インプラント治療の後で歯列矯正ができないって本当?

インプラント治療の後で歯列矯正ができないって本当?

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。
歯を失った時、その機能を補うための治療としてインプラントは非常に優れています。しかしながら人工の歯とあって、天然歯のようにはいかないことがあります。
そのひとつが歯列矯正です。
ここでは、インプラント治療をしてから歯列矯正ができないことがある理由と、それぞれの治療法の流れや違いについて説明していきます。

「歯列矯正をするかインプラントにするか、迷っています」

例えば、こんな事例があります。
歯列矯正を受けるか、インプラント治療にするか迷っている患者さんです。
「以前、虫歯が悪化して神経を抜いた歯の保存が難しい状態になってしまったので抜歯することになりました。失った歯の代わりにインプラントを入れようと思っていますが、もともと出っ歯なので歯列矯正してはどうかという提案を受けました。矯正もインプラントもデメリットが目に付いてしまい、矯正するかインプラントにするか迷っています。どちらが将来的にもメリットが大きい治療でしょうか?」
みなさんは、どちらが良いと思いますか?
インプラントと歯列矯正、将来的にメリットが大きいのはどちらの治療なのでしょうか。
そもそも、なぜこの2つの治療で迷うのか理由がわからないという人も少なくないと思います。
ここでは、なぜこの2つのケースで迷うのか、この事例に対するおすすめの治療について、説明していきます。

インプラント治療をした後で歯列矯正できない?

インプラントを入れた場所にもよりますが、同じ場所であれば歯列矯正できないケースが多いでしょう。この事例の場合は、抜歯したところにインプラントを入れた後では、出っ歯の歯列矯正ができないというのが歯科医師の診断でした。

両方したいのなら先に歯列矯正しておこう

インプラントは天然歯が蘇ったかのような噛み心地が得られる優れた治療ですが、天然歯ではないので、天然歯と同じようにできないことがあります。そのひとつが歯列矯正です。
歯列矯正は、歯が動いていく特性を利用して行われます。インプラントの場合は、人工の歯根ががっちりと顎の骨に埋め込まれているので動かすことができません
そのため、先にインプラント治療をしてしまうと、後から歯列矯正ができなくなるのです。
両方の治療をやってみたいと考えているなら、先に歯列矯正をすることをおすすめします。
ただし、お口の状態にもよります。まずは診断を受けて、歯科医師から説明を受けて検討するようにしてください。

インプラント治療で矯正せずに済むことも

インプラント治療の際には、歯根を埋め込む場所や被せ物の形を調整することができます。ちょっとした歯列の乱れでしたら、完全には難しくても少し整えることは可能です。上下の顎の噛み合わせのズレに関わる調整は難しいですが、少しの歯の重なりや隙間などの場合は、インプラント治療で気にならない程度に修正できて歯列矯正をせずに済むケースもあります。
こちらも患者さんの歯並びの乱れの程度や状態によりますので、歯科医師の診断が必要です。

インプラント治療と歯列矯正の違いとは?

歯並びを治す際、「インプラントで治すのか、歯列矯正で治すのか、どちらが良い?」いう選択肢になることもあるでしょう。

しかしながら、本来インプラント治療は歯列矯正のための治療法ではなく、歯を失った時に噛めるようにするための治療です。顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこにセラミックなどでできた白い歯を被せて、人工の歯をつくります。
歯列矯正は、歯並びや噛み合わせの不正を治すことを目的とした治療です。ワイヤーやマウスピースを使って歯を正しい位置に動かしていきますが、歯を動かす空間を確保するために抜歯が必要となることがあります。

つまり大まかにいうと、抜けた歯を補うために手術で人工の歯を入れるのがインプラントで、歯並びや噛み合わせを整えるために歯を抜くこともあるのが歯列矯正です。
注意
芸能人など人前に出る仕事のために、急いで歯並びを整える必要がある場合は、インプラント治療で矯正するケースもあります。とはいえ、健康な歯を抜いて人工の歯を埋め込む治療になりますのでリスクがある方法です。
どうしてもインプラント治療でしか治せないような難症例でない限り、インプラントで歯並びを治すのは、あまりおすすめとはいえません。
インプラント矯正とは?
一般的にインプラント矯正と呼ばれる矯正の方法があるのですが、これは、健康な歯を抜いて、代わりにインプラントと白い歯の被せ物を植える矯正治療とは異なります。
歯ぐきに矯正装置であるワイヤーをひっぱるための固定源(インプラント)を埋め込む治療法です。土台の力が強くなるため、難しい症例にも適応できますし、矯正期間を短縮できます。矯正が終わったら固定源にしたインプラントは外します。

インプラント治療をすると、どんなメリットがある?

インプラント治療をすると、よく噛める、食事がおいしくなる、見た目がきれいになる、残っている歯を大切にできるなど、非常に快適に暮らせるようになるといいます。
インプラントは治療の満足度が高く、ある学会が行った調査では、インプラント治療を受けた患者さんから97%もの「満足」という回答を得ています。
まさに「人生を変える」ほどのメリットがあるといわれています。

ほかにも、インプラントのメリットはたくさんあります。詳しくは、下記のページも参照してください。

インプラント治療をして人生が変わった!8つの大きなメリットとは?

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、治療法にもよりますが一般的には詳しい診断をしたあと、2回の手術と経過の診察を行います。もし、土台になる顎の骨が少ない場合は、骨造成や骨移植といった事前準備の手術が必要です。インプラントの本数やお口の状態にもよりますが、3カ月~1年近くかかります。治療が終わった後は、定期検診&メンテナンスのための通院が必要です。

インプラント治療のリスクは?

インプラント治療の最大のリスクは、外科手術を伴う大掛りな治療である点でしょう。
一般的な歯科治療よりも、歯科医師にとっても専門的な知識や技術が必要となります。専門性の高さを認められた歯科医師には、専門医や認定医といった資格が与えられています。
インプラント手術の成功率は極めて100%に近いのですが、絶対に失敗しないとはいえません。また、術後に腫れや痛みがでることもありますので、抗生物質や痛み止めを処方されます。
そしてインプラントそのものは虫歯にはなりませんが、インプラント周囲炎という歯周病のような病気にかかりやすいのも特徴です。
リスクとは少し違うかもしれませんが、インプラント治療のあとは、これまで以上に徹底したセルフケアと歯科医院での定期検診が必要となります。

歯列矯正をすると、どんなメリットがある?

歯列矯正には、たくさんのメリットがあります。
歯並びをきれいに整えるため、見た目が美しくなるという印象が強いかもしれませんが、歯列矯正のメリットは審美面だけではありません。歯並びや噛み合わせが整うことで、全身の健康にもすばらしい影響があります。
まず、噛みやすくなるため食事がおいしくなりますし、咀嚼力が高まりますので栄養を効率よく吸収できます。
そして歯並びのガタガタがなくなると、隙間に汚れや歯垢がたまりにくくなって歯磨きもスムーズにできるようになります。虫歯や歯周病にかかるリスクがグッと低くなるのは大きな魅力です。
歯と歯の間に隙間があったせいで発音しにくかった人は、聞き取りやすい喋り方ができるようになったため人とのコミュニケーションが円滑になり、前向きな明るい気持ちになれたといいます。
顔のバランスがよくなって歪みが治り、慢性的な肩こりや頭痛が治る人もいます。
歯列矯正は、見た目がきれいになるのはもちろんのこと、たくさんのメリットがあるのです。

歯列矯正の治療法とは?

歯列矯正には、一般的なワイヤーの矯正器具を使った方法のほかにも、いろいろな治療法があります。目立たない透明なマウスピースを使う矯正もあります。
大きく歯を動かしたい時は、動かせる空間をつくるために抜歯が必要になることも少なくありません。その場合は、健康な歯を抜くことになります。
最初にお話しした事例の場合は、虫歯になった歯を抜歯するので、その空間を利用して矯正をしてしまうおうという治療の提案です。
健康な歯をわざわざ抜く必要がなくなるので、ある意味、矯正のチャンスともいえます。その機会を活かした矯正です。

歯列矯正の治療の流れ

歯列矯正はカウンセリングから始まります。治療法によっては長く矯正装置を着けることになるため、歯のクリーニング、虫歯や歯周病の治療を優先して行い、お口の中の細菌を減らしてから治療に入ります。
矯正中はセルフケアでは汚れを落としきれないため、定期検診の際にクリーニングを行い、虫歯や歯周病の予防をします。
前歯だけ、といった部分矯正の場合は半年~1年くらい、全体的な矯正の場合は、1年半~2年くらいかかります。また、矯正が済んだ後は固定させるために保定装置をつける期間が必要となります。

インプラント治療と歯科矯正、どちらが将来的にメリットがある治療?

最後に、この事例の患者さんが知りたかった「インプラント治療と歯科矯正、どちらが将来的にメリットがある治療?」という疑問の答えとしては、「歯列矯正」という答えになるでしょう。
歯列矯正では、特に今回の出っ歯をひっこめるような大掛かりな治療の場合、歯を動かすスペースをつくるために抜歯を免れないことが多いでしょう。ですが、このケースでは既に抜歯されているので、その空間を利用して矯正できます。
矯正のために健康な歯を抜くリスクが無いのでしたら、健康な歯を大切にできる歯列矯正を選ぶ方が歯の健康に歯よいといえそうです。
そうはいっても、患者さん一人ひとりのお口の状態によって異なります。必ずしもインプラントと矯正を比べたとき、矯正が有益とは限りませんので、歯科医師の診断を受けて一緒に検討するようにしてください。
writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。