噛み合わせ矯正は保険が使えることもある!保険適用できる3ケースとは?

噛み合わせ矯正は保険が使えることもある!保険適用できる3ケースとは?

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

歯列矯正の治療は基本的には保険適用外ですが、中には保険が適用されるケースがあります。

歯列矯正で気になるのはやはり金額です。部分的な矯正でも高額になるため、できるだけ安く抑えたいですよね。

今回は、歯の矯正治療で保険が適用される3つのケースについてご紹介します。諦めていた矯正も、もしかしたら保険がきいて安く治療できるかもしれませんよ。

噛み合わせ矯正で保険が使える3つのケース

歯の矯正治療で保険が適用される疾患は、厚生労働省によって定められています。顎変形症・指定された疾患が原因の咬合異常・前歯3本以上の永久歯が出て来ないことによる咬合異常です。

1.顎変形症の外科手術

顎変形症は、顎の骨の変形や骨格の問題などで生じる噛み合わせの不具合からなる疾患です。

顎の骨の変形やズレは、舌で前歯を押し出す・常に右肘だけで頬杖をつくなど、長年のクセなどが原因となる場合が多くあります。

顎口腔機能診断施設に指定された医療機関で診断・認定され、規定の外科手術などを含む治療を行う際には、保険適用となります。

顎変形症は意外と該当する人が多いので、まずは以下の顎変形症の種類に当てはまるかどうか確認し、一度医療機関に相談してみてください。

顎変形症の種類は、以下の5種類です。

上顎前突症

上顎前突症

いわゆる出っ歯と呼ばれるものです。通常の歯列矯正だけでは治せず、骨格から治療する場合に保険が適用されます。

前歯が邪魔になり口を閉じづらくなり、口の中が乾燥しがちで虫歯や歯周病になりやすくなります。

下顎前突症

反対咬合

いわゆる受け口と呼ばれるものです。上顎前突症と同様、骨格の問題で歯列矯正のみでは治療できないケースです。

前歯で食べ物を噛みづらいので消化不良になったり、発音が正しくできない場合があります。

開咬症

開咬症

上下の歯を閉じたとき、前歯が合わず口が開いたような状態になるケースです。顎の構造により開咬症になっている場合は保険が適用されます。

口が閉じていないと口内が乾燥しやすくなり、虫歯菌が繁殖しやすく虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

過蓋咬合症

過蓋咬合症

開咬症とは反対に、前歯が噛み合いすぎる・前歯が下の歯を大きく覆ってしまうケースです。こちらも骨格の問題が原因の場合に保険適用されます。

上下の歯の接触が激しく、歯の表面のエナメル質が削られるなど損傷しやすくなります。

顔面非対称症

左右非対称に歯が噛み合わさっている状態で、顎の歪みからくるケースです。ひどい場合には筋肉も左右非対称につき、左右どちらかに偏って見えます。

顎変形症にかかる費用と期間

診察費用

保険を使わない自由診療の場合は、医療機関によって異なりますが、およそ100〜200万円程度かかります。しかし、保険が適用される場合は40〜50万円程度に抑えることができます。

ただし、保険が適用されるには外科手術を行うことが条件となります。手術と聞くとちょっとハードルが高く感じてしまう人もいると思いますが、顎の変形は一般の矯正治療だけだと根本的な解決にはつながりにくいので、しっかりと治療することをおすすめします。

なお、外科手術を含む顎変形症の治療期間は、術後の矯正治療を含め約1〜2年間です(個人差があります)。

2. 疾患が原因で咬合異常が起こる指定53種の病気や症状

診察券

顎変形症のほかに、先天性の病気が原因や症状が原因で起こる咬合異常がみられる場合、保険が適用されます。

指定されている病気や症状は、以下の53種類です。

唇顎口蓋裂ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む。)
鎖骨頭蓋骨異形成トリーチャ・コリンズ症候群
ピエール・ロバン症候群ダウン症候群
ラッセル・シルバー症候群ターナー症候群
ベックウィズ・ウイーデマン症候群顔面半側萎縮症
先天性ミオパチー筋ジストロフィー
脊髄性筋委縮症顔面半側肥大症
エリス・ヴァンクレベルド症候群軟骨形成不全症
外胚葉異形成症神経線維腫症
基底細胞母斑症候群ヌーナン症候群
マルファン症候群プラダー・ウィリー症候群
顔面裂大理石骨病
色素失調症口腔・顔面・指趾症候群
メビウス症候群歌舞伎症候群
クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群ウイリアムズ症候群
ビンダー症候群スティックラー症候群
小舌症頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む。)
骨形成不全症フリーマン・シェルドン症候群
ルビンスタイン・ティビ症候群染色体欠失症候群
ラーセン症候群濃化異骨症
6歯以上の先天性部分(性)無歯症CHARGE症候群
マーシャル症候群成長ホルモン分泌不全性低身長症
ポリエックス症候群リング18 症候群
リンパ管腫全前脳胞症
クラインフェルター症候群偽性低アルドステロン症
ソトス症候群グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
その他顎・口腔の先天異常(顎・口腔の奇形、変形を伴う先天性疾患などで治療の必要性が認められる場合)

3.前歯3本以上の永久歯萠出不全による咬合異常

歯列

こちらは2018年4月から加えられた項目です。ある程度の年齢になっても、前歯の永久歯が3本以上生えてこないという状態になります。

ただし、前歯の定義は素人判断では難しいものです。前歯とはどこからどこまでを指すのかは、医療機関で正確に判断してもらうのが良いでしょう。

また、幼児期に前歯が抜けたり破損したりしてしまうと、傷口が治るタイミングで硬い骨が形成され、永久歯が出てくるのが遅れることがあります。該当以外の歯が正常に永久歯に生え変わっている場合には、骨の異常や先天性疾患ではないので、保険は適用されません。

保険適用の矯正治療ができる医療機関は?

歯科

日本矯正歯科学会が発表している、保険適用の矯正治療ができる医療機関の一覧をご紹介します。リストは、厚生労働省が定める施設基準に適合する医療機関として、地方厚生(支)局長に提出されたものです。

日本全国の大規模病院から個人開業医まで掲載されているので、自分の行きたい地域をぜひ探してみてください。きっと近くの歯医者さんが見つかりますよ。

矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは | 公益社団法人 日本矯正歯科学会

矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは | 公益社団法人 日本矯正歯科学会

意外と保険適用するケースが多い噛み合わせ矯正

保険が適用される矯正治療で、多くの人に該当するのは顎変形症です。長年のクセから顎の骨が変形したりズレが生じたりするケースが多いので、「当てはまらないのでは?」と思う前に、医療機関に相談してみるのが良いでしょう。

他に、先天性疾患が原因のものと、前歯の永久歯3本以上が生えてこない場合の咬合異常が保険に適用されます。

自分では判断がつきにくい場合は、近くの歯医者さんなどに相談してみるのがおすすめです。