虫歯のない子供を育てるには?子供の虫歯予防と簡単おやつレシピ

虫歯のない子供を育てるには?子供の虫歯予防と簡単おやつレシピ
> この記事の監修医師一覧はこちら <

虫歯は痛いし治療もしなければならないので、できれば虫歯にならないようにしてあげたいものです。虫歯のない子にするには?仕上げみがきが苦手な子への対策は?など、虫歯予防に関心の高い親御さんにとっては知りたいことがたくさんあるでしょう。そこで、今回は子供の虫歯予防についてご説明します。

この記事がおすすめな人
    • 虫歯のない子に育てたい。
    • 子供を虫歯にしないための予防法を知りたい。
    • 子供を虫歯から守るには具体的にどうしたらいいのだろうと思っている。
    • すんなり仕上げ磨きをさせてくれる方法は?
    • 虫歯になりにくいおやつってあるの?と思っている。
INDEX
  1. おうちでできる子供の虫歯予防
    1. 規則正しい食生活
    2. 乳児から行うお口のケア
    3. 歯みがき習慣や正しいみがき方を身に付けさせる
    4. 小学校中学年までは仕上げ磨きをする
    5. キシリトールガムを使う
  2. 歯医者さんで行える虫歯予防
    1. 乳歯が生えたら歯科検診
    2. フッ素塗布で虫歯予防
    3. シーラントで虫歯予防
  3. 虫歯になりにくいおやつの簡単レシピ
  4. 子供の虫歯予防は大人がコントロールしよう!

おうちでできる子供の虫歯予防

虫歯予防にはおうちでできるものと、歯医者さんでできるものがあります。まずはおうちでできるものからご紹介しましょう。

1.規則正しい食生活

規則正しい食生活は、子供にとっては一番の虫歯予防になります。
お口の中は、食べ物を食べると虫歯菌が歯の表面のエナメル質を溶かします。ただ、これだけでは虫歯にはなりません。溶かされた部分は唾液によって修復されるからです。

お口の中ではこれが繰り返されているのですが、ダラダラと食べていると唾液のパワーが追いつかず、虫歯菌が溶かした部分から内部の象牙質に侵入して虫歯になるのです。

そのため、食事やおやつの時間はきっちりと守り、唾液のパワーが十分に働くようにする必要があります。

    • おやつの時間を決める
    • 食事やおやつには必ず麦茶や水を添える
    • お菓子は子供の手の届かない場所に保管する
    • 甘い飲み物を常時冷蔵庫に置かない
杉田先生

食べる時に水分を一緒にとらせるとお口の中の汚れも落としやすくなります。

うさぎさん

もちろん甘くない飲み物ですよね。

杉田先生

その通り。

2.乳児から行うお口のケア

うさぎさん

えっ!乳児もお口のケアが必要なんですか?

杉田先生

そうなんです。乳児からやっていると歯みがきにも移行しやすいですよ。

生まれたばかりの乳児は歯が生えていませんが、歯ぐきに白っぽい汚れがたまることがあります。そんな時には濡れたガーゼなどで拭いてあげましょう。その際、頬の裏側なども一緒に触っていると、このあとの仕上げみがきも嫌がることが少なくなります

生後6ヶ月ころになると、乳歯が生え始めます。乳歯が数本生えてきたら0〜1歳児用の歯ブラシのケアに変えましょう。生えたばかりの柔らかい歯は傷がつきやすいので、圧をかけずにやさしく行ってください。

3.歯みがき習慣や正しいみがき方を身に付けさせる

生涯で虫歯予防の基本となるのは、やはり歯みがきです。2歳ころからは自分で歯ブラシを持たせ、食後に歯をみがく練習をはじめましょう。小さいうちはきちんとできなくてもかまいません。習慣づけることを目的に行いましょう。歯みがきタイムをつくって大人と一緒に磨かせると、楽しんでやってくれますよ。小学校に上がるタイミングで正しい歯磨きを再確認するのもおすすめです。

うさぎさん

子どもは大人のマネをしたがるからいいかもしれませんね。

杉田先生

そうですね。「楽しい時間」にすることが重要です。

5.小学校中学年までは仕上げ磨きをする

仕上げ磨きは何歳までやればいいのかと悩む人もいるかも知れませんが、8歳くらいまでは大人が仕上げ磨きをしてあげましょう。それ以降は子どもが磨いたあとのお口の中をチェックするくらいでも大丈夫です。

小さい子どもは寝かせて、大人の膝の上に頭を乗せて逆側から行います。じっとしていられないようなら、椅子に座らせて子どもがテレビを見ている間に行うのも良いでしょう。子供に大人の仕上げ磨きをしてもらい、お互いに仕上げ磨きをし合うのも一つの方法です。

うさぎさん

仕上げ磨きって意外と大きくなるまで必要なんですね。

杉田先生

実は、理想は12歳くらいまでなんです。

うさぎさん

えー!そうなんですか〜。

6.キシリトールガムを使う

虫歯予防の先進国であるフィンランドやスウェーデンでは、食後は家族揃ってキシリトールガムを噛む習慣があります。キシリトールは虫歯を作る糖が入っておらず、歯みがきの前に噛むと歯垢や食べカスが落としやすくなります。

ただし、キシリトールガムを噛むことは歯みがきの代わりにはならないので注意しましょう。

杉田先生

キシリトールは摂りすぎるとお腹がゆるくなるので、食べすぎには注意してください。

歯医者さんで行える虫歯予防

次は、歯医者さんでできる虫歯予防です。歯医者さんでは治療だけでなく、予防歯科にも力を入れています。

1.乳歯が生えたら歯科検診

乳歯が出てきたら、歯医者さんで定期検診を受けはじめるグッドタイミング。歯科医から指定された間隔で、定期的に通いましょう。中には「あとから生え変わるから乳歯は虫歯予防しなくてもいいのでは?」という人もいると思いますが、乳歯が虫歯で抜けてしまうと、顎が育たずに永久歯の歯並びが悪くなり、虫歯になりやすくなります

乳歯のうちに虫歯になりにくいお口の環境をつくると、大人になっても虫歯になりにくくなります。3歳くらいまでに虫歯にならなければ、その後も虫歯菌が少ない口内環境にできるといわれています。

うさぎさん

そうなんですね〜。改めて親の責任って重大!

杉田先生

そのとおり。子どもが小さいうちはやることがたくさんありますが、歯にも気をつけてあげてください。

2.フッ素塗布で虫歯予防

歯医者さんではフッ素塗布を行っています。3ヶ月に1回くらいのペースでフッ素塗布を行うと、歯の表面をコーティングして虫歯予防に有効です。

うさぎさん

歯磨きを嫌がる子にはいいかもしれませんね。

杉田先生

おうちでの歯みがきと併用すれば、予防をより強化できます。

3.シーラントで虫歯予防

シーラントは厚生労働省でも推奨されている虫歯予防法です。特に生えたての永久歯は噛む面がギザギザの溝になっているので、この溝を歯科用プラスチックで埋めることで表面をなめらかにし、虫歯菌が入らないようにします。

うさぎさん

これをすれば歯みがきは必要ないんですか?

杉田先生

すべての歯に施すわけではないので、歯みがきは通常通り行ってください

虫歯になりにくいおやつの簡単レシピ

おやつは子供にとっては第二の栄養源。ですので、お菓子をおやつにする必要はありません。歯を強くする食材や、唾液の分泌をうながす歯ごたえのあるものをおやつにしましょう。

ゆで野菜のチーズフォンデュ
    • 材料:少し固めにゆでたニンジンやブロッコリー、細く持ちやすく切ったキュウリ
    • 溶かしたチーズにつけながら食べます。自分でつけて食べるので楽しめ、チーズのカルシウムもたっぷり摂れます。※やけどに注意してください。
ミニ焼きいも
    • 材料:輪切りにしたさつまいも、バターまたはサラダ油
    • さつまいもは細いものを選び、丸く切ってフライパンで焼きます。ピックなどをつけるとかわいくて食べやすいおやつになりますよ。食物繊維とビタミンCが豊富にとれます。
しらすと梅干しのおにぎり
    • 材料:ゆでたほうれん草や小松菜、梅干し、しらす干し、ごま
    • ゆでたほうれん草や小松菜は細かく刻み、たたいた梅干しとしらす、ごまをごはんに混ぜます。子どもが握りやすい大きさのおにぎりにしましょう。見た目がカラフルなので楽しく、栄養価も高いおやつです。
うさぎさん

どれも作りやすそう!

子供の虫歯予防は大人がコントロールしよう!

子供の虫歯予防に必要なのは、唾液の働きを十分に活かすことと歯みがきです。子供のうちは特に仕上げみがきが重要。乳児のうちから虫歯を予防し、大人になっても虫歯ができにくい環境を作ってあげましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 規則正しい食生活を心がける
    • 乳児のうちからお口のケアをする
    • 歯みがき習慣と正しい歯みがきを身に付けさせる
    • 小学校中学年までは仕上げみがきをする
    • キシリトールガムを使う
    • 乳歯が生えたら歯科検診をする
    • 歯医者さんでフッ素塗布してもらう
    • 歯医者さんでシーラントをしてもらう
    • 虫歯になりにくいおやつで虫歯を予防する