【歯科医師監修】根管充填とは?

【歯科医師監修】根管充填とは?
この記事の監修医情報を見てみる
この記事がおすすめな人
    • 歯の根の治療に伴い根管充填をすることになった方
    • 根管充填という治療法について詳しく知りたい方
    • 根管充填とは、何のためにする治療なのか知りたい方
    • 根管充填で気を付けることや大事なことを知りたい方
INDEX
  1. 根管充填には、どのような目的がありますか?
  2. 根管充填は、どのような手順で行いますか?
  3. 根管治療において大切なことは?

根管充填には、どのような目的がありますか?

さるくん

根管充填って何をするんですか?

梅田先生

歯の根の治療に伴い、取り除いた部分(根管)を埋める治療法が「根管充填」です。

さるくん

なぜ、取り除いた部分を埋めるんですか?どんな目的があるんですか?

梅田先生

ひとつめの目的は、ばい菌が歯の中に入ってこないようにすること。そして再繁殖といって、ばい菌が増えるのを防ぐこと。このふたつが根管充填の主な目的ですね。

根管充填は、どのような手順で行いますか?

さるくん

根管充填の手順を知りたいです~!

梅田先生

ゴムみたいな樹脂を使って根管を埋める、というのを常々やっていますが、それが使えないケースもあるんですね。

さるくん

どんなケースだと使えないんですか?

梅田先生

歯の根っこの先が壊れているような状況や、あとは少しだけ亀裂が入っていたり、穴が開いているときですね。「MTAセメント」を使って補強の意味も込めて塞ぐ場合があります。これらは状況に応じて使い分けています。

さるくん

へぇ~!根管充填は、歯の根っこを補強する役割も果たしてるんですね~!

根管治療において大切なことは?

さるくん

根管治療で大切なことって何ですか?

梅田先生

根管治療の中で一番大事なのは、歯の中にばい菌を入れないことと、すでに歯の中に入っているばい菌を徹底的に取り除くことですね。

さるくん

徹底的に?ってことは、ほんの少しでも取り残しちゃダメなんですか?

梅田先生

それが理想的です。ご自身の体を守るためにも、新しいばい菌が治療中に入らないように「ラバーダム」というゴムのシート状の装置をつけていただいて、必ず無菌的処置を行うようにした方がいいでしょう。

さるくん

ラバーダムがばい菌の侵入を防いでくれるんですね~!

梅田先生

そうですね。ただし、専門医としては、すでに歯の中に入ってしまっているばい菌を徹底的に取り除ける成功率は100%ではない、ということもお伝えしておかなければいけません。

さるくん

えぇ…?そんなに難しい治療なんだ…!

梅田先生

そうですね。根管は想以像上に複雑な形をしています。ですが、うまくいかなかった場合の次の一手というものを、我々は常に持っていますので、安心して治療を受けていただきたいと思っています。

さるくん

そうなんですね~!それなら安心して治療を受けられます~!