【歯科医監修】今日からできる歯周病セルフケアおすすめの予防法5選

【歯科医監修】今日からできる歯周病セルフケアおすすめの予防法5選
> この記事の監修医師一覧はこちら <

歯周病は日本人の1/3がかかっている国民病です。しかし、できれば歯医者さんで治療をしなくて済むように、日頃から予防したいと思っている人も多いでしょう。そこで、ここでは歯ブラシの選び方から歯周病予防に効果的な飲食物まで、歯周病におすすめのセルフケアをご紹介します。日常的に歯周病を予防したいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事がおすすめな人
    • 歯周病を予防するちゃんとした方法が知りたいと思っている。
    • 自分で歯周病を予防したいと思っている。
    • 医師がすすめる歯周病のセルフケア法をやりたいと思っている。
    • 歯周病を予防する歯磨き方法は普通の歯磨き法と違うと聞いたことがある。
    • いまさら正しい歯磨き方法なんて聞けないけど本当は知りたい。
    • 歯磨き以外でも歯周病が予防できるなら実践してみたい。
INDEX
  1. 歯医者さんが教える正しい歯磨き法
    1. 歯周病予防のための歯ブラシ選び
    2. 歯周病を防ぐ歯磨き法
      1. 歯の表面
      2. 歯と歯ぐきの境目
    3. 歯周病予防におすすめアイテム
  2. 歯周病を予防する食品を摂る
  3. 栄養バランスのとれた食生活
  4. よく噛んで唾液量を増やす
  5. 酒・タバコを控える
  6. 歯科医院で定期検診を受けるのもおすすめ
  7. セルフケアを徹底すれば歯周病は予防できる

1.歯医者さんが教える正しい歯磨き法

歯磨きのやり方は小学校低学年で習う人が多いですが、歯周病予防のための歯磨き方法は小学校で習ったものとは少々異なります。

歯周病予防のための歯ブラシ選び

まずは歯ブラシの選び方からチェックしてみましょう。

歯周病予防に向く歯ブラシ
    • 歯ぐきが薄いピンク色の人:普通の硬さのブラシ
    • 歯ぐきが赤っぽく、ぶよぶよしている人:柔らかめのブラシ
    • 毛先が細いブラシ
    • 自分の口に合った大きさ
キリンさん

歯ぐきの状態に合わせて買うってことですね!

鈴木先生

その通り。ぶよぶよしているのに硬い歯ブラシでは傷をつけてしまうし痛いです。

歯周病を防ぐ歯磨き法

歯周病は歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」に細菌が入り、炎症が起こることが原因です。細菌の好物は食べカスで、歯垢を棲家としています。歯磨きを適切にすると、歯周ポケットの食べカスや歯垢を除去できます。

歯の表面

歯に対して歯ブラシを垂直に当てて磨きます。

歯と歯ぐきの境目

歯に対して歯ブラシを斜め45度に当てて磨きます。

キリンさん

磨くときのコツってありますか?

鈴木先生

力を入れてゴシゴシやらないことと、1本ずつ小刻みに磨くことです。

キリンさん

軽く小さくですね!

歯周病予防におすすめアイテム

キリンさん

歯ブラシ以外でおすすめのアイテムがあったら教えて下さい!

鈴木先生

歯間ブラシ薬用成分が入ったマウスウォッシュなどがおすすめです。

おすすめのアイテム
    • 歯間ブラシ
    • タフトブラシ
    • デンタルフロス
    • 薬用成分「IPMP」「CPC」「LSS」配合の歯磨き粉やマウスウォッシュ
    • 歯を引き締めるビタミンE配合の歯磨き粉
    • 高濃度フッ素の歯磨き粉

大人になるほど歯と歯の間の隙間が広くなります。歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると、隙間にある食べカスや歯垢までスッキリと落とせます。

また、歯磨き粉は「歯周病予防」と書かれているものがおすすめです。特に殺菌成分歯茎を引き締める成分、歯を修復する高濃度フッ素配合の歯磨き粉が良いでしょう。口内によく行き渡る液体ハミガキジェル状歯磨きもおすすめです。ただし、

2.歯周病を予防する食品を摂る

私達が普段口にするものでも、歯周病予防に効果的な食品があります。清掃性食品殺菌作用のあるお茶です。清掃性食品の代表的なものは、噛みごたえのあるもの食物繊維が豊富な野菜や果物などです。生で食べられるものは加熱せずにサラダなどで食べれば、食物繊維がお口の汚れ歯周病菌を絡め取ってくれます。おすすめの食品は、こんにゃく、レタス、セロリ、ごぼう、ニンジンなどです。

また、お茶には茶カテキンという歯周病菌を退治してくれる強い殺菌成分が含まれています。糖分は細菌のエサとなるので、糖分が入っていないお茶類をこまめに摂ると効果的です。

キリンさん

お茶はどんな種類でもいいんですか?

鈴木先生

茶カテキンが含まれている緑茶、紅茶、ほうじ茶、烏龍茶などがおすすめです。

また、肉は繊維が歯に挟まりやすく、動物性タンパク質が細菌のエサになります。肉を多く食べる人は、歯磨きもしっかりと行いましょう。

3.栄養バランスのとれた食生活

栄養バランスのとれた食事は健康の基本ですが、歯周病菌を減らすには免疫力を高める食生活が有効です。食材の栄養素は、組み合わせによってお互いを補い合い、相乗効果をもたらすものが多いので、バランス良く食べることがポイント。

中でも特に免疫力を高める食材は、トマト、ブロッコリー、きのこ類です。旬のものも、免疫力が高まるのでおすすめです。

キリンさん

歯周病と免疫力って関係があるんですね。

鈴木先生

その通りです。免疫力が高まると歯周病菌の感染力も弱まります

4.よく噛んで唾液量を増やす

食べ物をよく噛むと、唾液腺が刺激されて唾液がたくさん出てきます。唾液には殺菌・抗菌作用が含まれているため、唾液を増やすことは歯周病予防にもつながるのです。日頃から歯ごたえのある食品やメニューなどを、意識してよく噛んで食べると効果的です。

ただし、歯ぐきが腫れていて痛いときなどは、無理して噛むのはやめましょう。

キリンさん

ほかに唾液を増やす方法はありますか?

鈴木先生

頬のマッサージこまめに水を取ることでも唾液を増やせますよ。

5.酒・タバコを控える

飲酒や喫煙を控えることも、歯周病予防に大変効果がありますお酒は体内の水分を減らすので唾液量が少なくなり、アルコールに含まれる糖分は細菌のエサとなるからです。

また、タバコに含まれるニコチンは歯ぐきの血行を悪くして歯周病になりやすくしますし、タールは歯ぐきを変色させるので歯周病の発見が遅れる原因です。特にタバコは歯周病になりやすくなるだけでなく、傷を治りにくくするので出血しやすくなり治療にも時間がかかります。

キリンさん

特にタバコは気をつけたほうがいいですね。

鈴木先生

歯周病予防を真剣に考えるならやめたほうがいいです。

歯科医院で定期検診を受けるのもおすすめ

歯科医院では歯周病を予防したい人のため、定期検診を行っています。定期検診は個人で予約をして数ヶ月に一度通うものです。内容は、歯並び・虫歯・歯周病などお口の中の状況全体のチェック歯の専門的なクリーニング、正しい歯磨き方法も教えてくれます。

キリンさん

保険って適用されますか?

鈴木先生

はい。保険内で受けられます。ただし、レントゲンは適用されません。

注意
レントゲン検査が必要となる場合は、別途1000円程度費用がかかります(撮影する枚数により変わります)。

セルフケアを徹底すれば歯周病は予防できる

歯周病はかかってしまうと治療が長くなり、費用も労力もかかります。自分でできる範囲内のことはしっかりとセルフケアし、歯周病を予防しましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯周病予防に適切な歯ブラシは毛先が細めで柔らかめのブラシ
    • 歯周ポケットは斜め45度にブラシを当てる
    • ゴシゴシ磨かず細かく動かすのがコツ
    • 歯間ブラシや薬用アイテムを併用すると効果的
    • 清掃性食品やお茶の殺菌力を利用する
    • 免疫力を高めると歯周病になりにくい
    • 唾液を増やすと歯周病になりにくい
    • 飲酒・喫煙を控えると効果がある