虫歯になるかどうかは食事次第! 虫歯予防できる食材の選び方

虫歯になるかどうかは食事次第! 虫歯予防できる食材の選び方
この記事の監修医情報を見てみる

食事は体を支えるために重要なエネルギー源ですが、どうしても避けて通れないのが虫歯。食べれば食べカスが歯に付着するし、脱灰(歯の表面が溶けること)だって起こります。ただ、食べる食品を選ぶと虫歯になりにくくなるのは事実です。それを知らずに食事をしていると、本人が知らないところで虫歯菌に協力してしまっているかもしれません。そこで、ここでは虫歯になりにくい食事のポイントや、食材の選び方についてご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • 子どものうちから強い歯に育てたいと思っている。
    • 毎日食べるもので虫歯を予防したい。
    • 歯を強くする食べ物ってあるの?と思っている。
    • 毎日の食事で自然と虫歯を予防できるならうれしい。
    • 歯みがきだけでなく他にも虫歯を予防する方法を知りたい。
INDEX
  1. 歯の質は食べ物で変えられる!
  2. 虫歯を予防する食事の3つのポイント
    1. 歯を強くする栄養素を摂る
    2. 免疫力を上げる食事で虫歯菌を抑制する
    3. 歯ごたえのある食事で唾液の量を増やす
  3. 虫歯予防のためのレシピ4種
    1. 切り干し大根の中華サラダ
    2. 桜えび入りレンコン餅
    3. オイルサーディンのポテサラ
    4. キノコ鍋
  4. 歯みがきは食後だけでなく寝る前も重要
  5. 歯に良い食べ物で虫歯にならない強い歯に!

歯の質は食べ物で変えられる!

歯の質はどうしても、生まれ持っての個人差があります。虫歯と遺伝子の関係はまだ明らかになっていませんが、アメリカの研究で遺伝子のある一部が「虫歯になりやすさ」に関係があることが分かりました。少なくとも歯や唾液の質は遺伝するとのこと。でも、諦めることはありません。歯の質は食べるもの次第で、強くすることもできるのです。

うさぎさん

歯って後からでも強くできるんですね。

柿木先生

そうなんです。だから食事はとても大切です。

虫歯を予防する食事の3つのポイント

虫歯になりにくい歯にするには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

    • 歯を強くする栄養素を摂る
    • 免疫力を上げる食事で虫歯菌を抑制する
    • 歯ごたえのある食事で唾液の量を増やす

歯を強くする栄養素を摂る

歯を強くするには、以下の6つの栄養素を意識して摂ると良いでしょう。

    • カルシウム:歯の原料になる
    • ビタミンA:歯のエナメル質を強化する
    • ビタミンC:歯の象牙質をつくる
    • ビタミンD:カルシウムを歯に送る、歯を硬くする
    • マグネシウム:歯を支える歯槽骨を強化する
    • フッ素:歯を修復する、歯を強くする
うさぎさん

栄養素だけ言われてもピンとこないわ…。

柿木先生

そうですよね。それぞれの栄養素と食品を紐付けてまとめたのが下の表です。

カルシウム桜えび・プロセスチーズ・しらす干し・いかなご・あゆ・わかさぎ・イワシのオイル漬け・油揚げ・がんもどき・サバの水煮缶など
ビタミンA 鶏レバー・豚レバー・あんこうの肝・うなぎ・ほたるいか・牛肉レバー・銀だら・あなご・シソ・モロヘイヤなど
ビタミンC煎茶・焼き海苔・赤パプリカ・黄パプリカ・ゆず(果皮)・アセロラ・パセリ・芽キャベツ・レモン・ケールなど
ビタミンDきくらげ・あんこうの肝・しらす干し・イワシの丸干・身欠きにしん・すじこ・いくら・かわはぎ・鮭・いかなごなど
マグネシウムあおさ・わかめ・ひじき・昆布・干しエビ・とろろ昆布・純ココア・油揚げ・納豆など
フッ素緑茶・芝海老・いわし・牛肉・じゃがいも・あさり・りんご・ほうれん草・ニンジンなど

上の表には5大栄養素といわれるほとんどのものが入っています。つまり、バランスの良い食生活を心がけ、あらゆる食品をまんべんなく食べれば、自然に歯に良い食事をしていることになるでしょう。

免疫力を上げる食事で虫歯菌を抑制する

免疫力は、体の中に入ろうとする病原菌をやっつけ感染を防ぐ働きがあります。免疫力を高めれば、虫歯菌の活動も抑制することができるのです。免疫力を高める食材は、基本的に旬のもの全般です。また、以下の食べ物も免疫力をアップすると言われています。

    • じゃがいも・ごぼう・ニンジン・レンコン
    • ブロッコリー・きのこ類など
    • にんにく・玉ねぎ・長ネギ
    • 春菊・カボチャ
うさぎさん

ネギ類は意外でした〜。

柿木先生

そうですね。脇役みたいだけど、ちゃんと栄養があるんですよね。

歯ごたえのある食事で唾液の量を増やす

唾液には虫歯になるのを防ぐ働きがあります。まず、水分でお口の中の汚れを洗い流すこと。次に、口内のpH値を中性にして虫歯菌を抑制すること。そして、唾液に含まれる殺菌・抗菌物質で虫歯を作らせないことです。

唾液は顎の近くにある唾液腺から出るようになっています。つまり、顎をたくさん動かせば、唾液腺が刺激されて多くの唾液が分泌されるのです。歯ごたえのある食べ物をよく噛んで食べれば、唾液量を増やして虫歯を防ぐことができます。

柿木先生

歯ごたえのある食事として和食はおすすめです。

うさぎさん

和食で歯ごたえのあるものって何があるかしら?

柿木先生

代表的なのはきんぴらゴボウなどです。

うさぎさん

あ〜。

虫歯予防のためのレシピ4種

ここでは、虫歯予防に良い料理を4つご紹介します。慣れたら同じ食材を使ってアレンジするのもおすすめです。

1.切り干し大根の中華サラダ

切り干し大根はジャキジャキとした食感があり、顎をよく動かして唾液量を増やしてくれます。

●材料
切り干し大根 30g
カニカマ(ハムでも代用可) 適量
きゅうり 1/2本
ニンジン 1/3本

●調味料
酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ2
ごま油 大さじ1
煎りごま 適量

●作り方 1.切り干し大根をぬるま湯で戻し、食べやすい大きさに切る
2.きゅうりとニンジンは千切りにする
3.ボウルにすべての材料を合わせて混ぜる

うさぎさん

簡単だし副菜にもおつまみにもいいわね!

2.桜えび入りレンコン餅

桜えびとチーズはカルシウム豊富で、レンコンは免疫力をアップします。

●材料
レンコン 300g
桜えび(釜揚げ)40g
ベビーチーズ 2個
片栗粉 大さじ3

●調味料
塩 小さじ1/4
こしょう 少々
サラダ油 大さじ1/2

●作り方
1.レンコンを3/4程度すりおろし、残りは粗みじんにする
2.ベビーチーズを5mm角に切る
3.ボウルにサラダ油以外のすべての材料を入れて混ぜ、6等分する
4.フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱する
5.6等分したタネを丸く整えてフライパンに並べる
6.焼色がついたら裏返し、フタをして弱火で3〜4分焼く

柿木先生

子どもとホットプレートでできそうですね。

うさぎさん

それいいですね〜。

3.オイルサーディンのポテサラ

オイルサーディンとはいわしの油漬けのこと。カルシウムやビタミンDなども摂れる栄養価の高い缶詰です。ビタミンCを多く含むじゃがいもと一緒に食べることで免疫力も高めます。

●材料
じゃがいも 2個
オイルサーディン 1缶
玉ねぎ 1/4個
きゅうり 1/3本

●調味料
塩 少々
マヨネーズ 大さじ1と1/2
粒マスタード 小さじ2(黒胡椒でも可)

●作り方
1.じゃがいもは電子レンジで加熱して柔らかくしておく
2.オイルサーディンはフライパンで軽く火を通し冷ましておく
3.玉ねぎときゅうりは薄切りにして塩をふる
4.3がしんなりしたら、軽く洗って水気をしぼる
5.すべてをボウルに入れて混ぜる

柿木先生

ちょっと大人のポテサラですね。

うさぎさん

子どもには粒マスタードも黒胡椒もなしで大丈夫そうですね。

4.キノコ鍋

きのこは免疫力を高める食材です。きのこを主役にした鍋で、きのこをたくさん食べられます。

●材料
しめじ 1/2株
えのき茸 1/2株
舞茸 1/2株
鮭(甘鮭または生鮭)2切れ
ニンジン 1/2本
白菜 1/4株
豆腐 1/2丁

●その他
豆乳 200cc
和風だし 適量
生姜 1片(チューブでも可)
水 200cc
塩 適量

●作り方
1.きのこ類は石づきを取り、小房に分ける
2.白菜、豆腐は食べやすい大きさに切る
3.ニンジンは薄切りに、鮭は一口サイズに切る
4.土鍋に豆乳、和風だし、生姜、水を入れて火にかける
5.煮立ったら具材を入れ、しんなりしたら完成

うさぎさん

美味しそう〜!

歯みがきは食後だけでなく寝る前も重要

食事の後は歯みがきも忘れずに行いましょう。また、寝る前の歯みがきも重要です。お口の中で虫歯の原因菌がもっとも増えるのは就寝時。虫歯ゼロを目指すなら、夕食後に磨いても、寝る前にもう一度磨くのがおすすめです。

柿木先生

歯を磨いたあとはフッ素を残すために水ですすぐのは1回にとどめましょう。

歯に良い食べ物で虫歯にならない強い歯に!

今回ご紹介した食べ物は、どこにでもある普通の食べ物です。まんべんなくバランスよく食べることで歯も体も丈夫になります。歯に良い食べ物をよく噛んで食べ、虫歯ができにくくなるお口の環境を作りましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 生まれ持った歯の質は食べ物で強化できる
    • 歯に良い栄養素は6種類
    • 根菜類や旬のものは免疫力を上げる
    • 歯ごたえのある食事で唾液量を増やす
    • 寝る前の歯みがきが効果的