梅干しが虫歯予防に効く!梅干しのパワーと効果的な食べ方を徹底解説

梅干しが虫歯予防に効く!梅干しのパワーと効果的な食べ方を徹底解説
この記事の監修医情報を見てみる

「梅干しを1日1粒食べれば医者いらず」という言葉があるほど、梅干しが健康によい効果をもたらすことは、広く知られていますね。

そんな梅干しですが、実は、虫歯予防にも役立つことをご存知でしょうか?

今回は、梅干しが虫歯予防に役立つ理由、効果的な食べ方などを紹介します。

最後まで読んで、ぜひ梅干しが秘めるパワーを、お口と身体の健康づくりに効率よく摂り入れてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 食べ物で効果的に虫歯予防できる方法があれば取り入れたい。
    • 虫歯に効く食べ物があれば、おすすめの食べ方も教えてほしい。
    • 梅干しが虫歯予防に効くと聞いたが本当?その理由を知りたい。
    • 梅干しは虫歯予防の他にも健康に良い?どんな健康効果がある?
    • 梅干しは塩分が多いが、虫歯予防のためにたくさん食べるべき?
INDEX
  1. 梅干しが虫歯予防に効く?その理由は
    1. クエン酸の効果
    2. 虫歯菌の活動を抑制する
    3. 梅干しは清掃性食品
  2. 梅干しを想像するだけでも予防効果あり?
  3. 梅干しの”歯に悪い”食べ方、”歯に良い”食べ方
    1. NG!歯を溶かしやすい食べ方
    2. いつ食べる?虫歯予防できる食べ方
  4. 健康の味方!梅干しの効果いろいろ
    1. ダイエット
    2. 疲労回復
    3. 生活習慣病の予防
    4. 動脈硬化の予防
    5. 肩こりの緩和
    6. 食中毒予防
    7. カルシウムの吸収促進
    8. 口臭の予防
    9. インフルエンザの予防
  5. 梅干しで虫歯予防!クエン酸が効果的

梅干しが虫歯予防に効く?その理由は

さるくん

先生!健康に良い食べ物ってあるじゃないですか!まさか虫歯の予防にもおすすめの食べ物なんて、あるんですかね!?

柿木先生

ああ、はい。ありますよ。

さるくん

おー、マジですか!!食べ物で虫歯予防できるなんて最高っすね!おすすめ知りたいっすねー!

柿木先生

そうですね、梅干しなんていかがですか?虫歯の予防効果が期待できますよ。

さるくん

えっ、梅干しっすか!?それは意外!

梅干しには、食べ物を腐らせない作用がありますが、次のような理由から虫歯予防にも効くといわれています。

クエン酸の効果

梅干しには、クエン酸がたっぷり。小さい梅干しでも、レモン1~2個分に相当するクエン酸が含まれています。

クエン酸には、細菌の繁殖を抑制したり、疲労を回復させたりと、多くの優れた健康効果があります。

虫歯菌の活動を抑制する

クエン酸には細菌の繁殖を抑制するパワーがありますが、虫歯の原因菌「ミュータンス菌」に対しても有効です。

梅干しを入れた白湯で口をゆすぐだけで、歯磨きと同じ効果が得られるという民間療法もあるほどです。

梅干しは清掃性食品

梅干しを食べると、唾液がたくさん出ます。唾液には殺菌・抗菌作用がありますので。たっぷり出すことで口内を清潔に保てます。

こうした働きをする食品を「清掃性食品」といいます。

歯ごたえがよくて、よく噛むことで唾液を増やせる食物繊維が豊富なセロリやリンゴ直接清掃性食品といい、梅干しやレモンのように唾液をたくさん出すことで口内をキレイにするものを間接清掃性食品といいます。

梅干しを想像するだけでも予防効果あり?

さるくん

へー!梅干しが虫歯予防にいいんですねー!驚き!!

柿木先生

梅干しは、実際に食べなくてもある程度の効果が得られますよ。

さるくん

は?どういうことですか!?

柿木先生

梅干しを想像してみてください。…唾液がでてきませんか?

さるくん

あー!本当だ!酸っぱいのを思い出しただけでもツバが出てきますね!ぼく想像力が豊かでよかったー!!

柿木先生

(笑)唾液には優れた殺菌・抗菌パワーがあるので、たっぷり出してくださいね。

梅干しは、実際に食べなくても思い出すだけで「酸っぱい」という記憶が脳を刺激します。

自然に唾液が出てきて、抗菌・殺菌作用で虫歯を予防できます。

梅干しの”歯に悪い”食べ方、”歯に良い”食べ方

さるくん

梅干しを虫歯予防のために食べるときって、普通に食べてもいいんですか?

柿木先生

基本的には、どんな食べ方でもいいですよ。より虫歯予防に効果的なのは、食後に食べることですね。

さるくん

食後に…ですか!

梅干しは、基本的にはどんな食べ方でもOKですが、より効果を高める食べ方と、逆にNGな食べ方があります。

NG!歯を溶かしやすい食べ方

口内に長く留めておく食べ方はNGです。

梅干しの種をいつまでも口に含んでいることがあるかもしれませんが、すぐ出すようにしましょう。

おやつのカリカリ梅なども同じなので、あまり長く口内に留めないよう気を付けてください。

梅干しの酸が、歯を溶かしやすい状態にするので要注意です。

いつ食べる?虫歯予防できる食べ方

虫歯予防の効果を高める梅干しの食べ方は、「食事の後すぐに食べる」ことです。

できれば食事をしながら食べて、食後にも食べるといいでしょう。

というのも、虫歯が進行しやすいのは、口内が酸性に傾いた時だからです。食事を始めから約3分後くらいから、口内は酸性に傾いていきます。

つまり、口内を中和させるためにはアルカリ性の食品を摂ることが有効になります。そこで梅干しの出番というわけです。

「なぜ梅干し?」と思うかもしれませんが、梅干しはアルカリ性の食品です。

梅干しはクエン酸が豊富で酸っぱいため、酸性の食品と誤解されがちかもしれないですね。

食事をして酸性に傾むいた口内の環境を、梅干しを食べることで中性に戻し、虫歯になりにくい状態にするのがおすすめの食べ方です。

健康の味方!梅干しの効果いろいろ

さるくん

へー!梅干しってスゴいっすねー!

柿木先生

梅干しには、ほかにもたくさんの健康にいい効果がありますよ。

さるくん

へー!ますますスゴそう!どんな効果ですか!?知りたいですー!

ダイエット

梅干しには、脂肪を燃焼する作用がある「バリニン」という成分が含まれることがわかっています。

また、クエン酸が食べた物を効率よくエネルギーに変えてくれるので、余分な脂肪をつくりたくない人におすすめです。

ダイエット中の食事メニューに梅干しを取り入れると、効果アップが期待できます。

疲労回復

梅干しに含まれるクエン酸には、疲労の原因となる乳酸を抑える作用があります。

疲労物質を増やさないため、昔から「梅干しが疲れに効く」と言われているのです。

生活習慣病の予防

梅干しには高い抗酸化作用によって体内の老化を防ぐため、生活習慣病の予防に効くといわれています。

また、胃がんの原因になるピロリ菌を防いで癌の抑制にも効果を発揮するという梅リグナンも豊富です。

動脈硬化の予防

梅干しには、血液をサラサラにする働きがあります。

動脈硬化を起こす血管収縮ホルモンアンギオテンシンⅡを抑制し、血圧の上昇防止にも役立ちます。

肩こりの緩和

疲労回復に効果があるとされる梅干しですが、疲労物質を抑えるだけでなく、肩こりなどの痛みを抑える鎮痛作用もあると考えられています。

梅干しの香り成分「ベンズアルデヒド」には、痛みを軽減する働きがあるからです。

民間療法で、頭痛やめまいがするときにこめかみに梅干しを貼る方法があります。昔、「おじいちゃんやおばあちゃんに聞いたことがある」という人もいるのではないでしょうか。

食中毒予防

昔から、おにぎりの具材に梅干しを入れていたのは「ごはんを腐らせない」ことが目的でした。

梅干しには、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌や病原性大腸菌O-157などを抑制する、高い殺菌作用があるのです。

カルシウムの吸収促進

虫歯の予防の効果は先にお伝えしましたが、歯の土台を支える骨や周辺組織を健やかに保つためにも欠かせないカルシウムの吸収を助けるのも、梅干しに期待できる効果のひとつです。

カルシウムは不足しがちな栄養素です。小魚や小松菜などカルシウムが豊富な食品を食べるだけでなく、同時に吸収率アップを意識して梅干しを食べると効率よく体内に取り入れることができます。

口臭の予防

梅干しを食べると唾液がたくさん出て、殺菌・抗菌パワーで口内を清潔に保てることも先にお伝えしました。

虫歯の原因菌をやっつけるのと同時に、口臭の原因となる細菌も除去し、きれいに洗い流してくれます。

インフルエンザの予防

梅干しから、インフルエンザウイルスの繁殖を抑制する成分が発見されています。

効果を得るには1日に梅干しを5個ほど食べなくてはなりません。それでは塩分を摂りすぎてしまい、かえって健康を害する恐れがあるため、実践に至るまでには、まだまだ課題があります。

梅干しは1日半分~多くても1個までに抑えるほうがよいでしょう。

この件については、現在、実用に向けて研究が進められています。

梅干しで虫歯予防!クエン酸が効果的

さるくん

梅干しが虫歯の予防にも、健康にもいいことがわかりましたー!すごいっすねー!梅干しのパワーって!

柿木先生

梅干しのクエン酸には、口内を中和して虫歯になりにくい環境をつくる作用が期待できますから、ぜひ食事のすぐ後で食べるようにしてくださいね。

さるくん

ぼく梅干し大好きなんで、いっぱい食べます-!

柿木先生

おっと、それはいけませんね。塩分を摂り過ぎると健康を害するため、梅干しの食べすぎには要注意ですよ。梅干しは1日に半分程度、多くても1個くらいまでにしてくださいね。

さるくん

了解っすー!食べ過ぎないように気を付けますね!

記事の重要ポイントをチェック!
    • 梅干しは虫歯になりにくい口内環境にしてくれるから、虫歯予防に良い。
    • 梅干しの予防効果を高めるおすすめのタイミングは、食後に食べること。
    • クエン酸をはじめとする梅干しの成分は、虫歯予防にも健康にも良い。
    • 梅干しを長く口の中に含んでいると、歯が溶けやすくなるので注意。
    • 塩分を過剰に摂ると健康を害するので、梅干しの食べ過ぎには注意。