歯医者が苦手な人ほど「予防歯科」に通うべき?その理由と8つのメリット

歯医者が苦手な人ほど「予防歯科」に通うべき?その理由と8つのメリット
この記事の監修医情報を見てみる

歯を失ってから歯の大切さに気付いて「もっと歯を大切にしておけばよかった……!」と後悔することのないようにしたいものです。

日頃から予防歯科に通っていると、そんな歯に関するお悩みからも解放されます。

「歯が悪くもないのに、歯医者に行くの?」と驚くかもしれませんが、悪くなる前に予防しておいたほうが、断然メリットが大きいのです。

今回は、予防歯科に通っている人にもたらされる8つの大きなメリットと、予防歯科に通っていない人が陥る問題を、ともに解説していきたいと思います。

この記事がおすすめな人
    • 歯医者が苦手で、歯が痛くなりたくない方。
    • 虫歯や歯周病が再発しやすいと感じている方。
    • 予防歯科とよく耳にするが意味がわからない方。
    • 予防歯科に行くメリットを知りたい方。
    • 予防歯科に行かないとどうなるのか知りたい方。
INDEX
  1. 予防歯科って何?
  2. 予防歯科のメリットとは?
    1. 歯の健康を守れる、歯の寿命が延びる
    2. 虫歯や治療の痛みを感じなくてすむ
    3. 生涯医療費を大幅に節約できる
    4. 健康でさわやかな口元を演出できる
    5. 認知症になるリスクを減らせる
    6. 命に関わる重大な病気のリスクが下がる
    7. 口臭を予防できる
    8. 生涯の幸福度が上がる
  3. 歯科でのプロケア&ホームケアで予防効果をアップ

予防歯科って何?

さるくん

予防歯科ってよく聞くけど、普通の歯医者さんとは違うんですかー?

櫻井先生

予防歯科は、歯が悪くなってから治療しにいくのではなく、定期的に通院して虫歯や歯周病などお口の病気が発症しないように予防する歯科のことです。

さるくん

へぇー!歯が悪くないのに歯医者さんに行くんですねー?なんだか気が進まないなあ~!

櫻井先生

歯医者が苦手な人こそ、予防歯科に通うといいですよ。歯が悪くならないよう虫歯や歯周病を予防しますから、痛みが起こる前に予防できます。

さるくん

えっ!そういうことなら、もっと詳しく知りたいですー!

予防歯科のメリットとは?

さるくん

予防歯科に通うとどんなメリットがあるのか、具体的に知りたいですー!

櫻井先生

予防歯科のメリットは、たくさんあります。一つひとつチェックしてみましょう。

歯の健康を守れる、歯の寿命が延びる

定期的に通院し、虫歯や歯周病のリスクがないかを調べるため歯の健康を守れます。

もし歯に何らかのトラブルが起きても早期発見できるので、軽度のうちに治療できます。それによって、歯の寿命を延ばすことができます。

しっかり予防歯科に通っていれば、生涯、歯を1本も失わず健康に維持しづけることも夢ではありません。

虫歯や治療の痛みを感じなくてすむ

虫歯や歯周病を発症しないように予防するので、歯が痛くてガマンできずに歯医者へ行く、ということがなくなります。

かかりつけの歯科の休診日に急に歯が痛み出して救急センターへ駈け込んだり、痛い歯を治療する際にしみたり、という不快な思いをせずに済みます

生涯医療費を大幅に節約できる

予防歯科での定期メンテナンスは、1回2000円~3000円くらいです(健康保険が適用する場合の患者負担額)。

3カ月~半年に1回の通院になりますから、年間にかかる費用は4000円~1万2000円程度。これを高いと考えるか、安いと考えるかですが、定期メンテナンスに行かなかった場合の生涯医療費と比較してみると、それほど大きな負担ではないことがわかります。

定期検診に行かず、虫歯や歯周病を早期発見できなかったら、どうなるでしょう?

まずは、歯の悪いところを削って保存する根管治療や歯周治療を行いますが、治療期間も治療費もかかります。

さらに、ほとんどの虫歯は10年以内に再発することがわかっていますから、再発した時には歯を失うことになりかねません。

歯を失ってしまったら、まずは保険診療のブリッジで補うことにしても、こちらも10年ほどで劣化し、再治療を検討することになります。

そうなると今度は、自費診療の高額なインプラントなどで失った歯を補う治療を行う必要がでてきます。

それらを積み重ねていくと、生涯治療費は少なくても200万円~300万円にのぼります。

定期メンテナンスに通っていたら、歯の健康をずっと守れる可能性が高いので、治療費などかけずに済み、生涯医療費を大幅に節約できるのです。

健康でさわやかな口元を演出できる

毎日の歯磨きでは取り除けない歯垢や歯石などを除去できるため、歯の表面がツルツルになりツヤが出ます。

メンテナンスではコーヒー・紅茶、タバコのヤニなどによる着色汚れをキレイに取り去れるので、定期的に継続していけば、歯本来の白さを維持することができます。

清潔感にあふれる健康的な口元を演出できるので自信がつき、笑顔が輝き出すことでしょう。

認知症になるリスクを減らせる

歯の噛む・咀嚼する機能は、脳へ刺激を与えて活性化させるため、集中力や記憶力が増すことがわかっています。

また、国内大学の研究で、歯周病にかかった歯茎の炎症から生じる物質「アミロイドβ」の蓄積により、アルツハイマー型認知症が促進されるという研究結果が報告されています。

つまり、歯周病を早期発見して治療すれば、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる可能性があるのです。 

歯周病によるアルツハイマー型認知症関与を解明する新しい発見

歯周病によるアルツハイマー型認知症関与を解明する新しい発見

命に関わる重大な病気のリスクが下がる

自覚症状がほとんどないため、気付いた時にはかなり悪化しているリスクがある歯周病も、予防歯科に通っていれば早期発見できます。

歯周病は重症化すると、心疾患や脳梗塞といった命に関わる重大な病気にかかりやすくなるため、早期発見することで歯の健康だけでなく全身の健康まで守ることができるのです。

また妊婦さん重度の歯周病にかかっている場合、早産・低体重児出産の恐れがあります。そのリスクは、健康な妊婦のおよそ7倍もにのぼるといわれていますから十分気を付けなければいけません。

口臭を予防できる

口臭に悩まされていませんか?

口臭の多くは、歯周病を原因とするものです。ニンニクやニラを食べた時に一時的に強くなる口臭や、起床した時や緊張した時に口が臭くなるものではなく、常時口臭が強いという状態であれば、口内に何らかの原因があるかもしれません。

中には内臓の病気が疑われるケースもありますが、そのほとんどは歯周病が原因です。したがって歯周病を予防できれば、口臭の予防につながるのです。

生涯の幸福度が上がる

何でもおいしく食べられるためには、最低でも歯が20本必要です。永久歯は親知らずを除くと28本。80歳になった時、最低20本は自分の歯を残せるように予防することで、生涯に渡って食事の満足度が高くなることがわかっています。

高齢になっても食事を楽しめて、食べる幸せを感じられると、生涯の幸福度「クオリティ・オブ・ライフ」が向上するため、歯の健康と幸福度には密接な関係があるのです。

「か強診」認定の予防歯科を選べば、さらにお得!

さるくん

か強診?それ何ですか?

櫻井先生

保険診療で定期メンテナンスを受けられる範囲の拡大が認められている予防歯科のことです。歯の喪失の予防のために、専門性の高いメンテナンスを行なえます。

さるくん

へぇー!予防に保険が効くんですね!か強診ってたくさんあるんですか?

櫻井先生

今のところ、全国の歯科医院の約10%程度か強診ですね。認定された歯科は、たいてい公式ホームページに記載しています。

さるくん

へぇー!まだまだ少ないんですね。

か強診は「かかりつけ歯科医機能強化型診療所」の略です。厚生労働省が指定する予防歯科のための厳しい施設基準をクリアした歯科のみが、「か強診」に認定されます。

かかりつけ歯科医の機能の評価

かかりつけ歯科医の機能の評価

歯科でのプロケア&ホームケアで予防効果をアップ

さるくん

予防歯科は、歯を長持ちさせるだけでなく、全身の健康維持にもたくさんのメリットがあるんですねー!

櫻井先生

はい。予防歯科での定期的なメンテナンスと、自宅での毎日の歯磨きを併用して、末永く歯の健康を守っていきましょうね。

【基礎知識編】予防歯科って必要?できるだけ歯医者に行きたくない人へ

やめたい!歯医者の定期検診。虫歯予防に歯のクリーニングって必要?

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯医者が苦手な人こそ、予防歯科へ行くとメリットが大きい。
    • 歯の痛みに悩まされたくないなら予防歯科への通院がおすすめ。
    • 歯の病気を未然に防ぐ予防歯科は、大きなメリットがある。
    • 予防歯科では、命に関わる重大なリスクも減少できる。
    • か強診認定の予防歯科なら、保険診療で予防処置を受けられる。