【医師監修】虫歯予防に最適な飲み物がやっぱり「水」である理由

【医師監修】虫歯予防に最適な飲み物がやっぱり「水」である理由
この記事の監修医情報を見てみる

水が虫歯にならないのは当たり前だと思う人は多いでしょう。では虫歯予防に最適な飲み物は?と聞かれたら、やはり同じように水と答えられるでしょうか。例えば緑茶は殺菌作用のあるカテキンが入っています。にもかかわらず、水はやっぱり虫歯予防に最適な飲み物として、不動の1位を譲りません。

今回は、改めて虫歯予防にはなぜ水が良いのか、その他の飲み物はどうかについてまとめました。

この記事がおすすめな人
    • 毎日の水分補給には虫歯になりにくい飲み物を選びたいと考えている。
    • 虫歯を予防できる飲み物があるなら知りたい。
    • いつも砂糖なしのコーヒーを飲んでいるけど虫歯は大丈夫かと不安。
    • 子どもにはどんな飲み物を与えればいいのかと迷っている。
INDEX
  1. もっとも虫歯予防に良い飲み物が「水」である理由
    1. 理由その糖分を含んでいない
    2. 理由その口の中を中性に保つ
    3. 理由その食べカスを洗い流してくれる
    4. 理由その口の中を潤して唾液の分泌をうながす
    5. 理由その歯が着色汚れしない
  2. その他の虫歯予防におすすめの飲み物
    1. 緑茶
    2. 烏龍茶
    3. 紅茶
  3. 注意!虫歯になりやすい飲み物はコレ!
    1. 砂糖が含まれている飲み物
    2. 口の中を酸性にしてしまう飲み物
  4. 水分補給には水を選んで虫歯予防をしよう!

もっとも虫歯予防に良い飲み物が「水」である理由

無味無臭の水は色々な飲み物と比べた場合、消去法で考えればたしかに虫歯ができないかもしれません。しかし、積極的に考えると以下のような理由が見えてきます。

理由その1.糖分を含んでいない

水は糖分を含んでいないので、虫歯ができません。微糖の飲み物など、わずかでも糖分が含まれていると細菌が酸と結合させて分解し、プラークへと変化させます。プラークは細菌の巣窟。中で増殖しながら付着している歯を溶かして歯の内部に侵入するのです。

飲み物は飲んでしまえば虫歯になりにくい気がしますが、歯のくぼみなどに微量でも残っていれば、虫歯の原因となります。

さるくん

だから食べカスが残ってると虫歯になるんですね!

林先生

そのとおり。

理由その2.口の中を中性に保つ

水のpH値は中性のため、口の中を自然に中性に保ってくれます。pH値は0〜14まであり、0に近いほど酸性になります。通常は唾液が中性を保ってくれていますが、飲食をすると口の中のpH値は酸性に傾きます。酸性に傾いた口内は細菌が活発に活動しやすく、虫歯になりやすいのです。口の中がpH5.5以下になると虫歯になりやすいのですが、日本の水道水は5.8〜8.6以下と定められているため、虫歯にはなりません

林先生

ただし、柑橘系のフレーバーは歯を溶かしやすいので要注意です。

さるくん

レモン水とかそういうやつですね!

理由その3.食べカスを洗い流してくれる

食事と一緒に水を飲むと、口の中に水流が起こり口の中の食べカスを洗い流してくれます。食事中は水分が欲しくなりますが、水分は固形の食べ物を飲み込みやすくもしてくれるので、消化不良の予防にもなります。同時に歯と歯の間などに残ったわずかな食べカスも洗い流してくれるので、一石二鳥です。

林先生

口の中を水で潤すと、唾液を循環させてもくれます。

さるくん

唾液には殺菌作用があるんでしたよね!

林先生

そのとおりです。

理由その4.口の中を潤して唾液の分泌をうながす

水を飲むと乾いた口内を潤しますが、唾液の分泌も促してくれます。唾液には虫歯を防ぐための以下のような優れた効果があります。

    • 口の中を中性に保つ
    • 水分で食べカスを押し流す
    • 抗菌・殺菌作用がある
    • 免疫力がある

口の中に絶えず一定量の唾液があることで、虫歯菌の活動を抑制することができます。ただし、口の中を潤しておくためにたくさん水を飲む必要はありません。ごく少量の水をほんの一口含む程度で良いのです。大量の水を飲むよりも、こまめに水分を補給することが重要です。

さるくん

唾液の働きを助けるってことですね!

林先生

そうですね。

理由その5.歯が着色汚れしない

「糖分が入っていないことが虫歯にならない条件なら、コーヒーや緑茶でもいいんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんが、コーヒーや緑茶に含まれるステインは、歯を変色させてしまうというデメリットがあります。飲み続けているとどうしても歯がうっすらと茶色くなってしまい、一度着色したステインはセルフケアでは落とせません。その点、水は透明なので、1日に何回飲んでも歯や歯ぐきを変色させる心配はありません。

さるくん

たしかに虫歯がなくても歯が黄ばんでたらやだよな〜。

その他の虫歯予防におすすめの飲み物

着色汚れを一旦脇に置き、虫歯予防という観点だけで考えた場合は、以下の飲み物もおすすめです。

1.緑茶

緑茶に含まれるフラボノイド(緑茶ポリフェノール)は、強い殺菌作用があります。そのため「緑茶ポリフェノール入り」の歯に良いガムやタブレットもあるほどです。

さるくん

フラボノイドとカテキンってどう違うんだ?

フラボノイドとカテキンの話
緑茶に含まれるフラボノイドはポリフェノールの一種で、フラボノイドにはカテキンが含まれています。カテキンには8つの種類があり、いずれも緑茶特有の成分です。

2.烏龍茶

烏龍茶は中国発祥のお茶ですが、茶葉は緑茶と同じ種類の木から採れます。緑茶は、平安時代の日本の留学生が中国から持ち帰った茶葉を、日本独自の飲み方に改良したものなのです。そのため、烏龍茶の成分は緑茶と同じ。カテキンが酸化して茶色い色になりますが、カテキンの殺菌・抗菌作用は変わりません

さるくん

同じ木からできてるのにあんなに違う味になるんだなあ。

3.紅茶

紅茶もやはり緑茶・烏龍茶と同じ木からできます。16世紀の大航海時代に、中国の茶葉がヨーロッパで大流行し、ヨーロッパの人の好みに合わせて改良されたものが紅茶なのです。

成分的には烏龍茶・緑茶と同じで、殺菌・抗菌効果があります。ただし、市販の紅茶飲料には砂糖が使用されている場合も多いので、虫歯予防を意識するなら無糖の紅茶がおすすめです。

林先生

製法の違いで発酵の度合いが違うんです。

さるくん

なるほど〜!

注意!虫歯になりやすい飲み物はコレ!

では、反対に虫歯になりやすい飲み物も押さえておきましょう。

1.砂糖が含まれている飲み物

冒頭からご紹介しているように、虫歯になりやすいのは「砂糖」が含まれた飲み物です。ジュースコーラなどの炭酸飲料甘みのついた飲み物のほとんどに砂糖が使われています。

林先生

スポーツドリンクもそうです。

さるくん

あ!盲点でした!

2.口の中を酸性にしてしまう飲み物

口の中を酸性にしてしまう飲み物は、コーラ、赤ワイン、酢ドリンク、梅酒、100%の柑橘系ジュース、ビール、日本酒などです。

林先生

特にアルコールは飲んでそのまま寝てしまう人も多いので要注意です。

さるくん

飲んだら歯みがきですね!

水分補給には水を選んで虫歯予防をしよう!

日本の水は他の国に比べて比較的衛生的で、軟水なので飲みやすいといいます。日本は水資源が豊かなので見落としがちですが、水は虫歯予防にはもっとも適しています。これを機に、水を見直してみてはいかがでしょうか。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 水には口の中を中性に保ち唾液の分泌を促進する働きがある
    • 歯の着色汚れは細菌の住処になる
    • 緑茶・烏龍茶・紅茶のカテキンも虫歯予防に効果的
    • 糖分を含む飲み物は虫歯になりやすい
    • 口内を酸性にする飲み物は虫歯になりやすい