抜歯はメリットもある!? 矯正で歯を抜く理由や抜かないケースについて

抜歯はメリットもある!? 矯正で歯を抜く理由や抜かないケースについて

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

最近インターネットでは、歯を抜かずに矯正治療をする「非抜歯」を勧める記事をよく見かけます。たしかに抜歯と聞くとちょっと躊躇する人も多いでしょう。基本的に健康な歯を残すことは良いことですが、歯の状態によっては抜歯したほうが後の歯並びにとって良い場合もあります。

ここでは、矯正治療で歯を抜く理由や、非抜歯の治療法はどんなケースなのかなどをご紹介します。歯医者さんで抜歯と言われても、この記事を読めば安心して治療に臨むことができますよ。

矯正で抜歯する理由

相談

矯正では、あえて健康な歯を抜く場合があります。それは、全体的なバランスから見て、後に理想的な歯並びにするためです。

日本人の骨格は元々顎が小さいことが特徴なのですが、現代人は柔らかい食べ物を食べているため、昔より更に顎が小さくなっているといわれています。顎が小さいということは、歯が並ぶスペースも狭くなっているということ。歯のための充分なスペースがない場合、歯が無理な状態で生えることになり、理想的な歯並びにはならなくなってしまうのです。

歯が生える充分なスペースを作らない場合、歯が無理に生えようとしてねじれて生えたり、前方に出っ張ったりします。その結果、隣り合った歯が重なって叢生と呼ばれる凸凹の歯並びになることがあります。

また、歯が重なっていると歯ブラシが届きにくくなり、歯についた歯垢が落としにくくなって虫歯や歯周病の原因となります。歯垢がたまると口臭の原因にもなる上、見た目にも美しい歯並びとは言えません。

矯正で抜歯する歯、抜歯しない歯

比較

矯正治療で抜歯するのは、主に前から4番目・5番目の小臼歯と呼ばれる歯です。これらの歯は、抜いても噛み合わせに大きな支障がないとされています。

また、通常の本数よりも多く生えている過剰歯も抜くことがあります。

一方、抜かない歯は、前歯・犬歯・奥歯です。前歯は、見た目にも噛み切る際にも重要な歯です。

犬歯は、噛み合わせのバランスを取るのに重要な歯なので基本的に抜くことはありません。もし、犬歯が前に出てしまっている場合には、隣の健康な歯を抜いて、前に出た犬歯が正しい位置に収まるような対応をします。

奥歯は、食べ物をすり潰して消化を良くするのに必要な歯です。もし、奥歯を抜いてスペースを作ったとしても、全体を大きく動かさなければならず、効率もよくありません。

矯正治療で抜歯するメリット

顎が狭い場合に歯を抜いて矯正治療をすると、以下のようなメリットがあります。

歯が動きやすくなる

抜歯によって充分なスペースが作られるため、矯正治療の際に歯が動きやすくなります。そのため、無理なく歯列を矯正することが可能です。

盛り上がった口元になるのを防ぐ

狭いスペースで無理に歯を移動すると、歯列自体がどうしても盛り上がってしまい、口を閉じたときに口元が盛り上がってしまうことがあります。横から見ると口元が出っ張っている状態です。

抜歯をすれば、歯は収まるべき場所にきちんと収まるため、口元が盛り上がる心配がありません。

バランスが整い美しい歯並びを保てる

狭い顎の中で無理やり歯列を整えようとすると、歯が重なって凸凹の歯並びになるとお伝えしましたが、その理由は顎と歯の本数のバランスが合っていないからです。

抜歯すると、歯並びと顎のバランスが整うため、審美的に良くなるのはもちろん、矯正後も歯列が乱れにくくなり、美しい状態をキープすることが可能です。

矯正治療で抜歯するデメリット

デメリット

反対に、抜歯することのデメリットは、以下のようなことです。

健康な歯を抜くことになる

先述したように、抜歯する際には全体のバランスを調整するために健康な歯を抜きます。抜いても支障のない歯を抜歯しますが、抜く必要がなければ抜かないに越したことはありません。

歯全体の噛む力が落ちる

抜歯する際は1本だけでなく、場合によっては2〜4本抜くこともありますが、元々あった28本から歯を抜けば、単純に抜いた数だけ本数が減ります。そのため、抜歯する本数が多いほど、食べ物を噛む強度も落ちる可能性があり、1本にかかる負担も大きくなります。

矯正に時間がかかることがある

抜歯による矯正治療は、抜歯した後のスペースを埋めるように歯を移動するのですが、歯は1ヶ月で1mm程度しか動きません。そのため、美しい歯並びになるには時間がかかります。抜歯した後のスペースが大きく、移動させる距離が長くなるほど、治療期間が長引くことがあります。

矯正で抜歯しない「非抜歯」のケース

抜歯

矯正治療で抜歯しなくて良いケースは、次のようなものです。

    • 大きな凸凹がない
    • 充分なスペースがある
    • 乳歯が残っている子ども

大きな歯の重なりや突出が少ない軽度の叢生の場合には、抜歯しなくても歯列を整えられる可能性があります。

また、すきっ歯などで、はじめから歯を移動するのに充分なスペースがある場合も、抜歯をする必要がありません。

乳歯が残っている成長期の子どもは、顎の成長を促すことで矯正ができる可能性があります。顎の骨を拡大することで、永久歯が自然な歯列で生えてくるからです。子どもの矯正治療をより詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

出っ歯を治すにはヘッドギア矯正が効果的!使用時間と費用もご紹介

出っ歯を治すにはヘッドギア矯正が効果的!使用時間と費用もご紹介

矯正で抜歯しないメリット

笑顔でOKサインを出す女性

歯を抜かないで矯正治療する一番のメリットは、健康な歯を残せるということです。ただし、健康な歯を残すことを重視するあまり、先述したように歯を移動する充分なスペースがなくなり、かえって無理な歯列矯正になる場合があります。

抜歯しない矯正治療は、抜歯しなくても無理なく矯正できる場合です。

適切な抜歯で理想の歯並びになろう!

矯正治療で抜歯をする理由は、歯を移動させるのに充分なスペースを作ることです。顎が狭い場合は、抜いても噛み合わせに影響のない健康な小臼歯を抜くことで、歯全体のバランスを整えます。

歯を抜くメリットとしては、以下のようなものがあります。

    • 歯が動きやすくなる
    • 盛り上がった口元になるのを防ぐ
    • 美しく整った歯並びを保てる

抜歯をしない「非抜歯」の治療が有効なのは、歯の重なりや凸凹が軽度の場合やすきっ歯などでスペースがある場合、顎を拡大できる成長期の子どもの場合です。

健康な歯を抜くというと抵抗感がある人もいるかもしれません。しかし、歯を抜かないことのリスクのほうが大きい場合は、噛み合わせに支障の少ない歯を抜くことで、後の歯並びや噛み合わせが良くなる方法を取るのが得策なのです。