【保存版】マウスピース矯正のメリットとデメリット!種類・期間・費用も紹介

【保存版】マウスピース矯正のメリットとデメリット!種類・期間・費用も紹介

この記事の監修医師一覧

櫻井祐弥先生
櫻井 祐弥 先生
所属:エムズ歯科クリニック下落合
専門:デジタル
東京都出身。東京医科歯科大学を卒業し、インプラント専門医の下で臨床研修を行った後に医療法人社団翔舞会エムズ歯科クリニックに入社。現在、エムズ歯科クリニック下落合院長として診療をする傍ら、子育てと趣味の読書と最近習い始めたゴルフに奮闘している。
柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。
矯正してみたいけれど、金属の矯正装置が目立って「いかにも矯正しています」という見た目になるのは恥ずかしい…そんな人におすすめなのが、透明で目立たないマウスピース矯正です。
ここでは、知っているようで知らないことが多いマウスピース矯正について、メリット・デメリット、種類、費用目安、治療期間などについてまとめています。おすすめのマウスピース矯正も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
この記事がおすすめな人
    • 矯正してみたいけれど、矯正装置が目立つと恥ずかしい。
    • マウスピース矯正は、周りの人に気づかれにくいって本当?
    • マウスピース矯正のメリット・デメリットを知りたい。
    • おすすめのマウスピース矯正や、それぞれの特徴を知りたい。

マウスピース矯正って、どんな治療?

ネコさん

先生、マウスピース矯正って、周りの人にバレにくいって聞いたのですが、本当ですか?矯正してみたいんですけど、ちょっと恥ずかしくて…。

櫻井先生

そうですね、マウスピースは透明なので、歯に装着していても周りに気づかれにくいですね。

ネコさん

わぁ、そうなんですね!詳しく知りたいです~!

マウスピース矯正は、透明の矯正装置を歯に取り付けて治療を進めます。
まったく装置が見えないということはないので、周りの人に一切バレないというと言い過ぎかもしれませんが、いかにも矯正しているという風には見えません。一定の距離を持って接すると、気付かれないことも多いでしょう。
一般的な金属のワイヤー矯正の場合は、歯に金属のブラケットという装置を接着し、そこへ金属製のワイヤーを通して歯を動かしていきます。
マウスピース矯正の場合は、ご自身の口に合わせてマウスピースを作成し、矯正期間中に何度か交換して理想の歯並びに近づけていきます。

マウスピース治療はこんな人に向いている!

ネコさん

矯正装置が目立たないのは、本当に嬉しいですね~!ずっと着けていないといけないし、それが気になって矯正を始める勇気がでないんですよね。

櫻井先生

マウスピースは目立ちませんし、食事や歯磨きの時は取り外せますからストレスが少ないと思いますよ。

ネコさん

えっ!取り外せるんですか?それは気が楽ですね~!先生、マウスピース矯正って、わたし向きかも~!

櫻井先生

そうですね、マウスピース矯正に向いているのは下記のような人です。

    • 接客業や人と話す仕事をしている人
    • 矯正していることをあまり知られたくない
    • 金属アレルギーがある人
    • 食事中は矯正装置を外したい人
    • できるだけ少ない痛みで矯正治療をしたい人

マウスピース矯正のメリットとは?

ネコさん

すでにメリットがいっぱいな気がしているんですが、ほかにもおすすめポイントがあったら知りたいです~!

櫻井先生

マウスピース矯正には、下記のような多くのメリットがあるんですよ。

透明、薄い、目立たない

マウスピースは、ほどよい硬さと柔軟性を兼ね備えた高品質素材でできています。歯にフィットしているので着けていても違和感がなく、薄くて透明なので目立ちません。

取り外しできる

食事や歯磨きの際には取り外します。とはいえ、決められた装着時間を守らなければ矯正効果がでないので自己管理力が必要ですが、いざとなったら外せるという安心感は、ストレス軽減には役立つでしょう。

食事しやすい

マウスピースは着けたまま食事できませんので、食事のたびに取り外します。
ワイヤー矯正のように痛くて噛みにくいものがあったり、矯正装置に食べカスが溜まりやすかったりしませんので、食事をおいしく食べられます。食事が充実することで、矯正期間のストレスがかなり軽減されます。

歯磨きしやすいのでお口を清潔に保てる

ワイヤー矯正の課題となるのが、お口の衛生環境の維持です。矯正装置をずっと着けっぱなしでいるため、装置のすき間に食べカスや歯垢が溜まりやすくなるのです。
普段以上に歯磨きを念入りにしなければなりませんが、なかなか難易度が高いので、矯正中に虫歯や歯周病になってしまう人も少なくありません。せっかく矯正したのに歯を台無しにしてしまっては元も子もないので、虫歯や歯周病のリスクが少ないのは大きな魅力です。

痛みが少ない

マウスピース矯正は、痛みが少ないのも特徴とされています。マウスピースがぴったりと歯に密着するため、着脱する際は、少々引っ張られる感覚はありますが、装着時にはほとんど痛みを感じないでしょう。

金属アレルギーの心配がない

マウスピース矯正は金属を使っていませんので、金属アレルギーのリスクがなく、治療を続けられます。
もともと金属アレルギーの自覚がない人でも、長期間お口の中に金属を入れているうちに発症することもあるので、金属不使用は安心ですね。

矯正装置のトラブルが少ない

ワイヤー矯正につきものなのが、ブラケットがとれやすいというトラブルです。
矯正装置の脱落は想定内とはいえ、そのたびに歯科医院へ駈け込んだり、自分で応急処置をしたりするのも大変ですから、そんなストレスから解放されるだけでもメリットは大きいといえます。

虫歯治療も同時にできる

矯正装置を取り外せるので、矯正期間中に虫歯治療を同時に進めることができます。
ブラケットを装着して装置を着けっぱなしにする矯正では、虫歯や歯周病の治療を終えてから矯正を始めることになりますが、マウスピース矯正では同時に進めることができます。途中で虫歯ができたときも治療しやすいというのも安心ですね。

マウスピース矯正のデメリットって?

ネコさん

先生、マウスピース矯正って、すごく良いところが多いですね!注意点なんかはあるんでしょうか~?

櫻井先生

デメリットは、向いていない歯並びもあることですね。それから取り外しできるので、装着時間を守らないと効果がでないという点は要注意です。

ネコさん

ヤバイ!サボらないようにしなくちゃ…!

歯並びによっては適用しない

歯を大きく動かす必要のある複雑な矯正の場合は、マウスピース矯正は向いていないといえます。不可能ではないのですが、相当時間がかかることと、費用がかさむことを覚悟しなければなりません。

装着時間を守らないと効果が出ない

取り外しできるため、つい食事や歯磨きの後で外したままで居たりしがち。装着時間を決められた通りに守っていかなければ矯正の効果は出にくくなります。自己管理力が必要です。
矯正中は歯が元に戻りやすいので、うっかりつけ忘れて外出してしまったら、台無しになりかねませんので気を着けましょう。

どれがいい?マウスピース矯正の種類

ネコさん

マウスピース矯正って色々あるみたいですが、どれがおすすめですか?違いがわからなくて…。

櫻井先生

歯科医院によって取り扱っている種類が違いますので、信頼できる歯医者におすすめを聞いてみると良いですよ。ここでは代表的な3種類を紹介しますね。

インビザライン

世界的にシェアが高いアメリカのマウスピース矯正です。ハリウッドセレブやスターも利用していることでも有名です。
3Dシミュレーションで治療計画を立て、歯型の型取りをしたら一度にまとめてマウスピースを作成します。シミュレーション通りに進まない場合は、再作成になる場合もあります。
インビザライン
    • 適用できる症状:抜歯を含む重度まで可能
    • 費用:30万〜85万円
    • 1日の装着時間:22時間
    • 矯正期間:数カ月〜2年間
    • 通院の頻度:2カ月に1回
    • 適用年齢:乳歯と永久歯の混在歯から可能
    • 保証:5年間(フル装備のみ)

アソアライナー

日本製のマウスピース矯正です。前歯のすきっ歯の矯正といった比較的、軽度の歯列矯正に向いています。
全体矯正を行って年数が経過したあとの後戻りの改善にも利用されます。
月1回に歯型の型取りをするので、精密に治療を行っていくことができます。
アソアライナー
    • 適用できる症状:軽度
    • 費用:〜30万円
    • 1日の装着時間:17時間以上
    • 矯正期間:半年以内
    • 通院の頻度:月1回〜半年に1回
    • 適用年齢:矯正する部位による
    • 保証:なし

DENマウスピース

日本製のマウスピースで、1日の装着時間が8~10時間と、他のマウスピースに比べると圧倒的に短くて済みます。1日の負担が少ない分、治療期間は長くなります。
通院のたびに歯型を採って、歯の動きに合わせて緻密に治療を進めていくことができます。抜歯を伴う大掛りな矯正も可能です。
DENマウスピース
    • 適用できる症状:軽度
    • 費用:1回3万円
    • 1日の装着時間:8〜10時間
    • 矯正期間:個人による
    • 通院の頻度:2週間に1度
    • 適用年齢:乳歯と永久歯の混在歯から可能
    • 保証:なし

マウスピース矯正はメリットが多いけれど、比較的軽度な治療向き!

ネコさん

先生、マウスピース矯正はメリットが多いけれど、自己管理力が問われるんですね~。おやつを我慢できないわたしにできるかなぁ…。

櫻井先生

マウスピースを着けているときは間食できませんので、我慢してくださいね。

ネコさん

エッ!そうなんですか…!だったら矯正中に自然にダイエットできるかも…!?

櫻井先生

マウスピースを外して間食したら、歯を磨いてからでないと再度装着できませんからね。面倒で間食が減ることもあるようですよ。間食したのに歯磨きをせずにマウスピースを装着したら虫歯の原因になりますので気を付けてくださいね。

ネコさん

よ~し、矯正とダイエット、両方がんばるぞー!

記事のポイントをチェック
    • マウスピース矯正は、着けていても違和感が少なくて目立たない
    • マウスピース矯正は、食事や歯磨きのとき取り外せるなどメリットが多い。
    • 装着時間を守らないと矯正の効果が出にくい。自己管理力が必要。
writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。