【歯科医監修】歯周病は磨き方次第!歯周病を予防する基本の歯磨き法

【歯科医監修】歯周病は磨き方次第!歯周病を予防する基本の歯磨き法
> この記事の監修医師一覧はこちら <

歯周病予防のためには歯磨きが有効であることは、誰でも知っています。しかし、正しい歯磨き方法や歯磨き粉の選び方などはあまり知られていないかもしれません。調査によると、丁寧な歯磨きを行っているという人でも60%磨き残しがあることが分かっています。そこで、ここでは正しい歯の磨き方について改めて説明します。正しい歯磨き法を身に着けて、歯周病を予防しましょう。

この記事がおすすめな人
    • 歯周病を予防する正しい歯磨き方法を知りたい。
    • 歯周病予防は通常の歯磨きではダメなのだろうかと思っている。
    • 歯周病予防のための歯ブラシや歯磨き粉の選び方を知りたい。
    • 歯周病にかからないための注意点を知りたいと思っている。
INDEX
  1. 歯周病予防にはそれなりの磨き方が必要
  2. 歯周病が予防できる歯ブラシの選び方
    1. おすすめの歯磨き粉
  3. 歯周病を予防する正しい歯の磨き方
    1. まずは持ち方から
    2. 歯と歯茎の境目
    3. その他の部分も丁寧に
  4. それ以外の歯周病予防の工夫
    1. 歯間清掃器具の併用
    2. 歯科で歯周ポケット内を清掃してもらう
    3. 歯の石灰化を強化して歯を強くする
  5. 歯周病は正しい歯磨きで予防しよう!

歯周病予防にはそれなりの磨き方が必要

歯周病を予防するなら、歯周病予防を目的とした磨き方が必要です。歯磨きのやり方は、大抵の人が幼稚園や小学生の時に習います。しかし、子どもの頃に習うのは虫歯予防のための磨き方です。

ほとんどの人は、学校で教わった通りに歯の咬み合わせ部分は一生懸命磨きますが、歯と歯茎の間はしっかりと磨けていない場合があります。歯と歯茎の間に磨き残しがあると、プラークが炎症を起こし、歯周病になってしまうのです。

虫歯も歯周病も、原因となるのはプラーク(歯垢)で、プラークは毒素を持つ複数の菌の温床です。簡単に言うと、プラークが歯の表面を溶かすと虫歯に、歯と歯茎の間に入って炎症を起こすと歯周病になります。

キリンさん

歯と歯茎の間って、毛先が入ると痛いんですよね。

鈴木先生

それは、歯ブラシが合っていないのかもしれませんね。

キリンさん

えっ!そうなんですかぁ?

歯周病が予防できる歯ブラシの選び方

歯周病を予防できる歯ブラシは、毛が細く、柔らかめの歯ブラシです。硬い歯ブラシでゴシゴシとこすらないと、きれいになった気がしないという人もいると思いますが、ゴシゴシとこすると歯ぐきを傷つけてしまいかねません。

歯ブラシにはふつう、かため、柔らかめの他に超極細毛がありますが、おすすめなのは超極細毛です。超極細毛の毛先は先端がとても細く、歯周ポケットにも入りやすくなっています。また、ヘッド自分の歯のサイズに見合った大きさを選びましょう。少し小さめくらいのほうが、口の中で動かしやすくなります。なお、歯ブラシの交換時期は、1ヶ月に1回が理想です。

キリンさん

おれっち、今までゴシゴシやっちゃってました〜。

鈴木先生

それだと歯ぐき下がりを早めることになるかもしれませんね。

キリンさん

えーっ!

おすすめの歯磨き粉

歯周病を予防するなら、歯磨き粉選びも重要です。歯周病予防でおすすめの歯磨き粉は、歯を強くする成分歯を修復する成分、抗炎症成分、殺菌成分、血行促進成分が入っている薬用のものです。修復成分はフッ素で、現在日本で配合される最高濃度は1450ppmです。高濃度歯磨きなら、歯を強くし、プラークができにくくなります。

また、ジェルタイプ液体ハミガキは狭い部分まで成分が入り込みやすいのでおすすめです。歯磨きで歯がしみる人は、知覚過敏用を選ぶのも良いでしょう。

キリンさん

歯周病用っていっても、いっぱいあって迷っちゃいます。

鈴木先生

炎症の進み具合などで選ぶと良いですよ。

歯周病(歯槽膿漏)を予防できる!「市販の歯みがき粉」おすすめ5選

歯周病を予防する正しい歯の磨き方

それでは、歯周病を予防する正しい歯磨きの方法を説明していきます。

まずは持ち方から

歯ブラシの持ち方は、人差し指親指でエンピツを持つ要領で軽く持ちます。ギュッと握って持つと、歯に当てた時についつい力が入りすぎてしまうからです。

また、どの部分を磨く時にも共通するのは、1〜2歯ずつ丁寧に磨くことです。

キリンさん

実際に持ってみると力の入り方が違いますね。

鈴木先生

そうでしょう?

歯と歯茎の境目

歯周病を予防するために必ず磨きたいのは、歯と歯茎の境目です。歯と歯茎の間には目に見えないほどのごく僅かな隙間(歯周ポケット)があり、この部分に細菌が潜みやすいためです。

歯と歯茎の境目を磨くには、歯ブラシを横にして境目に45度の角度でピッタリと当てます。そのまま2〜3mmずつ細かく動かしながら、少しずつ横に移動しましょう(バズ法)。1箇所で動かす回数は、20回が目安です。歯ブラシの毛先が歯茎だけに当たると傷つける原因になるので、注意してください。

歯周病対策には、不十分な歯磨きを毎食後にするよりも、1日1回しっかりとプラークを落とすほうが効果的と言われています。特に就寝前の歯磨きは丁寧に行いましょう。

キリンさん

目に見えなくても歯周ポケットってあるんですね。

鈴木先生

はい。プラークは空気に触れないところが好きなので、絶好の隠れ家になるんですよ。

その他の部分も丁寧に

歯周病は、口内にプラークがあると感染します。歯と歯茎の境目ではない他の部分も丁寧に磨きましょう。基本はスクラッピング法がおすすめで、歯の表面、歯と歯の間、咬み合わせ部分を順番に磨いていきます。自分で磨く順番を決めておけば、磨き残しが発生しません。

また、歯磨き後は水で口をゆすぐ人がほとんどだと思いますが、スウェーデン発祥の「水で口をゆすがない方法」もおすすめです。歯磨き粉の中にはフッ素がたくさん含まれていて、水でゆすぐとフッ素も出ていってしまいます。歯磨き後はなるべくフッ素を外に出さないように、水でゆすいでも1回までが良いでしょう。

キリンさん

水でゆすがないなんて気持ち悪いなぁ〜

鈴木先生

慣れてしまうと意外と大丈夫ですよ。

いまさら聞けない虫歯ができるメカニズム!菌や再発の謎と予防法

それ以外の歯周病予防の工夫

歯磨き以外で歯周病を予防する工夫もご紹介します。

歯間清掃器具の併用

食べカスが口内で残りやすい場所のひとつは、歯と歯の間です。歯磨きだけではどうしても不十分になるため、歯間ブラシデンタルフロスを併用するのがおすすめです。歯間ブラシには様々な素材や形状がありますが、歯茎を傷つけないシリコン製で、歯の部位に合わせた形状を選ぶのが良いでしょう。

キリンさん

前歯と奥歯で違う歯間ブラシを使うってことですか?

鈴木先生

できればそうするのがベストですね。

歯科で歯周ポケット内を清掃してもらう

歯肉の下に隠れた部分は、自分では掃除しきれません。プラークは粘着性があり、頑固で落ちにくいため、歯科では専用の殺菌水を使用して洗浄をしています。ポケット内洗浄のみのところと、その他の予防施術と組み合わせているところがあるため、費用は1回1000円〜10000円と医療機関によって異なります

キリンさん

ポケット内洗浄ってどうやるんですか?

鈴木先生

超音波が出る専用の機械などを使って行います。

歯の石灰化を強化して歯を強くする

日頃自分でできることとしては、歯の石灰化の強化があります。歯の石灰化とは、歯を修復する働きのことで、歯を強くすれば細菌から歯を守ることができます。歯の石灰化を強化できる代表が、フッ素です。

歯磨き粉を選ぶときにはフッ素濃度が1000ppm以上のものを選ぶのがおすすめです。また、歯の石灰化で思い出すのがキシリトールですが、殺菌効果はないためあくまでも歯の石灰化を促すことを目的に使いましょう。

キリンさん

今まで歯磨き代わりに噛むことがあったんですけど、それもダメですか?

鈴木先生

役割が違うので、代わりにするのは難しいですね。歯磨き後に噛むのがおすすめです。

歯周病は正しい歯磨きで予防しよう!

歯周病は知らないうちに進行していることも多く、一度かかると治療に時間がかかります。軽度な歯周病なら歯磨きで改善できるので、正しい歯磨きを行って予防に努めましょう。

キリンさん

予防って大事なんですね。早速習った歯磨き法をやってみたいなぁ!

鈴木先生

そうですね。歯医者さんも、歯周病や虫歯になったらじゃなくて、予防のためにもっと活用してほしいです。

記事の重要ポイントをチェック!
    • おすすめの歯磨き粉は薬用や高濃度フッ素配合
    • 歯ブラシは鉛筆持ち
    • 極細毛で口のサイズに合う大きさのヘッドを選ぶ
    • 1〜2本ずつ、スクラッピング法で細かく磨く
    • 歯と歯茎の境目に、45度に当てる
    • 歯間ブラシやデンタルフロスを併用する