矯正治療の「便宜抜歯」とは? 虫歯や歯周病の抜歯との違いは?

矯正治療の「便宜抜歯」とは? 虫歯や歯周病の抜歯との違いは?

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

歯医者さんで「便宜抜歯」という言葉を聞いて「何のこと?」と思ったことはありませんか?

便宜抜歯とは、歯医者さんが使う専門用語です。この記事では、普通の抜歯とどう違うのか、虫歯や歯周病の抜歯との違いは何かについて、説明します。

便宜抜歯とは

考える少女

便宜抜歯とは、文字通り便宜上歯を抜くことです。通常の抜歯は、治療しても解決できない場合や、放っておくと他の歯にまで害を及ぼす、症状が深刻化した虫歯や歯周病などに行われます。

それに対して便宜抜歯は、治療するにあたって全体の噛み合わせや歯並びを良くするために、病気ではない正常な歯を抜くことです。

とはいえ、生まれ持った天然の健康な歯は1本でも多く残したいもの。問題のない歯をむやみやたらと抜くわけではありません。便宜抜歯は、長期的に、また全体的に見て、歯の本数を減らしたほうが健全を保てると判断された場合のみ、やむなく行われるものです。

「便宜上」というと安易に歯を抜いてしまうイメージがあるので、最近では「必要抜歯」などと言う歯医者さんもいるようです。

便宜抜歯をする歯

歯列

便宜抜歯で抜く歯は、たいてい第4〜5小臼歯です(場合によっては違う歯を抜くケースもあります)。

人間の歯は前歯4本と犬歯(左右1本ずつ)に続いて、小臼歯が左右2本ずつ、その後に大臼歯が左右に3本ずつあります。

小臼歯は、犬歯と大臼歯に挟まれた真ん中程度にある歯のことで、抜いたとしても噛み合わせには大きな影響はないとされています。

便宜抜歯が必要な理由

叢生の歯並び

歯列矯正で便宜抜歯が必要な理由は、歯と、歯が生えている土台となっている顎の骨のバランスを良くするためです。

歯の大きさに対して顎が小さい場合、歯が窮屈になって正常に生えることができません。すると、満員電車のように歯がギュウギュウになって、ねじれたり、他の歯と重なってしまったりするのです。

歯がねじれたり重なって生えて凸凹に生えている状態を、叢生(そうせい)といいます。叢生は以下のようなデメリットがあります。

    • 噛み合わせが悪くなる
    • 見た目が良くない
    • 歯ブラシが届かない箇所があり、虫歯や歯周病の原因になる
    • 歯垢が取り切れないので口臭の原因になる
    • 正しく噛めず消化されにくい
    • 肩こりや姿勢が悪くなるなど、体全体に悪影響を及ぼす
    • 充分に食いしばれず、運動時などのパフォーマンスが落ちる

叢生は歯の大きさに対して土台のスペースが足りないことから起こります。それゆえ、叢生を治すためには、充分なスペースが必要です。

そこで、噛み合わせにできるだけ影響の少ない歯を抜いてスペースを作り、重なっている歯を動かして、正常な向きに整えていくのです。

具体的には、スペースを作った後、ワイヤーなどの矯正装置で歯を移動していきます。

便宜抜歯のメリット

便宜抜歯は、ただ見た目が良くなるだけでなく、以下のようなメリットがあります。

便宜抜歯のメリット
    • 噛み合わせが良くなる
    • 歯並びが良くなる
    • 口元の出っ張りを解消できる
    • 虫歯や歯周病になりにくくなる
    • 正しく噛めるようになり、消化されやすくなる
    • 肩こりや姿勢が改善される
    • 運動時などのパフォーマンスがあがる

便宜抜歯のデメリット

便宜抜歯のメリットはたくさんありますが、デメリットがないわけではありません。

便宜抜歯のデメリット
    • 問題のない歯を抜かなければならない
    • 抜歯に伴う痛みがあることがある
    • 歯の本数が減る
    • 噛む力の強度が落ちる
    • 歯を引っ張る距離が増えるため、矯正期間が比較的長くなる

便宜抜歯で歯を抜くと、元々あった本数より歯の数が減るため、噛む力は若干落ちることになります。ただし、それを差し引いても、噛み合わせが改善されることによるたくさんのメリットを得ることができます。

なんとか抜歯せずに治療できないか?

「便宜抜歯の理由はわかったけれど、それでもやっぱりなんとか抜歯せずに治療できないかなぁ」と思うのは、誰もが思うことです。

現在、歯を抜かない「非抜歯」という方法をよく見かけます。歯を抜かなくても歯列矯正できるということですが、非抜歯で歯列矯正するには、ある条件があります。その条件とは、顎の大きさが十分にありごく軽い修正で歯を並べることができる場合、成長期で顎の横方向の成長を促すことができる場合、特殊な装置を使えば奥歯を奥に動かせる場合です。

通常歯医者さんは、「できれば健康で正常な歯を残して治療したい」と考えるものです。ですが、歯を残すことが後々に良くないと分かっている場合には、便宜抜歯という判断をすることになります。

現在矯正治療では、約8割程度の人が便宜抜歯を行っているというデータがあります。成長が済んでいる大人の場合、スペースがないのに無理に歯を動かして矯正しようとすると、歯が元に戻ろうとする力が働き、「後もどり」しやすいことが分かっているからです。せっかく矯正治療してもまた元に戻ってしまうと、結局は繰り返し矯正しなければならない可能性も出てきます。

ですので、真摯な歯医者さんであれば、便宜抜歯をする理由をしっかりと説明した上で、最善の治療を進めてくれるでしょう。

また、非抜歯には、わずかにエナメル質を削ってスペースを作るディスキングという方法もあります。ただし、歯の状態は個人個人で異なるため、適用されるかどうかは歯医者さんに委ねられます。

便宜抜歯したあとの注意点

リスト

便宜抜歯したあとは、通常の抜歯と同じでいくつか注意することがあります。

止血後は固い食べ物や刺激物を避ける

歯医者さんで便宜抜歯した後の食事は、抜歯してから1時間以上経ってからにします。また、固いものや刺激のあるもの、辛いものは避け、できるだけ抜いていない反対側の歯で噛むようにしましょう。

痛みが出ることがある

人によっては、抜いた翌日あたりまで多少の痛みや少量の出血がある場合があります。これは想定内ですが、処方された痛み止めを飲んでも痛みが引かないようなら、歯医者さんに連絡するのがおすすめです。

また、多量の出血が止まらない場合は、ガーゼを取り替えつつ様子を見て、あまりにも止まらないようなら歯医者さんに連絡しましょう。

舌や指で触らない

抜いた部分はどうしても気になって、舌や指で触りたくなってしまいますが、舌や指で触りすぎると、止血が遅くなったり、雑菌などが入りやすくなったりする恐れがあります。

血行を良くする行為は控える

ジョギング

全身の血行を良くすると、出血が止まりにくくなります。長時間の入浴や激しい運動、大量の飲酒などは避けるのが賢明です。

便宜抜歯とは理想の歯並びに必要な治療です

便宜抜歯は、矯正治療の叢生などでほとんどの場合に行われます。目的は、歯が並ぶ充分なスペースを確保することです。

虫歯や歯周病などの病気ではない健康な歯を抜くことになります。ですが、噛み合わせを良くして理想的な歯並びにし、全体の長期的な歯と体の健康を保つ上では必要なことです。

便宜抜歯のメリット
    • 噛み合わせが良くなる
    • 歯並びが良くなる
    • 口元の出っ張りを解消できる
    • 虫歯や歯周病になりにくくなる
    • 正しく噛めるようになり、消化されやすくなる
    • 肩こりや姿勢が改善される
    • 運動時などのパフォーマンスがあがる

便宜抜歯と言われたら、この記事で説明したことを思い出して、安心して矯正治療を受けてください。