虫歯はヨーグルトで予防する!乳酸菌の選び方とおすすめ5選

虫歯はヨーグルトで予防する!乳酸菌の選び方とおすすめ5選
この記事の監修医情報を見てみる

ヨーグルトの乳酸菌は腸内環境を整えるのに良いということは、広く知れわたっています。しかし、口内環境にも良いということは、あまり知られていないかもしれません。近年では、乳酸菌の虫歯予防に対する研究が盛んに行われ、その効果が実証されています。ここでは、数あるヨーグルトの中でもどんな乳酸菌を選べばよいかをご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • どんなヨーグルトが虫歯予防に効果があるのか知りたい。
    • 乳酸菌は虫歯を作らないって本当?と思っている。
    • どうせ食べるなら腸内環境も整えるだけじゃなくプラスαのものを選びたい。
    • 乳酸菌の違いで効果に差があるのか知りたい。
    • 歯医者さんがすすめるヨーグルトを食べたい。
INDEX
  1. 乳酸菌で虫歯を予防する「バクテリアセラピー」
  2. 虫歯を予防する代表的な乳酸菌
    1. ロイテリ菌
    2. L8020菌
  3. おすすめのヨーグルトと乳酸菌商品
    1. 「ロイテリヨーグルト」
    2. 「8020ヨーグルト」
    3. 「8020飲むヨーグルト」
    4. 「ロイテリタブレット」
    5. 子どもには「チャイルドヘルス ジュニア」
  4. 毎日乳酸菌を摂って虫歯を予防しよう

乳酸菌で虫歯を予防する「バクテリアセラピー」

バクテリアセラピーとは、口内細菌を細菌で退治するという新しい発想の「予防医療技術」です。ノーベル生理学・医学賞の審査本部があることでも知られるスウェーデンのカロリンスカ医科大学が中心となって研究開発しました。

私たちの口の中には、約1000億個もの常在菌がいます。常在菌には善玉菌と悪玉菌があり、精密な顕微鏡で確認するとお花畑のようになっていることから、口内フローラと呼ばれています。通常、善玉菌と悪玉菌はバランスをとって共存していますが、バランスが崩れると悪玉菌が増殖して虫歯ができやすくなるのです。

さるくん

腸内フローラと似てるなぁ!

バクテリアセラピーは、この口内フローラを管理して虫歯になりにくい口内を保つという最新技術です。また、口内環境だけでなく全身の疾患を予防したり治療の補完を行ったりすることも目的としています。

最新技術といっても難しいことはありません。善玉菌(プロバイオティクス)を体の外から摂って意図的に増やすだけです。しかし、善玉菌が増えることによりお口の中や体全体の健康を維持することができます。しかも、元々人の口の中にあるものなので、薬品とは違って副作用がなく、どんな世代・妊娠中の人でも安全に行うことが可能です。

プロバイオティクスの特徴
    • ヒト由来なので安全
    • 生きたまま消化管にとどまる
    • 抗生物質を生み出す
    • 病原菌に対抗する
    • 薬のように耐性を持つことが少ない

薬は飲み続けると耐性ができて効きづらくなって来ることがありますが、乳酸菌は耐性を持つことが少ないため、毎日摂り続けることができます。虫歯に強い乳酸菌が入ったヨーグルトなどを食べるだけで免疫力がアップし、口内を含めた体全体の健康維持をするというのがバクテリアセラピーの考え方です。

福原先生

ただし、乳製品アレルギーがある人はサプリメントのほうが良いでしょう。

MEMO
牛乳アレルギーの原因は乳製品に含まれるタンパク質で、乳酸菌自体は牛乳アレルギーの原因にはなりません。

虫歯を予防する代表的な乳酸菌

ヨーグルトは乳酸菌を種にして作るので、どのヨーグルトにも入っています。しかし、虫歯予防を考えるなら、以下の乳酸菌がおすすめです。

ロイテリ菌

ロイテリ菌が虫歯予防に効果があるという事実を発見されたのは1980年代です。ロイテリ菌は健康な母乳に存在する菌で、初乳にはたくさん含まれています。ロイテリ菌を摂取すると唾液によって活性化され、ロイテリンという抗生物質を作り出します。

さるくん

赤ちゃんはそうやって守られているんですね!

福原先生

そうですね。人間の体って本当にすごいですよね。

ロイテリンは細菌やカビ、ウイルスなどの活動を抑制する働きがあり、虫歯の原因となるミュータンス菌や歯周病の原因菌を減らす効果があります。また、ロイテリ菌は虫歯や歯周病の原因となる菌だけを抑制する特殊な菌です。

ロイテリ菌を含む食品を2週間食べ続けたところ、口内のミュータンス菌が20%減ったというデータがあります。また、別の研究では歯周病の人約20人に30日間摂取してもらったところ、歯肉炎からの出血が47%も改善されたという結果を得られました。

さるくん

歯周病にもいいんだ〜!

L8020菌

L8020菌は2010年、広島大学大学院医薬学総合研究科の二川浩樹教授のグループと四国乳業の共同開発によって発表された、新しい乳酸菌です。

虫歯になったことがない健康な子どもの口内から発見された菌で、学生50人がL8020菌入りのヨーグルトを昼食に1個、2週間食べ続けた結果、虫歯菌が80%以上、歯周病菌が40〜90%も減少しました。

さるくん

こんなに効果があるなんて食べないと損ですね!

福原先生

さるくん、なんか宣伝みたいになってますよ(笑)

おすすめのヨーグルトと乳酸菌商品

それでは、虫歯予防に効果的なヨーグルトや乳酸菌が入った製品をご紹介します。スーパーやコンビニではあまり見かけませんが、インターネットでなら手に入れることができます。

1.「ロイテリヨーグルト」

オハヨー乳業 ロイテリヨーグルト 110g×16個

ロイテリヨーグルトは、1個につき生きたロイテリ菌が2億個も入っています。理想的な「善玉菌10:悪玉菌1」の口内に近づくことができ、良好な細菌環境を保ちます。

さるくん

理想的な比率って10対1だったんですね!

福原先生

悪玉菌は少ないほどいいですね。

2.「8020ヨーグルト」

【四国乳業】8020ヨーグルト( 110g×12個)

8020ヨーグルトは、1個につきL8020菌が110億個入っています。甘さ控えめで食べやすく、1日1個美味しく食べるだけで虫歯や歯周病を予防します。

さるくん

甘いのが苦手な人にもピッタリだ!

3.「8020飲むヨーグルト」

【四国乳業】8020 のむヨーグルト ( 110ml×12本)

より手軽にL8020菌を摂れる、飲むタイプのヨーグルトです。砂糖の代わりにキシリトールを使用しているため、就寝前に飲むのもおすすめです。

さるくん

飲みやすいですが、お腹がゆるくなる可能性があるので1日1本を守りましょう。

4. 「ロイテリタブレット」

ロイテリ お口のサプリメント 10粒入

乳製品が苦手な人はタブレットタイプがおすすめです。なめるだけなので、より手軽にロイテリ菌を摂取することができます。目安は1日1粒。口内細菌がもっとも増えるおやすみの前に舐めると効果的です。

さるくん

1日1粒なんて経済的ですね!

福原先生

ワンアクションで手軽ですしね。

5.子どもには「チャイルドヘルス ジュニア」

チャイルドヘルス ジュニア 30錠 ストロベリー味

お子さんにはこちらがおすすめ。赤ちゃんの夜泣き用に開発された「チャイルドヘルスベビー」の姉妹品で、2歳以上から可能です。子どもは歯が映える2歳半くらいまでに口内フローラが決定するといいます。口内フローラは一度決定すると容易には変わりません。そのため口内フローラが決定する前にこのタブレットを与えれば、虫歯になりにくい口内環境を作ることができます。

福原先生

ストロベリー味なので仕上げ磨きのご褒美などにおすすめです。

毎日乳酸菌を摂って虫歯を予防しよう

今回ご紹介した乳酸菌は、免疫力を高めて虫歯を予防する優れたものです。ヨーグルトを美味しく食べるだけで虫歯になりにくくなるなんてうれしいですね。体全体の健康も維持してくれるので、毎日の習慣にしたいものです。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 常在菌をコントロールして健康を保つバクテリアセラピー
    • 虫歯を予防する代表的な乳酸菌はロイテリ菌と8020菌
    • 虫歯予防のヨーグルトはインターネット通販がおすすめ
    • 乳酸菌は免疫力を高め腸内環境も整える