MEAWには従来のワイヤーを使った矯正にはない、多くのメリットがあります。

歯を抜かずに治療できる

顎が狭く歯が並びきらない場合には、抜歯してスペースを確保するというのが従来の考え方です。しかし、MEAWでは歯の土台になっている骨も同時に動かすことができるので、抜歯しなくても矯正することが可能です。

ネコさん

骨も動かせるってすごいですね!

柿木先生

骨というと顎全体とイメージすると思いますが、歯槽骨という歯の土台となる骨のことなんですよ。しかも、歯にも無理な力をかけずに動かすことができます。

ネコさん

へぇ〜。歯科の医学も日夜進歩してるんですね〜。

様々な症状に対応できる

様々な症状に対応できるのは大きなメリットです。

    • 重度のオープンバイト、開咬(上下の歯に隙間がある)
    • 外科手術が必要な受け口
    • 重度の出っ歯
    • 重度の乱杭歯(ガタガタの歯)
    • 歯と歯の間に大きな隙間がある人
    • ブラケット矯正で抜歯が必要と言われた人
    • 顎が左右にずれている人
ネコさん

外科手術が必要な人でも手術しないで矯正できるってことですか?

柿木先生

そのとおり。ただし、フルオーダーメイドなので、高度な技術とセンスが必要です。

ネコさん

あっ、やっぱりオーダーメイドなんですね。

咬み合わせのバランスを整えやすい

従来の矯正は、まず歯を前後に動かしてガタガタを取り、その後上下の咬み合わせを整えるという方法です。しかし、MEAWでは最初から前後だけでなく上下に動かすことが可能です。そのため咬み合わせのバランスが整えやすいというメリットがあります。

柿木先生

普通は顎の位置を確認するのにレントゲン撮影だけですが、MEAWではアキシオグラフという検査をするんですよ。

ネコさん

へぇ〜、アキシオグラフってどんな検査ですか?

柿木先生

顎の動きを前、横、上の3方向から見て運動機能を解析する検査です。顎関節症なんかにも使われますよ。

ネコさん

へぇ〜、顎の検査なんですね。

矯正期間を短くできる

ダイナミックに歯を動かせるため矯正期間を短縮することが可能で、半年〜2年くらいで終了できます。治療期間の差は、歯並びの状態によるものです。

ネコさん

従来のワイヤー矯正って、1〜3年くらいかかりますよね。

柿木先生

そのとおり。MEAWは従来の1/3〜1/2くらいの期間で終わります。

ネコさん

へぇ〜、それは画期的ですね〜!

ループを使った矯正のデメリット

スタンダードエッジワイズ法、MEAWなどループを用いた矯正方法には従来にはないたくさんのメリットがありますが、デメリットがあることも知っておきましょう。

違和感が大きい

ループが口内に当たり、従来のワイヤー矯正よりも大きな違和感を感じることがあります。人によっては口内炎ができやすくもなります。

ネコさん

ワックスの消費量も多くなりそう…。

柿木先生

よくご存知でしたね。口内炎にはやっぱり矯正用ワックスです。歯医者さんに出してもらってくださいね。

見た目の問題がある

裏側矯正にループを用いる場合には見た目の問題はありませんが、表側矯正でMEAWを用いた場合には、見た目のインパクトが大きくなります。

ネコさん

でも、最近はマスクをしてるから隠しやすいですよね。

柿木先生

そうですね。強いて言えば気になるのは食事中くらいでしょうか。でも、今は隣と間隔を開けて食べるので、それほど気にならないかもしれません。

料金が割高になる

ループはその人に合わせて歯科医師がひとつずつオーダーメイドで作っていくので、どうしても料金が割高になります。

ネコさん

量産とハンドメイドとの違いみたいなものですか?

柿木先生

そうですね。ループを作る時はレントゲン写真やデータとにらめっこして作っていくので、どうしても時間と手間がかかります。

取り扱っている歯科が少ない

ループを作る新しい矯正方法は、理論を学び実践的な訓練も必要です。そのため、まだ取り扱っている歯科クリニックはあまり多くありません。矯正専門の歯科でもループの症例がたくさんあるところを選びましょう。矯正で失敗してしまい、他院でやり直したい人にもおすすめです。

ネコさん

矯正歯科でも持っている技術は色々なんですね〜。

柿木先生

そうですね。各医院のホームページなどを調べれば、症例紹介などを知ることができますよ。

難しい症例でもマルチループで解決できる!

ワイヤーにループを作る方法は、従来では難しかった症例でも柔軟に対応することが可能です。見た目や費用などの問題もありますので、必ず事前に説明があると思います。よく聞いて、納得した上で治療を受けましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • スタンダードエッジワイズ法は主に、歯を後ろに動かす・隙間を埋めることに使う
    • MEAWは歯槽骨から歯を動かすことができ、抜歯や外科手術なしで矯正できる
    • MEAWは治療期間が従来に比べて短い
    • 複数ループがあると、違和感や口内炎、見た目の問題がある
    • ループは担当医が自分でワイヤーを曲げるので、その分費用がかかる